雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

支離滅裂な話

非常に関心を持っていた、三木鉄道の跡地問題が一応の結論が出たようである。
詳しいことを知っているわけではないが、
出された結論は、迫力も面白くもない、極端に言えば 『支離滅裂な話』 のように思えてならないのである。


もともとのこの問題の出発点は、『年間6000万円と言う負担』が大き過ぎる、と言うことに端を発している。
藪本さんが、その廃止をマニフェストにうたったことが、一番の原因であったのかも知れない。

この決断をされる頃、市長メールも出していた。
6000万円、バスの代替の費用を差し引くと年間たったの4000万円。
この金額が大きいか小さいかの問題である。大した額ではないと、思った。

残して上手く使えば、
三木鉄道だけでなく神鉄も一緒にその活用を考えたら、幾らでもいい案はあると思った。
三木の収入源、それも億単位の収入源になると思った。
三木に年間延べ400万人来るという観光客は殆どがクルマである。
『鉄道+みっきいバス+スポーツ施設、神社仏閣など+温泉など』トータルを繋いで、新たな観光客を呼び込めば、4000万などの回収は簡単であった。これは増分利益なのである。
市長メールだけでは頼りないからと、この問題に限っては市長デスクで直接具体的な数字を出して、説明もしたのをよく覚えている。

中止になったのは、市長の公約なのだから『仕方がないのか』ともそのときは思った。
しかし、やめると言う限りは、そのあとどうするかは、『考えていて当然である』

その後始末は、何の関係もない市民を集めて考えて貰うでは、これは無責任きわまりない。
それも方向も示さずに、ただ検討してくださいでは、いい案に纏まるはずがない。
迫力のない、中途半端な案に仕上がることは、やる前に充分予想されることである。
『仮説も想定もない』単なるヤミクモ、出たとこ勝負、『成功しないやり方の典型』である。


そのうちに市民病院問題が発生して、『財政危機宣言』を市民に向かって発信された。
4000万円でもやめてしまったのがから、
即座に市民病院の廃止を視野に入れての検討をするのかと思ったら、これはその検討もせずに残すのが当然という『スタンス』である。
勿論、残せたら一番いいのだが、残したら多分『三木市は破綻する方向』と宣言しているのである。

その対策として、市民が殆どである市の職員の給与を15億円も削減するとか、毎年15億か幾らかかはよく解らぬが資金を流し続けぬと病院はもたないというのである。
4000万円とは桁違いの数字であるのは、誰が見ても明白である。
三木市民一人当たり幾らになるのか、それも毎年継続である。
更に、上手くいく自信はなくて、ひょっとしたら、三木市は破綻すると仰るのである。

そんな中で、今回出た跡地案は、また幾らかの追い銭が発生するようである。
こんな一連の話を、 『支離滅裂』 と言うのだと思っている。

三木市という大きな船には、8万人の三木市民が乗っている。
舵を取る船長は、この船はどこに向かってどのように走っているのか。
走ろうとしているのか。明確に情報を発信する責任があると思う。

財政危機宣言をされた割にはのんびりしておられる。
危機宣言の対策も、跡地と同じように誰かに考えて貰う方向である。

先日、久しぶりに市長メールを出して、病院問題をお聞きしたら返事が来た。
返事になっていないので、もう一度お聞きしたらもう一度ご返事いただいたが、これもよく解らない。
そしてこの問題の担当はどこどこと担当部門が記してあった。
一担当部門の問題と思っているのだろうか?
今こそ、リーダーの『リーダーシップ』が問われているのである。


先日、三木に来られたりした、三条市の国定さんや箕面市の倉田さんなどは同じ環境の中で、
こんなに元気で、うらやましい。
仲間に入れるチャンスは幾らでもあるのに、そんな気がないのだろうか?

