雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

潮流発電 講演会in 三木

★今日は13時から、三木市民活動センターで、潮流海流発電の開発者鈴木清美さんの講演会がある。

行ってみようと思っている。

このところ、『潮流発電、海流発電』については自分のことのように一生懸命である。

どんな進展になるか?
実現すればこれくらい楽しい夢はない。
海の水の流れというそれこそ自然エネルギーで、24時間電気を産み続けることが出来るのである。

★昨年の6月、ノヴァエネルギーの鈴木さんにお会いしてからのお付き合いだが、
3月には、大きく動く可能性がある。

一番大きいのは、環境省が動くことである。
3月8日にはその環境省のヒヤリングがある。
『環境省地球温暖化技術対策等ーー』という事業応募を環境賞が全国に呼ぶ賭けているのだが、その応募に対するヒヤリングなのである。
c0107149_5343272.jpg


その全国の応募用紙の写真には、ノヴァの潮流発電のこの写真が使われているのである。
2月25日には『おはようコールABC』で紹介もされたりした。

★事業展開は、チャンスを逃してはダメである。
今から3月いっぱいに、いろいろやってみたい。

1週間ほど前からノヴァに新入社員が入った。63歳だがやる気満々である。
こんな相棒が出来たので、
まず『ツイッター』に、
ノヴァエネルギーの企業としてのツイッター『japannovaenergy』を立ち上げた。
目標を3月中に1000名のフォローしてくれる人を目指している。

たった1日だが、昨日1日で、約90人がフォローした。
その中には、武雄市の樋渡市長やマーケッテングの大西宏さんなど超有名人もいて順調な滑り出しである。

★昨日の朝、高橋昭一さんと会った。
あさ、彼のツイッターに『今、羽田9時過ぎには西区の事務所に入ります』とあったので、アポイントも取らず、事務所で待ち受けたのである。

勿論、『潮流発電問題である』
今日の予定は既に立っていて、出席できないが秘書さんが出席されることになった。
高橋さんは以前からのノヴァの応援者で、こんな状況になってきたので、より綿密に動くべく秘書さんを貼り付けてもらうことにした。
快諾していただいて、この問題もよりスムースに行くだろう。

★この潮流発電を私に繋いでくれたのは三木の役所に勤めるkwakkyさんである。

昨年6月、ノヴァエネルギーをNPO The Good Times の団体会員企業に紹介してくれたのが、そのスタートである。
kwakkyさんはNPOの理事さんだし、高橋昭一さんも議員さんではあるのだが、同時にこのNPOの個人会員さんでもある。
そんなことで先月のNPO の新年会にも出席いただいたのである。

まさに『異種、異質、異地域の人たちをみんな繋いで楽しくいい時を過ごす』ために
動いているのである。


★いま三木で,
NHKのテレビで特別番組が組まれたり、読売の一面に載ったり、テレビ朝日が追っかけたり、全国アチコチから講演会のお呼びがかかたりするのはこれだけだろう。

地元の三木がもっと市を挙げて支援体制を取るべきだと思う。

のgooのブログの『潮流発電』、にこんな応援メッセージのコメントを頂いた方がいる。三木の方のようだが、ひょっとして今日お会いできるかも知れない。

支援の輪をどんどん広げたいと思っている。




異体同心の団結で国を動かそう! (応援者)
2010-02-27 08:24:23
鈴木さんとのお付き合い約3年。環境大臣との面談をセットして共に上京してから1年3か月。支援の輪も大きくなりました。
鈴木さんとは東京をはじめ各地へ出かけ頑張ってきたかいがあり今週の衆議院予算委員会で前環境大臣の斉藤政調会長が経産、国交、内閣府に潮流発電について先週の公明党総合エネルギー部会での話を基に質疑してくれました。
今回の質疑答弁で一部政府のお墨付きをもらえたことで内閣府に乗りこめそうです。
政治以外で大切なことは、マスコミなどを利用しての国民世論を高めることです。今回の朝日放送の内容が良かったということで、今度は系列全国ネットの報道ステーションあたりで採用するようにみんなで投書すればいかがでしょうか。
私は今、可能性のある地域の全国の地方議員らにPRをしており近いうちに「海洋エネルギーサミット」を開催したく根回ししております。特に青森は熱心で兵庫に視察に来たり鈴木さんを青森へ招き漁協や大学、県庁の担当部局と繋いだり講演会を開催してくれました。
また支持母体の中で鈴木さんのような船長や船乗りの現役やOBのグループ「波涛会」との連携で盛り上げようと思っています。兵庫の代表も元船長で現在川重造船の参事ということですでに親交が深まっております。来週の神戸での「海の男の写真展」の会場でさらに輪を広げてまいります。
皆様それぞれの立場でこれからも推進を続けて世論を盛り上げれば国も必ず動きます。異体同心の団結でそれぞれの人脈を生かして大きい夢の実現に向かってともどもに頑張りましょう。
by rfuruya2 | 2010-02-28 05:31

