雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

村ぶろ

和歌山県の飛び地、人口500人ちょっとの北山村というところがある。

つい先日、この村が主宰する「村ぶろ」というブログがあって、このコンセプトに共感して新規登録した。

たった500人の村が、新しいITのシステムの一つブログを主宰して人口の20倍の1万人を目標にネットワーク化して「みんなで」新しい事業を展開し、新しい収益源にしようというのである。


世の中少子高齢化は進み、将来の人口増加は期待できない。
経費や人件費の削減にも限度がある。

期待できない税収の伸び、そのなかで市民のサービス要求は段々と高い水準を求める。

どのような解決策を持っているのだろうか?
c0107149_951888.jpg


この道の向こうにどんな未来があるのか。

世の中の行政では、「市民、市民」の大合唱である。市民は、確かに票にはなる。
今の行政の展開の仕方は、何故か、ずっと選挙運動ばかりをしているような展開にしか見えない。 そこに将来を見据えた解決策などないように見える。


そんななかで、新しい発想で、新しい仕組みで、市民以外にも視線を置いて市政を展開している佐賀県武雄市のようなところもある。

今までにない発想だから市民ならずとも注目する。当然市民は関心をもつ。
それが上手くネットワーク化されて、その「市民力」に市も市民も自信を持つまでになってきた。


北山村も6月21日のスタートだがもう既に6300人がジョインした。
意外に、ブログの仕組みも面白い。勿論、村長もくわわっている。仲間である。
私はまだ、3日目だが昨日は193の訪問があった。こちらのブログの一つにリンクしたら突如アクセスが上がって今まで30ほどだったのに200を越えそうになった。
規模は小さいが何か結束力みたいなものを感じている。


難しい世の中だが、自治体でも企業でも、アタマを使えば幾らでも解決策はある。
ITなどの進歩でそのツールは年々豊かになっている。

そんな世の中なのに、旧態依然とした仕組みやタテ型の組織にしがみついて、「ただ頑張れ」では策がなさ過ぎる。

今、仕事だと思って毎日やっていることは、実は「作業」で、
「仕事」ではなかったことに早く気付いて欲しいものである。


北山村は、そんな想いをあらためて、より鮮明にくれた出来事であった。
by rfuruya2 | 2007-08-31 08:56

安倍改造内閣

安倍改造内閣の話題で昨日今日の新聞は賑わしい。

いつものことで、いつものように書いたり、論評したりする。

その方向がいつも決まっていて、大体読む前に推測できるから面白い。

野党は、いつもの通り、 「ボロかすに言う」 そのように言わねば野党の顔が立たないのか。
どんな内閣になっても決して褒めないだろう。
それにしても 「上手くけなすものだ」 といつも感心する。

新聞は朝日を取っているが、朝日の社説や論調も、野党ほどではないがまず褒めない。
ここはモノを書くプロだから、一応説得力のあるようなことを言っているのだが、

朝日新聞ご自身は、自民党か、民主党か、社会党か、共産党か或いは無党派層なのか。
どれだろう。単なる批評家集団なのか。


お前はどうかと、言われそうだが、私は無党派層である。
日本がよくなる方向なら、党などどこでもいい。
本音で言うなら、自民党の一部と民主党の一部で新党が出来たら一番いいと思っている。


今なら、自民か、民主で少なくとも社会党や共産党は推さない。

内閣の顔ぶれを見ると、「まずまず」だと思う。
こうしてみると 「自民党はいろいろ居るな」、 と思ったのが実感である。

はじめて知ったが、元岩手の知事さんが総務相に抜擢された。
「そんなに立派な知事さんが居たんだ」と思った。

小沢さんの地元の岩手でどんなことをしてきたのか?どんな実績があるのだろう。
或いは、小沢さん対策として、何かあるのではと、思ったりした。

桝添さんが一番期待されている。
一番庶民に関係深い、年金問題を扱う厚生省を担当する。

東大の先生といったイメージはもう今は無くて、テレビでいろいろ喋っている賢い人で、上の人の嫌がることを本音で言っていると一般は見ているのだろう。
ホンネのトークであることは間違いない。

