雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

来年の目標、『新しい公共』

私の今年の10大ニュースはこちらです

いろんなことがありましたが、総じて私の喜寿の年はいい年でした。

そんな中で、来年に繋がり、来年の新たな目標にしたいと思っているのは、
10大ニュースの最後に上げた 『新しい公共』です。

昨年6月に立ち上げた、
従来のNPOのイメージとは差別化した、『人を繋ぐシステム』そのものという、ちょっと変わったNPO The Good Timesですが、
1年半を経過して何とかその形が見えてきました。


★このNPOを立ち上げる決心は、
三木市の主宰した『夢塾』のNPOの講習会の講義を聞いている、その教室の中でした。

●従来の小学校の数より多いと言われる日本のNPOと差別化した、
全国に、世界に展開できるものが出来るか?

●かって20年以上も前に、カワサキのバイクのユーザー55000人を繋いだ、
ユーザークラブKAZE』のコンセプト、その『ソフト、ノウハウ』が使えるか?

●ほとんどのNPOが頼る行政や、企業からの寄付、援助を
一切受けずに展開できるか?

●いろんなことで繋がっている三木の人たちとも
一緒にやれるか?


これらの条件を、その場で考えて2,3先生に質問したのですが、
その答えから『これは出来る』と判断して、その場で設立を決めました。

ネーミングは、
Kawasaki が世界に展開するコンセプト 『The Good Times 』

昨年の1月末でした。最短期間で6月に設立し、ちょうど1年半が経ちました。


★現在、『全国50グループ、個人会員1000人の規模』
これは、ちょうど20年前、カワサキのユーザ-クラブKAZEをスタートしようとした時点とよく似ています。
その時点がちょうど1000人でした。
KAZE はその後、55000人の規模になり現在も、4メーカーの中でただ一つ存続しています。
c0107149_791865.jpg

これは、我が家に送られてきたKAZEの機関紙最新号です。
私は今でもKAZEの現役会員です。

そのころのソフト会社 『株、ケイスポーツシステム』を担当したソフト、ノウハウを持った仲間たちが、このNPOに集まっています。
c0107149_718749.jpg

この会員カードを創ってくれたのは、この機関誌をつくっている、もう50年も付き合っている仲間です。

KAZEは、1000人が2年も経たぬうちに55000人になりました。
The Good Timesも、10人でスタートしましたが、1年半で1000人になりました。

KAZEはカワサキ限定ですが、このNPOは世界全方位でOKです。
1万人も10万人も100万人も可能なのです。


★『NPO 法人The Good Times 』は
インターネットをベースにしたシステムそのものです


NPO自体は何もしません。会員の募集も、その活動も会員さん次第です。
来年1万人はそんなに難しい目標ではないのかも知れません。
別に数は目標ではないのですが、数は力であることは間違いありません。

NPO The Good Times の公式ツイッターのフォロワーは11万人になりました。
フォロー数は、全国5位というこんなデ―ターもあります。

●単なる計算ですが
1万人集めると、1000円*10000=1000万円です。

使っているものは原則ネットばかりですから全て無料、NPOの経費は1カ月5000円しか掛りませんので、若し1000万円も集まると、殆ど余ってしまいます。

粗っぽく言えば、『殆ど集めてくれた人に活動費としてに戻そう』という、行政のように活動費の援助が出来るNPOなのです。

『新しい公共』が目指せる所以です。


★来年は、
ボランタリー活動プラザみき』や『e-音楽@みき』などと一緒に具体的な活動展開を企図しています。
『市民が主役』『市民目線』『NPOとの協働』などと三木市も言っておられます。

カワサキの仲間たちも、関東地区でも具体的な動きがあります。
国会議員も、県会議員も、市会議員もメンバーにおられます。

NPO The Good Times の仕組みは『新しい公共』に十分耐えうるシステムに仕上がっています。

夢みたいな話ですが、可能性は十分なのです。
そんな夢みたいなことを思っている、今年の年末です。
by rfuruya2 | 2010-12-30 08:13

今年も残り2日になりました

★今年も残り2日になりました。

今年1年を何となく振り返りながら、来年に想いを馳せる年越しの今頃。
毎年同じような繰り返しですが、

今年の想いは、正直、種々雑多、それこそいろいろです。

●今年は喜寿でした。来年はまたひとつ歳を重ねます。
11月から、喪中のはがきを何枚か頂きました。
年賀状と喪中のはがきだけのやりとりであった仲間に特別の想いがこの年末にはありました。

体力年齢41歳などと威張っていても、ダメになるところは確実にダメになります。
昨日は白内障の手術の事前検査に行きました。
c0107149_622116.jpg

門松が飾られた病院の玄関です。来年1月中旬に手術をします。
かすんだ目が元に戻ったら、もう一度ゴルフをちゃんとやろうか?
などと思っていますが、エイジシュート出来たらかっこいいですね。

