雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

4000人のひょこむと1400万人のmixi

「ひょこむ」と「mixi」  どちらもSNS である。
入っている人数は圧倒的にmixi である。
mixi のなかにある、mixi in Miki というコミユニテイのメンバーだけでも1500人もいる。

参加している年齢層も違うのだろうし、当然持っている関心事も違うのだろう。

ただ、いろんな人たちと、気軽に付き合うにはmixiがいいのかも知れぬが、何かをやろうとするには『ひょこむ』のほうがいいのではと、何となくそう思った。
SNSに参加したのはmixiがちょっと早い。 1ヶ月ぐらいして『ひょこむ』に出会った。
なぜ、『ひょこむ』のほうがいいと思ったのか?
あまり、ちゃんとは言えないが、『私のカン』みたいなものだった。

その後も、mixiはあまり何もせずに、ブログを写しているぐらいである。

今回、NPOを立ち上げることにした。
普通一般のNPOと違って、ソフト企画法人である。
『会員の数』はある意味、大きな要素である。

最初は、ソフト企画だから、NPOの経費は年間10万円もあれば充分である。
会員から仮に1000円の年会費を頂くとすると、100人の会員でいい。これくらいは多分、直ぐ集まるだろう。ひょこむの私の招待者だけで100人ぐらいになる。
招待者100人は多分ひょこむの中でも、群を抜いている。最初から何かをするには『濃い人脈』がキーだと思っていた。 トモダチの数だけではないはずである。
よく言われる、量と質の関係である

今回のNPOは当然ひょこむ中心で行くのだが、会員はひょこむに限定することは出来ない。
参加希望者はどなたでも、受け入れなければならぬのである。
『会員の数』は100人で10万円なら
1000人で100万円である。
10000人で1000万円である。
50000人で5千万円である。

現役の頃、ソフト会社を作ってユーザークラブKAZEを組織した。
年会費3000円で50000人集まった。会費だけで1億5千万円あった。
この会社も会費以外にいろんなソフト収入があったが、たかだか10人くらいのソフト会社なので経費は少なかったので、会員のためのイベントなどに盛大に使った。
ある意味NPOのような性格の会社であった。

今回のNPO『The Good Times』は、この会社でのソフトノウハウがベースにある。

会員は100人でも充分だが、10000人に『増える可能性』 も充分あるのである。
今でもKAZEは25000人がいる。カワサキワールドは年間20万人の入場者がいる。
三木市は年間400万人の人が訪れる。

会員に入るといわれたら『断れないのである』
そんなことで一般のかたがどんな反応を示すのか?
昨夜、mixiの中に、『NPO The Good Timesを考える』 というコミユニテイを立ち上げてみた。
一般の何の先入観もない方の反応が知りたかったのである。
無反応かと心配したが、今朝全然知らない方が1人参加されていた。
これは、大きな可能性を示している。


このNPOのコンセプトは
『美しい活動』を展開して人々の『good time』なハッピーな機会を増やしていこうというものである。

『三木市緑ヶ丘町』 で 『三木とカワサキ』 でスタートは切るが、
地域にも、銘柄にも、個人も団体も、行政でも民間でも、そんなことには決して拘ったりはしない。
『ひょこむ』という優れたネットシステムを利用するが、1400万人いるmixiの方も大歓迎なのである。

明確に拘るのは 基本コンセプトに共感していただける方の
 『共感ネットワーキング』 を創り上げたいだけである。


今朝は、カバン屋さん宅で、発起人の一部が集まる。
gooもexciteも その資料である。今から、カバン屋さんに電話して、数人分のコピーをお願いしようと思っている。

