雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:神戸電鉄粟生線問題( 24 )

日本一小さい花火大会です

★ずっと続いていた、三木美嚢川での花火大会。

今年から、その会場は三木総合防災公園に移りました。

美嚢川でもぜひ、花火を続けようと、地元の方々が
『日本一小さな花火大会』を開催されることになりました。

c0107149_7131100.jpg


こんな花火大会を、
『生ビールでも飲みながら』

花火を見るなら最高の場所、美嚢川河畔の玉置邸を借り切って、

c0107149_745453.jpg


こんな企画で応援しているのは、

『粟生線の未来を考える市民の会』です。

会員さんは勿論、どなたでも参加OKです。
ぜひ、ご参加ください。




★こんな情報が、今朝 Facebook にいっぱい 流れました。

ちょっと、別件ですが、

この秋、11月3,4日 三木ホースランドパークで
『全国障害者馬術大会』が開催されます。

これを機会に、この馬術大会で3連覇を目指す 深津類くんのお母さん、深津裕子さんや
『笑って遊ぼうミキランド』でも大活躍だった 陸井薫さんたちが、
Facebook 上に 『障がい者の今を考えれ会』というグループを立ちあげられていて、
三木の方たちも、沢山参加されています。




昨夜の『粟生線の・・・』の世話人会で、こんな企画が決まりましたので、

今朝、『障がい者の今を考えれ会』のページに

『この会』の発起人の一人、陸井薫さんは以前からこの花火を見よ​うと、三木に来られます。そして花火の前に、『障害者の今を考え​る会』の今後の進め方の検討をしようと言うことになっています。
ほかのみなさん方も、直接お会いしてお話しできる絶好の機会と舞​台です。お誘い合わせの上、是非お越しください。ビール飲みたい​方は神戸電鉄でどうぞ。



こんなお誘いを、
Facebook で、 どんどん繋がります。

花火大会も、 粟生線の未来・・・・も、 障がい者の今を・・、未来にはばたく・・・・も、笑って遊ぼうミキランドも、『みっきぃ情報ミュージアム』ファンクラブも、

みんなネットの世界で繫がっていますが、
みんなでビールを飲みながら、いろんな話題で、喋るのもまたいいものです。



★当初の計画は、20人ぐらいで、と言うこじんまりとしたものでした。

今朝から、ちょっと広報したら、もう『いいね』がいっぱいです。200人になったりするかも知れませんが、少々、来られても大丈夫です。
座敷も、庭も、その前は直ぐ美濃川、出入り自由のシステムだとか。

c0107149_759598.jpg


『日本一小さな花火大会』ですが、中味は楽しくいい雰囲気になるはずです。
集まるメンバーは、『おもろい』人いっぱいです。

喋り疲れたら、こんなところを散策して、またお飲み下さい。
天気だけが、ちょっと心配です。
by rfuruya2 | 2012-07-04 06:51 | 神戸電鉄粟生線問題

粟生線の未来をを考える市民の会 結成総会

★昨夜は『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会だった。

出席したい人は誰でも出席できる世話人会である。
昨夜は、ジーン景虎さんも出席して、
今朝は、こんなブログをアップしている

Facebook のこんなページもある。

その結成総会が4月15日に開催される。


その内容は、このホームページに詳しい




粟生線の未来を考える市民の会 結成総会のご案内


日時:2012年4月15日(日)午前10時~12時

場所:おの陶芸館アルテ(神鉄「粟生駅」併設)

参加費:無料(市民の会入会者)
    未会員者 入会費1,000円(当日入会歓迎)


プログラム:


1.講演 「粟生線電車の未来は日本の未来だよ」岡 將男 氏

NPO法人公共の交通ラクダ(RACDA) 理事長
全国路面電車ネットワーク運営委員長(全国78団体)として交通基本法制定に活動中。
https://www.facebook.com/masao.oka1

