雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

全国広報コンクール


今年もまた自治体の全国広報コンクールが開催され、その優秀作品が紹介されている。

いずれも入選作品であるだけに、レベルも高いのは当然ではあるが、
共通して言えることは,広報紙もホームページも、コンセプトが明確であるということ、
特に特集に関しては、いずれも力作で、テーマに対する突っ込みかたもハンパでなく、熱っぽさが感じられる。


今の時代、どの自治体も広報、情報の発信には熱心であり、これらをないがしろにしているところは皆無と言ってもいいだろう。

然し現実には、広報も発行回数とか、記事を集める組織とか手段、の検討はなされるが、最も基本的なコンセプトについて、確りとした議論やコンセンサスが出来ていないように思える。

広報などの仕事は、一般の仕事のように資料や作業の積み重ねで完成するものではなく、幾らやってもきりのない難しい仕事だが、最近の入賞作品を見るとそれなりに立派な出来映えで、担当部門の熱意を十分に感じ取れるものになっている。


全国広報コンクール結果
by rfuruya2 | 2007-05-23 11:37 | 生活

バラ 5月19日

c0107149_15301333.jpg

by rfuruya2 | 2007-05-19 15:30 | 生活

バラ

c0107149_15261059.jpg

by rfuruya2 | 2007-05-19 15:26 | 生活

バラ 5月19日

c0107149_15141545.jpg


5月19日のガレージのバラです。まだ5分咲き。
by rfuruya2 | 2007-05-19 15:16 | 生活

今年のゴールデンウイーク


「GWに小型台風が直撃します」 とのメールが息子の嫁から来て、今年のゴールデンウイークは始まった。

「孫抜き」 「仔犬つき」という予報どおり、 コーギーの生後7ヶ月の仔犬アンが主役の台風だった。

自慢するだけあって、可愛い。
家に居る柴犬夫婦などと違って、じゃれようがハンパでない。
誰彼かまわず寄っていって顔までなめ歩くサービス振りであった。

今回は中学3年になった孫は、サッカー部の公式戦があって帰省できず、アンをわざわざ飛行機に乗せての 「息子夫婦と仔犬1匹」 での2日半のご滞在だった。

犬が居たので、外食も出来ず、2日間直ぐ近くの防災公園のサッカー場であった兵庫県のクラブチームのサッカーを観て過ごした。 勿論仔犬の散歩ツキである。

サッカー場といっても、そんじょそこらのレベルでjはなく、三つ並んだグランドは2面が天然芝、1面が人工芝のグランドで、J1のチームが練習試合をやってもおかしくない立派なものである。

中学生の大会ではあったが、ヴィッセル神戸や神戸FCのクラブチームで技術レベルも高く、見ていて面白かった。

息子は、小学校からサッカーを始め、中学、高校、大学、日本リーグと若い頃はサッカー付けの生活で、会社では今オリンピックチームの監督の反町と同期でチームメートだったという、結構高いレベルのサッカーをしてきたのだが、
最近の中学生の動きは、息子の頃とくらべものにならぬほど上手く高いレベルにあると思う。

昔のように、何人かが上手いのではなく全体のレベルが平均して高く、サブが出てきても決して見劣りがしないのである。

家内は、息子の嫁に、母の日のお祝いに携帯電話を買ってもらって、いたってご満悦だった。
我が家にも初めて携帯なるものが存在するようになった。

「新しい携帯」 を当地で買ってもらってよかった。
セッテングなどを見ていると、とても素人が始めてハードを持っても、使えるようにはならないと思った。 そんなややこしいことを全部してくれた。

伊丹まで送っていって、羽田に着いたら早速、携帯に電話が入った。

まあ、結構なゴールデンウイークではあった。
by rfuruya2 | 2007-05-09 17:38 | 生活

三木市長メール

昨年4月17日にはじめての市長メールを出して以来、約1年が過ぎた。その間、117通のメールを発信した。テーマ「三木市のイメージ向上」に絞っての提言であった。

数多く採用をして頂いて感謝している。

2年目を迎えるにあたり、どのようなコンセプトで臨むべきか、いろいろ考えた。
そして、結論として、
私のブログで一般に公開した「三木市長メール」とすることにした。



たまたまであるが、この3月から「オンブズマン三木」というブログが立ち上がった。

オンブズマンという言葉には正直、いい印象や好感は持てなかった。
オンブズマンという言葉からは、グループを組んで役所へ向かう姿とか、何かの決議書などを手渡す姿がテレビに映し出される、あの「文句言い」グループのイメージしかなかった。

その後、 「オンブズマン三木」 のそのブログの中味を見ていて、だんだんと 「少し違うな」 と思うようになった。
そのブログに書かれた内容を最初からじっくりと見てみた。

 「コンセプトが確りと明示されている」  これは非常にいいことである。

いろいろ述べられている中で
「評価すべきところは評価する」
「行政とのやりとりはメールかブログのみ」 
「表面に姿を現さない 」    などに注目した。

私のブログにもコメントが、何回か来た。 私もコメントをしてみた。

そんなことが幾つかあって、
このネット社会の中で、うまく展開すると 「新しい、面白い仕組み、ネットワーク」 に発展してゆく 「芽」 があるように思えた。
 私のカンである。カンではあるが意外によくあたるのである。

「新しい形の市民参画が出来る」 市民参画は市長の方針三つのうちの一つでもある。
そんな仕組みの中枢的な役割を 「オンブズマン三木」 にひょっとして期待できるのではないか。



そんな風に思うようになった。
折りしも、三木市会議員選挙、28才の新人米田和彦君が当選した。 「先生よりは君」 が似合う若々しさである。
彼もこの3月からブログを立ち上げている。そして選挙公約の中に、
「---システムを構築します」
「市民と行政の間にある見えない壁に風穴を開けます」
この二つの公約に注目し、見つめたゆきたいし、それを支持したいと思っている。
彼のブログは自分の想いを自分の言葉で語っているのがいい。是非続けて欲しい。



三木市のホームページには、市長メール以下各部長のブログがある。
今、十分機能しているとは決して言えないが、こんなシステムを持っているのは全国でも三木市だけである。


ブログの力は相当なものである。人を繋ぎ具体的な行動に繋がる「強力な力」を持っている。

三木市のブログ
市会議員のブログ
オンブズマン三木のブログ
三木市民のブログ
一般の人のブログ

インターネットはもともと中心のない不思議なネットワークなのである。従来のタテ型のような中心がなくても成り立つのが特徴なのだ。 ヨコ一線なのである。

三木市に関する、こんなブログを上手く繋いでゆけば 「新しい風」 が吹くかも知れない。
全国で三木市にしかない差別化された新しい形の 「市民参画システム」 が造れるかも知れない。
既にあるものを、ヨコに展開し、トータルシステムとして機能するように仕掛けたらいい。


雑感日記の三木市長メールが、そんな 「仕掛け」 の一翼を担えたらと思って市長メールの公開を決意したのである。


そのきっかけを与えてくれたのは 「オンブズマン三木」 である。

三木市も 「うっとおしい存在」 などとは、思わずに前向きに捉えて欲しい。
とにかく、ずっと三木市のことを考え続けてくれる人たちは、貴重な存在である。

いい展開になることを、期待したい。
by rfuruya2 | 2007-05-06 09:16