今日集まれない、他の方たちとの、情報共有にもなる。
いいシステムのある時代に感謝したい。
by rfuruya2 | 2009-01-31 07:20

NPO 『The Good Times』 を考える会

先週の土曜日、三木市の夢塾の講習会で、NPOの先生の話を聞いている途中で、
『急に自分で立ち上げてみよう』 と思いました。

今まで、若しNPOを立ち上げるなら、手伝ってあげようと思っていた、アラケンさんの本音を聞いて、若し立ち上げたら援けて貰うことになるであろうカバン屋さんに相談したのですが、
お二人とも『GO』と言われるので、決心して、火曜日に『私が考えているNPO』ができるのかどうか?専門の先生に聞きに行きました。

『大丈夫出来る』というお答えを貰って『スタート』です。

早速、ひょこむの中に 『NPO  The Good Times を考える会』 を立ち上げたのが、2日前ですが、今こんな状況です。

そのなかでこんな風に書いています。

1.ここに参加頂くことと、NPOにご参加頂くこととは、直接関係ありません。
2.NPO の名前は 『The Good Times』 とします。
3.今まで、あまりない新しい感じの NPO です。
4.いろんな既にある沢山の活動やイベントを、システム的に繋いで、より大きな効果を期待しようとしています。
5.一言で言えば『アタマ』と『システム』を使って活動する『ソフト会社』です。
6.そのシステムの中心は『ひょこむ』です。アタマを使ってソフト、ノウハウを蓄積するメンバーは『ひょこまー』が中心です。
7.美しい日本(全国) 美しい兵庫(兵庫県) 日本一美しいまちをめざす(三木) の人たちのいろんな『美しい活動』を
システム的に結びつけて、『good time』をいっぱい創りだそうとするものです。
8.その『The Good Time』 という名前は、
Kawasaki, Let the good times roll という私が永年お世話になった世界に展開している理念の中から頂きました。
9.この活動は、昨年『どこ竹の竹とんぼを飛ばそう会』
や『神戸のメリケンパークでのミニSL』や今やっている『三木で鉄道模型を走らせよう会』などの活動の延長線上にあります。
10.NPOの理事会なども、できれば『ひょこむ』の中で出来たら思っています。


2日経ってもう20人近くの方が、入られましたが、多分具体的には、お解かりになっていないのかと思っていましたら、『滝に瀬』さんが、このコミユニテイの中にこんなコメントを頂きました。
さすが企画のプロだと思いました。

『モザイクを張り合わせて名画を描く』   滝の瀬

兵庫県が21世紀の少子高齢化社会を「モザイク社会」と言ったことがあります。
 確かに、近年、個人の生活も、いろんな団体の活動も、それぞれが好きなことだけを断片的に行う傾向が強くなってきているように思います。
 そして、これをつなごうとする力が弱くなってきています。
そのようなことから家族や地域コミュニティの弱体化進んでいるのでしょうね。
 このNPOの活動はモザイクタイルを貼り合わせ一枚の名画を創作するように、個々が持つすばらしい素材がつなぎあわせ、21世紀のモナリザが描けるといいなあと思います。


明日、カバン屋さん宅でちょっと集まります。
昨日、今日、ずっと考え続けています。
これは、間違いなく新しいタイプのNPOです。

三木市の緑が丘町でスタートし、事務所もカバン屋さん宅ですが、『仕組みは世界を狙える』もので作ります。
既に今の段階、神戸、明石、加古川、そして東京に支店が出来そうです。
この仕組みの中心は、『三木&Kawasaki』と『柔軟なヒトのアタマ』、『行動力』そして『システム』です。

何を思ったのか、遠くカルフォルニアからわたしの娘『だんすりー』が参加してくれました。
by rfuruya2 | 2009-01-30 05:42

ご質問にお答えします。1,2

『全国最年少市長』 昨日のブログである。
ここにアップしていたのだが、ふと思ってgooにも転写してみた。

ひょっとしたら、山彦のように直ぐ反応してくださる 『樋渡さんから何かコメントでも』 と思ったのである。
外出から戻ったら、想定どおり『はいぴー』さんから。

そして、朝起きてみたら、初めてのことだが、先日『ひょこむ』にもご招待した『テツ』さん、
当のご本人の倉田哲郎さんから、ブログへは始めてのコメントである。

樋渡さんのコメントが、『ご質問にお答えします』だったので、
倉田さんは、『ご質問にお答えします2』 となっていた。


こんな軽いフットワークである。
こんなコメントである。


ご質問にお答えします (はいびー)