三木も何とかいい流れに乗せて欲しいと思うのである。
by rfuruya2 | 2008-10-30 06:34

容疑者Xの献身

昨日は、三の宮まで映画を観に行った。
大体、2ヶ月に1度くらい、家内と一緒に映画を見に行く。

映画は嫌いではない。
どんな映画でもOKである。
逆に家内のほうは、あれこれ好みがあって、アレを見るこれにすると結構うるさいのだが、
それはいつもまかせきりである。

昨日は、直木賞受賞の推理小説、『容疑者Xの献身』
福山雅治、柴咲コウなどが出演、有名なようだが知らなかった。
そういう意味では、世間知らずかも知れない。

映画は面白かった。
推理小説は、アタマがよくなくては書けないと思う。
然し、いつも思うのだが、タネが解ってしまうと、ちょっと無理があって現実的ではないと思ってしまう。それが小説の世界なのであろうが。

家内や娘は、小説を読んでから映画を観る派である。
私は、逆である。今から本を読んでみたい。


それにしても、三宮への特急バスが出来て便利になった。
10時開演の映画を観るのに、家を8時50分に出れば充分である。
c0107149_17454968.jpg

こんな時間には、切符売り場にいた。

昼、かつを食って、そごうのドンクでパンを買って、田舎もんが久しぶりに、都会に出て、
おのぼりさんよろしく、都会の人には珍しくもない三宮の写真を嬉しそうに撮ってきた。
西国街道はこんなところを通っていたのである。
湯の山みちのほうが、当然ながら風情が残っている。

珍しくもない、都会の写真、折角撮ってきたものですから。
c0107149_17522681.jpg
c0107149_17525648.jpg
c0107149_17532615.jpg
c0107149_17533954.jpg

by rfuruya2 | 2008-10-29 17:13

ギャラリー 湯の山みち

昨日の午後、ギャラリー湯の山みちを訪ねてみた。

どなたかの絵の個展をやっていると聞いていた。
先日、ここの館長さんにいろんなお話をお聞きして、今日が二度目の訪問である。

絵もよかったし、お会いできた人たちもよかった。

雅楽舎という雅号の、わがまち緑が丘にお住まいの小塩さんの個展だった。
こんな可愛い絵である。
c0107149_17263111.jpg

  (これは絵葉書からスキャナーで撮ったものである。)

会場の状況と、出会った人たちの写真です。
こちらのほうが、大きくハッキリと写っています。
三木の方ばかりなので、ご存知の方もいらっしゃると思う。

絵のほかにこんな可愛い花の展示もあった。
これは藤田さんの作品である。
c0107149_1891640.jpg

外にはどこかの市長賞を取ったという川﨑さんのこんな恐竜が飾ってあった。
刳工房という名の工房を開いておられるとか。クリ工房と読むのだそうです。
c0107149_17355975.jpg

30分ばかり雑談を、
ローバーさんはさんさんギャラリーで会ったとか、さるとるさんも知っていた。
三木も狭いものである。

小塩さんには、『ひょこむ』にお誘いをした。
多分、参加されると思う。
『まつりおとこ』さんなどは、緑が丘の東地区なのでご存知だった。
c0107149_1757532.jpg

この個展の出品者、小塩さんと藤田さんである。

この個展も、もて木さんのブログなどで知ったのだが、帰りかけたら、
そのもて木さんと、里の家の赤松さんが丁度来られて5分ばかり立ち話。
c0107149_180848.jpg

12月に加古川の商店街のイベントで、kakogawalionyaさんに頼まれている紙芝居の話をしていたら、
赤松さんが、
『kakogawalionyaって靴屋さん? 私ずっとそこで靴買ってました』

kakogawalionyaさん、覚えておられますか?
お店のこと、よくご存知でしたよ。

こんな、いろんな方たちとの出会いがあった、いい1時間であった。

もう1枚、小塩さんの絵をご紹介しておきます。
c0107149_1872679.jpg

by rfuruya2 | 2008-10-28 17:39

試み

樋渡市長の『武雄市長物語』はご存知の方も多いと思うが、
その向こうを張って『武雄市民物語』という市民の方が書かれているブログがある。
そんなネーミングを堂々とつけられるだけあって、中味もなかなか面白い。

三木の『妄想連合会』にもいろいろとアイデアの提供をされているのだが
今回は『さるとる』さんの『スウィートストリート』を例に挙げて、『試み』と題して話を展開されている。