2.参加者全員によるワークショップ

3.活動方針などの議決

4.総会後のお楽しみ企画として、旧小河家別邸(三木駅より徒歩8分)にて、有志によるお花見会。


のような内容で行われる。
今会員は160名ぐらいだが、全国からの参加もあるので、当日はそんなに多くの参加もないのだろうが、なかなか内容はオモシロそうである。
総会と言ってはいるが、総会の時間が一番短いのだろう。

c0107149_7421866.jpg

冒頭、講演を頂く岡将男さんは、三木市や神戸電鉄が開いたシンポジュームでもメインパネラーを務めた公共交通RACDAの理事長さんである。

総会前からFacebookで既にみんなと繫がっている。



★11月にスタートしたこの会だが、
ネット上のベースは結構充実したものに仕上がってきた。
今回の総会もその場だけでなく、ネットを通じて全国展開で流される。

この事前報道も各自のブログでも、
Facebookでも取り上げるので、結構な情報発信力である。
更に、ツイッターで全世界22万人にツイートされるので、
活動が具体的になってくれば、オモシロいなと思っている。



★開催まで未だ10日間ほどあるが、

参加する人数と言うよりも
参加される方の『質の高さ』
結成総会の『内容』こそが一番肝心なのである。
c0107149_7561192.jpg
c0107149_7571728.jpg

これは昨夜、世話人の一人松崎由くんが発表した当日映す映像企画である。
『アニメーション』などと言う言葉も見られるが、神戸電鉄問題をいろんな面から取り上げようとしているのである。


三木市長なども『神戸電鉄問題』を重要課題と位置付けているが、
具体的な動きは殆ど見られない。
こんな若い人の発案に、三木市が協働するようなスタンスが見られるとオモシロいのだが・・・

岡さんも来られるし、午後からはゆっくり話も出来るのでいいメンバーが集まればいいと思っている。
活性化協議会の会長を務められた北井さんも出席されるのだろうか?

私なりにオモシロそうな方をお誘いしようと思っている。
当日の結成総会もさることながら、そこからが本当のスタートなのである。


NPO The Good Times の仲間も約40名が
この『粟生線の会』にも参画しているので、
いろんな面で応援したいと思っている。
by rfuruya2 | 2012-04-05 07:11 | 神戸電鉄粟生線問題

どなたでも参加出来る『楽しい総会』です

c0107149_7161698.jpg

『粟生線の未来を考える市民の会』
昨年11月にスタートしましたが、
順調に会員を増やして150名を超えました。

そのFacebook ページの広報も賑やかです


来る4月15日の日曜日に
粟生駅のすぐ横にある『あお陶遊館』で
その発会と総会を行うことになりました。

そのご案内は以下の通りです。



c0107149_734452.jpg



世の中の『総会』とはちょっと差別化された
楽しくユニークな総会です


● 先日の『粟生線のシンポジューム』でも特にオモシロかった
 RACDA の岡将男さんの講演も

● 全員参加のワークショップも

● 総会はそのあと、ちょっとだけ
c0107149_7392817.jpg

● 昼からは、会場を三木の
『旧小河家別邸』に移しての『お花見交流会』

● その往復は神戸電鉄に乗っての移動です。

● そして、どなたでも当日『飛び入り参加OK』です。
 ぜひ、ご関心のある方大勢ご参加ください。
 

未来にはばたくみっきぃタウン』のメンバーの方で、未だ会員になっておられない方、
この機会にぜひご参加ください。

5月20日の『笑って遊ぼうミキランド』の方たちも。


どちらも『オモシロい人』沢山ですから、みんなで盛り上げたいと思います。
ぜひ、ご参加を!!



★ネット社会のよさですね。

会員の中には東京や遠くアメリカの方もおられますが、
企画の内容など、詳しくご報告できます。

いよいよその具体的な活動が始まることが、期待されます。
by rfuruya2 | 2012-03-23 07:56 | 神戸電鉄粟生線問題

今日は粟生線

★『粟生線の未来を考える市民の会』
今夜はその世話人会が中央公民館で7時からあります。

昨年11月に立ちあがった入会金1000円が必要の有志の会ですが、
まず100名を集めようとスタートしましたが、今は146名になったようです。

そんな中味が、
ちゃんと解るようになっているのがいいと思います

c0107149_891591.png


こんなチラシをつくって、いろんなところに置かせて頂いています。
神戸電鉄の駅にも、文化会館にも、FMみっきぃにも、緑が丘の公民館にも、その他いろんなところに。
私自身は神戸のカワサキワールドにお願いしてきました。


★この会がどんな会なのか?
入会方法は?

