雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

帰属意識

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


川崎重工業のOB会があって出席した。

世間で言えば、お堅い重工業の社風と思われるかもしれない。
事実、昔は固い会社だったが、今はちょっと変わってしまった。
田崎さんが 『柔工業』 を目指すと明言し、その方向に引っ張ったからである。

OB会も昔の重厚さはなくなったが、明るくざっくばらんになった。
OB会の会長も単車出身の高橋さんである。
事務局を担当している連中も単車出身なので、前座の総会も説明も明るく肩の張らないものになった。

帰属した部門の雰囲気がそうさせるのか、もともと本人の資質がそうなのか?
バイクやジェットスキーという遊びの商品の部門で、レースやイベントを数多くやったりしていると、自然にそんな風になってしまうものかとも思う。

高橋さん田崎さんという、二人の会長の挨拶の話を、gooにアップしたが、
高橋さんの時代から挨拶の原稿は下が造らなくていいようになった。
今はどうなったか知らぬが、挨拶などちゃんと考えがあったら原稿などは不要だと思う。
原稿などあったら話が堅くなって、逆に本意が伝わらないと思う。

c0107149_4415628.jpg


昨日の、田崎さんの話は、『帰属意識』だった。
彼が言うように人それぞれいろんなところにかかわりがあって生きている。
こんな話だった。

『彼は満州で生まれ育った引揚者だが、その出身の小学校は100周年を迎えるそうである。
今は減っていくばかりの同窓会だがそんなところにも帰属していると言っていた。
オリンピックが始まるが、『ロシヤとフランスと中国が残ったら、皆さんどこを応援しますか?』
どことは言わなかったが、彼は子供の頃のふるさと満州がある中国と言いたかったのだろう。
これはソウルで育った私にはよく解る話である。私もそんな場合韓国を応援する。

夏の大会に、最後九州勢が残ったら、どこでもいい『九州を応援する』と言う。
彼は宮崎の出身である。
そして、最後に『相信会』に結び付けて終わった、乾杯の音頭のスピーチであった。』


生まれ育った場所や今住んでいる生活の場所にも人は当然帰属する。
然し、たとえば、三木に帰属意識を明確に持っている市民がどれくらいいるのだろうか?
私自身で言えば三木に帰属意識を持つようになったのは最近のことである。
吉川にはあるが、三木にはそんなにと言う人もいるだろう。

カワサキというブランドにはちゃんとした帰属意識をを持っている。
もちろん単車部門には強烈な『帰属意識』を持っているが、川崎重工にはあるにはあるがそんなに強烈ではないのである。


OB会では、いつも昔の仲間の田崎さんとの会話は楽しみである。
ただ、会では彼も公人なので独り占めする訳にも行かないので、ほんの10分程度にしている。

話足りなかったのか、今日、田崎さんから自宅に電話があって、話の続きの雑談をを延々とした。
今、ミニSLのメリケン波止場の神戸市との関係を手伝ってくれているのである。
カワサキワールドの直ぐそばということと、昔の単車仲間の私が持ち込んだ話なので、気軽に手伝ってくれているのである。

私自身も、別にミニSLに興味があるわけではないのだが、s850m君などという昔の仲間の鉄道マニアが、やりたいと言うので手伝っている。
そんな気安さが、単車と言う遊び道具を事業にしてきたグループのよさだと思うし、ある意味帰属意識のなせる業だと思ったりする。


最近の、行政もそんな風に、動くところが出てきだした。
武雄や三条や箕面の動きなど、見ていると面白い。
これは元総務省の帰属意識からのものであることは間違いない。

別の面から言えば、リーダーが変わると、そこの体質も変わるというのも事実である。
その中に帰属したいと思うような動きをすることである。
興味や関心がなければ、そこに帰属したいなど思ったりはしない。