出来る、出来ぬは別にして『届かぬ夢』であったものが、『可能性』だけですが、近づいてきます。

●去年の今頃は、市長選挙でした。三木に来て37年、初めて市長選挙に投票しました。
三木の市政など、全くの無関心だったのですが、今年は何となく関心を持って眺めていました。
最近になって、少し関心が出てきています。。
『百条委員会』での薮本さんがどうなるのか?
来年の4月の市会議員の選挙にも前回は全く知らなかった、市会議員さんですが、
今回はNPO The Good Times の会員さんが多分5人も立候補されますので、無関心ではおれません。

●今年の三木は『議員定数の削減』や『市議会改革』など言われてきました。
よくは解りませんが、
市会議員の活動は全般に「駄目ですね」 数を減らせと言う声が出るのも解ります。
大体、年配者が多すぎます。 年寄りが悪いとは言いませんが、発想が旧すぎてどうにもなりません。
でもこれは、『薮本さん』にも同じようにも言えます。

●大西ひできさんが、ブログで
『まちの種』を紹介されていました
これを見る限り、地方の時代などといいますが、そのレベルはまだまだ低いとおもいます。
三木市は、大西ひでき、もて木みち子、米田和彦さんが載っています
このほかに、山田和広さん、草間とおるさんと仲間が立候補されるようですが、
草間さんにもぜひ情報発信をとお勧めしています。(さんさんまつりは団体会員さんなのですが、今ホームページ修正中です)

いまどき、情報発信しない議員など、それだけで議員の資格がないと思います。



★今年はNPO The Good Times も2年目になりましたがいろんなことがありました。
 来年も、頑張りたいと思います。

具体的に、今思っていることなど、大晦日に纏めたいと思っています。
by rfuruya2 | 2010-12-30 06:07

ちょっと気分いい昔話を

★2,3日、あまり面白くない三木の話が続いたので、

今朝は気分を変えて『ちょっと気分いい昔話を』。

今朝の、gooはビックリするほどのアクセスでした。
モトクロスファンならご存知の、『ダートヌポーツ』に

昨日の雑感日記と60おじさんのブログが、二つ並んで紹介されたのです


★TeamYRS ダーヌポにNPOでお世話になっている@rfuruya1さんと@motoyrs_spl( 私の親父)のブログが紹介されている。いくつになっても親父は追い越せないなぁ。 http://www.dirnupo.org/?p=15354

TeamYRS のツイッターのつぶやきですが、YRSとは加古川にある60おじさんの息子さんのお店です。
バイクではなくて、こちらは自転車ですが、日本でもトップレベルだと思います。

ダウンヒル競技チーム(Team IKUZAWA)生沢徹が現在やってる日本で一番のチームのメカニックなどもやっているとか。
それでも親父は抜けてないのですかね。


★ちょっと脱線しましたが、
私のブログは、読んでいただくとして、
60おじさんこと山本隆君が素晴らしい写真の数々と解説をしてくれていますが

思い出しながら、私なりの解説をしてみたいと思います。
このブログ、実は自分自身のために、纏めています。

c0107149_7212498.jpg

1988年10月1日、私は3回目の国内担当(KMJ専務)を命じられました。
一番最初にやった仕事が、このOB会です。
10月15日芦屋の竹園旅館で会社負担で、会社の行事として行いました。
社長を兼務されていた高橋鉄郎さんに、7万台を国内で売ると約束しての国内担当でした。
もうひとつ元気のなかった国内市場でしたが、カワサキの単車事業を始めたころの仲間を集めて、当時を思い出してレースもちゃんとやると言う『私流の決意表明』であったと思います。

KMJ主催ですが、KMJからの出席者は、私とthiraiさん(平井稔男)さん、それに写真には、写っていませんが広報の小林君だけ、たぶんこの写真もどこか雑誌社の写真です。
殆どのレース関係者がいますが、故安藤吉郎さんと百合草さんがアメリカで参加出来ていません。後は殆どフルメンバーです。

このメンバーのほとんどが、今のNPO The Good Times のメンバーでもあります。
高橋鉄郎さんは相談役、60おじさんとthiraiさんは理事さんです。
c0107149_7215474.jpg

これはロードレース関係のライダーたちですが、60おじさんが大きな顔して入っています。
彼は確かに、カワサキで、初めて鈴鹿を走った男です。何故かthiraiさんもいます。
team green 監督という立場でしょうか。
c0107149_7221311.jpg

このときは、OBライダーとしては、星野一義と清原明彦が末席でした。
来年3月4日、thiraiさんが計画している『カワサキの思い出と未来』にはこれらライダーが集まると思いますが、
星野や清原はメインゲストです。
c0107149_7253264.jpg

これはレース場での写真、伊豆丸の山高原、東京オリンピック開会式の当日です。
当時のレースチームはヘリコプターを持っていました。

『そこで私も秘蔵の写真を公開致します。
その大会にカワサキのヘリコプターKH-4でミス修善寺が飛来大会会長の新井広武氏に花束贈呈のスナップです。』
と山本君は書いています。私は忘れていましたが。