三木市の予算雑感

★22年度の三木市の予算に付いて、三木市のホームページに詳しく載っている。
情報開示という観点からは、十分な情報開示だと思う。

市の予算の仕組みがよく解らないので、その内容を見ても素人にはよく解らない。
議員の削減なども言われているが、議員さんならわかるのだろうか?
市民の人たちは、多分これを見てもちゃんと理解できる人は皆無に近いだろう。

それ自体は、そんな仕組みなのだから仕方がないのだが、
ざっと目を通すだけでも1時間以上は優に掛った。

三木市の予算に付いては、このホームページ以外ではfuji-takeさんのツイッターとか、もて木さんのブログなどでも拝見したが、
私の情報源としては、そんなところだが、それをベースに感じたことを並べてみたい。


★この予算、誰が作るのだろう?
勿論、各部門から申請があって、それを何らかの機関で審査して、それを纏める担当部門があるのだろうが、市長さんはどのくらい絡むのだろうか?

若し仮に、稲田さんが通っていたら、どれくらい違ったものになるのだろうか?
大阪の橋下さんのようにガラッと変わったものになるのだろうか?

★いろんな予算が一つ一つ丁寧に綺麗な資料で説明されている。
それはよく解るがそれが妥当かどうかは皆目見当もつかない。

いろんな予算の金額が10万単位の細かいもので、なかなか千万の単位のものはないのに、病院になると一挙に単位は億である。それも5億、10億ときれいな単位で、これはこれで仕方がないのかも知れぬがどう見ても『病院問題』こそが最大の課題であろう。

★いろんな開示資料の中で『記者会見の1問1答』が一番興味があった。
記者も結構率直に意地悪く質問していて、これに市長が主として答えているのだろうが、大阪府のように一言一句その通りなのかどうか?


★この中でも病院問題は勿論出てくるが、市長もこれは『難しいことだ』ということをにじませた答弁になっている。『政治責任』を賭けるなどといっているが、
若しそれなら、これほどまでに経営を悪化させた前期の4年間の責任を取って、
今回の選挙には出ないのが一番いい責任の取り方ではなかったのか?

病院問題の『健全化計画書』の冒頭書かれている分析では、(これは担当部門の分析であろうが)ここに至った原因はいろいろあるが一言で言えば『失政であった』と明確に書かれている。判断ミス、それは人災である。

★個々の予算の中で、私が一番興味があったのは『予算0事業』である。
記者の方はいろいろ突っ込んで聞いていたが、(ほんとのところはどうか解らぬが)、
『これはいい』と私は思っている。

予算をつけぬと仕事をしない役所の体質からの脱却をと薮本さんは応えていたが、
これは信じて是非新しい役所の仕事のやり方を示して欲しいものである。

更に言えば、ネットをもっと使えば、幾ら使っても金など誰も請求しないのである。
『予算ゼロ事業』の精神を生かして、もっと本格的なネット利用をやられてはと思った。

今一番、三木市に欠けているのは、そんなシステム対応である。
薮本さん、是非ツイッターはおやりになって、140字以内で何度もいっぱいつぶやけば、もっとみんな三木市政を理解すると思うのだが。

ブログと違って、発言者が明確ですから『オカシナ批判』など一切ないですよ。



★今朝は4時前から目が覚めて、三木市の予讃を眺めて、感想をといってもほんの雑感だが纏めたら、こんな時間になった。

最後に書いたのは、本音でお奨めである。
ちゃんとつぶやけば、名前も明確に解るフォロワーもいっぱいできるし、
それこそ市民の反応が直ぐわかるのがいい。
by rfuruya2 | 2010-02-27 05:04

三木の議員定数減  ほか

★ずっとツイッターのことを書いている。
なぜ?
1日のパソコンに向かっている時間の中に占める『ツイッターのシェア』が増大しているからである。

『はまっている』ということであろうが、
ブログやSNSにない魅力がそこにあるように思う。

間違いなく『今やってない人は大きな損をしている』
だまされたと思って参加すべきだと思う。
登録するだけで何もしなくても何のリスクもない。
自分がつぶやかなくても、見ているだけでも『値打ちである』