など探してみたら、Facebookの中に見つかりましたが、
これを見つけるのは大変です。
もう少し、解り易くする方がいいと思います。

私は技術的には全然ダメなので、
気の付いたことばかり言っているだけですが、
この会のいいところは、
何となくそのように自然に修正されていくところです。

(小巻さんから、早速、リンクを貼られたらどうですか?とコメントありました。)

別に命令系統もなく、
世話人と言っても、今夜の会合に誰でも出席できますし、
出席した人が世話人と言うルールです。
自分の意思で『やろう』と言う人が集まるからいいのだと思います。


設立年月日 2011年11月

説明
ここ数年「存続」か「廃線」かで揺れてきた神戸電鉄粟生線。
昭和13年に開通以来、70年以上にわたって、わたしたち市民の足として多くの夢や希望を運んできましたが、今、存廃をめぐって、本当の岐路に立たされています。
わたしたちは自らの問題としてこのことを考え、未来に展望を持ってつないでいくために、今立ち上がります。

会では趣旨に賛同していただける会員を募集しています。入会するには、入会金1,000円を納めていただくことが必要です。入会希望者はその旨を申し出ていただけますと、後ほどこちらからご連絡させていただきます。
facebook以外でも、直接世話人まで申し出ていただきましたら入会手続きをいたします。

基本情報
この会に賛同される方は、賛同用紙をダウンロードしてご記入いただき、FAX送信して下さい。(記入項目をメールで送信していただいても結構です。)
あわせて入会金を以下の郵便振替口座へお降り込み下さい。

口座記号番号 00950-6-195245 加入者名 粟生線の未来を考える市民の会

※確認が出来次第ご連絡いたします。

ミッション
・「粟生線をなんとかしたい」という思いをもつ市民が集う会です。
・市民みずからが、粟生線を未来へつなぐために活動します。
・粟生線存続にむけて活動している他の団体と力をあわせていきます。

電話番号 0794829775
メールアドレス info@aosen-love.com
ウェブサイト http://www.just.st/index.php?tn=index&in...



★未だ正式な発会式も、総会も行われていませんので、
4月にそれをやろうと言うことで、検討されています。
今夜も、その検討会になるのだと思います。



★ここからは、私の感想ですが、

私個人は、いろいろなものに関わっています。
ベースにあるのは
『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しくいい時を過ごそう』という基本コンセプトの
NPO The Good Times の活動です。

NPO法人 The Good Times はシステムそのものですから、何もしないのですが、
その会員さんたちは、いろんなことをやられます。
そのやり方は、それぞれいろいろですが、ベースにあるのはネットの世界です。



今、会員さんの間では、

●『RIMOWA友の会』最初にスタートしてくれたのは、カバン屋さんです。

●『孫文を語る会』 これは今年の目玉になるかも知れません。

●『e-音楽@みき』 これは昨年最初のスタートです。

●『DANTHREE』 アメリカで展開中です。

●『SSS進学教室緑が丘教室友の会』スタートしたばかりです。

これらは正式にNPO が後押しするプロジェクトですが
(参加される方はNPOの会員さんで、独自の会員カードを発行されています。)




以下は、今のところ会員さんが主体で活動されています。

●『オートバイの想い出、そして未来』 これは関東で6月と年末に開催です。

三木でも会員さんが中心になって
●『笑って遊ぼうミキランド』 この実行委員会が3月12日に行われます。

●『粟生線の未来を考える市民の会』これは上記の通りです。

●『e-まちネット@みき
などなどです。




★NPO The Good Times も実質4年目に入りました。

このほかにもいろいろ動きがあります。
より充実した活動になればいいと思います。
もうじき世界の会員さんは7000人になります。

今年の地域としては
『みき』が目玉になるかも知れません
そうなって欲しいと願っている昨今です。

今夜はその一つ『粟生線の未来を考える市民の会』です。
by rfuruya2 | 2012-02-27 08:04 | 神戸電鉄粟生線問題

『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会

★昨夜は、
『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会 がありました。
c0107149_8261254.png


こんなチラシもできて、会員も140名を超えましたし、
ホームページも内容は、どんどん改良されていますし、
順調です。

昨夜の議題は、4月に開催しようという
発会式を兼ねた総会か、
総会を兼ねた発会式か、
兎に角、4月15日に粟生線に乗って、粟生駅でやろう
ということに決まりました。