エラクなってどんな動きをするのか、私も注目して期待したい。


そのほか、町村さんや高村さんなどエライと思われている人が入閣した。
前の内閣よりはよさそうな気がする。

c0107149_9555762.jpg


難しい政局であろうが、日本がよくなる方向に引っ張って欲しい。
「美しい国」 は具体性がないなどと言うが、日本人だけでなく世界の誰もが  「美しい」  と思う国になるよう頑張って欲しい。
日本に似合う言葉だと思っている。


その中味を論議したがるような人は、野党や朝日新聞の論調と同じである。
これは感性の問題で、  「美しい」  と普通の人たちが思うことに、悪いことはないはずである。
by rfuruya2 | 2007-08-29 10:00

ブログdeみっきい

三木市のHPに 「ブログdeみっきい」 というブログがある。
広報担当のグループが発信しているようで「JJ」と名乗ってはいるが、独りではなくグループのようである。

「JJ」という名の由来も聞いたような気がするが、忘れてしまった。

役所のブログのレベルを超えて、内容も面白く、写真も綺麗で秀逸である。
「JJ」になりたい」という名の市民の?ファンもいてコメントを寄せている。

最初は、市長の動きばかりを追ったりしていたが、最近は三木の情報満載で非常にいいと思っている。


今日、HPを見たら新着情報で「ブログdeみっきい大好評」と載っている。

何故載せたのか?とチェックしたら fromhotelhibiscusさん からお褒めのコメントである。
嬉しくなるはずだ。
武雄市長樋渡啓祐氏である。

武雄市には営業部戦略課が発信する 「TAIZO+TAKEO」 というブログもあるのだが、これに負けないようにと思っている。
今の所、互角と言っておこう。


三木市のエライサンたちが数々のブログを発信されておられるが、何故か市長の藪本さんのブログだけがリタイアされている。
このブログ群の中で、群を抜いている出来映えだと思っている。


少し、褒めすぎたかも知れないので、少し辛口の論評を。

JJさんのグループは、広報課の人たちだと思っている。
広報の専門家グループである。
今までの経験は別にして、現在は少なくとも「広報」で給料を貰っている 「プロ集団」 のはずである。

プロという認識での、広報戦略、広報活動を是非お願いしたいのである。


あげ足を取るようで申し訳ないが、
「ブログdeみっきい大好評」 で終ってしまうキャッチコピーは素人である。
昔々の広告によくあった「抜群のーー」と同じで感覚だけの自分の側からの発想、発信である。

広報には必ず受け手がいる。
それを見た受け手が解るだろうか、関心を持つだろうか、その辺に関心が行くべきである。
「大好評」 とは何故、どのように、大好評なのかがないと後に続かない。

いろんな情報は、次の情報の伏線でなければならない、或いは前に流した情報を極力利用する、そんな態度が必要である。

今の三木市の広報には、それがない。だから機能しないのである。

ヨコに繋ぐ努力がいる。

タテ型の組織や発想は一つ一つが完結型である。そこで終ってしまうところに特徴がある。
広報には、ほん具合の悪い考え方である。
何月号の広報誌ができた。出来た配ったで終ってしまう。

「ご破算で願いましては」 の 「回覧板的広報」 はお金の無駄遣いとも言えるのだが。

一つのテーマをモットヨコに、時間的に継続して、繋ぐプロの広報の域に是非早く到達して欲しい。
三木には「みっきいふるさとふれあい公園」という格好のテーマもあるのだが、
それは、まちづくり部の管轄?になっている。
これは間違いなく広報の部門のテーマである。


役所の人たちはそれぞれがみなプロなのだが「そんな意識」をもっておられるのだろうか?
少し言い過ぎたか,言い足りないか。


JJさんたちの、今後のご活躍を期待します。

でも、果たしてこのブログに辿りつくであろうか?