みなさん、こんなブログでも見ているのですから、
『同じ見るなら』ツイッターのほうがよほどオモシロイ。


★この方はそう言っているわけではないが、
最近ずっと、ブログは止めて、ツイッターは、これは熱心である。

三木市の予算などに付いていろいろつぶやいている。

久しぶりにブログをアップしたら、是非ツイッターを見てくださいとか。
ふるさと日記のfuji-take1 さんである

★この方をツイッターに誘ったのは私である。
わざわざ、直接お誘いのメールも打ったりした。
『ちょっとーーー』と躊躇しておられたが、つい先日突如参加された。

三条市長国定勇人さんである。
流石国定さんでおやりになったとたんに大勢の方がフォローである。
今196人だが、ご覧になる頃は200人を越えているかも解らない。
この196人のトップにフォローしたのは私で、これは偶然みたいではあったが、ずっとツイッターに向かっているということである。

逆に、、国定さんがフォローされている方は『僅かに13人』である。

鳩山由紀夫、原口一博、東国原秀夫、泉田裕彦(新潟県知事)という超大物有名人とともに、樋渡啓祐、倉田哲郎さんと『さるとるさんと私』のネット仲間をその中に加えて頂いているのは光栄である。
さるとるさんと私は、『それも確かフォロワー1号、2号』のはずである。(調べてみたが間違いない。)

こんな人たちみんな、ツイッターやってるんだ。


★★ 今朝一番、ちゃんと読んだブログは、やまかず君のこれである。

議員を減らすと、薮本さんは言っている。
その理由がよく解らないが、
いろいろ言っているが、三木市や市民のためではなくて
『自分の都合のいいように利用するために』 言われているような気もする。

議会でもめたら、解散の選挙でもあるのだろうか?

やまかずくんは、『投票率を上げよう』と言っている。
そうでないと、固定票のある特定のグループが優位になるとーー

投票率を上げるのは現状では難しい。
市民が三木市政に関心などないからである。
大阪のようにみんなが関心を持てば、投票率も上がるだろう。

やまかずくん、市会議員選挙には出ると言っていた。
出て、当選して、市政をかき回して、市民の関心を呼び起こして、
『本当に三木に関心がある人たちの要望に応える市政』になればいい。

『そうならないかな』  と思っている。
by rfuruya2 | 2010-02-26 06:00

情報、情報の流し方、三木の広報いろいろ

★オリンピックも大詰め、いよいよ女子フィギュア。
キムヨナと真央ちゃん、どちらがどうなるのだろうか?

世界の1,2位であることは間違いない。

そのキムヨナ、ツイッターのハンドルネームは 『Yunaaaa』
91530人がフォローしているのは流石です。

そのつぶやきは、英語と韓国語なのですが、日本人もいっぱいフォローしています。
この情報の取得先もツイッターです。

★最近はツイッターを見ている時間が多くなりました。
欲しい情報がいっぱいです。
自然にこんな情報も入ります。

『三木市の平成22年度予算案がホームページに出ましたね。事業の概要など見ていると、そんな事考えているのか〜。市で勝手にやったら〜と思ってしまいます。協力を得る為には、情報の流し方の工夫が必要だと思います。 』

緑が丘子ども会のikeda33さんのつぶやきです。

(●今見たら(9時半)、fuji-take1さんが、これに対して、
『そうですねー、まだまだ頑張ってもらわないといけませんねー。でも、せっかくきれいな資料を作って公表してくれているので、こども関連予算についてもお話しすることになりました。土曜日14時に里の家にお越し下さい!
34分前 via web ikeda33宛 』
とつぶやいています。こんな風に何となく繋がります。)


★このつぶやきで、三木市のホームページを覗いてみました。
三木市のホームページに載せるだけなら、ホントに載せるだけになってしまいます。

もっといろんな形の連携をされたら、もっと機能するのに。
三木の市民のブログやネットの世界は、タダ個々に発信しているだけではありません。
多分、日本でも最高レベルで、それらは繋がって連携しています。

武雄や三条や箕面のように行政の中枢がその気で動いたら、
それこそ『日本で最高水準の情報社会三木』になる可能性大有りです。

最近ツイッターに参加する三木の方も増えて更に充実してきました。

『薮本さん、中枢に指示して積極的にやりませんか?』
文句ばっかり言ってますが、ちゃんとおやりになれば、ちゃんと応援します。

c0107149_79126.jpg

ブログdeみっきぃ 頑張っています。

私は、広報は専門でやっていましたので、プロのカメラマンの現場での写真のとり方はよく解っています。
JJさんの写真の撮り方も素人の域を脱しています。今は広報課所属ですから当然かも知れませんがーーー。お役所仕事でないことは確かです。