検索で最年少市長って打っていたら、倉田市長 最年少市長って打っていたら、青と赤ブログが出てきました。どうせ貼るなら、いつもと違うものがいいだろうと思って、赤にしました(笑)。それに気づかれる雑感日記さんもすごいと思います。


ご質問にお答えします2 (テツ)

そんなに気にされないでください(笑)・・・バックアップです。
一度、オリジナルのサーバが数日間、落ちたことがあったので、以前からつくってました。
ただし、箕面は“紅葉”が最大のウリなので、どうせつくるなら真っ赤で美しい紅葉のブログに、と。
http://www2.city.minoh.osaka.jp/SYOUKOU/kankou.htm

c0107149_5274651.jpg


倉田さんのコメントには『赤いブログ』の元になった、美しい箕面のもみじがリンクされていました


こんなブログが書ける、人の繋がりが、
キーを叩いている時間が、私にとって『Goog Time 』です。
今日もまた、そんな続きの1日に、なって欲しいと思います。
by rfuruya2 | 2009-01-29 05:09

全国最年少市長

武雄の樋渡市長のブログの今朝のテーマは『全国最年少市長』である。

ご自身がそうであったし、つい先日までは、大阪箕面市の倉田市長であった。
樋渡さんのブログには、そのニュース源の倉田さんのブログがリンクされている。

そのリンク先には、当然のことだが倉田市長の『34歳の日誌』があった。

『あれっ 赤くなってる』 と言うのが私のそれを見た、感想であった。
毎日、見ている倉田さんの 『34歳の日誌』 は青いのである。。


お二人の市長さんの記事もさることながら、
私はこんなことばかりにが気になって仕方がなかった。

まず、何で赤いんだと思ってみてみると、ブログが SeeSaa に変わっているのである。
青いのはどうなったんだろうと、見てみるとこれもちゃんと存在する。
そうか、二つ目を作られたのだ。
私もあちこちに、ブログをやっているので、こんなことがホントに気になるのである。

なぜ、二つ目のSeeSaaを作られたのか?
移し方も最初の分からすべて、写しているのである。
そして、オリジナルとあってそこには、青いブログがリンクされていた。

要は二つ目のブログをもたれたことになる。


もう一つ、気になったのは、
樋渡さんがどのようにして、倉田さんの『赤いブログを見つけられたのか?』と言うことである。
これは簡単なようでなかなか見つからないのである。
Googleの幾つか目にやっと出てくるのである。
 『青いブログ』ではなしに、『赤いブログ』をわざわざリンクされたのは、『赤いブログ』も始まりましたよという、樋渡さんらしい心遣いなのだろうか?


ブログの中味よりは、そんなことばかりが気になった、『全国最年少市長』であった。
by rfuruya2 | 2009-01-28 05:08

突然ですがNPOを立ち上げます。

昨日『ひょうごボランタリープラザ』に行って来ました。

川重の神戸本社のあるクリスタルビルであるのも、何かのご縁です。
土曜日に三木に講義に来られた大原先生も戒田先生と一緒に約2時間みっちりでした。

こんな雰囲気のところです。

c0107149_523443.jpg

c0107149_524946.jpg


gooのブログには、その経緯と決意の一端のようなものを記しました。

既にあるものを、システム的に繋いでいけばいいと思っています。
この1年仲間と一緒にやってきた活動の延長です。
NPOとして正規にたちあげるのですから、コンセプトは少し拡げて、

美しい日本
美しい兵庫
日本一美しいまちをめざす三木
ここからイメージ出来る『美しい活動』を

Kawasaki, Let the good times roll  と結びつけて。

これは世界に展開するKasawakiの単車のコンセプトです。
もう40年近くも前にアメリカに日本の自動車工業界のトップを切ってリンカーンに工場進出したその頃、アメリカで話題になったコンセプトです。