MCFAJ全日本モトクロス90cc、オープン、125ccとカワサキは4種目中3種目に優勝しました。
125ccメーカー選手権を制したのが60おじさん山本隆君です。
久保、荒井、三吉のMX御三家を抜いての優勝でした。マシンは125ツインエンジン。
c0107149_7254563.jpg

60おじさん、わかいですね。足も結構長いのに、今は縮んでしまったのですかね。
腰もちゃんのしている好青年です。
私が彼に対していつまでもエラそうに言えるのは、彼の仲人を務めたからです。
弱冠31歳の何とも頼りない仲人でしたが、仲人であったことは厳然たる事実です。
c0107149_7251452.jpg

MFJ第2回日本グランプリ、名古屋東山のコースを走るカワサキ125ccツインレーサーに乗る山本隆君です。
当時赤『タンクのカワサキ』と言われていました。

MFJ日本グランプリは、第2回から第5回までは全て現場で見たのですが、
この大会は、星野一義のノ―ビスでの全日本デビュー戦でもありました。
125ccは、歳森康師が途中までぶっちぎっていて、そのあとも5位くらいまで全てカワサキで、その後ろに荒井市次がいて楽勝と思っていたのに、歳森のマシンがプラグミスで止まってしまい、荒井がその気になって1週ごとに一人づつ抜かれて、結局優勝は荒井、2位から4位までカワサキでした。

私はそんなに、レースのことを解ってはいないのですが、
一番速かったライダーは、歳森康師ではなかったかと思っています。
金谷秀夫をロードの世界に、星野一義を4輪の世界に引っ張ったのも歳森ですが、4輪でも速かったのに目を悪くして引退してしまいました。運がなかったのかも知れません。
c0107149_7261659.jpg
c0107149_7263285.jpg

この2枚の写真は、たぶん加古川の河原での写真だと思います。
当時のモトクロスの練習場所は、もっぱら加古川の河原でした。
河川敷などという整備された今の風景とは、ちょっと一味変わっていて、モトクロスレースなども全国いたるところで、河原で行われていました。

1枚目は、広報の写真だと思いますが、
2枚目は、右から歳森康師、星野一義、山本隆  です。
山本のヘルメットには、神戸木ノ実のマークが、歳森は練習用のヘルメットでしょうか、
後に星野も神戸木ノ実に移るのですが。
このときのヘルメットのマークは懐かしい『カワサキコンバット』のモノです。

当時のカワサキを代表するクラブチームは、三橋実率いる厚木のカワサキコンバットでした。

ちなみに、神戸木ノ実は、創立50周年を迎えます、
来年1月29日、グリーンピア三木で、その祝う会が行われますが、私も出席でご返事しています。
その主宰者は今三木に住む片山義美さん、発起人は金谷、清原、杉尾などのみんな仲間たちです。
c0107149_7265286.jpg

これは第4回MFJ日本グランプリ、郡山の自衛隊演習場を舞台に行われました。
その時のレース後の福島オートでの記念写真です。

その年からレースを離れて、初めての営業で仙台にいました。福島オートも担当代理店でした。
MFJの山田事務局長に頼まれて、福島オートの故中西社長と一緒に自衛隊に土地借用のお願いに行きました。正門まで丁寧に出迎えを受けて、交渉やお願いなど何もなくOKでした。
中西さんは陸軍士官学校出身の大先輩ですから、何の問題もなかったのだと思います。

その年のレースは、カワサキはF21M、ヤマハのDT1のデビュー戦でした。
勿論、現場には行きましたが、レースが終わって仙台に戻ったのだと思います。
懐かしい顔ぶればかりですが、私は入っていません。
c0107149_7232254.jpg

c0107149_7273953.jpg

この2枚は、翌年1968年の北海道札幌の手稲で開かれた、
第5回日本グランプリの写真です。
仙台での営業2年目、東北と北海道の代理店の合同ミーテングを企画して、東北の代理店も引き連れて、札幌に行きました。
仙台の所員も全員出席するために、4人車で仙台から札幌まで1000キロ走行、下北半島の先っぽ大間からフェリーでした。

レースは山本隆、星野一義の全盛時です。
2レースとも山本、星野と続いています、

私が色濃くレースに関係したのは、実際に担当した3年間、
そしてそのあと東北、北海道と続いたこの5年間だと思います。
バイクの世界にいたこと、とりわけレースの世界にいたことが、今にして思えば人生の宝のような気がします。
c0107149_7275297.jpg

最後の写真は、
今でも三木アネックスパークでのヴィンテージモトクロスなどで、往年の華麗なライデイングを見せてくれる『60おじさん』ですが、

日頃は、むしろブログや、ツイッターでお会いしていますし、月に1度はNPO The Good Times の理事会でお会いしています。

彼のライデングの特徴は、鋭さでも速さでもなくて、いつどんな写真を撮っても柔軟で綺麗なところだと思います。
モトクロスだけでなく、ロードレースやトライアルにも大いに興味関心を示しているのですが、

