雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

Twitter(ツイッター)の世界とーーー三木

昨日、『Twitterはじめられません』というブログをgooにアップした。

箕面市の倉田市長は以前から始めておられるのは知っていて、登録だけはしていた。
そんなところへ、武雄の樋渡さんが、Twitterを始められて、さるとるさんも直ぐフォローしているのである。

今朝の倉田さんのブログは、『実はTwitterやってます』でこんなことを書かれている

その中から、抜書きしてみると、

『実は、10月末からコッソリ「Twitter」なるものを試し続けています。ーーーーー
オバマ大統領が使ってることでもちょっと有名なんですが、ショートメッセージを発信できる簡単なサービス。ーーーーーーーー

できる限り「何を考えてるか」「どう思ったか」「何を伝えたいか」という気持ちで書きたい。
ーーーーーーーーーー』
などと書かれています。


世の中は、どんどん進歩する。
政治家の情報発信は、ブログの世界から更に進んで『Twitter』などの世界に、
オバマも、倉田さんも、樋渡さんも進んでいるのである。


何か、三木市長の薮本さんは、オバマより先に  何かをしたとかしなかったとか?
昨日は、米田君が議会で薮本さんの選挙活動について質問すると言うので、久しぶりに傍聴に出かけた。



議会を傍聴した率直な印象

三木の行政の世界は、時間が止まってしまっている。
世の中は進んでいるのに、むしろ退歩している。
議会とは、率直な議論を避ける場のような感じである。

特に薮本さんは、日本語が解らないのか?
米田君の質問の意味を理解できないほどアタマが悪いのか?
(そんなことはない、アタマはいい)
それとも意識的にそうされているのか?
普通の会話では、考えられないような『トンチンカン』の答弁である。

倉田さんは
『できる限り「何を考えてるか」「どう思ったか」「何を伝えたいか」という気持ちで書きたい。』と言われているが、

薮本さんは
『出来る限り、ホンネを言わない。どう思ったか、何を伝えたいかというような気持ちのカケラもない、』
オカシナ政治家である、と思った。

『情報発信は、チラシで勝手にごまかしのような事柄ばかり』を並べて、
選挙対策として、自分の地位の保全ばかりを考える。
そんな対応で若し騙せると思っているのなら、よほど三木市民もナメられたものである。


傍聴者は4人、『やまかず』くんもいた
議会の後、久しぶりに、雑談をした。
彼とはひょこむでもmixiでも、トモダチだし、
NPO The Good Times のメンバーでもある。
カワサキのバイクのユーザーでもある。
そんなことで、年は離れているが、友達の普通の会話が出来る。

『普通の会話』をしたら。『薮本さんに冷たくなる』のは、
薮本さんが、オカシイのか?私たちが普通でないのか?

私は、三木が
『普通の会話が通じる』 『世の中の進歩にあわせて進歩する』『そうしよいという意思のある』
まともな人が、リーダーになるべきであると思った。


市民の間では、三木市の情報発信として、こんなサイトも日々成長している。

三木市長選、公開討論会を開こう会』というコミユ二テイも立ち上がった。
結構、進んでいる。少なくともほかの市に遅れたりはしていない。
みんなで、情報発信の世界では、日本のトップを走れたらいいなと思っている。
そんな、『三木独特の仕組み、システム』は、徐々にだが進んでいる。
これが繋がれば、更に力になる。


『そうしよう』と力を貸してくれるリーダーが生まれたら、
市民はもっと走り出すだろう。

『日々、正しい情報が双方向に流れる、』 そんな三木でありたい、と思っている。


今日は、潮流発電の鈴木さんのところで仲間が集まって、カタログ作りである。
『三木から』 『世界へ向けて』 『情報発信』 をする準備を進めている。


★今朝、『武雄のカレンダー』のブログをアップしたら、9時前には樋渡さんから、『お礼のコメント』が。 
遠い武雄は近いのに、
三木の行政は世界の果てのように遠くて、市民の声も届かない。
届いても、それに応える気持ちはない。
ひたすら票ヨミに熱中なのでしょうか? 何か仰ればいいのに。
by rfuruya2 | 2009-12-11 06:04