雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

コンビニ24時間論争

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


今朝の新聞のトップにコンビニ24時間論争というのが載っている。

京都府をはじめ東京、神奈川など10の自治体が規制の検討をしているようである。

携帯は持っていない、コンビニには行ったこと殆どナイ。
二つとも無くなっても生活にいささかの影響もない、これは私にとって事実ではあるが、統計を見るとそんな人は1~2%である。

そんな連中が、仮に反対したyとしても、1~2%にしかならないので、影響力は殆どない。


コンビニを使う人の比率は若い人を中心に多いのだと思うが、
深夜から早朝に掛けて頻繁に利用する人と、時々利用する人の比率はそれぞれ27%ぐらいだという。
両方で60%もあるのだから、この人たちが真剣に考えなくてはならない。



これだけ環境問題が騒がしく、地球温暖化対策が世界的に言われている。
これは、ここ何十年間に発生した出来事である。
昔はそんなことはなかったのである。

非常に乱暴な議論かも知れぬが、人間の生き方の基本を昔の方向に戻す取り組みがないと解決しないだろうと思ってしまう。

今の生き方が時代の流れであると許容して、今後開発途上国もみんなこの傾向になってしまったら、それこそどうにもならないのではないかと思う。

単純に言うなら、夜は寝て昼働くのは何万年も続いた人間の生き方であった。
どんな理由があるにせよ、終日同じように生活できるように世界が変わったら、地球温暖化の対策など幾らやってもダメだと思う。


ここは、理屈で議論展開せずに、元の生活態度に幾らか戻る方向への舵取りが必要だと思っている。
そしてそれには従うべきである。
by rfuruya2 | 2008-06-30 07:07

モンスターピアレント対策

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


モンスターぺアレント対策などと載っているが、本当にそんなのがいるのかと思ってしまう。
そんな言葉も生まれるくらいいるのが現実なのかも知れない。

大阪と堺市でその対策に警察OBを使うのだという。
それが効果があると思いますか?というリサーチである。

50%の人が効果ありと答えている。
あなたはといわれると本当のところよく解らない。
私など子供の頃から、先生や警察官の言うことは聞かねばならないと教育されているので、間違いなく効果ありなのだが、
大体モンスターぺアレントがどんあことをしているのか、記事を読んでみるとビックリである。

これは常識外である。
こんな人には、効かないのではないかと思ってしまう。

何故こんな人たちが出てきてしまうのだろう。
自分の思いをかって気ままに、人の立場も考えずに主張する。

三木でもあるのだろうか?
昔の日本も100%よかったとは言わぬが、
日本らしい良さも沢山あった。そんな日本の精神風土はどこかに行ってしまったのだろうか。


これは、子供の頃の教育の問題だと思う。
それも、学校もあるだろうが、基本的に家庭での教育が根本だと思う。

それにしてもビックリですね。
by rfuruya2 | 2008-06-29 08:02

北京へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


昨夜、陸上の日本選手権をテレビで観た。ご覧になった方も多いと思う。

北京オリンピックの選手選考を兼ねた大会なので、出場選手の意気込みみたいなものが伝わってきた。

為末も速かったし、室伏も圧倒的に強かった。
既に世界のレベルにあり名を成している人たちの実力を見た感じである。

有名選手では末続が男子200メートルで新鋭高平に敗れた。
あっという間のあっけない幕切れだったが、これで高平の北京五輪出場は決まった。
末続は『また今度頑張ります』と言っていたが、チャンスはあるのだろうか?