もう一つの議題が、
新しく出来たチラシをどのように配ろうか?
既に神戸電鉄の駅でも配布しようということになっています。

昨日、出席した世話人たちが、
各自幾らかづつ持ち帰って、
いろんなところで会員募集を図ろうということになりました。




★昨年の11月に、

● 「粟生線をなんとかしたい」という思いをもつ市民の集う会です。

● 市民みづからが粟生線を未来につなぐために活動します。

● 粟生線存続に向けて活動している他の団体と力をあわせていきます。


という基本コンセプトのもとに

Facebookに『粟生線を考える市民の会』のページ  もつくって、共感者を募ってきました。

東京からも、神戸などの近隣からも、
遠くアメリカからも、
賛同者が集まって今141名です。
1000円の入会金を頂いていますので、チラシを造ることも出来ました。

広報は、ネット主体ですから幾らやっても、無料です。
昨夜は、Facebookページに公開の『粟生線を考える公開のグループ』を造って
広く、共感者を集めようということになりました。


★同時に、
従来のホームページも、『粟生線の未来を考える市民の会』の告知中心から、
具体的に、『参加者募集』やより底辺の『粟生線存続に賛成』などの人たちをが解るように
ホームページを改良、などの提案がありましたが、

一夜明けて、 それは既に実施されています

ueno shinya
今日の『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会でホームページをもっと活用する話になりました。
その第一弾として、最初のページに『投票』を入れてみました。是非ご参加下さい。http://aosen-love.com


上野さんのツイッターでこのように発信されています。
既に、賛同者が出ています。
是非、共感される方、仲間にご参加ください。



★141名の中から、世話人会に出席された方が『世話人』です。
どなたでも、『世話人』になることが出来ます。

次回の世話人会は、
2月27日、月曜日、 19時から  ボランタリー活動プラザみき
で開催されます。

それまでにぜひ参加されて、
今後の運営にも意見を頂きたいと思います。
こんな会ですから、
存続を目指す周囲の行政も是非、応援頂きたいと思っています。
by rfuruya2 | 2012-02-12 08:25 | 神戸電鉄粟生線問題

楽しい総会をやろうとしています

★突然、こんな表ですが、何の表か、解らなくて当然です。

c0107149_743891.jpg

『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会に出席された方の間では、既にFacebook上でいろんなやりとりも流れています。もう始まっているのです。


★昨年暮れ
『粟生線の未来を考える市民の会』がみなさん少額ですが、
1000円の入会金を払って、
三木市を中心に140人余りが入会されています。
ネットでも募集したこともあって、共感する方は東京からも、遠くアメリカからも入会があったりしました。
c0107149_7381711.jpg

こんなイラストも
Facebookページも出来てスマートに進行しています。
c0107149_742484.jpg

新年会もこんなに和やかに開催されました。


★ただ、未だ正規の総会をやっていないので、
設立総会をやることがずっと懸案だったのですが
普通通常の『設立総会』などではオモシロくないといろいろなアイデアが出されていました。
『粟生線問題はなかなか難しい深刻な問題』です。
それをみけんに皺寄せて難しく議論などしていては、
いいアイデアなど絶対に生まれません。
兎に角『楽しくやろう』というのが、
世話人代表の山本先生の基本コンセプトで、

『走る電車の中で・・』とか…
『粟生まで行って・・・』とかいろいろあったのですが、
3両か4両連結の電車を借りてきて、
志染駅に留めて、
その電車を舞台に、
総会も、イベントも

いろいろやろうということになっているのです。

その中身など、未だ決まってはいないのですが、
25日の夜、そんな方向だけ決まったら翌日こんな素案が出たのが一番前の表なのです。
『総会』という文字もありますが、あとはみんな楽しい遊びみたいなものです。


★この内容が、これで決まっているわけではありません。
今からどんどん変わるかもしれませんが、
みんなでアイデアを出し合ったらいいと思います。
まず、電車が借りてこられるかどうか?
これが第1ですが、神戸電鉄の応援ですので多分大丈夫だろうと思っています。