そのJJさんと現場で交わした私との雑談

『「ブログdeみっきぃ」頑張ってるけど、もう一息「三木の広報」の域になるように頑張ればーー』

これ微妙な話でなかなかご理解いただけないかも知れませんが、
広報では最も基本的な話なのです。

広報活動=PR活動=パブリックリレーション=社会的な公のいい人間関係創造活動。
これは、あくまでもオフィシャルな公の社会的な活動ですから、
広報課の一担当のレベルを超えた
『三木市としての基本的なコンセプトが明確に確立されていないと』、
個人の努力だけでは限界があって、その線を越えるのは難しい面があるのでしょう。

企業の広報には、同じものを取上げても、企業としての姿勢が明確です。
ブログdeみっきぃ 本当に良く頑張っていると思いますが、
もう一息、『三木市の広報としての姿勢がでれば100点です』
by rfuruya2 | 2010-02-25 06:16

ツイッターと三木の政治家たち

★ツイッターの急成長振りは凄まじい。
こんな記事が発表された。

1日に5000万回のつぶやきがあるという。
このグラフの伸び方を見るとまだまだスタートしたばかりである。

★日本では今何人がやっているのか?

私は12月のはじめごろからだが、3ヶ月ほどやってみて、
これはブログやSNSなどと比べて、
多分それを凌駕するものに成長していくだろうと思う。

ブログのようにちょっと構えて書く必要はないし手軽である。
SNSよりも繋がりが緩やかで、自分のペースでやれるところがいい。
特に、仕事や、商売など自分の目的に合わせて使えるところがいい。

★政治家の人が、特に国会議員の人たちが目だって使っているのはよく解る。
政治家の仕事の一つに情報発信がある。これは簡単なようで難しいが、ツイッターでは極めて簡単である。
フォローしてくれている人数もその顔もわかるので、誰と繋がっているのかもわかる。簡単なコミユニケーションも出来る。


★三条市の国定市長さんをお誘いしていたら、昨日ジョインされた。
武雄の樋渡さんも、箕面の倉田さんはずっと以前から参加されている。
流石、先見の明があるのだろう。

この地区の衆議院議員の高橋昭一さんもツイッターをおやりである。
スタートは私よりは後なのだが、フォローする人は既に1000人を超えた。
最近では毎日30人を超える増え方である。
この調子では1年後には1万人を超えるだろう。

★おやりになっていない方には説明が難しいのだが
ツイッターはブログなどと違って、自分のつぶやきは、ほぼ確実にフォロワーたちに伝わるのである。
政治家に限らず、企業なども熱心にやりかけたのはよく解る。

●そんなツイッターなのに、三木の政治家たちには今のところ無縁の存在である。
三木の政治家たちは、こんな世の中の流れに無関心なのだろうか?
好奇心などそのカケラもないのか?
本来、政治家などにはなってはいけない人たちばかりが政治家になっているのでは?
と思ってしまうのである。

今のところ、参加されているのは議員の米田和彦くんだけである。
市民の人は結構参加者は多いのである。

●市民の方が数段進んでいて、
行政のレベルは、『旧態依然とした田舎町』のレベルを脱しきれていないのではと思ってしまう。

こんなことでは議員の数など、もっと減らしらいいのかも。
元々政治家の資質のない人たちばかりなのだから。
同じレベルではないかと思われる市長さんが、議員の数は減らそうと仰っている。

確かに、そんな人たちに高い税金から年俸など払うのは惜しい気がする。

★私だけが言っているのではなく、
こんな時代の先端を専門的に見つめている人が、
こんな風に、分析しているのである。


追記)

『同感です QT:@rfuruya1 http://rfuruya2.exblog.jp/ こちらはツイッターについて書きました。 『ツイッターと三木の政治家たち』です。 kmjの清水君のツイッターで紹介されたサイトと 大西宏さんのツイッターに対する分析をリンクさせてもらいました。
1分前 via web 』

QT以下を私のツイッターでつぶやいたら、直ぐ『同感です』とひょこむでもツイッターでもトモダチの『あほねん』さんがつぶやかれました。

こんな感じで繋がっていきます。
by rfuruya2 | 2010-02-24 05:28

これはオモシロイ仕事です、オール三木で

★昨日は『潮流海流発電』について書きました。

いろんな新しい仕事を経験してきましたが、

これは『斬新性』『スケール』『社会性』などなど、一番面白くスケールの大きい仕事になりそうです。

私は、何事もそんなに検討などせずに、『兎に角カン』でスタートします。
ただ、実現の可能性のないものを追っかけたりはしません。
昨年6月、鈴木清美さんにお会いして、『これはイケソウダ』と直感しました。
その日のうちに川重の元副社長の高橋鉄郎さんにアポイントをとっています。