情報収集力こそ広報の「イロハ」です。
樋渡さんは、「ブログでみっきい」まで辿り着いています。
私は、そのコメントまで辿り着きました。


私は、ともかく樋渡さんはそんなにヒマな人ではありません。
情報収集の必要性をご存知なのです。

三木のトップマネージメントの皆さんも是非、そのようなことを一度お考えになればと思います。
by rfuruya2 | 2007-08-28 09:03

資源回収

日曜日、今日はこども会の 「資源回収の日」 であった。

この町でもう何年も続いている。
このように渋滞も出来るような盛況で、交通整理の人もいる。
c0107149_11504684.jpg


子供のいる親たちが中心になって行っているボランテイアの活動だが、ここまで定着するとすごい。

子供から少し成長した中学生のお姉さん方も活動に協力していた。
c0107149_1155877.jpg


この会場までは、マイカーやバイクで知れぞれ持ち込んでくる。
c0107149_1262389.jpg

列を成して途絶えることがない。交通整理が要る道理である。
c0107149_1157499.jpg


流れは自然で、スムースである。
「何度も経験した人たちにだけできる、そんなゆとりみたいなものを感じた。

確かに、リーダーはいるのだが、リーダーの指示を必要としない自然で、スムースな流れである。



何か、手馴れたイベント運営を見ているようであった。
「ごみ」 ではなく 「資源」 なのである。
by rfuruya2 | 2007-08-26 11:44 | 生活

道の日

8月10日は「道の日」であった。

何故8月10日が道の日だったのか、どこかに解説が載っていたと思うが、読んだはずなのに全然覚えていない。

ただ、道の日に道の周りをきれいにしようと、三木市あげての取り組みをと呼びかけたことはよく知っている。


道の周りでは、名門廣野ゴルフ倶楽部の道路際が永年問題だと思い続けてきたが、最近はフェンスも新しくなり、下草も刈られて、一部では美しいコースが見えるまでになった。
c0107149_16344952.jpg


道路は一般社会との接点であり、企業や個人もその社会的責任として、人に気持ちよく見てもらえるようにするのは当然である。


先日、吉川のほうにドライブしたとき、道の下草がこんなに綺麗に刈ってあった。

写真で撮ったのは何枚かだが、全体に綺麗だったし、道の日の呼びかけは、全体として大成功であったと思う。

c0107149_1640084.jpg
c0107149_16404226.jpg
c0107149_1641297.jpg

こんな道は、走っていても気持ちがいい。
そこに住む人の、生き方の美しさが解る。それとも市が整備したのか。
いずれであっても気持ちがいい。

c0107149_16545915.jpg

これは裏側だが、表も同じである。こんなところは例外であろうが。

c0107149_16582385.jpg


最後は、三木に沢山あるゴルフ場の一つ。誰が見ても綺麗である。

社会との接点は、きれいにするように、みんなで気をつけるべきだと思った。
by rfuruya2 | 2007-08-25 16:30 | 生活

丹生山 うら、おもて

三木のまちから東にほう正面に見える山、「丹生山」と言うらしい。

形が綺麗で好きな山である。
三木ではなくて神戸なのだが、三木からよく見える。
c0107149_1415370.jpg


少し違った角度からも同じようによく見える。

c0107149_1434670.jpg


この道をそのまま進んで御坂神社のところまで来るとこんな風景になる。
c0107149_146174.jpg


淡河から神戸の箕谷に抜ける道があってこの山を通っているものとばかり思っていた。
そこから逆に三木を見たらどんな景色かと出かけてみたのである。

全然予想はずれで、その道は丹生山のモット東側を通っていて、そこからは丹生山の裏側を見ることになった。
c0107149_14122521.jpg

このような眺めで三木のまちなど全く見ることは出来ない。
山登りなどしたことはないので、こんな深い山に登れるのかと思うが、調べてみるとその山頂には丹生神社があるという。
深い山と思うのは素人の発想でアルプスにも人は登るのだからこれくらいの山は、ハイキング気分なのかも知れない。
c0107149_1414913.jpg