4月中ごろ開催ということになるのだろうと思います。


★神戸電鉄も、活性化協議会も、行政も  
こんな市民の会の活動に是非協働して欲しいなと思っています。

いろんなところが笑顔で繋がれば
難しい問題も自然に解決するのだと思っています。
『すべての人が協働出来る』いいテーマだと思っています。
世の中には、熱烈な鉄道ファンはいっぱいですから、そんな人たちも巻き込めばいいと思います。

『ネットの持つスピード』に期待したいと思っています
by rfuruya2 | 2012-01-27 07:04 | 神戸電鉄粟生線問題

『粟生線の未来を考える市民の会』新年会

★『粟生線の未来を考える市民の会』の新年会、
志染駅の近くのBasieに、
神戸電鉄に乗って集まって・・・19時から
c0107149_934051.jpg

私も緑が丘駅から神戸電鉄に乗って参加しました。
c0107149_952233.jpg

ちょっと神妙ですが、板東さんのご挨拶です。
c0107149_973886.jpg

直ぐこんな雰囲気になりました。
c0107149_985090.jpg

小巻さんがギターを披露した時は静かでした。
c0107149_9103773.jpg

不精して、手前の方の方は写さなかったのですが、15人の方が出席されました。
高槻から、Facebookを見て参加された徳島賢二さん、
西宮から、参加の伊藤智寿さんは『笑って遊ぼうミキランド』でも主力メンバーです。
写っていませんが、小林里美さんも、松崎由さんも、鈴木咲子さんも・・出席でした。
写真に写っていないのですが、坂東聖悟さんとフィアンセの濱田須磨子さんのペアも、このお二人とは明日のNPO The Good Times の新年会でもご一緒です。
c0107149_9113799.jpg

この会の代表、山本医院の山本篤先生です。
10時半までなかなかいい会合でした。
c0107149_9323259.jpg

帰りの電車は流石に殆どお客さんはいませんでした。
c0107149_9375987.jpg

昨年11月に立ちあがったばかりの
『粟生線の未来を考える市民の会』ですが、
ホームページにも、Facebook にも、こんな こゆりさん作のイラストが載っています。

来月の総会は、
粟生に向かう神戸電鉄の車内で行われることになっています
賢民が集う『市民の会』は、ネット中心の展開ですし、オモシロい展開になると思います。
難しく考えて、額にしわ寄せて考えるのではなくて、
『楽しく、自然に』みんな自分で考えて、自分で参加するそんな展開がいいと思っています。

『笑って遊ぼうミキランド』もスタートしたばかりですが、
これは、さるとるさんと、ボランテイア活動プラザの稲見さん、それに伊藤智寿さん、
井上章二さんなど三木の有力実力者が中心で、
この『粟生線の未来を考える市民の会』とも密接に連動して進めることになるでしょう。

その中心メンバーは、みんなNPO The Good Times の会員さんで繋がっています。
昨日の会場のBasieさんも、e-音楽@みきの会員さんなのです。そして明日は
そのNPO The Good Times の新年会が有馬であります。
今年は、関東からも有力メンバーが5人も参加ですし、
BERTの片山敬済さんも参加です。


『異種、異質、異地域』の繋がりですから、誰とでも、どことでも繋がって、
その輪は広がります。
楽しく『グッドタイム』でありさえすれば、いいのです。
それが『グッドタイムな人生』に繋がります。

そして
『みっきぃふるさとふれあい公園』に繋がれば、いいなと思っています。



Facebookには、既にいっぱいの写真です。
そこから勝手にお借りしてきました。
c0107149_10194090.jpg
c0107149_1019569.jpg
c0107149_10201942.jpg

c0107149_1022109.jpg

by rfuruya2 | 2012-01-19 10:27 | 神戸電鉄粟生線問題

粟生線の話題、四つ

★粟生線の話題  その1

ラッピング電車のデザイン投票

c0107149_7323378.jpg

c0107149_7331575.jpg

c0107149_7335628.jpg


来年3月ごろから、こんな電車が粟生線を走ります。

どれがいいか? そのデザインの投票です。

粟生線活性化協議会からの提案です。こちらからネットでも、投票出来ます
是非、ご投票ください。




★粟生線の話題 その2

『粟生線の未来を語る市民の会』正式スタートしました。

粟生線の未来をみんなで一緒に考えよう  というグループが11月にその準備会を立ち上げました。
賛同者が100人を超えたら、正式に会を発足させようということになっていましたが、
全国からも賛同者が集まって、氏名公表可 の方だけでも109人になっています。