そして、こんな風に提案されています。

『そこで提案です。

このブログ・記事を見ていただいた武雄のブロガーのみなさん、ぜひこの「杖立プリンのような、武雄で統一した取り組み」について、それぞれのブログで一度見解を記事にして頂きたいと思います。』

そして、

『武雄の発展を考える勝手で、前向きなアイデアを出し合い、少しでも現実に近づけるものが生まれればと思います。』



実は、このブログ昨日書いていた。そのときはまだコメントも一つだけだったのに、今朝見ると二桁になっている。そして続きがアップされている。
さるとるさんもいろいろと、みんな私が寝ている間が活躍の時間なのである。

ブログもただ発信するだけでなくて、そこから何かが生まれるようになると面白い。
ネット社会のよさで、時間も、距離も、職位なども越えて、いろんな発想が自由に飛び交うのがいいと思っている。
たとえそれが実現しなくても、そこで学んだ発想は
『ソフト』となって、いつかどこかで生かされる可能性を秘めている。

『ソフト』や発想は、いろんなアイデアをパクリながら進化するものだと思っている。
何事も否定せずに『いいとこ取り』するのがいいと思う。
今あるものを生かし、環境を生かし、人を生かして繋いでいけば良いものも生まれるだろう。


最近、三木でもブログやSNSが賑やかになってきた。
昨日も『ひょこむ』の中に、kwakkyさんが
『三木市緑ヶ丘町大好き会』というコミユニテイが立ち上げられた。

また今朝のブログでは、こんな『クラブ』が旗揚げされている。
コンセプトもネーミングもシンボルマークも秀逸である。

ブログdeみっきぃ も相変わらず好調である。
今後、こんな動きがどのように発展するのだろうか?
by rfuruya2 | 2008-10-27 05:23

ミニSLフェスタin福知山

日本一のミニSLイベントと言われている、福知山の9回目のイベントを観に行った。

来月11月15,16日には、神戸鉄道研究同好会の仲間たちと、
ミニ鉄道フェスタin神戸メリケンパーク を開催するのでその参考にと見学に行ったのである。

6月に神戸フルーツフラワーパークで開催したときには、応援もして頂いたし、今回のイベントの広報にも来られていた、福知山市役所の商工振興課の菅沼由香係長さんがお忙しい中を1時間近く時間を割いてあちこち案内して頂いたり、説明をして頂いた。
菅沼さん、本当に有難うございました。神戸でも是非お会いしたいと思います。
c0107149_1952376.jpg

    (福知山鉄道館ポッポランド前で)
全国の鉄道マニアが94台のSLや新幹線を持ち込んでの、2日間のフェスタは、日本一と言うだけあって、御霊公園と広小路通りに700メートルのレールを敷いて、踏み切りやトンネルもあったりして壮観である。
いっぱい写真を撮ってきました。まずそれをご覧下さい。

c0107149_19174446.jpg

先着2000名という乗車整理券が配られていましたが、それにも乗せて頂いて、こんな目線からの写真も撮れました。
c0107149_1923346.jpg

c0107149_192511.jpg

c0107149_19261634.jpg

c0107149_1928509.jpg

c0107149_1930015.jpg


来月、神戸の会場にも参加される、奈良の方たちのミニSLの展示もありました。
c0107149_19321215.jpg


いろいろ参考になりました。
また来月は神戸メリケンパークで、
神戸海洋博物館、カワサキワールドとの共催で、港の風景の中を走ります。
日伯ブラジルコーヒー協会とも共催で、井戸知事も神戸副市長も来られるそうです。

初めてですので、日本一の福知山のようなスケールにはなりませんが、
全国から40台50人以上の鉄道マニアが集まります。

乗車券は昔の国鉄の切符と同じものを作りました。
北条鉄道のプロたちも応援してくれます。
いい催しになって、神戸の例年の定例行事に定着するように願っています。

実務運営は、『ひょこむ』の、このグループが行います。
by rfuruya2 | 2008-10-26 19:05

今年の町内旅行

秋の町内旅行に行くようになって4年目である。

この4年間、こんな旅行であった。行き先が変わるのは当然だが、参加する態度も毎日の生活態度も、4年も経つと変わるものである。

今年は蒜山高原、大山近郊、岡山県、鳥取県までのたびであった。
c0107149_8142213.jpg


道路財源がどうのなど文句を言ってはいるが、道路は素晴らしくよくなって、日帰りでこんな旅行が楽しめる恩恵に浴している。
35年前、蒜山高原に行ったことがあるが、とても日帰りなどは無理であった。片6時間も掛かったと思う。