こんなカーブを幾つも越えて登ってきた。車だから簡単だが歩いて登るとなると大変である。

遠くに三木も見えることは見えた。ずっと左側のほうが三木である。
c0107149_14144745.jpg


こんなのどかな風景が山から見下ろせないかと思ったのだが、
それは駄目だった。
それにしても、ホントに近くのことなのに、なにも解らぬまま何10年も過ぎてきているのである。

写真を撮りだしてから、はじめて知ったことは多い。たった2ヶ月ほどでこうだから、1年もすると結構物識りになるかも知れない。

マケッテングは足で稼げということか。
c0107149_14263095.jpg


c0107149_1427365.jpg

by rfuruya2 | 2007-08-24 14:04 | 生活

佐賀北高 優勝おめでとう

いや、こんなこともあるのである。

素晴らしい決勝戦であった。
逆転満塁ホームランという一振りで決まった優勝であるが、その影に堅実な守備で最小の得点に抑えてきた佐賀の守りが優勝を呼び込んだと言っていい。

普通先発が2回でマウンドを降りて、そのあともこれまで無失点に抑えてきた久保が2点を取られて、1安打に抑えられてきた。

誰もが広陵の勝利、それも一方的な勝利を予想したのではなかろうか。
それが8回の1イニングで逆転したのである。

9回も、無死で走者を出しながら間一髪の守備で切り抜けた。
最後のバッターを空振りの三振にしとめて優勝した一瞬、何が起こったのかと動作も止まった久保君が印象的であった。


今年の夏は、昔の甲子園が戻ってきたような感触を受けた。
それを与えてくれたのは、佐賀北の選手たちである。



私自身は、野球以外のことで大騒ぎをするハンカチ王子など、そんなマスコミの煽動やそれに乗る世間が嫌だった。
斉藤君こそいい迷惑だったと思っている。

今年はそんなこともなく、公立校佐賀北が高校生らしい溌剌としたすがすがしい優勝を遂げた。
選手たちのインタビューのコメントも非常に好感が持てた。


途中から、樋渡さんのブログで、久保投手が佐賀県武雄市山内町の出身と知って、心底佐賀北を応援してきた。


2日続けて「ひょっとしたら、ひょっとする」と書いてきた。

とうとう「ひょっとした」のである。
佐賀北高校優勝おめでとう。 

久保君の出身地、武雄市の皆さん優勝おめでとうございます。
by rfuruya2 | 2007-08-22 16:02

再び佐賀北

とうとう優勝戦まで来た。

昨年の田中、斉藤もよかったが、ハンカチ王子などと野球と違うところで人気が出て、斉藤君は可哀想だと思った。
今もその想いは変っていない。

それに比べて、今年の佐賀北が若し話題の中心だとしたら、
高校生らしいし、守備はきっちりと守るし、ベースランニングは上手いし。盗塁もすきがない。
2点はベースランニングのよさで稼いだと言ってもいい。