そのFacebookページです。 毎日活発に動いています

この会は、入会金1000円が必要です。
単に名前を書くだけの署名活動とは一線を画しています。
会が正式に発足しましたので、
郵便局に口座を創りました。

『粟生線の未来を考える市民の会』
 口座番号  00950-6-195245


趣旨にご賛同の皆さん、是非ご参加ください。




★ 粟生線の話題 その3

『粟生線の未来を考える市民の会』の情報戦略

『粟生線の未来を考える市民の会』 はネットだけではありませんが、
ネットを中心とした、『ゆるーい繋がり』をモットーにしています。
ネットを中心にその情報も拡散します

●12月26日は、今年最後の世話人会ですが、賛同される方はどなたでも出席できます。
出席された方が、『世話人』なのです。
現在10人の出席ですが、当日いつものようにまた増えるのかも知れません。
こんな状況で、連絡し合っています


神戸電鉄粟生線の存続が危ぶまれています。『粟生線の未来を考える市民の会』で活動をスタートしました。http://p.tl/_1z6 賛同される方を募っています。入会金1000円。郵貯銀行口座『00950-6-195245』

こんな呟きが、今朝ツイッターで発信されました。
全国199550人の方に向けての情報発信です。
このブログ自体も、リツイートしますから同じように発信されます。

そしてFacebook にも自動的にニュースは流れます。
そんなネットの機動性に関心の強い世話人の方ばかりが、ネットを通じての召集で集まってきます。
そして毎日、意見交換しているのです。

『仕組みを組み合わせて』上手に使えば、
こんな事が出来る世の中になりました。

こんごまた、どんどん繋がると思います。
北条鉄道とも協働したいと思っています。
今朝の仲間のブログは、『北条鉄道』でした



★ 粟生線の話題   その4

『粟生線の未来を考える市民の会』 ホームページも出来ました

こんなホームページです

まだ完全完成ではありませんが、
世話人のお一人、上野真哉さんの労作です。
今後の活動にあわせて、中味の充実が期待できます。
by rfuruya2 | 2011-12-23 08:40 | 神戸電鉄粟生線問題

神戸電鉄にご挨拶に

★『粟生線の未来を考える市民の会』

は、11月に準備会をスタートさせて、
共感参加者が100人を超えたら、正式に発会することで進めてきた。

入会は1000円の入会費を支払い、
その氏名を公表してもいい方と、非公表の方がいる。
氏名公表可と言う方も100名を超えて、
世話人代表に三木市緑が丘の山本医院の山本篤先生で、正式にスタートした。


まず、最初に神戸電鉄の本社にご挨拶に、
と言うことで昨日鈴蘭台の本社を訪ねたのである。



★昨日の9時過ぎには、サンテレビのニュースで放映されたので、
ご覧になった方もいらっしゃると思う。

新聞の取材もあって、今朝の朝刊にはこんな記事が並んだ。
c0107149_745437.jpg


『粟生線の未来を考える市民の会』は
Facebookページを中心に活動しており、
常に会員さんからの情報や意見やコメントが飛び交って活発なのである。

一度覗いてご覧になるといい

今朝のこの新聞記事も、既に掲載されているし、
昨日の、マスコミの取材に経緯も、
神戸電鉄との会談のことも、サンテレビでのニュース報道の知らせも、
サンテレビに流れた瞬間に、『見た』と言う会員さんの声も、
その他コメントも  流れたのである。



★この会の一番の特徴は、ゆるーい繋がりで、
何となく『ネットをベース』に

ネットの世界だから完全公開という形で運営されている。

月に2度ほど開かれる世話人会も、
誰でも出席自由で、出席した方が世話人なのである。
昨日は、たまたま神戸電鉄に5人ほどで出かけたが、
10人ぐらいは会議室入れますよと呼びかけたら、たまたま5人が集まったのである。