田崎さんの言う 『帰属意識』 からいろんなことを思った。
by rfuruya2 | 2008-07-31 17:41

危険から身を守る人の知恵

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


この2,3日、あちこちで大雨である。

各地で水の被害が報じられている。
単なる少し大きな夕立なのか、それとも異常気象なのか?
昨夜のキリンカップのように、雨が降っても止めることのないイギリスのスポーツサッカーまでが中断である。
地球温暖化とあわせてどうしても、異常気象と思ってしまいたくなる。

然し人類はずっと自然の災害や天変地異と対峙して生きてきた。
その危険から自ら身を守る知恵も持っていたのだと思う。

近年、世の中便利に住みよくはなってきたが、こんな風潮になれて、自らを守る知恵は、大きく退歩してしまったようにも思う。
世の中の施設は、便利に安全に造られているはずなのに、時として自然の猛威には対応できなくなってしまっている。

神戸の水の事故も、六甲から海までほんの短い距離、普段ならほとんど川といえないような水量の川も昔は広かったと言われる川幅が住宅地のために狭められて、大雨に対応できるように水が流れやすく造られている。
親水公園などとの呼び名からは、そこで流される危険などは予測もしないのである。

予測の範囲外の事故のようにも思う。
雨が降ってきたら,橋の下は濡れずに雷も避けて安心というのはよく解る。



つい2,3日前、北陸のほうで大雨のため土石流になった。
あちこちで被害があった中で、家を直撃した土石流が家財道具など一切を流してしまっているのに、不思議に家の骨格だけは残っていた。

土石流が家を直撃したときにそれが抜けてしまうように、設計されていたというのである。
何かの事故で、家に閉じ込められたとき、仏壇の裏の壁だけが薄く作られていて、仏壇ごと押せば容易に壁が抜けて脱出出きるように考えられているというのである。

土石流はその壁を破って通り抜けたので家は流されずに残ったという。
少々出来すぎとも思うが、そういう説明ができる、昔の人の 『知恵』 を感じるのである。


世の中は、人が考えなくても勝手に、風呂が沸き、米もたける。
危ないところや、危険には社会が対応してくれる風潮である。
それはそれでいいのだが、最後に自分の身を守るのは自分自身である。

そんな訓練もいると思う。
せめて、ため池の柵などは止めたらと思ったりする。
少々、過保護すぎるように思う昨今である。
by rfuruya2 | 2008-07-30 05:45

物事の対応姿勢

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


物事には、賛成反対は付きものである。
100%賛成などはよほどのことでない限り、気持ちが悪い。
そんな問題にどのように対応するかである。

武雄の市民病院問題も、こんな問題である。
市民病院の民営化、これは当然選択肢の一つであることは間違いない。
それがいいか悪いかは、いろんな考えがあって当然である。

どういう理由かよく解らぬが、反対意見も相当のようである。
その対応姿勢は一貫してオープンである。
樋渡さんらしい対応だと思うし、対応の姿勢にいささかの問題もない。

タダ、こんな問題は、感情論やあらぬ方向に批判の矛先が行ってしまうようにも思う。

世間一般には、樋渡さんの市政を評価する声は強いし、とりわけ三木市では、賞賛の声ばかりである。
遠いところから眺めているので、ややこしい政治の裏側など見えないのかも知れないが、少なくとも表街道は、常に情報は開示されている。
樋渡さんの視点は、マスコミなどではなくて、末端である。
末端の人気に、マスコミが群がっている構図だと思う。


私は根っからの 『樋渡ファン』 なので、このままの姿勢を貫いて欲しいと思っている。
by rfuruya2 | 2008-07-29 07:33

蝉がなき、カブトムシ群れ飛ぶまち、三木

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか

蝉が鳴くまちは、いい環境と言えるでしょうか?
木がないと蝉はいないので、緑が多いまちと言えるでしょう。

『蝉ぐらい、私のまちにもいる』 とおっしゃる方も、『カブトムシがいっぱい群れ飛んでいる』と言ったら、びっくりされるかも知れません。

群れ飛んでいると言うと少々大げさかも知れませんが、
こんなに沢山採れるのも、また事実です。

c0107149_7501671.jpg

これは昨年の夏ですが、一晩に一箇所で採れたカブトムシです。


毎年夏、アメリカのアーヴァインから、孫たちが夏休みで遊びに来ます。
いろんな楽しみもあるのですが、カブトムシ採りも楽しみの一つです。
今年も、もう何十匹も採ってきています。