それだけでなく『ため池』や『町内会会長』などもこなしたり、
NPO THe Good Times の理事さんも、二つ返事で引き受けてくれる、いい60おじさんです。

もう本当は65になってるのですが。
確かに、息子さんも立派なのですが、

『いくつになっても親父は追い越せないなぁ。』とぼやく気持ちはよく解ります。
by rfuruya2 | 2010-12-29 06:01

三木を本当に変えねばならない

★来年は市会議員選挙ですが、
『三木を変えねばならない』と薮本チルドレンのひとたちもそう言っていました。

その薮本体制に批判的な人たちも、
『三木を本当に変えねばならない』と思っているようです。
私も何となく、そう思っています。

どのような方法で? 
よく解っていませんが、なんとなく可能性がでてきたような気もします。

要は、『本当に真剣にそれを思う人が増えること』が一番です。

ただの一市民の私に、大きな力などありませんが、
『誰かが動いたら』、それを強力にサポートすることは可能です。



★『三木の市議大西ひできさんのブログです。大西さんは本当にいい方なのに、今回は怒らせてしまいました、三木市長薮本さんとそれを支持しているごく一部の人への怒りです。一般の市民はそれが解らないのだと思います。http://blog.goo.ne.jp/mituda_1965 』


これは私が昨日、ツイッターで全国に流した『つぶやき』です。
全国、11万人に向かって流れました
『三木の百条委員会』のこと、これが口コミで、流れるようになればと思っています。


★昨日の私のブログ、沢山のアクセスがありました。

もて木さんや、さるとるさんがリンクを貼って頂いたからだと思います。

樋渡さんのあのブログは、2007年2月のブログでした。
私はよく覚えていたのですが、今ブログをよくご覧になる方も、三木でブログを発信されている方もも、ひょっとしたら初めてご覧になったのかも知れません。

調べてみたら、大西さんも、やまかずさんも、もて木さんも、まだブログをおやりでなかった時代です。
ブログdeみっきぃや、薮本さんのブログ、三木市役所の部長ブログが一斉に立ち上がったころです。

そういう意味では、武雄の樋渡さんの影響で、
三木には『独特のブログ文化、ネット文化』が生まれたのかも知れません。
三木のブログ、あちこちで繋がっているのが特徴です。
他の市のブログとは差別化された独特のものだと思っています。


★そのころは、やる気のあった薮本さんですが、今は豹変しています。
豹変したのではなく、『化けの皮が剥がれた』のかも知れません。
私が、薮本さんを一生懸命応援していたころも、三木市の市長室スタッフの薮本さんを見る目は、冷やかだったのを思い出します。

口先の言葉だけの先行が、ダメだと思います。
今の薮本さんのどこに『市民目線』などあるのですか? 
市民に事業評価をしてもらったとか、『三木を元気にし隊』に参加してもらったなどの、『表面的なゴマカシ』だけなのですが、一般の市民の方はそれに騙されてしまうのですね。

その辺の戦略だけは、『したたか』なのは認めます。
薮本さんは善良な市民は簡単にだませると思っているのです。それが市民に接するときのあの笑顔と、米つきバッタの態度です。


★別に、三木を変える方法は、選挙だけではありません。

さるとるさんは、今朝のブログで『口コミ』について言っています。

『百条委員会??って何だ』と私も思っていたのですが、これは全国共通に『百条委員会は』存在するのです。
このテーマは、今の三木の行政の縮図みたいなものです。

今後、三木市民の関心事になるのか?
大いに関心を持って、その推移を見ていきたいと思います。




★文句ばっかり言っていてもダメですから、
来年は、三木市社会福祉協議会やe-音楽@みきなどNPO The Good Times の仲間たちと一緒に
『新しい公共』という大きな課題目標に向かって、頑張ってみたいと思っています。

NPO The Good Times も設立以来1年半経ちました。
全国50グループ、1000人を超す規模にまでなりましたが、キーはその活動実績です。
今までもいろんな事を会員さんはチャレンジされました。
来年は春から、具体的に目白押しです。

『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しい時を過ごそう』
NPO The Good TImes の会員のみなさんがたの来年の活動を期待したいと思います。

NPO支援は、三木市も特集まで組んでの旗揚げですから
市民協働課も言うだけでなくて、『市民目線』でホントに協働頂けたらと期待しています。
by rfuruya2 | 2010-12-28 06:15

武雄の樋渡さんと三木の薮本さん

c0107149_6363355.jpg

★もう何年前になるのでしょうか?