マスコミの取材陣が待ち受けていて、
会議の始まるまでは物々しい雰囲気であった。
このマスコミ人に声を掛けたのは、
会員の一人、鈴木咲子さんなのである

三木のイベントなどでは、いつも顔なじみの毎日の南良さんや、斎藤さんのほかにサンテレビのテレビクルーも会議室に入って、ちょっと緊張した雰囲気だったのである。

応対して頂いた神戸電鉄側も、当方もちょっとびっくりして、
会議のいつまで取材陣の同席を許すのか?
最初は『途中退席で』と言う雰囲気でスタートしたのである。

ご挨拶とお願い書の手渡し場面の写真も、記者さんように撮影されたし、
サンテレビさんの要望で、お願い内容は山本さんが声を出して読み上げられたのである。

そんな堅苦しい雰囲気で始まった初会合だったのだが、
結果は、終始和やかで、
記者さんもテレビクルーも約40分最後まで同席した完全公開の会議になった




★これが、最高によかったと思っている。
非公開の会議など、その一部が公開されても何となく、すっきりしないのである。

初めは、『途中退席』の雰囲気だったのに、何故こうなったのか?

昨日、神戸電鉄側で出席された3人の方の内、畑さんと辰馬さんは、私は2度目なのである。
8月ごろだったか独りで神戸電鉄を訪ねて2時間ほどじっくりお話ししたので、直ぐ打ち解けた雰囲気の話になった。
元々堅苦しい話は大嫌いだし、深刻な話ほど笑顔で話す雰囲気を造らないといい知恵など出てこないのである。

こちらから出席した方も、神戸電鉄のみなさんも、フランクに意見交換されて、どこにも非公開にしなければならぬような話題にならなかったのである。

これは初めから大成功だった。
そのうちに神戸電鉄のみなさんも、南良さんも斎藤さんもみんな会員になって貰えばいいのである。



★昨夜からもまた入会者があったらしい。

近々、郵便局からの振り込み口座も開設されるので、全国から入会者が順次増えていくだろう。
それが開設されたら、毎日でもツイッターで全世界20万人に呼び掛けも可能なのである。

『単に名前を書いただけの署名運動』とは差別化されていて、たった1000円だがお金を払っての入会なのである。


昨日お聞きしたら、神戸電鉄に乗られる乗客は2万人もおられるらしいので、そのうちに賛同者を募ればいい。


★『がんばろう!粟生線』

と言うことで、既に頑張っておられる先輩グループがある。
県立大学の環境人間部の福島徹教授とそのゼミの学生さんたちでおやりになっている活動である。

粟生線についても、こんなに詳しいレポートが既に造られている

昨日は、マスコミの取材もあるので、『がんばろう!粟生線』のことに触れてもよろしいかと、福島先生に事前に電話でお聞きした。

『どうぞ』と快諾して頂いたので、そんな話もさせていただいたりした。

『がんばろう!粟生線』も
『粟生線活性化協議会』も
『神戸電鉄の広報活動』も

一生懸命おやりになっているのだが、その情報発信活動は、正直言ってもう一つ発信力がないのである。
『粟生線の未来を考える市民の会』はいろんな方が集まっていて、今でもそこそこの情報発信力を持っているが、
更に繋いで『システム化』すれば、結構大きい発信力を持つ仕組みになる可能性を秘めている。

そんなネットに詳しいプロたちは、既に100人の中に名前を連ねてくれている。

こんなのは、『発想の柔軟性』がベースにあればいい。

先日の『月蝕』の様子をUstream で中継し、ネットで流したら、
全国28000人の方がそれをご覧になったとか。
その桶下真理さん、神戸の笑売繁盛株式会社の代表取締役さんも、100人の中にちゃんと名を連ねて貰っている。

私はそんな『仕組みづくり』で『粟生線の未来を考える市民の会』のお手伝いをしようと思っている。


今度の26日は世話人会だし、年が明けたら新年会も予定されている。
楽しく粟生線の未来を語ろうと思われる方は、是非ご参加ください
入会金は1000円です。オモシロイメンバーが揃っています。
by rfuruya2 | 2011-12-16 06:22 | 神戸電鉄粟生線問題