つい2,3日前、アメリカの孫たちが、緑ヶ丘に住むカバン屋さんを案内してカブトムシを採りに行ってきました。
その様子を、カバン屋さんはこんな風にブログに書かれています。


gooのブログにカブトムシではないのですが、蝉のことを書きました。蝉が鳴くのは、それも家の近所でずっと泣き声が聞こえるのは、緑が多くて環境がいいのだと思ったのですが、それから蝉のこといろいろ思い出しました。

そして調べてみたら、蝉のこと、いろんなこと解りました。

いずれにしても、三木は住むのに面白い町だと思っています。


カブトムシですが、孫は私に 『ずっと飼って増やせ』 と言うのですが。
私には出来ませんので、8月末孫たちがアメリカに戻るときには、一緒に同じ場所にみんな逃がしてやります。
気持ち毎年増えているような気がします。
by rfuruya2 | 2008-07-27 07:43

がばいばあちゃん、アメリカに渡るかも



三木ホースランドパークのキャンプ場で、子ども会ともだちキャンプが行われている。
その中の竹細工教室の中で、 『竹とんぼ教室』 が開かれるというので下の孫2人を連れて行ってみた。
c0107149_11293457.jpg

ずっと奥のキャンプ場である。
こんなところがあるのは知らなかった。
この4月、一緒に 『どこ竹の竹とんぼを飛ばそう会』 でご一緒したメンバーの顔なじみの方が何人かここでも集まった。
ちょっと、緊張した面持ちの孫たちである。
c0107149_11335464.jpg

一番下の孫は少々メタボで、大きく見えるがまだ小学校2年生である。(真ん中の孫は、小学校6年生である。)
黄色いシャツは至極お気に入りである。
武雄市の樋渡さんが三木にお見えになったときに、お土産で頂いたものである。
『家の宝』 になるかも知れぬと、大事にとっておいたのに、見つかってしまった。

アメリカまでもって帰りたいようである。
そう思った時点で、大体間違いなく海を渡ることが決まったようなものである。
c0107149_1152125.jpg

c0107149_11524285.jpg

なぜか気に入っていて、今日は午後、アメリカのカワサキの友達がとってくれた、
川崎重工の有馬の泉郷荘に一泊の温泉旅行のようだが、そこにも着ていくとか言っている。
娘の家族はカワサキとは何の関係もない。
アメリカのKMCが、すぐ近くなのでクラスにはカワサキの友達が何人かいるようである。
それで、普通ならなかなか取れなぃ人気温泉に一泊である。


娘曰く、 『テッチャンはアメリカでも人気者で目立つから、宣伝になるよ』 とおっしゃる。
私に似て、何事もあまり気にしない。 太平楽である。

アメリカにも、今夜はカワサキにも 『佐賀のがばいばあちゃん』 を広めて貰うことにするか。
by rfuruya2 | 2008-07-26 11:21

Tom & Love と毎日の生活

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか

Tom & Love 家にいた柴犬の名前である。
これは去年の夏の写真である。
目を悪くしていたが、Tom はまだそのころまでは元気だった。
c0107149_647826.jpg

1年経って今はLoveしかいない。今年で14歳である。
私の日課はこの10数年この犬たちのお陰で、少なくとも朝はしっかりと決まって規則正しい。
昨年までは、ずっと協働学苑までクルマに乗せて連れてゆく贅沢な散歩を欠かさず朝夕することが日課であった。

毎朝、4時過ぎに起床、ストレッチをして新聞をさらっと見て、パソコンの前に座る。
gooのアクセス解析を見て、5時前用意していたブログを発信する。
そのあと、お気に入りのブログのチェックやコメントの返事など、他のブログのアップなどしたりするが、goo以外は特に決めていない。
そのほかは、そのときの進行次第である。