武雄市長物語に登場した、樋渡さんと薮本さんの写真です。
ブログの中では、薮本さんをべたほめです

そして、なぜ出会えたのか? その理由もわざわざブログにアップして頂きました

そして、その年の5月、三木で樋渡さんにお会いすることができました。


★それから、4年の歳月が流れようとしています。
あのころは、私もお二人を応援していたのですが、ーーー今はーー。

昨日は樋渡さん、
フジテレビの『新報道2001MAX』の記念すべき第1回の放送で、
大阪の橋下さんとともに、主役を演じられました
c0107149_712630.jpg


薮本さんと樋渡さん。
お二人を知った時期も、お二人が市長を務められた期間も、みんな同じです。
私は、薮本さんを知ったお陰で、樋渡さんとも出会いました。

ただ、どうして今はこんなに差がついてしまったのでしょうか?

『武雄』と『三木』それぞれの地域に掛ける『愛情、情熱の差』が基本的に有るのだと思います。
薮本さんの最大の関心事は、ご自身の選挙の得票、選挙運動が最大の関心事のような市政です。

口先で言われる響きのいい言葉と、実際の行動との差がありすぎます。
『市民目線』『情報戦略』『仕組みの構築』
どこにもないものを、『有るように』言ってはいけません。
今の三木に、上の3つなど、そのカケラもありません。

目につくのは『また市長選挙ですか?』と思わせるようなポスターばかりです。
選挙違反ではないのでしょうが、『日本一美しいまちをめざす三木』には、ふさわしくない光景です。
『チルドレン』よりは本当はご自身の名前を売りたいのでは?
と思ってしまいます。


★世のなか、『民意』などとよく言われますが、
地域の市政などに、関心のある、ホントのことが解っている市民の方は、殆どおられないのでは?
などと思ってしまいます。

薮本さんのことも、こんな有名になっている樋渡さんのことも、
知っている方は、少数派なのでしょう。

でも、リーダーの方は、リーダーらしく
『自らの想いを持って』
『その理念を明確にして』
『日々、情報発信に努め』
市民を引っ張って欲しいと思うのですが、

樋渡さんにそれはあっても、薮本さんにそれが見えないのは残念です。

樋渡さんに、あれほど褒められた薮本さんは、どこに行ってしまったのか?

樋渡さんや、私が、騙されていたのでしょうか?

いま、薮本さんを応援なさっている方は、どう思っておられるのでしょうか?



★不思議なことに、情報発信するのは、薮本さんの批判派ばかりです。
唯一、ブログを持っておられる泉雄太君、頑張ってください
あなたも、薮本さんのように、ブログ止めてしまうのでは、と心配しています。

最近、大西ひできさん、ホントに怒ってしまいました
ここに書かれていることの方が本当のように思うのですがーーー。
薮本さんを支援の現役の議員の方も自らの意見を堂々と発表されるべきです。


三木の市民は心配しなくとも、結構元気なのですが、
元気のない三木市政がこのままの姿で、10年も続いたのではーーーと思ってしまいます。

『元気にし隊』のは『三木』ではなくて『三木の行政』です。
そして『美しい行政』であることを願っています。


昨日の『新報道2001MAX』を見て改めて、4年前を思い出しました。
薮本さん、4年前はまだ良かったと思います。
それとも、私が騙されていたのでしょうか?
by rfuruya2 | 2010-12-27 06:34

武雄の樋渡さん。

★今朝の『武雄市長物語』

今朝7時からスタートする『新報道2001MAX』に樋渡さん出演のようです。


26日の「新報道2001MAX」。
2時間に拡大したスペシャル版で放送。
ニッポン復活のため、地方を元気にするにはどうすれば良いのか、徹底討論する。
スペシャルゲストは、地方コンサート3800回以上を数えるという、さだ まさしさん。
その他ゲストに、
民主党・渡辺周選対本部長、
橋下 徹 大阪府知事、
溝畑 宏 観光庁長官、
樋渡 啓祐 佐賀県武雄市長、
木村 俊昭 農水大臣官房政策課企画官、
石黒不二代 ネットイヤーグループ社長。

とある。


★樋渡さん、すごいですね。
武雄はいいですね。

三木の薮本さんも、頑張って貰わぬと。任期は、ちょうど同じ5年です。
1年目に、ちゃんと何度も市長メールでご紹介して? 
一時は人事交流するまでに、三木と武雄は繋がったのに、これも止めてしまいました。

今三木で、武雄と、樋渡さんと繋がってるのは、今は市民レベルだけです。
さるとるさんのブログに、コメント来たりしますが。


★今朝7時からどんな発言になるのでしょう?

●『地方院』という言葉出るでしょうか?


今6時36分、ツイッターで流すすので、一端ここで切ります。




★今8時53分。テレビ見終わりました。

薮本さん、この番組
ご覧になったでしょうか?