いっぱい写真を撮ってきた町内旅行ー1     ざっとこんな行程でした。
町内旅行ー2 玉泉寺    湯原温泉の奥、静かな山寺、癌のご利益があるとか
町内旅行ー3 蒜山高原ー大山ロイヤルホテル  蒜山から大山の麓を通ってのバス旅行は黄葉も綺麗でぶなの林などよかったのですが、
、写真は取れませんでした。

c0107149_8162181.jpg


町内旅行ー4  お菓子の寿城  

町内旅行ー5  とっとり花回廊

あとの二つは、いろいろ感想があります。
鳥取と言う環境の中で、ソフトが生かされていると思いました。
c0107149_8124494.jpg



旅行に参加された方は60名、緑ヶ丘の西2丁目の5%ぐらいの方ですが、毎年行かれる方も多くて顔見知りの方も多い。
今年は副会長のkwakkyさんとつい先日、『ひょこむ』のトモダチになったりして、共通の話題を持った方もできたし、何となく親密感がましたような気がした。

いい旅行だが、参加率は5%、逆に言うと5%の参加率だからできる旅行かも知れない。
なかなか、難しいものである。
by rfuruya2 | 2008-10-26 07:38

消費者の満足、顧客の満足

CSについて、少し触れたのだが、R175さんがご自身のブログに引用していただいたので、
少し補足して思うところを述べてみたい。

基本はあくまでも、
『消費者の満足』=Consumer Satisfactionであって
『顧客得意先の満足』=Customer Satisfactionであってはならぬと思うのだが、
日本の場合のCSは後者の場合が圧倒的に多いように思うのである。
英語の訳語も堂々とCustomerと無意識のうちにそう使っているところが殆どである。

これは私の勝手な思いである。

多分、CS は,Customer Satisfaction 顧客の満足で、あっているのだと思う。
顧客の意味には、取引先も勿論消費者も含まれるからである。
敢えて、 Consumer Satisfaction という必要は普通はないのだろう。

しかし、日本の場合は、『護送船団方式』 という特別の言葉があるように、
どうしても、消費者をコケにして、自分の身内の満足を優先することが多すぎるのである。
道路族もそうだし、あちこちの談合体質も汚職も。
汚職でなくても、業界優先、得意先の満足優先が体質化しているのではないかと思っている。

どうしても、身近な人たちの満足を優先して、末端消費者は忘れられてしまうことが多いのである。
やっと福田さんが消費者庁を設置した。
どれくらい機能するだろうか?

目線を身内やすぐ近くに置くのではなくて、
消費者やホントの末端の人たちへの目線が必要なのである。

市の行政などでも、いろいろ関係する協議会のメンバーやタウンミーテイングに集まる人たちにばかりに向いてはいないか?
サイレントマジョリテイ、物言わぬ人たち、市政などに関心を示さぬ人こそが市民の大多数なのである。
『言わなくちゃ解らない』 ではなしに、サイレントマジョリテイがどう思っているのか、それを掴むのがマーケッテングなのである。

『こう思っているのではないか?』 と仮説を立てたり、『想定をして』 から 調査をする。
闇雲にアンケートをとるのが、調査ではないのである。
調査やアンケートは、仮説や想定の範囲内であったかのチェックでないとダメである。
思ったとおりだったなら、合格である。

験経を積むと、仮説は当たるし、『想定の範囲内』に収まるものである。
そうなれば、Consumer Satisfaction に繋がるのだと思っている。
by rfuruya2 | 2008-10-24 18:57

三木市庁内会議

三木市の庁内会議の内容は、藪本さんが市長になられてから、欠かさず全部見せて頂いている。
スタート当初は毎週朝7時から始業前に熱心に行われていて、市長の市政に望む意気込みのようなものが感じられた。
最近は、回数も減ったし、10時~12時だったり議事録の内容を見ても、どうももう一つである。


