雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

三木の議会を見てきました

ちょっと眠たいです。
最後5分間、危ない場面の連続でしたが、1-0の勝利、『岡田さんおめでとう』

アメリカは、早朝の放映だったようです。孫に会えました

今日の朝刊、前半の1-0の場面までですが、紙面のあちこちにワールドカップ、やはり、凄い大会、世界の話題です。


これは、小さな日本のまち、三木の話ですが、


★昨日は、「三木で大きな話題にしよう」と一生懸命に市長さん以下やっておられる『市会議員の削減問題』も議論されると言うので、議会の傍聴に行ってきました。

後ろの列に補助イスが並ぶ盛況でした。
やまかずさんがツイッターで流したときほどは、ひどくはなかったのでしょうが、
午後の開始の前に議長から注意がありました。
傍聴者と言うよりは、『応援団』のような人たちにみえました。
2万人を越える署名を『一生懸命』集めたのも、この方たちなのかも知れません


★『議員数削減』それ自体、今の議員さんの活動状態からすれば、言われても仕方がないような気もしますが、
市長さんの取り組み姿勢も、『異様』と思えるほど熱心です。
広報三木も、三木市のホームページも、ちょっと異常です。
異常と感じるほうが、普通と思うのですが。
瞬間湯沸かし器のように『かっと燃え上がる』のでしょうか?

昨日の議会の中でも、普通の人は当然と思うであろう大西さんの発言を『撤回せよ』と突如迫ったりしていましたが、
なぜそういう発言をしたのかと大西さんが説明し、撤回に近い発言をされたのですが、
かっては『市長派』と言う会派におられた大西さんに、あまり詳しく内情を説明されると困るのか、急にトーンダウンでした。

gooのほうでも別に纏めたのですが、市長が『excellent』であることは認めます。
でも、なぜみんな、だんだんとホントのことが解ると『離れてしまう』のでしょうか?

『議会の旧い議員が中心の旧い体質』という指摘もごもっともですが、
『市長に都合のいい情報発信』には熱心過ぎるほど熱心ですが、
基本的には、市民には『ホントの実態は知らさない』と言うようなコンセプトの『情報戦略』、
こちらの『旧い体質』こそ一番に革めて欲しいと願うものです。

今の時代に、市役所は『チラシの洪水』です。
ブログやツイッターなど、お金も掛からずに、ホントのことを毎日でも、無料で流せるネットのシステムはなぜか敬遠です。
かって、市長が人事交流をしてお互いのいいところを学ぼうとした武雄市は、
今こんなに先進的です

★昨日の議会で議題に上った『三木を元気にし隊』構想も、
かっては市長表彰までして、タウンミーテングでも取り上げた
みっきいふるさとふれあい公園構想』と同じく、そのとき限りの発想だけになってしまうのは、目に見えています。
チラシと同じで、効果はないけど、予算だけはきっちり必要です。

さるとるさんの今朝のブログをみても、どんどん既に動いています。
私たちは、かって薮本さんが熱心に言われたことを忘れず、実行しています。

『元気な”みき”を創る会』という市民のメンバーもすでにあるのですから、
目的が一緒なら、一緒におやりになったらと思うのですが。

あれは、表面はそうだけど、『実は選挙運動』と言われるなら、
市の行政と言われるけど、みんな『実は選挙運動』では?と思ったりします。

連合体育祭中止など、なぜそうなったのかよく解りませんが、
『票にならない子供のことには不熱心』とか
『2万人の名前を集めたけど、子供の名前も入っていたのでは』と
あらぬ『噂話』も、ひょっとしたらホントかなと私などは思ってしまいます。

★元気なまちにし『隊』や創る『会』など、直ぐ組織を作れば、半分できたと言う発想ですが、『したい』とか『創ろうかい』という『想い』や『行動』こそ大事だと思っています。
第2回庁内会議では、『元気なまちにし隊』のNPO化など議論されていますが、
既にNPO The Good Times は、三木に限ったことではありませんが、やる気さえあれば、ちゃんと目的が実現できる『仕組み』に仕上がっています。
三木市役所の職員の方も、三木の市民の方も既に沢山メンバーに加わっておられます。

今週土曜日は、先日薮本さんも『三木市も支援する』と言われた三木のベンチャー企業ノヴァエネルギーの日本でのスタートを祝ってのミーテングを淡路の現地でその支援者が集まって旗揚げします。
そのメンバーのほとんどが、NPO の会員さんです。ひょっとしたら全員かも知れません。

そんな情報も、内容も理解しないまま(所謂マーケッテングなしに)組織から入るやり方は、ホントの目的が達成できないことは、実績が証明しています。


★『日本一美しいまちをめざす』三木のリーダーは、それに相応しい理念、ビジョンと姿勢を変わらず持ち続けて欲しいと思っています。

確かに『excellent』なのですから、『good』な面をもう少し表に出されたら、私ももう一度応援したくなるかも知れません。
『応援団』の方は、どう思っておられるのでしょうか?


ここに書いた内容を、リンクの部分まで含めて、チラシにするのは、不可能なほど多くの情報が含まれています。確り読めば2時間は掛かる情報量です。
初めての情報がほとんどだと思います。
私はそれを全部読んだ上で言っているのです。文句ばかり言っているのではありません。
『三木を元気にしたい』とは常に想い行動しています。

このブログ、薮本さんに届くのでしょうか?
情報を発信されない方には、『情報収集』出来ないなどと言われますが、ホントでしょうか? 届くことを期待します。
by rfuruya2 | 2010-06-15 07:21