大阪の橋下さんと、武雄の樋渡さん、が主役のような番組に見えました。
官僚を止めてサッカーやってたのに、環境庁長官にスカウトされた溝畑さんも良かったです。

とにかく、『やってから考える。』
やれない理由を並べてばかりいる、従来のお役所はダメだとこの方たちは、口を揃えて言われました。

私もそう思います。
コンセプトさえ確認したら、
『あとは、走りながら考える方が、いい案が生まれます。』


やはり『リーダーだな』とも思いました。

『リーダーになってはいけない人』が、
リーダーの地位についていることが多い日本、これを変える必要がありますね。

菅さんもそうでした。他にも思い当たる方は、いろいろとーーー。



★この番組の感想、明日のgooのブログに、纏めます。
by rfuruya2 | 2010-12-26 06:17

今年も残り少なくなりました

★今年も残り少なくなりました。1年経つのは早いものです。

いろんなところで10大ニュースなど集められています。
私自身の10大ニュースと言ったら何だろう。

10大ニュースではないのですが、

一言で言って、『今年もいい年』であったと思います。


★1月に三木市長選挙がありました。

『いなだ三郎さんに会えたこと』
これはなかなか良かったと思っています。
ひょとしたら三木市長になるかも、などと思って言っているのではありません。
c0107149_1118938.jpg

写真の真ん中は、今は三木の住人、世界のと名のつく名ライダー片山義美君です。
名門神戸木ノ実レーシング主宰者で、来年1月29日、グリーンピア三木で、
『創立50周年を祝う会』を発起人代表金谷秀夫、清原明彦、杉尾良文などの名ライダーが。
私も出席ですが、この写真の3人も、発起人たちもみんなNPOのメンバーです。

文字通り豊かな人脈をお持ちですし、いろんな方に出会えました。
何よりもほんわか人柄がいいですね
三木はがんらい、『ほんわか』した方が似合います。

昨日は、『100条委員会のこと』書きましたが、こんなのはイヤですね。
少なくとも。『goodtime』ではありません。


★『わが人生にカワサキあり』
改めてカワサキとの絆を、感じた1年でもありました。
c0107149_7492195.jpg

1月、こんなカワサキファクトリのライダーたちとのOB会から今年がスタートしました。
50年前は、ただのやんちゃな仲間だったのですが、
世界の――とか、日本のーーをつけて名前が呼ばれるようになったり、
川重の社長や、副社長になったり、みんなそれぞれにご出世ですが、
今でも50年前と同じように付き合えるのがいいですね。
全員がNPO The Good Times のメンバーです。



★来年は、1月27日には、NPOの新年会
3月4日には、『カワサキの思い出、そして未来』と銘打って
明石工場見学、2次会つきのパ―テ―、翌日カワサキワールドと会費2万円のイベントですが、全国からのNPO The Good Timesのカワサキファンとの交流会です。


NPOのメンバーなら参加資格ありです。工場見学だけは先着50名で打ち切りですがーーー。
thirai さんの兵庫メグロ友の会の主催ですが、NPOの団体会員さんが多数協賛します。
鈴鹿8耐で9年連続歌っているこんな歌手からの参加希望もあるとか。
e-音楽@みき からの参加もあればいいですね。
とにかく賑やかに楽しくいきたいものです。




★今年1年、やはりNPO関連のニュースが圧倒的です。

『昨年来応援してきた潮流発電』はもうわれわれが広報応援するレベルを超えました。
今は具体的な事業展開の実務主体です。いろいろ苦労も多いようですがーーー。

『情報発信力の強化』を目標に進めたツイッターのフォロワー10万人の目標も達成できて
今は11万人になりました。兵庫県ではトップです。
c0107149_9184512.jpg


『古代の窯のプロジェクト』も去年に続いて三木市特別支援学校の子供たちと一緒に楽しく出来ましたし、吉川での春の田植え、秋の稲刈り、緑が丘と吉川の子供たちが繋がりました。
『三木市社会福祉協議会』や『三木労音のe-音楽@みき』なども、秋には仲間に加わって、
『新しい公共としての歩みの一歩』を来年は具体的に踏み出そうとしています。

『もし三木市が協働されるなら』、大いに歓迎です。


★設立以来、1年半。 50団体、カワサキと三木とのコラボ10人でスタートしましたが、1000人の規模になりましたが、
そのちょうど10倍、10000人ぐらいを目標に、現在の会員さんに頑張って欲しいと思います。

NPO The Good Times はシステムそのものですから、NPO自体は何もしません。
参加の会員さんが、やりたいことを、お手伝いするいい仕組みを創ることが仕事です。

今年は、
ツイッター

The Good Times Tumblr が出来ました。

●こんなe-音楽@みき のTumblr も出来ています。

日本の最先端のシステムで、展開します。
数も、解りやすい目標ではありますが、何事も『質』の方がより重要なテーマです。
『三木のイメージの高質化』
『NPO The Good Times の高質化』

異種、異質な会員さんが、それぞれに堂々と胸を脹れる、そんな活動を来年も展開します。
by rfuruya2 | 2010-12-25 07:36

百条委員会??