『美しい』と言う日本の既にあるコンセプトから、美しい活動を展開して、
そこに集う人たちが 『Good Time』 になるような活動を roll =転がして拡げていこう、と思っています。

そんなことで、NPO法人の名前は 『The Good Times』 に決めました。


10人以上の発起人がいるのですが、
ひょこむのトモダチの中から、三木の市民、役所の職員、カワサキユーザー、鉄道マニア、バイク、ジェトスキー、の人たちから10人ぐらいに絞る方が難しいくらいですが、設立作業もあるので三木周辺から、緑ヶ丘周辺からスタートしたいと思っています。


昨日は実は、ひょこむのトモダチのカワサキワールド担当の『ぼけちん』さんが同じビルにいて、一緒に付き合ってくれたので、発起人の一人になって貰おうと思っています。
設立事務の仲介にも、もってこいだと思っています。

法人の収入は会員の入会金だけで大丈夫だと思っています。
仮に1000円でも、50人で5万円。
100人で10万円。
1000人で100万円。
1万人で1000万円。
10万人で1億円。

夢みたいな話ですが、可能性があるのがいいですね。
非営利法人だから、貯めても仕方がないのです。使い道はいっぱいあると思います。
今のところ、経費は年10万円でも大丈夫だと思っています。

20年前のKawasaki のユーザークラブ KAZE ,1000人からスタートして、3年目5万人になりました。
年3000円の会費で会費収入だけで1億5千万円ありました。

4000人のメンバーがいる 『ひょこむ』 がベースですが、
1400万人のメンバーがいる 『mixi』 も少し動いてみようかと思っています。

『mixi』 の中の『mixi in Miki』 というコミユニテイだけでも1500人もいるのです。
ひょこむのトモダチの「やまかず」くんが副管理者のコミユニテイです。

c0107149_6281386.jpg


昨日、教えていただいた先生方です。
ひょこむをよくご存知でした。
私のブログも見ておられました。
さるとるさんのホームページも紹介しました。
カバン屋さんのseaz company のホームページのトップページがなぜか見つからなかったので、ここにリンクしておきます。
なぜカバン屋さん? NPO 『The Good Times』 の事務所は,
日本で一番親切なカバン屋さんをめざすカバン屋さんの事務所を借りてスタートします。

写真を撮ったときに、『明日のブログにアップします』 とお約束したものですから、
今朝は、gooもexciteも NPO です。
by rfuruya2 | 2009-01-27 05:22

グリーンピアでの鉄道フェスタ

昨年の今頃はまだ、鉄道マニアに出会って右も左も解らなかった頃である。

何となく言われるままに、田崎さんと神戸市に場所の提供をお願いに行ったのが、
1月末今頃のことだった。あれから丁度1年である。

ミニSLのフェスタは昨年は大小4回実施できた。
神戸や三木ではじめての試みではあったが、道筋だけは拓けたのである。
三木でもグリーンピアで2月と5月に2回、開催された。

全国の会員250名をまとめて、そのイベントの開催を一手に引き受けてくれたのが、ひょこむのハンドルネーム、『ミニSL』さんである。
昨日は、グリーンピア三木でお会いして、支配人さんと一緒に今年の計画を伺った。

昨年の実績を纏めた立派な会報も頂いた。

c0107149_534911.jpg


昨年11月中旬、神戸メリケンパークで行われたミニ鉄道フェスタをホテルオオクラから眺めた素晴らしい景観である。

今年は、昨年の実績が好評でどこも継続して、開催されるそうである。
昨年は、導入のお手伝いだけをしたのだが、今年はただヨコから眺めているだけでいい。
今年も昨年以上の期待を持ってどことも準備されるようであるのは、本当に喜ばしいことである。