最終の選考はどんな形で行なわれるのだろうか?
池田久美子もまさかの3位と報じている。
末続は実績があるので選考されるだろうと新聞には書いてある。


昨夜の圧巻は女子の1万メートルだった。
渋井、赤羽、福士の3人の8000メートル以降の攻防は凄まじかった。
いろんな陸上競技の競走も見たが、100メートルや200は一瞬に決まる。
長距離は大体最後は勝負が見えている。

そんな風に思っていたが、このレースは残り5周も息を呑むような接戦が続いた。
最後の100メートル50メートルにもドラマがあった。
渋井が制したが、その喜びはそのインタビューの言葉に如実に現れていた。
渋井さんおめでとう。

『僅かな差だから選んでもらえると思う』という2位になったママさん選手の赤羽選手。
是非、選んであげて欲しいと思う。
出来れば、福士選手も。
そんな風に思える1万メートルだった。
by rfuruya2 | 2008-06-28 05:27

カルフォルニアのばあさんブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


先日来、『にほんブログ村』に入れてて頂いて遊んでいる。

私の幾つかのブログのうち、gooとexcitenの二つだけを選んで参加しているのである。
先日、gooのほうで 『小学校の徒競走』 とだいしてブログをアップした。

競争と言うのは面白いもので、遊びと解っていてもつい一生懸命になるものである。
それでも目標どおりの順位になれて大満足である。
今70歳以上1位、シニアブログ2位である。



そのブログでも触れた
カルフォルニアのばあちゃんブログが断トツの1位なのである。

さもありなんと納得できるような、素晴らしいブログで、コメントの数だけでも50を越えたりする。
このブログについでの2位を目指すことにしたのである。
そのうちにコメントでもしてトモダチになって仲良くして貰おうと思っていたら、
今朝、先を越されてコメントも頂いたりブログに取り上げて頂いたりしたのである。

世界も小さくなったものである。
カルフォルニアでも即コメントできるのである。ホントに距離を感じさせない。
皆さんも、一度コメントされてみたら、そしてクリックしてみて下さい。


でも、何故かクリックし難いですよね。
私自身もあまり人様のブログのバナーにクリックしたことはないのですが、
クリックしないと得点にならない仕組みです。
1日、5人の方がクリックして頂けると結構いい順位になります。


カバン屋さんもバイクブログのカワサキで参加されていますので、昨日お会いした時に明日からちゃんとクリックしますと約束してきました。皆さんもよろしく御願いします。


にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか
by rfuruya2 | 2008-06-25 04:56

小さなことでも  小さなことか?

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか

確かテレビでの話であったが、ぼんやりと聞いていたので数字などはウロ覚えで確かではない。
然し、何時までもアタマに残って何度も思い出しては考えた。


JALが機内の食器やカートや印刷物などの重量の軽減化を図ったというのである。
スプーンやホークなどの軽量化は何グラムである。雑誌のページは何ページである。
それでもこんなことを足してゆくと大きな力になるという話であった。

これはガソリンの高騰で、航空機に乗るとガソリン代のようなものを航空運賃とは別に負担させられる。それが何万円もして結構高い、広告で言われている海外への韓国ツアー○○円以外にガソリン料金がかかるということからの話は始まった。
確かにアメリカなどに行くと何万円も取られるようである。
昨年だったか、孫がアメリカに遊びに行った時、航空運賃はタダなのに燃料代負担で4万円も取られたなどと言っていた。

こんな燃料代の軽減にJALが取り組んで、機内の食器のような小さなものの重量の軽減化を図ってきたと言うのである。一つ一つは何グラムの話である。
そんなことがどれくらいのなるのかと正直思ったが、結果を聞くとJALで1年間に確か4億円の削減になるというのである。
燃料代の問題から、機体の軽減化などの話はよく聞いたが、ナイフ、フォークなどの重量軽減がそんなになるとはビックリした。