★今三木の市議会に、
『百条委員会』なるものが設定されています。

本件、議会での質疑も実際に見たのですが、よく解りませんでした。



★ブログや、ネットで、私が見た情報を集めてみます。


●最初に、この問題らしきものを取り上げたのは、
米田和彦さんの『秘密会』でした
彼は一見大人しくて、頼りないようにも見えるのですが、なかなかの正義感はあると私は思っています。彼の発言は信じてあげたいと、いつもそう思ってブログなど読んでいます。

●そんなによく解らなかった『秘密会』という言葉も、その内容も、議会で審議されました。
傍聴していましたので、それが『人権問題だ』と言うことは解りましたし、市長や市側のトップの人権問題に対する態度についての議論だと言うことも解りました。

●その後、百条委員会について、もて木さんが
そのブログで議会の事など報告されていますが、
『百条って何だ?』というブログでコメントされています。

★このブログの中で取り上げられているのが、
市のホームページに掲載された、『市長のコメント』です

これを初めて読まれても、よく解らないと思いますが、

このコメントが極めて感情的であること、まるで喧嘩だと言うことだけはよく解ります。
選挙の事にまで及んでいるのは、
如何に『薮本さんが「選挙にだけ」は熱心なのか』が現れているのかも知れません。


★そのあと。大西ひできさんが、ブログに提出された嘆願書なども公開されましたので、
このブログでも、リンクしましたが、
理由を書かれて、消去されましたので、このブログからも消去しました。

大西さんは、本件力が入っています。是非ブログをお読みください



★かって、大西さんは、市長派と言われていました。
そのころは、薮本さんを応援される人たちも、私の周辺でいっぱいおられましたし、私もその一人でした。
一番近くにいた『大西ひでき』さんなのに、今なぜこのようになったのでしょうか?

薮本さんと、ご一緒にポスターに収まる『チルドレン』と言われる方たちは、本件にどのような感想をお持ちなのでしょうか?

ポスター貼り』というブログをアップされている泉雄太くんも
本件についての感想、お考えでもブログに書かれて公開されてはと思います。
あなたのブログのテーマは、『今、三木市について思うこと』なのですから。
若い人が市政に出られることはいいことだと思っています。
ただ、ちゃんとした意見をお持ちなのかどうかが知りたいだけなのです。


★薮本さんが、おやりになることが全てダメだなどと言っているのではないのですが、
本件などの対応は、
薮本さんの一番問題の『冷静な判断ができない』感情的な面が表に出てしまっています。
それを直されない限り、役所の職員もついていかないと思います。

もう少し、理論的に、冷静に対応されるべきだと思いますし、
薮本さんを支持されておられる後援会などの方々も、注意されたらと思うのですがーーー。


★『日本一美しいまちをめざす三木』の市長は、
常に美しい心と態度を持って欲しいと思います。

『美しい』という意味を、もう一度辞書で確りと引いてみて欲しいと思います。
私は、今でも三木を『日本一美しいまち』するという、三木市のコンセプトに共感し、
当時、薮本さんも『市長表彰された』
『みっきいふるさとふれあい公園』のコンセプトを応援し、実行しているのですがーーー。

肝心の市長さんの態度は、どう見ても『美しい』とは思えません。残念です。
by rfuruya2 | 2010-12-24 06:53

異種、異質なNPO The Good Times の仲間たち

c0107149_12595148.jpg

DENICO さんから、こんな可愛いオーナメントを贈って頂きました。

kwakkyさん、 Terryにもおそろいで と書かれてありますので、お二人にももう届いていることでしょう。

DENICOさんは、こんなユニークな活動をされているアーチストです
有難うございました。来年もまたよろしく。

NPO The Good Times は異種、異質な方たちの集まりです
全国で、全世界で、もう1000人は超えたと思います。

その中には勿論女性も沢山おられるのですが、私が思い出す方をちょっとご紹介してみます。
どうしても、ネットをおやりの方が、目立つのですが、
ネットの方たちとは、毎日出会っています。

●まず『こゆりさん』

三木ご出身のイラストレーターです。
kawakkyさんのブログにも登場しますし、さるとるさんは、ご自身のキャラクターを創って貰って、ご機嫌です。

赤穂の『かわい子ちゃん

三木との関係もいろいろあります。みきJCの研修会でご一緒しました。
赤穂の商店街の会長さんでもあります。『キャンドルナイト』なども主宰されています。

●女性ライダー、レーサーの『ねこ』さん

thiraiさんとは旧いお付き合いのようで、
来年3月4日に、thirai さんが企画している
カワサキの思い出、そして未来』と称するこんなイベントを積極的にフォローされています。

NPO The Good Times も後援の会員さんだけが参加資格のある、参加費20000円という
豪華イベントですが、多分100人以上のメンバーが全国から集まる大盛会になるでしょう。
来年1月10日、正式発表です。