グリーンピア三木では、今年はホテルのレストランからも眺められる直ぐヨコの最高の立地で行いたということである。
支配人さんからは「よかたん」でやる『鉄道模型の走行会』のことをすでにご存知で、グリーンピア三木でも、ミニSLフェスタとの同時開催にして欲しいとの要望であった。
2月15日に緑ヶ丘の公民館で関係者への『予行練習』をやるのでそのときに決めようと言うことにさして頂いた。

三木鉄道は昨年廃線になってしまったので、『新三木鉄道』などとネーミングしたりしたが、今年はあちこちで賑やかになりそうである。
このイベントは、場所を提供する人もボランテイアで走らす人も、それを見て楽しむ人たちもみんなが楽しめるイベントなのである。
それに、みんな基本的にボランテイアでお金が掛からないのがいい。
むしろお金は入ってくるのである。

三木鉄道の廃線跡も、線路さえ残っていたら、『そこで』 『いろんな列車を』 『走らせてお客を乗せて楽しむ』 事は幾らでも出来るのである。
そんな鉄道マニアが持っている 『マニアの知恵』を是非行政の方も活用して欲しいものである。

今年いっぱい、『新三木鉄道』はどんな走り方をするのだろうか。
『新三木鉄道』も最終の目的は、廃線跡にもう少し『本格的なのを』走らせることである。


昨年1月、そんなブログをいっぱい書いた。
その中の一つ『今日も、三木鉄道』
まだ、諦めたわけではない。
『新三木鉄道』をみんなの手で、盛り上げて欲しい。
行政の仲間がいっぱいいることは、心強いのである。
by rfuruya2 | 2009-01-25 18:09

ひょんなことでひょんなことになるものです。

昨年の年末から、私の周囲ではいろんなことが起こっている。

ずっと、流れには乗るべきだと思って生きてきた。
その流れは、自分でも作れるのだが、それよりは人が作ってくれた流れに乗るほうが効果的な場合いが多いものである。

年末から、ひょこむの中では、武雄の方の加入や、まつりおとこさんの提案の『新年会』や
三木の行政の方の『新たな動き』があった。
年初にカワサキワールドであった鉄道模型の走行会で、こばちゃんに『三木でもやれるか?』とちょっと言ったことで、よかたんで大々的にやることになったり、吉川の青年会が一緒にと言い出したり、あまり大きすぎるので2月15日に緑ヶ丘の公民館で『予行演習』をと勝手に決めたら、予想以上に盛り上がって、思わぬ方が見に来られるとか。
ホントに『新三木鉄道』が敷けるかもと、思ったりしている。

半ば、人数集めの動員だったのだろうが、
昨日は年末に、ミキスケさんに頼まれて役所が主催する夢塾『NPO』の講義に出席した。

『兵庫ボランタリープラザ』の先生の講義だったのだが『ボランタリー活動』って何? パンフレットにあった。受講者の中でここに興味を持ったのは、ひょっとしたら私だけかも知れません。

こんなことだそうです。
『ボランタリー活動』に近い概念として、「ボランテイア活動」「市民活動」「NPO活動」「地域活動」「セルフヘルプ活動」などの言葉があります。
これらすべてを包含する総称が『ボランタリー活動』です。

とっさに思いました。『ボランテイアー活動のNPOでなくて、ボランタリー活動のNPOは出来ないのか?』

講義のあとの質問で4っ質問しました
1.まちづくり活動、情報化社会の発展、こどもの健全育成、スポーツ振興、環境保全など17もある活動分野をいろいろやれるNPOは定款に書いておけば出来ますか?
2.NPOのネーミングは自由ですか?
3.NPOの会員は行政の人、官の人も入れますか?
4.NPOを作るか作らないか解らぬ段階でも相談に乗ってくれますか?
すべて答えは YES でしたので、俄然興味が沸きました

日本の場合はトヨタや三菱のように一般には大きな法人はありますが、NPOにはそんな大きなものはありません。アメリカなどには大きいのがあります。などと言う講義の中の説明も耳に残った。