6時にLoveと散歩に出かける。Tomと違って、メスだからか、歳をとったからかそんなに散歩が好きでもないのだが、6時になっても行かずに放っておくと必ず催促をする。
c0107149_7194434.jpg

今朝6時ちょっとすぎである。
今日も暑そうだ。せみが鳴いている。Loveが小さく写っている。
最近は、近所の 『さくら公園』 ホントの名前かどうか知らぬが、そう呼んでいる 『さくら公園』
まで散歩に行く。
c0107149_7325251.jpg


三木に来て35年になる。この公園も当然それ以上経っている。
この真ん中の桜は、小さな苗を私たちのグループで植えたものである。
もうこんなになったが、この公園には珍しく桐とポプラが植えられている。

昔、ホントかうそか、女の子が生まれると桐の木を庭に植える。
嫁に行くころには、それで嫁入り道具の箪笥ができる。

この桐も35年経って、立派である。
ポプラも大きく太い。
冬は葉を落とすので、すっきりするが夏になると立派である。
c0107149_7333020.jpg


ここで毎朝、ちょっと動いて50メートルのダッシュを2,3本やる。
どうもジョギングは苦手である。
ダッシュのほうが筋力も付き、ゴルフのショットにも効くと勝手に思っている。
ストレッチは毎日述べ1時間は暇を見つけてやるので、体は柔軟である。
物心付いてから、今が一番やわらかいから、若い人と比べてもほとんど負けたりはしない。

メタボ気味と言うか、まさしくメタボなので、体重削減にはジョギングのほうがいいのだろうが、
見た目メタボでも走ったりしたら、どたばたせずに走れる。
今心がけていることは、 『きれいに動く』 ということである。

歩くのも、走るのも、ゴルフのスイングも、水泳も。
そんなことに、心がけている。

今、8時少し前、このブログを今朝は朝発信できた。
今日朝、ホースランドである 『竹とんぼ教室』 を覗きに行く予定である。

Tom がいたころは、午前と午後だったのだが、今は朝だけが日課になっている。
今年の夏は。Love もこの暑さには参っているようである。
多分、私と同じ年頃だろう。
もう少し、付き合っていて欲しいと思っている。
いなくなると、私の日課が乱れてしまいそうである。
by rfuruya2 | 2008-07-26 06:47

なでしこジャパン

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


ブログdeみっきぃ の 『なでしこジャパン、三木市に』 という記事を見た。

神戸で今日は試合だというし、そのあと反町ジャパンのU23の試合もあると言う。
これは是非見に行こうと、ちょっとサイトを調べてみたが、前売り券完売とある。
c0107149_6324231.jpg

ダメか、残念だが練習だけでも見に行こうと、孫を連れて防災公園のサッカー場に行ってみた。
今日は試合当日だと言うので、たった一人の選手が、リハビリ練習ををやっていたが、練習をサポートするために参加している姫路のチームの女の子たちは何もすることがなくて手持ち無沙汰にタダ座っていた。
c0107149_6375051.jpg

AGUA FC  レデイース というこの女子チームはそこそこの有名チームのようである。
脱サラをして、このチームをそのままプロチームに仕上げたいという夢を持っている監督さんとちょっと話をすることが出来た。

神戸の試合も見たいのだが、切符完売のようですよと言うと
『大丈夫ですよ。当日券で入れるでしょう。』と仰る。
これで神戸行きを決めた。孫を1人連れてダメなら、電車に乗りに行ったと思えばいいと出かけたのである。


3時半にスタジアムに着いた。
当日券は大丈夫であったが、入場料4000円である。
 『大人1人、子供1人』 と1万円を出したらお釣りが2000円しかないので、子供1人ですがと言ったら、はい子供さんも4000円ですと言う。
サッカーに子供料金がないとは知らなかった。孫は、それは常識だと偉そうに言うのである。
『アメリカなら75ドルもするので、2試合で4000円は安いよ』 と言うのである。
確かに、2試合で4000円は高くないと思うが、それが常識だとは知らなかった。