それから6ヶ月、いろいろありましたが、
昨日のブログを書ける段階に来ました。この3月は大きく動く可能性が出てきました。

c0107149_6472331.jpg



★いろいろな巡り会わせがあるものです。

ブログdeみっきぃ が2月28日の講演会の告知をしてくれています

本当に有難うございました。

鈴木清美さんは全国あちこちで講演会引っ張りだこですが、私はまだ聞いたことありません。この講演会の話も知りませんでした。

いいタイミングで三木であるものです。
3月は、多分間違いなく大きく動きます。
日本全国へ、世界へ向けてのプロジェクトですから、

事務所が三木から出て行く前から応援をスタートしなければ、
『三木とこのプロジェクトは関係なくなってしまいます。』

一番小さな10kwのものは、
4月には韓国から淡路島岩屋にやってくるでしょう。
既に、全国各地から注文も、アジア各国からも注文があります。

4月には新入社員の方も入りますし、動き出せば事務所は神戸に移ります。
1基売れたら、事務所の費用も、新人社員の年俸も出てしまうほどの採算性ですから間違いなく事務所は神戸に移ります。

ただ、三木は『潮流、海流発電発祥の地』 であることは間違いありません。


★そんなことで『広報』は、一手に担当してきたつもりです。
googleで
『潮流発電』と検索したらNPO The Good Times のホームページでの記事が
『潮流、海流発電』では私のブログが並びます。
カタログ制作も具体的にお手伝いしましたし、企画部門はボランテイァでNPOの副理事長のタッチャンが担当してくれています。


ブログdeみっきぃ で講演会の告知はされましたが、
『一度正式の取材をされたらと思います。』
『広報みき』の5月号あたりで特別企画を組まれてはと思ったりします。

●まず、『三木市が応援の先頭に立って欲しいと思います。』

●『三木おもろいわ』も応援してくれています

●民主党の高橋昭一さんも応援体制です。昨日はツイッターのダイレクトメールで連絡を頂きました。

●公明党の動きも活発です。3月1日の川重造船とのつなぎもして頂いています。

●NPO The Good Times は、ずっと応援を続けてきましたが、更に頑張ります。

政治の世界は、許認可や補助金などなかなか窓口などややこしいのですが、
これは『自然エネルギー』という社会性の強いプロジェクトですので、
是非、超党派で、三木市も三木市民も一緒になった支援体制が出来たらと思います。


★2月28日、13時からの市民活動センター(福祉会館)での講演会。

是非、薮本市長も
   市会議員さんも
   三木市の幹部の方も

一度、直に『鈴木清美さんの話』を聞いてみてください。

2月26日のおは朝でテレビ放映もあります。

『ノヴァエネルギーが三木から出て行く前に』
三木は行動を起こすべきだと思って、このブログを書いています。
by rfuruya2 | 2010-02-23 06:21

『海流発電』 縦型の船を何千隻も造りませんか?

昨日は玉置邸に行って、その感想をこのブログでと、さるとるさんに約束したのですが、
『海流発電』が勝負の時期を迎えます。
『三木の宝物』が世界へ発信されます。
今週、鈴木さんは最終の詰めに韓国へ。
3月1日は、ある造船大手と懇談会。
3月8日は環境省のヒヤリング。通れば3月末には1億5千万円の補助金が。
4月早々には韓国から現物が到着します。

私が、6ヶ月ヨコから眺め、応援してきた『海流発電プロジェクト』はこのようなものです。何事もカンでスタートするのですが、このカンも当るかも知れません。
実現の可能性がでてきました。
私、独特の解釈ですが、三木の方にも是非お知らせしたくて、急遽予定を変えまた。





★大きなプロジェクトの動きは、なかなか難しくて、動きは目立たないものですが、
水面下では着々と前進しています。

『潮流、海流発電』

まだまだ、一般に知られていませんが、
先日来、読売新聞が取上げたりして、
ようやくマスコミの注目度も高まってきたのではと思っています。

一昨日はテレビ朝日が三木まで取材に来ました。
26日の朝、『おは朝』で放映されるそうです。


★この開発をしている『ノヴァエネルギー』は、NPO The Good Times の団体会員さんですので、
The Good Times のメンバーの人たちは、それぞれの立場で全力投球の応援体制をとっています。

ごく最近新しいカタログが完成しました。非常に立派なものに出来上がっています。それは
企業の基本理念、基本コンセプトが確りと確立されているからです。  それゆえに、私たちは応援しているのです。



★それがどんなものか?