チリも積もればとはとはよく言われるが大したものである。


いろいろと思ったのは、ここからである。
ホントにいろいろ想像したりした。順不同にご紹介してみる。

1. 4億円と言っても計算だけの話だな。JALの経営規模でどのくらいのウエイトか。
2. それでもこれは一度削れば、復活しない削減だから長期的に何時までも効果は続く。
3. 単なる節減で、ある時期が来たら復活してしまうものではないから、やはり大きいか。
4. JALのどの辺りからの指示だろうか。単なる削減ではなく環境問題としての取り組みか。
5. 社長も画面に出てきたが、社長はどんな評価だろう。西松さんは私は注目している社長さんである。
6. JALの環境対策や企業理念などはトップダウンで出ているホンモノだと思っているのだが。
7. こんなにテレビで取り上げてくれたら、イメージや広告効果のほうが大きいかも。


基本的にこれは単なる節減対策ではなくて、
体質転換に当たる、環境対策など時代の要請に具体的に応えている。
小さいようで大きいのか。
こんな経営判断が総合的に戦t略的に出来ているのだとしたら、やはり西松さんは大したものである。

ところで、社長の給料を部長並にまで落としたとか言っていたが、まだ続いているのだろうか。
トップの力、判断力、リーダーシップ、やはり大きいかなと思う。
by rfuruya2 | 2008-06-25 04:55

山田錦の栽培田

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


三木市のホームページに『みっきいふるさとふれあい公園』というバナーが右のほうに貼ってある。
先日来改修されて新装開店したその中に『写真館』もある。
新装開店のご祝儀にと送った写真が『山田錦の栽培田』である。
c0107149_715758.jpg


この写真館もどれだけ繁盛するのか、少々疑問なのでつい先日、
こんなブログをアップして感想を述べた。


このページを担当しているさるとるさんも相当熱が入っていて、
ご自身のブログでも『みんなの写真館』と題して触れておられる。
その本文は兎も角、「山田錦」に関するコメントで本文以上の盛り上がりである。
この内容は、結構面白い。
是非、ご一読をおススメする。

これくらいの応酬が三木のホームページでもあれば面白いのだが、本家のほうは至って静かである。
ただ、私としてはご祝儀で送った積りの『山田錦の栽培田』からこんなに発展して大満足である。
更に言えば、本家に送った写真のコメントにも書いたが、この写真を撮るきっかけを作ってくれたのは、ブログdeみっきぃの『日本一の品質を誇る酒米「山田錦」なのである。


物事は、こんな風に上手くつながると幾らでも発展するのである。
ちょっとしたことを見逃さないこと、それを繋ぐ意識を持つことが大事である。

余談だが、gooのブログで、大阪府政を取り上げたが、ついでにチェックした『三木市政』を検索してみてがっかりした。小野にも加西にも引き離されている。
三木もみんなで頑張りたいと思うのである。 どう思われますか?


白鹿の青い『山田錦栽培田』ののぼり旗は今年からである。
昨年から続いているのは、剣菱の『山田錦契約田』の白いのぼり旗である。
栽培田と契約田と表現が少し変わっているのも面白いし、
白鹿なのに青なのも苦肉の策だろう。

民間の競争も詰まらぬところで意地を張る。詰まらぬことではない大事なことだという認識だろう。何事も『差別化』は基本ではあるが。



昨年写した剣菱の白いのぼり旗である。

昨年のこの頃は、『みっきいふるさとふれあい公園』も今ほど熱心でなかったので、
独りで勝手に三木の写真を毎日、Yahooのブログにアップしています。

6月から11月頃までほぼ毎日。何百枚ひょっとしたら1000枚もあるかも知れません。
そっくり、写真館に差し上げてもいいですよ。
何なりと自由にお使い下さい。お役に立てば幸いです。
『差別化』は意識していますので、結構面白いところが写っています。
by rfuruya2 | 2008-06-25 04:55

みっきいふるさとふれあい公園ーⅡ

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか

先日、みっきいふるさとふれあい公園についてブログをアップした。

いつも思っていることを、率直に書いたので嫌な顔でもされるかなと思っていたのだが、
西山部長やさるとるさんから直接コメントも頂いたし、少し動き出すような気配もあるので、ちょっと調子に乗ってもう一度、思っていることを。