ホームページの『市長のふれあいページ』の中にある『庁内会議を公表します』を一度ご覧になればいい。
こんな風に書かれている。
 
 『 庁内会議の概要
市の幹部職員(部長以上)が出席して庁内会議を開催。幹部職員の心を一つにしていく(心あわせ)という意味の会議に位置づけています。
 「Acrobat Reader」というソフトが必要ですが無料でダウンロードできます。 
 平成20年度 第 9回庁内会議(平成20年 9月 8日)
 平成20年度 第 1回庁内会議(平成20年 4月14日) 

(4月から9回行われている)
 
  平成19年度 庁内会議は こちら
 
  平成18年度 庁内会議は こちら
 
  平成17年度 庁内会議は こちら            』

平成18年の4月から、私は三木市政に関心を持った。
熱心に市長メールを発信しだしたのも4月の終わりからである。
そのために全国の各市を調べたりして、高槻市の市長公室長樋渡啓祐氏に出会ったのである。(それはネットの上だけで、実は既にそのときは武雄市長になられていた)

当時の庁内会議の議事録もずっと見ていたし、NOを付してずっと市長メールで提言をしている。

その私の『市長メール』を一つのテーマにして庁内会議が進められたことがある。

『平成18年7月31日の庁内会議』 である。
議事録を見ていただければ、当時の検討の熱心さが伝わると思う。
『日本一美しいまち』と5つの骨子が決められた庁内会議でもある。


そのころと比較して、現在は何か『消化試合のような』庁内会議としか思えない。
今回の議題は、『三木市スポーツ振興ビジョン』 三木にスポーツ文化を育てたいという、いい議題なのに中味はさっぱりである。

市長の発言に『アンケートも大切ですが、それよりも市民の皆様の中に入っていき、市民の皆様や世論が何を求めているか、それを知る必要があります。例えばスポーツ団体や健康づくりの集い、また街中などで人に接し、活動を見、現実を知り課題を探すことが大切です。』
と言われている。
その通りである。この辺が藪本さんのアタマのよさだと思う。
分析もその指摘もいいのだが、それを他人に要求するだけでなく、自らもそういう態度を示して欲しい。


スポーツ振興、スポーツ文化、みんなが関心を持っているテーマだと思う。

三木のブログの中でも、既にいっぱい議論されている。
ホントに藪本さんがそう思うなら、そんなブログにコメントで応えて欲しいと思うのである。
三木市民のブログに反応されるのは、三木市長でなくて武雄や三条や箕面の市長さんだというのは、市民として寂しいのである。

そんな思いや、声は藪本さんに届かないのか?
届いても無視されているのか?
庁内会議で仰っていることを是非自ら実行されたらと願うものです。

そんな態度も微塵もなくて、言葉だけなら、どうしても『空ろに響く』のである。


この庁内会議は流石にダメだと思ったのか、次回も同じテーマで開催されるそうである。
是非ご覧下さい。
その次回は今週の月曜日10月20日に開催されたはずである。
もう直ぐ議事録が出ると思う。


今朝、こんなブログを読んで、前回の庁内会議の議題確か「スポーツ振興」だったと思い出しました。
by rfuruya2 | 2008-10-24 05:27

算盤は小野より三木が先?

昨日は秋バラを見に姫路バラ園に行った。あんなに解りにくい立地なのに、そしてウイークデイなのに沢山の人である。
バラ園はあちこちにあるが、毎年春秋必ず行くようになった。
『そうさせる何かがある』からだと思う。 『差別化』が出来ているのだと思う。
最近では、テレビなどでも紹介されるので、余計に人が多いのだろう。

姫路からの帰りに、ふと朝のブログで見た『湯ノ山街道』を見て帰ろうと思ったのである。
35年も三木にいて、知らなかった道があった。
『えびす神社』ってこんなところにあったんだ。神鉄の『えびす』はこれからだろうし『えびす祭り』も名前は毎年聞くが見たこともない。