粟生線問題を引っ張ってくれる人

★連日、『粟生線問題』を取り上げていますが、
アタマの中にあるウエイトがそれだけ高いのかも知れません。

今後の取り組み次第でしょうが、
具体的にどのように進んでいくのでしょうか?
そのあたりが、なかなか想定出来ないところが、またオモシロイと思っています。

別に、きっちりとした組織があるでもなく、
『粟生線の未来を考える市民の会』と言うネーミング通り、
『ちょっと考えてみたい』と言う方の集まりです。
既に100人以上のメンバーになりましたが、100通り以上の想いがあるのかも知れません。


★とはいっても会と言う限りは、会長などが要るのは世の中の常識です。
郵便局に窓口を設定するだけでも、手続きの中にそれは」必要です。

今後何人になるかも解らぬ『粟生線の未来を考える市民の会』ですが、
中心になってお世話願う方を決めました。


●世話人代表  山本篤さん

c0107149_82097.jpg

三木市緑が丘で山本医院を経営される山本先生です。
いろんな分野で既に活動なさっています

こちらは、Facebookです
非常にユニークな、活動的で、明るく、柔軟な先生ですから、世話人代表としては最高です。
立地は神戸電鉄緑が丘駅前ですし、
『緑が丘の駅前活性化』を独自の目標に持っておられます。



●事務局会計 など   小巻健さん

c0107149_8321293.jpg

三木労音を主宰されていますし、
e-音楽@みき の活動も、
図書館友の会、みきも

と幅広く活動されているナイスガイです。
ネットの世界も詳しいし、何かと面倒な事務局の役を快く引き受けてくれました。
小巻さんがいれば、多分上手く回るでしょう。

1年前、小巻さんと最初にお会いした場所が、山本医院の山本先生との打ち合わせの席だったのも、何かのご縁だと思います。


●もうお一人   坂東聖悟さん

c0107149_8462257.jpg

一番左、先月の千葉県袖ケ浦サ―キットでマル耐をフィアンセとともに走った時の写真です。
坂東聖悟さんが、この粟生線問題の『言い出しべえ』で事務局長みたいな立場でこの会の推進者です。

The Good Times Racing チームとして参加したこのレースのお陰で、坂東さんと親しくなり、この神戸電鉄粟生線問題もお手伝いすることになりました。
三木高校の同級生トリオ『さるとる』さんも『ジーン景虎』さんも加わってくれました。

坂東さんは三木市の市会議員でもあります。
12日の議会ではこんな質問もなさいます。

・交通施策について
 <1>神戸電鉄粟生線問題について
   (1)戦略会議以降の神戸電鉄の反応について
   (2)神戸電鉄に対する補助金6千万円の使い方について
   (3)乗客数を増やす対策について
     ①市民が「乗って残す」ためのポイントについて
     ②活性化協議会のモビリティーマネージメントの取組の状況について
     ③市の新しい取組・事業として考えていることについて
 <2>将来的な公共交通とまちづくり まちづくり部長
   (1)便利な車社会と公共交通の関係からどのように考えるか
 <3>市職員のノーマイカーデーの取組
   (1) 毎月20日の取組状況(通常の車通勤者の数と取組による減少数)
   (2) 取組の強化について



★『粟生線の未来を考える市民の会」

今後、どんどん賛同者が増えると思いますが、
私自身は、NPO The Good Times の既にある広報システム、情報発信力や、その他のシステムで応援しようと思っています。

NPO 自体の基本コンセプトが
『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しくいい時を過ごそう』
ですから、それにぴったりのテーマだと思っています。

山本先生の山本医院は、団体会員さんですし、

小巻さんは、理事さんで、且つ e-音楽@みき のプロジェクト推進者ですし、

坂東聖悟さんもNPO The Good Times の会員さんです。



NPO法人 The Good Times は『システムそのもの』ですから、それ自体は、何もしないのですが、
その会員さんがなさることは、その『システム』で支援するのがモットーです。
情報発信でも、社会のおけるいい人間関係づくり=広報でも、
既にある『仕組み』は自然に機能するように出来あがっています。


この情報も、Facebookでも、ツイッターでも、自然に20万人近くの方に発信されます。
共感される方は是非、
『粟生線の未来を考える市民の会』のFacebookページを通じてご参加ください。

もうすでに何人もの方があちこちから参加されています。
by rfuruya2 | 2011-12-10 08:19 | 神戸電鉄粟生線問題