三木市のホームページについては、市長メールなどで、いろいろ意見を言ってきました。
今のJJさんが広報にいて、いろんな風に変わりました。
ちょっとの間別の部門だったのですが、また戻ってきたので、最近はつい言いやすいもので何かと言っています。

『三木の教育も』いいけど見つけるの大変と言っていたら、
いつの間にかホームページの右のほうにバナーが貼ってありました。
『ブログdeみっきぃ』 も してもしなくてもどちらでもいい、余分の仕事か?と言っていたら、
最近は気合が入っているようにも思います。
『みっきいふるさとふれあい公園』などとのヨコの連携なども何とか動き出したと思っています。


『みっきいふるさとふれあい公園』 も工事中でしたが再開しました。

新たに、昨年5月議員総会で市長が挨拶された『みっきいふるさとふれあい公園』への想いも紹介されています。
写真館もスタートしましたので、「新装開店のご祝儀に」私が撮ったまずい写真を送りましたが、多分他の方は気づいておられないようでまだ1枚だけです。


率直に言って、この写真館もどんどん写真送られてくるのは難しいのではと思ったりしています。
高槻市などは永く続きましたし、
武雄市ではかいぼー先生がリーダーの『武雄よかとこブログ』などありますが、
三木ではここまで盛り上がるムードはないように思ったりしています。
開店休業になるのが問題ですので、以下の案を併設してはと思います。


先日もご紹介した三木に来られた方の一般のブログを集めて紹介する『長浜市方式』がおススメです。

今朝、RSSで幾つかの言葉を入れて選んだら、いっぱい出てきました。
ちょっとご覧になって見て下さい。

G三木MTBコースリベンジ(グリーンピア三木)
山奥に高級車がずらり(グリーンピア三木)
3Xmom life(三木山森林公園)
外ごはん(三木山森林公園)
三木山森林公園
三木ホースランドパーク
草木のめぐみ(三木ホースランドパーク)
新緑の伽耶院(伽耶院)---これはたまたま私のものですが

こんな調子で幾らでも集まります。

1.長浜などよりいろいろ動きもあり面白く仕上がります
2.材料に事欠きません。幾らでも続きます。
3.各施設も選んだブログの発信者も喜びます。
4.ブログの発信者に一応連絡すれば会話が生まれ、三木、三木市を意識します。
5.口コミになれば競って、三木に触れてよく書くようになるはずです。
6.RSSに言葉を入れるだけですから、簡単です。
7.三木のイベントに合わせて、その言葉で選べば、三木市が言うよりは余程いい宣伝になります。
8.費用は要りません。手間も掛かりません。
9.みっきいふるさとふれあい公園内の出来事で、こんなことが三木の中あることは三木の人たちもわかっていないので、三木の広報としても有効です。
10.まだまだ繋がり、広がりがあると思います。

常に20ぐらいに絞って、まわしていけば常に新鮮です。
三木のホームページのアクセスの向上にもなると思います。
by rfuruya2 | 2008-06-24 10:22

昨日出会った人たち

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


昨日夕方、100万人のキャンドルナイトの会場がどんなになっているのか、
どんな催しなのかを見に行きました。

参加したわけではないのですが、参加をされていたいろんな方に出会いました。

三木の町のことに幾らか関心を持ち出して、もう2年にもなりますが、いろんなところでいろんな方にお会いします。
最近はネット社会の特徴で毎日顔は会わさなくても、ネット上ではお目にかかっているのです。

そんな人たちとお会いすると、つい『ハンドルネーム』のほうが先に出て、ホントのお名前が出てこないこともままあります。
そんなブログやひょこむのメンバーたちともたくさん出会いました。


c0107149_8564954.jpg

ジーン景虎さんとは、いきなりこんな会話から始まりました。
『夏の予選が東西に分かれるのは10年ごとですよ』と。
私がブログで今年の兵庫県の夏の予選が東西2地区で行なわれることに触れている,お答えなだというのは直ぐ解りました。
ひょこむのブログでだけ、毎日お会いしているのかと思ったら、
今朝は、gooのブログにもさるとるさんとお二人揃ってコメントを頂きました。