初めから大きなものを作ろうと言うのではないのだが、大きくなる可能性のないもの、
例えば『三木の中』と言う地域に拘ったり、『まちづくり』などという分野に拘ってしまうのは、もう一つ面白くないと思っていたのである。
NPOとは、そんなものしか出来ないのではと思っていた。
行政の人でも入れると言うのも、面白いと思った。


今やっている活動全体が若しできるのなら、これはやりたいことが出来るのだから、面白いと思ったのである
昨日、何人かのトモダチに電話してみた。いい反応である。また、何か起こるかも知れない予感がする。

これ、みんな人が作ってくれた流れである。ただそれに乗っているだけなのだが。
このブログも今日書く積りではなかったのだが、
朝、さるとるくんのブログを見たら『書けとばかりに』リンクが貼ってあるものだから、その流れに乗せられたみたいなものです。
by rfuruya2 | 2009-01-25 06:15

情報発信


「情報発信」を積極的にするのはいいことである。
折角の情報がどこかで眠ってしまうのは、残念である。

三木市役所のホームページにも、いっぱいいい情報は眠っている。
『眠っている』と言う表現がいいのか悪いのかは別にして、
そのように言いたいのは、
アクセス数がいかにも少ないのである。
1日2000ちょっとだが、職員の方が開いたのもカウントされるという。
そんなことはないだろうと、何人もの方に聞くがそうだと仰る。
外の方からのアクセスは、1000以下なのだろう。
土日には5~600ぐらいに落ちてしまう。

役所に、眠っている貴重な情報、職員の方が持っている情報や知識は、もっと積極的に発信すべきである。
毎日、発信されているローバーさんやさるとるさんのブログは貴重である。
アクセス数も相当なもので、ホームページの発信量よりは実質的にいいのではと思ったりする。

自分でブログを発信するのは、それなりの覚悟がいるが、
ひょこむの中のブログなどは、気軽に書けていい。
SNSだから、別に毎日でなくてもいいし、特にひょこむは兵庫県の人が多いし、外部公開に設定すれば、普通一般のブログと同じである。世界に向けて発信される。

ひょこむの中のブログの中から、ご紹介してみたい。
今朝のブログである。

『ちょっと三木市の人口統計を覗いてみました』KWAKKYさんのブログである。
殆ど、毎日発信される。
三木や住んでおられる緑ヶ丘の情報も多い。 いつも楽しいブログである。

今年から、参加された「滝の瀬」さん、流石にいろんな情報をお持ちである。
今までは、間違いなくこんな情報が、眠っていたのだが世に出てきた感じである。
そのうちの幾つかを。
『噂の丸亀町商店街』
『まちおこしサイト』

そして、ご存知『ブログdeみっきぃ』のJJさん。
今年から心機一転 『ひょこむ』 でも動き出したのである。

同じ内容なのに、市のホームページとこことでは、明らかに反応が違うのである。
いっぱいコメントが来る。 広報本来の『人の繋がり、人間関係』パブリックりレーション、PRの真の目的が叶いつつあると思っている。
『2月の催し』 みんなビックリしたようである。


三木市の方針のなかで『情報発信』 『広報』 などは基本方針に位置づけられている。
藪本さんは、職員にどんどん外に出てといつも仰っている。

もっと沢山の人がひょこむに入って、活動すれば三木はどんどん元気になるのではと思っている。
折角あるホームページのいい情報をもっと積極的に、発信されてはと思っている。
やれば簡単に出来ることである。

