雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

肥後の守

肥後の守。 ご存知ですか。

昔の人なら必ず持っていたいた、小刀です。

今は三木市の長尾製作所ただ1軒でしか造られていないのです。

ここのご主人の長尾さんが26日の日経新聞に、

このような「日本のよさ」を伝統技術に限らず、唄や食や物語などの分野でも、絶やさぬ努力をしていこうと提案されています。

本当にそう思います。
今の流れでは「日本らしい、日本のよさ」が消えてしまいそうです。

代々受け継がれてきたものの上に、新しいものを積み上げていく、
そんな努力が必要だと思うのですが。

ナイフは決して危ないものではありません。
竹とんぼなど日本のよき伝統品は、肥後の守でつくればより美しいものが出来ると思います。
by rfuruya2 | 2007-01-31 14:16

かっこつける体質

このところ、エライサンがずらっと並んで頭を下げるシーンがテレビによく映る。

所謂、部下の不祥事である。

ホントに部下だけの責任だけだろうか。


エライサンのために、かっこつけるために、それが起こっていることをよく考える必要がある。

「あるある」も視聴率を求めすぎるために、「産経」も会場のかっこつけるために、起こった出来事である。

そんなことを、知らず知らずのうちに求めている体質に問題があるのだと思う。


かっこつけずに、はじめに小さな恥をかけば良かったのだが、多分エライサンが怒るのだろうな。

そんな体質が横行する。  あなたのところは大丈夫ですか。
by rfuruya2 | 2007-01-30 11:57

隠蔽体質

「いんぺい」 難しい字である。打つことはできても書くことはなかなか出来ない。

日本の社会は、どちらかと言うと、隠蔽体質かなと思う。

何かひとつ見つかると、次から次に出てくる。


うまく隠し終えたら幸い、みんなやっている。
みんなで渡れば、 バレたらその時のこと、 運が悪かった。

然し、世の中、世界の常識の方向に変わりつつある。

バレたかと舌を出し、アタマを掻くだけではすまない世の中になりつつある。


アメリカでは極端に「だます」ことを嫌う。だました場合は何倍ものぺナルテイが課せられることが定められている。

リコールという制度が昔から定着して、むしろ歓迎され、いい企業イメージに繋がる。


その方向が世の流れ、世界の常識と思います。
by rfuruya2 | 2007-01-29 08:49

好奇心

年は取ったが、人一倍好奇心は旺盛である。

それが生き甲斐みたいなところもある。

身の回りの、少し関心を持ったその周囲の事柄については、何事も知りたいと思ってしまう。

情報を発信するのは好きなほうで、ブログもそういう意味で大いに気に入っているのだが、発信するためには収集が要る。

常に、発信量<収集量という形をとっていないと発信が行き詰まる。

昨今は、
行政でも企業でも情報開示が求められていて、その気になれば幾らでも情報は集まる。

また、仕組みの上でも
GoogleアラートやRSSなど関心のある言葉を入れておくだけで、幾らでも情報が集まる。

私の好奇心を十分満たしてくれている、便利で生き甲斐のある時代になったと喜んでいる。。
by rfuruya2 | 2007-01-28 12:07

施政方針演説

別に、自民でも民主でもない所謂無党派層である。そんな「わたしはこう思う」のだが、


施政演説に対する論評は毎度のことだが、常に同じ傾向である。読む前に容易に想定できる。

共産党、社会党がぼろかすに言うのはまだ理解できるが、
あまり立場も変わらない民主党までが絶対反対と言わんばかりの論調は、民主党のためにもよろしくない。

朝日の社説にも、もひとつついていけない。

そんな中で、天声人語。

演舌から演説、「われ思うところを人に伝うるの法」が演説。
「カントリーアデンテイテイ」と理念、目指す方向をカタカナで呼ぶ必然性がよく見えない。
総理の「われ思うところを人に伝うる法」はこれからのようだ。

同感である。

日本には美しい日本語がある。
目指す理念ぐらいは日本の美しい言葉だけで語るべきである。


「われ思うところを」カタカナを使わないように「意識して書いた。」

それもなかなか難しい世であることもまた事実である。
by rfuruya2 | 2007-01-27 08:06

美しい国

不二家。 建物設計偽装。 官製談合。 その他いろいろ。


日本はいつからこんな「美しくない国」になったのか。

日本人の資質や、人間性はこのような「ごまかして生きる」ことにたけた、もともとそんな国民性なのか。


安倍さんのいう「美しい国」は、

心、態度、ひとの生き方など、もともと日本人が持っていた、そんな美しさを取り戻して欲しい。

政治も企業も、口先だけでなく、  「理念」を。


理念をもてない人、それは「トップになってはいけない人」です。


美しい国。 具体性がないと言う。 そんなことを言う体質が問題です。
by rfuruya2 | 2007-01-26 07:40

硫黄島からの手紙

本当に書きたいことが書けない手紙。書いても届く目途も無い手紙。 

だけど何とか届いて欲しいという願いをこめて書く最後の手紙。


そんな時期、祖国のために一命を捧げて戦った戦士たち。

その人たちのお陰で、今生きている。 

その頃小学6年生だった。 いろんなことをよく覚えている。


KEYを叩けば、瞬時に世界に発信できる平和な世に感謝したい。

こんな日本語ばかりの映画をアメリカ人が造った。  「硫黄島からの手紙」  感無量。
by rfuruya2 | 2007-01-25 08:38

そのまんま東

一挙に時の人。

好感を持って迎え入れられた。全体にそんな論調。

彼のHPなど、見ると。   なるほど、意外に真面目だと実感される。

議会が反対というけれど。

安倍さんの言う 「再チャレンジの見本みたい」 自民党も応援すればいいのに。

もう少し、見てみたい。   応援するサイドに立って。
by rfuruya2 | 2007-01-24 15:55

思いつくまま

ホントに思いつくまま、exciteブログに登録し、スタートしてみた。

どのようなことになるのだろうか。行くつく先は想定の範囲外である。

gooで毎日更新しているのだが、ここではもっと自由に、思いつくままをコンセプトに。


どれくらいgooと機能が違うのか、それも楽しみである。

gooではrfuruya1で登録、やはり「雑感日記」で更新している。よろしく。
by rfuruya2 | 2007-01-24 15:19