ちなみに、さるとるさんとジーン景虎さんは高校の同級生とか。社会にでてもこうして一緒に活動できるのはいいですね。

このイベントの主催者のフリーマンさんも既にひょこむでは何回かお会いしていましたが、昨日は初めてお会いしました。
JCの方たちとも何人かお会いしましたし、いつも三木にイベントでお会いする議員の大西さん、ミニSLフェアのグリーンピアの井上さん、Bug in Mikiでもお会いする井上さん。
c0107149_8582871.jpg

役所の広報の私は特に親しいJJさん、ブログdeみっきぃには綺麗な写真が出るはずです。

c0107149_859134.jpg


最近の三木での繋がりがホンモノに近づいたと思うのは、

ただイベントだけのお付き合いではなくて、毎日ネットで顔を合わすということ、
そのことにより、その人の関心事などがよく解っていて
それらを繋いで、さらに何かをなどと、
本来のSNSの良さが発揮できるようになってきましたし、

私などには、グリーンピアのミニSLも,BUG IN MIKIも、どこ竹の竹とんぼも、100万人のキャンドルナイトも、今度7月5日の緑ヶ丘の竹とんぼも、翌日の美嚢川の川の日もみんなつながっているのです。
更には人を通じて、ネットを通じて『三木鉄道の廃線跡』に関しても何となく動きの内容は解ったりします。


行政も、市内の組織も、イベントも、それに携わる市民も、市民でなくても三木に関心がある人たちが、みんなヨコイッセンで助け合える仕組みが 『ひょこむ』や『ネット社会』にはあるのだと確信しています。

それを上手に利用しながら生きていくことは、次々に具体的な物事の実現に繋がっていくと思っています。
従来のタテ型組織のやり方では、その時1日で終わって『また来年』になってしまいます。
ソフトもノウハウも蓄積されません。

繋いでいける『仕組みこそ一番』と思っています。
これは既に存在します。使いこなすのは人の知恵だと思います。

c0107149_902146.jpg

次の大きなイベント、『昨日の続き』は川の日に
『100万人のキャンドルナイトin美嚢川』です。
このあたり一帯が1000本以上のキャンドルで輝きます。


そしてまた何かに繋がればと思っています。
そんな仕組みの中心におられる人たちに昨日はお会い出来てよかったと思っています。
この次また、お会いできるのが楽しみです。

その時はまた何人か、仲間が増えていればいいですね。
by rfuruya2 | 2008-06-23 08:18

数えてみました

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


昨日、三木市のひょこむのメンバーが50名になりました。
昨年11月ごろ8人であったのに比べると伸びは顕著です。

暇に任せて、兵庫県の各都市のひょこむのメンバーの数を調べてみました。
一番は、管理人こたつねこさんの居られる姫路市です。
並べて見ると

姫路市722人、 神戸市689人、 加古川市169人、 明石市143人、 西宮市118人、宝塚市91人、 伊丹市73人 、三田市55人、 赤穂市53人 についで10番目に三木市が入ります。

尼崎、芦屋などより上位にいますし、小野市は28人です。

他県は東京都が159人ですが、そのうち15人ほどは私の招待です。
他の県にも80人ほど、私と繋がっているメンバーがいます。
佐賀県武雄市も1人いらっしゃいます。オットマンさん、武雄のよかとこブログのメンバーです。