お金など一切掛からないのである。よく言われる『意識改革』などは、実践が伴わないとと思うのである。
by rfuruya2 | 2009-01-24 06:30

これも繋がりです

昨日は繋がることの面白さと、自分の中での『繋がり』を書きました。
新たな繋がりが日々あって、さらに何かに繋がってゆくことを夢見ています。

ブログも何となく独りでやっているよりは、繋がりがあるほうが、広がって楽しいと思っています。
何となく、三木のブログたちは、そんな風にもなっています。

そこに何となく『仲間意識』みたいなのが生まれていいと思っています。

今朝のさるとるくんのブログ、
モラのつながりを取り上げています。

ブログのSNSみたいに思いますが、
同じブログでも、不思議なもので、『ひょこむ』の中では、
コメントも弾みます。

同じモラを取り上げたローバーさんのブログ、
『はじめてモラを見ました』
『話をしないと心が枯れる』
なぜか、同じブログなのにコメントは、圧倒的にひょこむです。

JJさんの『ブログdeみっきぃ』もこちらは、コメントいっぱいです。
アクセスの数は圧倒的にホンちゃんのブログのほうなのでしょうが、反応があるほうが楽しいに決まっています。


私の昨日のブログも、ひょこむのほうだけが『美しい論議』で盛り上がりました。
minminさんが、『美しい』という言葉の意味や使い方に疑問を呈していただいたのがきっかけです。

『美しい』という言葉は、私は兵庫県民として、三木市民として常に心しているのですが、
そんな気持ちの一端をこんなコメントの中で話せたのは、本当によかったと思っています。
c0107149_557996.jpg


それはそうと、さるとるさんがモラの『ふくろう』 と 美嚢川の『嚢』 とかけていました。
ふくろう はホントにそんな当て字があるのか探しまわったりしたのですが。

kwakkyさんの今朝のブログは『ユーモア』と『ウイット』でしたが。
関係ありますかね?  『ユーモア』と『ウイット』どうもよく解っていません。
by rfuruya2 | 2009-01-23 05:14

繋がることの面白さ

何でも繋げていくことは、無性に面白い。

武雄人さんのブログは『しりとり』で今、賑やかである。

果てしもなく、繋がってゆくだろう。
発想の世界もそうである。何か一つのことから、『どんどん広がる』のである。

何か、繋がりがないようでも、繋ぐという意思が働けば、何でも繋がってしまうのである。
それで、結構自分自身を忙しくしてしまうのだが、考えているだけで結構楽しいのである。


今年になって、まだちょっとだが、いろんなものがいろんな風に絡まって、繋がっている。
一見、関係が無いようで有る。

ここに書いてみても、多分私自身にしか解らない、バラバラの事象なのだが、

グリーンピアの初日の出ー武雄のオットマンさんの年頭のコメントー小野高のサッカーOB会ー
三田のさんでぃー武雄人さんーモラーカワサキワールドの鉄道模型走行会ーこばちゃん@鉄LOVEさんー武雄市妄想連合会ーおおきなきーさるとるさんのホームページー箕面の倉田市長ーよかたんの鉄道模型ーJJさん、滝の瀬さん、油吉さんー2月15日鉄道模型予行演習ーみきの広報のひろばー
オバマ新時代、みき新時代ーーーもっともっと他にも沢山あるのだが書ききれないのである。
全部にリンクを貼りたい心境である。



と来て、あす23日はミキスケさんに頼まれて受講する、夢塾『NPOについての講習』まつりおとこさん、アラケンさん、などと一緒である。
そして、『2月25日にグリーンピア三木でお会いしたい』と昨年ミニSLでお世話になった『ミニSL』さんからの連絡に、また何かの大きな可能性を夢見ている。

ひょっとすると、みんな繋がるようなことにならぬかと、想いをめぐらしているのである。

ミニSLさんは、全国区だし北条鉄道の駅長さんでもある。
多分、グリーンピアの営業総支配人さんが同席されるのだろう。
グリーンピア三木では4月にカワサキのあるクラブの全国総会もお願いしている。
1年半ほどの活動の結果で、こんないろんなことが繋がるかも知れないのである。

緑が丘でやる『鉄道模型の予行演習』は、最初はホントに予行演習だけの積りだったのだが、
どんどん大きなものに繋がるかも知れない。


多分、お読みになってもお解かりにならないのを承知で書いている。
書いておきたいという気持ちの昂ぶりなのである。
by rfuruya2 | 2009-01-22 05:09