試合は面白かった。
なでしこジャパンが3-0、反町ジャパンが2-1といずれも、オーストラリアに快勝であった。


小学生6年生の孫が、
『なでしこジャパン』 の 『なでしこ』 とは何か。
大和撫子と言ってももうひとつよく解らない。
アメリカ育ちは、小学6年生のくせに、英検2級は受かっている。
だけど、日本語の特に漢字がなかなか読めないのである。


なでしこジャパンも、反町ジャパンもともに勝った。
快勝であった。

5時間、スタジアムに座っていた。帰宅10時になったりしたが、いい1日だった。
by rfuruya2 | 2008-07-25 06:16

このまちにすみたい

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


『このまちにすみたい』 と思いますか?
私は、『このまちにすみたい』と思っています。

自然がいい、環境がいい、立地がいい、空気も水も---と思っていましたが、
最近、三木で出会う人もいいなと思ったりするようになりました。
c0107149_8412794.jpg


『このまちにすみたい』と題したブログがスタートしました。
私の写真は単なる風景写真ですが、写真では半プロのような武雄の樋渡さんが、絶賛するような本格的な写真が毎回挿入されるそうです。
ご存知の方も多いと思います。ローバーさんのブログです。

三木のブログも最近よく繋がるようになったものだと思います。
ローバーさんのブログを紹介したのは 『さるとる』さんです

それをいち早く見つけて、武雄市長の樋渡さんは、最初のブログにコメントされています。
ローバーさんは、jjさんの 『ブログdeみっきい』 の「なでしこジャパン」に繋いでいます。

最近の ブログdeみっきぃ は頑張っていると思っています。
一生懸命やるとやはり訴えるものがありますね。



この4月の 『どこ竹の竹とんぼを飛ばそう会』 のとき記念講演をして下さった『ひょこむ』の管理人のこたつねこさん(和崎宏先生)が、

『三木ぐらいの85000人ぐらいの規模は4~5人で全部繋がりますよ』 と言われたのはずっと心に残っています。
ホントかな と思ったりしていましたが、何かホントのような気もします。
素人が言っているのではなくて、ネットの専門家の関学大の先生ですから、間違いないのだと思います。


三木でブログを発信されている方は、4~5人ではありません。
ひょっとしたら、ほんとに85000人に繋がる可能性みたいなものを感じます。
ブログは情報発信力を持っていますし、コメントなど双方向に人を繋ぐ機能を有しています。
またひとつ、有力な仲間が増えて心強い限りです。


武雄や三条のようにその中心になるものがあれば、もっといいのですが。
by rfuruya2 | 2008-07-24 07:39

三木市のホームページ

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか

今朝のgoo、いつもより100近くアクセスが増えて450を超えた。
武雄市と三条市のホームページのブログに、雑感日記とさるとるさんのブログが、
リンクされて紹介されたからである。
さるとるさんのブログのアクセスも同じぐらい増えていた。

この数字を見ると、二つの市のホームページのアクセス数は万を超える、あるいは万に近い大きなものだと思うのである。
単なるホームページの枠を超えて、その影響力も相当なものである。

c0107149_830678.jpg

毎日、三木市のホームページは開いている。
三木市のホームページの訪問者数はウイークデイで2000人ほどである。
昨今の三木市のホームページは、2年前と比べるとずっとよくなった。
三木の教育、三木金物、三木に寄付を、などのバナーもいつからか新しくなったり、みっきいふるさとふれあい公園やブログdeみっきいの中身もよくなってきていると思うのだが。
然し、どれも個人の、個別の課のレベルの努力の集積で、
『ホームページの基本コンセプト』 が残念ながら明確でない。 もっと厳しく言えば 『ない』 のである。

これは、端的に言えば 『どんなホームページにしようか』 という想いがないのである。

広報は高度な専門ソフト、ノウハウを必要とし、その組織の、組織のリーダの明確な想いがない限りいい広報はできなしし、広報部門がより専門的な知識を持たないと
『限りなく回覧板に近い』 レベルの広報になってしまうものである。