『どこ竹の竹とんぼ』の講習会の講演で、ひょこむの管理人こたつねこさん、和崎宏先生が言われた言葉、

『三木市ぐらいの8万人ぐらいの人数なら、4~5人の人で何らかの形で全部繋がりますよ』

ホントに最近そんなことを実感しています。
そういう意味では、50人いるということは50人がちゃんと動けば、三木市全体は完全に繋がるのだと思っています。

私の160人のトモダチも何をするにも、ホントに力になっていることを実感しています。
さるとるさん、三木のひょこむのメンバーの皆さん、姫路、神戸は別格ですが、加古川の上、3位ぐらいを狙いたいですね。
一人が3人招待すれば、計算上は可能です。


『ひょこむ』 は非常に実戦的ないいツールだと思っています。
無料、年会費など一切不要。使わない人は勿体ないと思っています。

日曜日、暇に任せてアップしました。
by rfuruya2 | 2008-06-22 07:09

三木の『ひょこむ』

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


今朝、さるとるくんから、ひょこむのトモダチ紹介があった。

「じょうじさん」である。
三木のJCの方だという。早速御願いしたら直ぐ返事が帰ってきた。

こういう処理の速さは、私はもっとも好きなのである。
何でも『決めることは決める』 『やることはやる』  ぐずぐず考えていても物事は進まない。

感じるところがあって、直ぐ、このブログをアップしている。



三木もなかなかいいところへ来ているのではないか? 私の最近の実感である。
さるとるくんは、このところ張り切っている。ブログにもそれが伺える。

100万人のキャンドルナイトも大勢の方が応援体制である。


どうも昨今、私を含めて藪本体制には批判的だが、薮本さんもまだ任期が1年以上もあるのだから、スタンスを変えて頑張ってみて欲しい。
1年もあれば様相は一変する、要はやるかやらないかなのである。
まだまだ、結構若いのだからスタンスさえ変えれば、みんなが手伝えば物事は実現することに気づいて欲しい。これはホンネです。

三木は今、「いいところにきていると」 ホントにそう思っています。
今はチャンスです。




『ひょこむで』 言えば、市役所のしんちゃんに招待頂いてジョインしたのは、昨年の秋でした。

『ひょこむ』 これは使えると思ったのは、私のカンです。
そのとおりに、『どこ竹の竹とんぼも』動きましたし、緑が丘では7月には2弾3弾とはずみそうです。ミニSLも大成功でした。秋には大々的にメリケンパークで神戸市と協働で行ないます。


昨年の秋、三木の方で『ひょこむ』に参加されていたメンバーは8人でした。
半年経って今朝「じょうじさん」ガ50人目です。ちゅうちゃん、まる蔵さんとさるとるさんのJCの方の招待が続きました。
たった50人ですが、『情報発信力』 『行動力』を備えた人ばかりです。
(こんなことが直ぐ解るいい仕組みです。ひょこむのメンバーなら、メンバー検索の現住所を三木市にしてほかは空白で検索すると出てきます。それも、ひょこむを見た人の近い順番から出て来ます。先ほどはさるとるさんが一番新しかったようです)

市役所の部長さん、課長さン、職員の方、JCのかた、市会議員さん、一般の市民の方も行動派ばかりが揃っています。

ちょっと頑張って、集めたら100人、1000人も大丈夫と思っています。

『三木を面白く、楽しい、いい町にしよう』 あまり難しいことは言わずに集まって動くとどんどん繋がります。


私のトモダチも160人になりました。そこそこ厳選しています。
誰でも彼でも数だけというのは、どうも性分に合いません。
『共感できる仲間』でありたいからです。

そんな仲間たちが繋がると、地域を越えていろんなことが出来ます。
三木には400万人の方が遊びに来られると、三木市のデーターに出ています。市民以外が圧倒的に多いはずですから、そんな市民以外の人にも視点を合わせた活動をすれば三木はイキイキすると思っています。

さるとるさん、じょうじさん若手が頑張って下さい。後押しは幾らでもします。

昨日、『ひょこむ』の管理人こたつねこさんが、『ひょこむ』について書かれた紹介文の披露がありました
ご関心のある方は是非ご一読を。
by rfuruya2 | 2008-06-21 07:54