雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

点から線、線から面への広がり

★点と点を結ぶと線になる。さらに結ぶと面になる。
いろいろと繋がると予期しない力を発揮する。

★今朝の『いなだ三郎オフィシャルブログ

冒頭にこう書かれています。
『三木市の観光振興を考える時、
現状の観光資源としている、色々な施設や名跡は点で存在しています。
それをどう繋いで導線をつくるかを、考えていくことが大切だと思います。』

その通りだと思います。
ただ、『考えていくことが大切だと思います』まではどなたでも言えますが、
『どのように、誰が考えるのか?』

行政のいろんな計画書なども、みんな問題提起の段階で終わってしまっているのが一般的である、いわゆる『すべき論』でどうもここで終わってしまうことが多い。
仮に、いくつかを繋ぐことがあっても、それがまた単発である。

★そこに『仕組み』を持ち込もうと言う発想が皆無だし、
『仕組み』という言葉は使ったりするが、組織を作ったりすることが『仕組み』だと錯覚している節がある。

『仕組み』とは『システム』である。
それを上手に使えば、『意図する目的』が自然に実現するようなものを言うのである。

最近出会った仕組みで秀逸なのは『ツイッター』である。
これは、ブログやSNS以上にいいと思う。
『仕組み』は単純なほうがいいのである。

★私自身は、現役のころから何十年間、ずっといくつもの『仕組み、システム』を創って来た。それが専門みたいなものである。
『販売ネットワーク』『部品の流通システム』『ユーザー組織KAZE』『ジェットスキーのJJSBA』などなど、みんな日本で初めてのことで、業界の先頭を走った。

今、やっているNPO The Good Timesも『仕組みシステム』そのものなのである。

これも普通のNPOとは全然発想が異なっている。
『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しい時を過ごそう』参加される会員が『アタマを使って利用』したら簡単に上手く連携できる『仕組み、システム』に仕上がっている。

c0107149_6272938.jpg


★今日から会員さんの
『神戸フルーツフラワーパーク』と
東京の『ベストコレクター』さんが
神戸フルーツフラワーのプールを使って、舟のラジコンのユーザーたちとさらにはこどもたちを巻き込んで、
こんな楽しいイベントを開催することになっている。

今回はその第1回のイベントだが、『単発に終わらないように』どのように上手にファン化していくかが課題である。
このイベントにもカワサキ時代のジェットスキーのソフトノウハウなども生きていて、そんなメンバーたちが手伝ってくれている。

特にどこも大きな予算などなくて、やりたい人が上手に繋がって、
NPO The Good Times のシステムを使ってやっているだけである。

昨秋の『古代の窯のプロジェクト』も同じような形であった。

★『仕組み』とは、元来そんなものである。
そこが主催などしたりはしないのである。
それを使う人が、上手に使えば、それは生きる。

ツイッターやブログが、主催などしないのと同じなのである。

三木にもいなださんが仰るように、いろいろいっぱいある。
システムを上手に生かしたら、いろんなことは出来る。


★2年目に入るNPO The Good Times .
このシステム、上手に使われたら、幾らでもおもしろいこと出来ますよ。

物事、単発はだめですね。
点から線、線から面、どんどん広がる方向でないと、
『年に一度のお祭り』型イベントになってしまいます。
これは、お金も人も毎年同じように沢山かかります。

基本は『やりたい人を上手にシステム的に繋げば』上手くいきます。
by rfuruya2 | 2010-04-24 05:27