そんなはじめての道だったが、
『ギャラリー湯の山みち』の筒井さんにお会いして、すっかり話しこんで、
『播州そろばん小史』なる資料も頂いて、老人大学の個人授業を受けたような感じであった。
c0107149_53613100.jpg

そろばんは250年前に堺から三木に来て三木の産業として育った。
明治のころまでは、鍛冶職より算盤職のほうが多かった。
その後、鍛冶屋が儲かるとだんだんと転職し産業は小野へと移って行ったということである。
c0107149_5381798.jpg

200年前の話でビックリしていたら、400年前の三木の産業は染色であったとか、
この資料も頂いてきた。
興味のある方はこの写真の最初にあるのでお読み下さい。
c0107149_5445463.jpg

c0107149_5453054.jpg

最初は2階に資料室があるというのでわざわざ鍵をあけて頂いて、覗いてみたらこのぎギャラリーの筒井代表がおられたのである。
昭和4年生まれ、私より4っ上である。初めは3億5千年前の貝の化石など見せて貰っていたのだが。

若いころは航空機に関心があって、川崎航空機や明石の空襲の話になって、俄然身近に思ったのである。
三木の文化論などいろいろあったが、奥の部屋の算盤や染物まで見せて頂いたのである。
折角、ここまで集めておられるのに、パソコンはおやりにならないようである。
今からでも大丈夫ですよと奨めてはきたのだが。
私も生まれて初めてパソコンを触ったのは、4年前である。

いい1日になった。
朝、ローバーさんと、そこに寄せられていたもて木さんのコメントを見なかったら、『湯ノ山みち』など知らぬままだったろう。
by rfuruya2 | 2008-10-23 05:15

ブルボンビーンズドーム

ブルボンビーンズドーム。
昨日、さるとるさんがブログでアップしました。

いっぱいコメントが寄せられています。
先日レースで一緒だった60おじさんからも、彼ちゃんと読んでるのですね。

私が一番驚いたのは、この情報の入手源が新潟のケンオードットコムの小耳早耳情報だったことです。
ネット社会の広がりを感じました。


他にどなたか、この情報持っているかと、新聞メーカーで調べてみました。
さるとるさんのブログの入れて三つのブログが載っていた。

読んでみたら、応募はブルボンだけだったとか、その金額など、いろんな情報が載っています。
これ、三木市が募集してたんですか? ちょっと違うような気もしますが。
先日の『めちゃーー』のTV番組が貢献したとか。
いろいろあるものです。

ご覧になるころはこのブログも載っているかも知れません。

c0107149_739350.jpg


完全に出遅れましたので、ちょっと 『別の方面から』 とさるとるさんのブログにも紹介されていた、
ブルボンのプレスリリースに載っている広報グループの山崎さんに電話して直接聞いてみました。

はじめは、まともな話をしていました。
プレスリリースに書いてあることなど、いろいろ。
多分電話が掛かったのは、少なかったのだと思います。
応答に直ぐそんな感じが出ました。
『どちらさまですか?』 『なぜわざわざ?』

『三木のドームのすぐ近くに住んでいます』で態度が変わって、直ぐ仲良くなりました。
まだ、三木の現地は見ていないそうです。
ぐっと、こちらが有利になりました。現場を知っているのは何事にも強みです。

ブルボンは新潟の柏崎市、三条のすぐ近くです。
新潟のケンオードットコム知ってますか?

私はブルボンビーンズドームのこと、「さるとるファイト」というブログで知りました。
そのブログには、三条の国定市長がビーンズドームにいる写真が載っていますよ。
先方はビックリでした。

プレスリリースの写真も、提供されたものですから、と言われていました。
三木のホームぺージの 『ブログdeみっきぃ』 にも写真載っていますよ。
私のブログの写真なら幾ら使っていただいても結構ですなどなど。

多分、電話を切ってから、一生懸命ネットをさがされたと思います。
『今度、是非現地に行ってみたいと思います。そのときにはよろしく。』というような雰囲気の会話になりました。

また一つ、『繋がり』が出来た気もします。
広報担当という専門職ですから、いいと思います。
JJさん、電話でも掛けられたらと思います。
先鋒役は務めておきました。
by rfuruya2 | 2008-10-22 06:55