カタログにあわせて、

ノヴァエネルギーのホームページも新しくなりました。

是非、じっくりとご覧下さい。


この機会に、素人ですが、
この6ヶ月ノヴァエネルギーさんを応援してきて得た知識から、 この事業についての 

『 私流の、私の意見を纏めておきます。』


★太陽光発電、風力発電などありますが、

原子力発電と同規模以上の発電量が望めるのは、 『海流発電』 だけです。
その小型が 『潮流発電』 です。

海流発電には、大手の造船会社の技術が『必須の条件』です。
これは、海に構造物を新たに造るプロジェクトではありません。
『縦長のただ浮くだけの機能の同じ形の船』を『何千隻も造ろう』というプロジェクトなのです。

『何年後かには受注が見込めない』などと言われている日本の造船業界にとって、
この海流発電は、非常に魅力のあるものになると思っています。
素人の私が見る限り、造船屋さんにとってはそんなに難しいプロジェクトではないと思います。

個別受注であった造船業界に量産事業のように、何千台の船や何万台の回転体の製造が見込める夢のような救世主プロジェクトです。
世界を相手にするなら、受注などの発想を超えて、バイクのような『見込み生産』が造船業界に生まれるかも知れません。

造船業界の方は、この私のブログを見逃しては、『福の神』が逃げてしまいます。



これは構造物ではありません。水深が100メートルもある縦型の船なのです。空荷のときの船のように海水をバラストにして縦に浮いているのです。


★私は、技術が解っているわけではありません。

ただ、『新しい事業』、『世の中で初めての仕組み』など、小さなことですが、カワサキの二輪事業の中で、数多く経験してきました。 新事業にかけては、ある意味専門家です。
約40年の会社での仕事は、『全てと言ってももいい』ほど、前任者など全くいない、引継ぎなど一切ない『新しい仕事ばかり』でした。

そんな経験からの『新しい事業展開のカン』で言うなら、
この『潮流、海流発電のプロジェクト』は実現の可能性の非常に高いプロジェクトです。


なぜなら、新しいよう見えますが、このプロジェクトは、
『既に世の中にある技術』を、『柔軟な新しい発想』で、『システムとして繋ぎ合せた』だけのものだと言えるでしょう。

そのベースには、大型船の船長として世界の海、世界の海流、潮流を知り、
且つ、船を知り尽くしている現場の船長さんの発想がベースで、
これは技術計算などが得意の例えば技術研究所の技術屋さんの頭脳からも生まれませんし、
造船の技術はよく解っていても、海自体を知らない造船の技術屋さんからも決して生まれない発想なのです。


★現場やその環境を知り尽くしている開発者の鈴木清美さんの発想は、非常に現実的で、
『開発ー製造ー建造ー維持、メンテナンス』など一連の事業展開を通じて、
どうすれば『安い電気が産める』かという1点に集約されています。
単に新しがり屋の開発者の発想ではありません。

船の船長で、世界の海流潮流を経験した経歴と海をよく知り、
それに構築物を建造しようという発想ではなくて、既に世のなかにいっぱいある船を縦長にしてそれを浮かべて碇で繋いで、実現しようという発想が基本です。

確かに、新しい分野ではあるのですが、使っている技術は別に新しい技術でなくて、造船技術をちょっとアレンジしたもので十分なのです。


★この事業を何か全く新しい事業のように思っている人がほとんどですが、そんなことはありません。
これは関空のように、新たに海に建造物を作ったりはしないのです。

海にめちゃくちや縦長の船を浮かべて、それに回転体を取り付けただけのものです。

ホームページでは『ブイ』と表現していますが、私は縦長のスクリューのない浮かんでいるだけの船といった方が解りやすいと思いました。

縦長の船を浮かべる発想は、船が積荷が空のときに水をバラストとして調整するのと同じ発想です。水をバラストとして使います。だから100メートルを越すタテ型の船が真直ぐに浮くのです。ブイというよりは船ですね。

船だから碇で繋ぐのです。船と同じように海に超縦長の船を浮かしているだけなのです。
回転体はそんなに早い回転ではありません。船のスクリューなどとは比較にならぬほどゆっくりしたものです。


★ホントに発電効率はいいのか?
夜や雨の日は発電しない太陽光発電(発電効率18%)
風が吹かぬと廻らない風力発電(発電効率12%)
に対して

黒潮を利用する『海流発電は発電効率100%』
潮流発電でも75%の発電効率です。

風力発電は回転で電気を生み出すのですから、海流で回転させても間違いなく24時間『発電するはずです。
電気の発電量の大小などそんなに大きな問題ではありません。風が吹かぬと発電しない風力発電とは違います。

『船の常識的な既にある技術』と『回転させたら発電する』というこれも既にある技術を
海流という地球が自転する限り、同じ方向に流れ続ける自然の流れを利用して、発電させようとするものです。