何度も広報について言い続けているのは、
広報はうまくやっても下手にやっても、同じお金だけはかかるのである。
それも相当な額である。
『税金の無駄遣い』 とよく言われるが 『大きな無駄遣いのひとつ』 である。
今のところ、そんなことに気づいている人もいないし、議員さんもそれをちゃんと指摘できるような人も見当たらない。

普通の常識人ばかりで、奇人変人や広報を専門に学んだような人もいないように思うのである。
樋渡さんのような、広報も好きだし、奇人変人の代表みたいな人が要るのである。
三木は専門家と接触しない限り、 『大きな税金の無駄遣い』 は続くであろう。

これは庁内会議で、今のかたがたがどんなに知恵を絞っても無理である。
広報が担当できる人は、樋渡さんが言うように一風変わった奇人変人か、ちゃんと広報を勉強して身についている人が必要である。
残念ながら、三木市の組織はそうなっていない。
せめて、 『広報協会と接触してちょっと意見でも聞いてみたらいい』 と思うのである。


私のお気に入りには20以上の日本の市のホームページを入れている。
かって日本一をとった高槻市はその後もずっと内容は進化している。
札幌の広報もいいが、これらの市は広報担当者が少なくとも専門家である。
電話をして2分も話せばすぐわかる。
多分三木市がスタイルだけは参考にした大分市は、コンセプトもしっかりしているし、専門家がついているのかもしれない。


たかが、ホームページと馬鹿にしてはいけない。
今のネット社会の大きな武器のひとつである。

薮本さんの評を、巷で『人の意見を聞かない』とよく耳にするが、必ずしもそうとは思っていない。

いろいろと、意見を聞いて頂いたと思っている。
先日、このブログで『兵庫県行革プラン素案に対する市長の考え』はおかしいと指摘したら、
今朝の三木市のホームページからは消えていた。ちゃんと見ておられるのかも知れない。

是非、広報の基本的部分などについても、『ご一考を』と願うものである。
by rfuruya2 | 2008-07-23 06:01

カワサキマイスター恒例の夏祭り

にほんブログ村 シニア日記ブログへお手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか


カワサキマイスターのオーナーは、ひょこむのハンドルネーム、モリチャンである。

三木市出身で今でも三木に住んでいる。カワサキのチームグリーンの技術責任者をしていたが91年1月に独立開業だからもう17年にもなるのである。

真面目で、お客さんの選択にも厳しいので、集まっているお客さんの筋は最高である。
その恒例の夏祭りに寄せて貰うのは初めてだが、
今年になっていろいろと関係が復活してきたのである。

今までもZ1会のゴルフなどで会ってはいたのだが、今年になって『ひょこむ』を通じてのお付き合いで、ぐっと近づいたのである。

今日の会場となったカワサキライデングスクールは、懐かしい思い出の場所である。
初代の『設置者』という名前の校長先生のような役割をさせていただいた。


c0107149_1615456.jpg


そんな懐かしい場所であるイベントだったこともあるのだが、
三木市役所のさるとるさんに、8月10日の道の日に、いつも道路にお世話になっているバイクのライダーたちに、緑が丘の清掃に参加しませんか?と誘われていてその打ち合わせもすることになっていたのである。

確かに、バイクの世界の世界には Love the Earthという、こんな『ごみ拾いのイベント』もあるのだが。
c0107149_16152467.jpg



今回は、さるとるさんとモリチャンの顔繋ぎもかねて、モリチャンとあと何人かが参加することになりそうです。
三木の二人の森田君が会うことだけでも、今後に何かの発展が期待できるかも知れません。


最初に触れたようにカワサキマイスターの同好会は承認制で、非常にいいメンバーです。
こんな中から、何人かが参加してくれることになるでしょう。
カワサキと三木が何かで繋がるかも知れません。


それはともかく、こんなイベントでした。
by rfuruya2 | 2008-07-21 16:01