試合後のインタビューもすがすがしくて、昔の甲子園を思い出させてくれた。

c0107149_8413120.jpg

広陵は名門である。強豪である。
10回戦えば、多分広陵が勝つだろう。

でも、甲子園はトーナメントである。ひょっとするとひょっとする。
佐賀北を応援する人たちは多分多いことだろう。

ピッチャーが冷静である。気負いもなく淡々と投げる馬場君、エース久保君は30イニング近く無失点記録を伸ばした。

佐賀北の選手たちが、今夏、甲子園でプレーしたイニングは出場校のトップである。
これで選手は上手くなったと思うし、自信にも繋がっているのだろう。

勢いも感じる。

武雄市山内町出身の久保君のいる、佐賀北を応援したいと思っている
by rfuruya2 | 2007-08-22 08:39

佐賀北高

佐賀北ー帝京。

誰が佐賀北の勝利を予想したであろうか。

開幕初戦を接戦で勝ち、2回戦は延長15回引き分け再試合を制しての帝京戦だった。
これをまた延長13回4-3で制したのである。

佐賀北高は公立校だそうである。
最近は公立校が甲子園に出場するだけでもニュースなのに、ベスト4,4強である。


最近は、こういうと言い過ぎかも知れぬが、いろんな地域の優秀な選手を寄せ集めた野球専門学校のようなところばかりが常連で、この春にも問題があった。

そんな中での勝利であるから、これは大ニュースであり快挙である。

次は、長崎と大分の勝者との対戦である。 どちらが勝っても九州勢同士の戦いとなるのである。
その戦いが準優勝戦なのである。 すごいことだ。


昔、昔々になるのかも知れぬが、我々の時代は不思議なことに公立校の方が強かった。
野球ではそこそこの県、兵庫で当時の甲子園に名を連ねたのは殆ど公立校ばかりであった。

芦屋中、神戸1中、明石中、兵庫高、鳴尾高、兵庫工業高、明石高、芦屋高などなど
育英なども強かったが、報徳はまだまだだったし、最近の東洋大姫路や滝川二高などはまだ学校ができていなかった。


公立や私立の問題もあるが、別の観点から言えば、

やはり野球はピッチャー、投手力である。

桑田、江川、松坂など甲子園を沸かしたチームはみんなピッチャーが良かった。
記憶に新しい昨年の田中、斉藤投手は今年、プロ、大学の世界で既に活躍中である。


佐賀北高の勝利が、フロックでないことは、投手力の良さがある。
延長になっても点を取られない投手力、これはすごい。
特に久保投手は甲子園に来て27回3分の2を連続無失点、自責点勿論0なのである。

これは、ひょっとするとひょっとする可能性がある。


ところで、この久保投手は佐賀県武雄市山内町の出身で今でも毎日武雄から通学しているそうである。

こんなことはどこの新聞にも出ていないだろうが、
そのニュース源は武雄市長樋渡啓祐さんののブログである。私とはブログでご縁が出来て、実際にお会いできたり度々ブログにコメントを頂いている。

長崎、大分それに佐賀の九州勢同士の戦いになるのだが、
久保投手が武雄の出身となれば、佐賀を応援せねばなるまいと思っている。


佐賀北高校、久保投手、頑張って下さい。
by rfuruya2 | 2007-08-20 11:00

ほっとする


「みっきいふるさとふれあい公園」というプロジェクトが、三木市にあって今進められている。

そのプロジェクトのコンセプトの説明の中に、
三木市のよさは、外からふるさと三木に帰ってきたときに「ほっとする」ということだと言っている。

言い得て妙であり、その通りだと思う。
神戸へ遊びに行って帰ってきても、明石に墓参りに行って戻ったときも、
 「ほっとする」のである。
c0107149_1112173.jpg


それは田舎の空間、広さ空気のよさもあるだろう。
c0107149_1122694.jpg


一番のベースは緑の多さだろうと思う。
住宅地も何となく都会に比べると緑がが多い。

c0107149_11542424.jpg

幾つもある施設も、緑いっぱいである。
さらに、広い空間が心に豊かさを与えてくれる
c0107149_11595930.jpg
c0107149_120359.jpg


旧い町、神社仏閣もいい。
c0107149_1223557.jpg
c0107149_1271271.jpg


世の中の価値観の中で、便利さがずっと追及されてきた。
文字通り、コンビーにエンス、ストアが大百貨店を凌駕する時代である。

便利さもいいが、真に人間らしく生きるために、少し違った例えば「ほっとする」価値観など、
特に高齢者社会を迎えるわが国は、見直す時期に来ているのではなかろうか。
by rfuruya2 | 2007-08-17 11:22 | 生活