それは一つ一つはそんなに大きな発電量でなくても、海に数多く浮かべることで、原発以上の発電量を確保できるのです。
『場所をとる』 確かにそうですが、黒潮の流れの巾は100kmもあるそうですから、場所は幾らでもあると考えるべきです。
原発のように、土地代も、住民への補償も、発電した後の処理も、ややこしい話は何もないのです。

私が『素人の常識』でこの『潮流、海流発電』を分析すると、以上のようなことになります。
なまじっか技術の専門家は、オカシナ迷路にはまってしまうのです。
『これは120%実現可能な自然エネルギーによる電力発電です』

縦長の船が造れるか?
大きな回転体が造れるか?
回転すれば電気は発生するか?
太平洋で発生した電気を送れるか?


これの答えが Yes なら、このプロジェクトは実現可能です。
あとは『発電効率のいい回転体の形』の問題ですが、これは長年大学の先生方と研究してそこそこのレベルの結論が出ています。
勿論、もっといいものも将来考えられるでしょう。
それは、何事でも当然の話です。


★先日、鈴木清美さんは、東大の木下先生とご一緒に、

政府の『内閣官房総合海洋政策本部』の方との会合を持たれたようです。これはこの話に熱心な公明党のお膳立てと聞いていますが、こんな話はそれこそ『超党派』でやってほしいものです。『総合海洋政策本部長』は鳩山総理だとか。

ようやく、『潮流、海流発電』もそんなところで、話題に乗るようなレベルになりました。

民主党のこの地区が選挙区の衆議院議員高橋昭一さんは、以前からの『ノヴァエネルギー』の応援者ですし、NPO The Good Times の個人会員さんでもあります、1月17日の NPOの新年会にも出席されました。

今後の政府への繋ぎ役として、大いに期待をしています。
先日は鳩山総理とのこんな会話をツイッターで、つぶやいていました。

『鳩山総理と総理公邸で懇談。施政方針演説で大震災のことをお話くださったことへ感謝申し上げました。また、北海製作所さんのお名前も出して、鉄人28号について触れていただいたことにとても感激しておられたと伝えました。総理からは「本当に力強いですものねー」と(^^)/ 』

ここに名前の出た北海製作所もNPOの団体会員でもあり、同時にノヴァエネルギーの協力企業でもあります。

高橋さん、今度総理と話されるときは、是非、海流発電のこともお忘れなく。
何せ、鳩山さんは『海洋政策本部長』さんなのですから。よろしくお願いいたします。
by rfuruya2 | 2010-02-22 05:03

基礎体力のない人、ある人

★ひょんなことで、いつからか出会って最近は毎日ちゃんと読んでいるブログに、
鈴木宗男さんの『ムネオ日記』がある。

いなださんの応援に三木に来られたが、それとは特に関係はない。
もう少し前からである。

今まで持っていた『鈴木宗男のイメージ』と全然違ったブログの内容で、
その内容が常にどういえばいいのか
『まじめに』『まともに』『公平な視点で』正義感が強くでている書きっぷりで、
その独自の意見に賛成というよりも、意見を展開するその基本的な態度に共感しているのである。

今朝のブログは、2月20日(土)いつものように表題はない。

ご覧のように、新聞報道も1紙ではなく、各紙の論評を並べる。
簡単なようでこれはなかなか出来ないことである。
そういう『基礎の部分』が本当によく出来ていると思っている。

これは、決して難しいことではなくて誰でもやろうと思えばできるはずだが、
多分ちゃんとやれる人は100人に一人もいないだろう。
これは難しくはないが、手間はかかるし面倒である。



・ 読売新聞 起死回生「後半の3回転半」 高橋 攻めて「銅」
・ 朝日新聞 チーム高橋 総力 銅 フィギュア男子初メダル
・ 毎日新聞 高橋「誇り」の銅 男子フィギュア 日本初メダル
・ 産経新聞 男子フィギュア初 高橋「銅」 “険しい道” 大けが、リハビリ…「たどり着けてよかった」
・ 東京新聞 転倒乗り越えた表現力 高橋 銅 4回転「失敗しても立て直す練習してきた」
・ 北海道新聞 極めた演技力「銅」つかむ 高橋「まだ通過点」

私はコピーしただけだから、簡単だったが。


★今日『ムネオ日記』が取上げたのは、『沖縄普天間問題』である。
この問題については、かって沖縄を担当しただけに、独特の意見をお持ちである。
『アメリカへの回答などは急がずに、じっくり沖縄の民意を聞け』というスタンスを貫いている。

官房長官の沖縄問題の対応を取上げて、次のように言っている。

『普天間移設問題で、キャンプシュワブ陸上案が取りざたされているが、こうした機微な問題は表に出しては潰されてしまう。水面下でしっかり協議をして進めなくてはいけない。平野官房長官が政治家として今迄沖縄とどれ程向き合ってきたのか。
基礎体力のない人が動くと余計なエネルギーがかかってしまう。』

★最後の1行

『基礎体力のない人が動くと余計なエネルギーがかかってしまう』の
『基礎体力』
言わんとしていることは、よく解る。

確かに、世の中の全てのこと、『基礎体力』を作る日頃の努力が、その成果を分けることは多いものである。
by rfuruya2 | 2010-02-21 05:44

ツイッター

★gooのブログには、自動的に自分のつぶやきがブログになる機能がある。

ツイッター』というカテゴリーを作っている。


★休みの、暇つぶしにご覧になってみてください。
by rfuruya2 | 2010-02-20 05:36

今朝のいろんなブログなど、特別の想いで読みました。

★今日は、9の日、新しく『三木おもろいわ』で、『三木のブログ』というテーマで書く担当に新たになりました。
「私がやります」と手を上げたのですが、改めて考えてみると、どんなコンセプトで纏めていけばいいのか? なかなか難しい問題です。
昨日から、三木のブログ100以上読んでみました。

★そんなことで迎えた朝、今朝のブログはまた違った特別の想いで読みました。
何故か『読みでのある』ブログがいっぱいでした。

まず、昨日の私のブログのコメント。
ジーン景虎さんとさるとるさんがコメントをくれました。
特にジーン景虎さんのコメントの一部は、こんなものでした。

『rfuruyaさんから見れば、
私は、さるとる氏のようにアクティブに動いていないから、
ため息ものかもしれませんが、
実のところ、昔も今も私の信念はぼちぼち息長くです。』


★そんなことはありません。世の中には『異種、異質』の人たちがいるから面白いのです。
どうも日本人は同種で群れたがるので、縦型になり、その群れの利権に繋がって行くのだと思っています。
『異種、異質の連携』の方が数段面白いと思っています。

実は、最初に書いた『三木のブログ』で一番最初に取上げようとしたのは、
2005年からスタートし、『三木市』というカテゴリーだけでも378もある、
はばカフェin三木』というジーン景虎さんのブログだったのです。
が、確かに『ぼちぼち息長く』で『三木おもろいわ』の「おもろいわ」とどのように繋げるのか?  と迷っていました。

私が知る限り三木で一番早くからスタートしているブログです。

結局、こんなブログをアップしました
『三木おもろいわ』2,3日前からアクセス急増です。


★今朝のブログ、
どうぶつのつぶや記』が再開されてほっとしました。
書けなかった気持ちよく解ります。
今朝のブログ『ぼっけもんの修さん』を取上げてくれています。

ぼっけもん修さん、神戸市の職員さんですが、NPOの仲間ですし、今年は一緒に神戸フルーツフラワーパークで『模型船のイベント』を立ち上げます。4月24日が第1回です。ブログもツイッターもバイクもみんな仲間です。

★やまかずさん
教育論を熱く語っています。100%賛成です。

★これはツイッターですが、高橋昭一さんが鳩山さんに繋いでくれました。

『鳩山総理と総理公邸で懇談。施政方針演説で大震災のことをお話くださったことへ感謝申し上げました。また、北海製作所さんのお名前も出して、鉄人28号について触れていただいたことにとても感激しておられたと伝えました。総理からは「本当に力強いですものねー」と』
とつぶやかれましたので、

QT以下の通り、私がお礼をつぶやいたら、
『たのみますー』とまた返事がありました。

『たのみますー(^^) QT @rfuruya1 高橋さんありがとうございました。北海製作所の山崎さんにはその旨伝えておきます。ツイッターいいですね。 』
約12時間前 webで

★ツイッターはこんな風に繋がります。
三木の中、我々の仲間は繋がっていますが、もっと中枢の人がやればいいのにと思います。


★そのほかのブログ、みんな力作でした。

ローバーさん
さるとるさん
kwakkyさん


私はこの2日間カワサキの旧い友達が連続して三木のカバン屋さんを訪ねてくれました。
それはこちらと  
こちらです


昨日は、私のブレーンを40年以上も、勿論今も務めてくれている佐々木さん。

カバン屋さんは朝からこんなつぶやきを

『 @rfuruya1 さん、おはようございます。昨日も本当に楽しかったですし、勉強になりましたし・・RIMOWAも沢山売れました(笑)♪ 月木さんと言い、佐々木さんといい・・世間には凄い方が沢山いらっしゃいますね! 私も頑張ります♪ 』
by rfuruya2 | 2010-02-19 07:04