●しょっちゅうご紹介している『もて木さん』も
ボランタリ活動プラザみきの『坂本さんも』も女性メンバーですが、

ネットはおやりにならないので、ご紹介が難しいのですが、
元三木市教育長の『井本先生』
衆議院議員高橋昭一さんの女性秘書『中村さん』
川崎重工業の神戸広報担当の『アツコさん』
いなだ三郎さんの『神さん』&『お嬢さん』
三木市役所関係にも何人かの女性がメンバーがおられます。
c0107149_7554422.jpg


●これは遠くアメリカアーヴァインから参加の
『Danthree in Califonia』は私の娘ですし、

これは女性ではありませんが、
今、アメリカで公式ツイッターを3500人まで増やしたのは、娘婿の『かどちん』です。
ひょっとすると、NPO The Good Timesの海外での最初の団体会員&プロジェクトになるかも知れません。
『ノーリツ』の社長さんは、小野のご出身で『いなだ三郎さん』の幼馴染で親友だそうです。


★今朝のkwakkyさんのブログは『「緑風雑学かれっじ」を開講します』です。

ずっと以前から温められていた構想ですが、いよいよです。

『第1回目の内容は、決まっています。
NPO法人 The Good Times 理事長の、rfuruyaさんこと、古谷錬太郎さんに「NPO法人 The Good Times」について,
「三木市緑が丘町発 全世界へ 今までにないNPO法人をつくりました」
と題してお話いただくことが決定しています。

このことについては、
まだ概略しか決まっていませんので、決まっていき次第、お知らせします。
3月6日(日)午後1時30分から自治会館で開催します。』

内容については今からです。
このNPOはカワサキと三木とのコラボでスタートしたのですが、

来年3月4日は、『カワサキの思い出、そして未来』
3月6日は、『緑風雑学かれっじ』の開講です。


★このNPOも3年目、
来年は『新しい公共』をテーマに頑張ります。
1年半で、ここまで来ました。
来年にご期待下さい。
共感なさる方、一緒にやってみようかと思う方は、
是非ご参加ください。至極、簡単に入会できます

●入会金1回限り、団体会員1万円、個人会員1000円の終身会員です。
年会費など一切頂きません。

行政などから補助金などは一切貰わない、
むしろ、行政のように『いい活動をなさる方』に『活動資金を提供できる』そんな差別化されたNPO法人です。

『新しい公共を目指す』所以です。
by rfuruya2 | 2010-12-22 13:00

三木のニュース いっぱい

★12月22日、午前7時、
今現在の『The Good Times Tumblr』。今朝は三木のニュースいっぱいです
(もう少し経つと、また違ったニュースになっているかも知れません。)
その順番に並べてみます。


★一番最初に現れているのが、今朝発信した私のブログです。
c0107149_7133969.jpg

市会議員のもて木さんから、昨日のブログにこんなコメントを頂いていますが、

『NPO法人情報交換会いかがでしたか?ぜひ情報教えてくださいね。わたしも2期目の決意のひとつに、「新しい協働のありかた」をいれようと思っています。』

今朝の私のブログ、読んでみてください
そこには書いていませんが、2月5日に予定されている、『地域の医療と福祉を考える、シンポジユーム』の話もちょっとだけ出ました。



●ここには、大西ひできさんのブログから嘆願書の一部がリンクしてあったのですが、

『前回のブログで掲載した嘆願書の内容は市民の皆様に誤解の
無いように画像でアップしましたが、内容が露骨過ぎると
多くの市民の方から助言がありましたので表紙のみとして
他の部分につきましては削除しました。

(本日、本会議の反対討論で、私に間違った指摘をした議員がいましたが、
あくまでもそれを受けての削除ではありませんのでご了解頂けますようお願い
致します。)

要約につきましても誤解を招かないように進めなければいけないと
思っていますので注意しながらご紹介していきたいと思います。

只、公文書ですので皆様も情報公開請求で開示はされますし、
議員はこの書類をもっていますので事情を理解されたい方はお知り合いの
議員か私までご連絡頂けましたらご説明させて頂きます。』


このような説明で、大西さんのブログから削除されましたので、私のブログからも削除致します。



★次の大西ひできさんのブログ『議長あてに嘆願書が』はビックリしました。
当日の議会も傍聴したのですが、よく解りませんでした。

ご当人がこんな嘆願書を出されるのは、よほどのことでしょう、
薮本さんや井上さんは、ホントの事を仰っているのですかね?



★その次は、やまかずさんのツイッターです
ikeda33さんの子供会や、さるとるさんのブログも登場します。
勿論三木のニュースです。



もて木さんのブログは 『12月の最終議会報告』です

『また、明日動議として、100条にもとづく委員会の設置を提案します。
これは12月9日の公政会の穂積議員の一般質問に関する事項で、委員会設置についての嘆願や要請がでているものです。』
とこれは、大西ひできさんのブログと同じ内容ですね。



c0107149_80677.jpg

★これは『三木おもろいわ』から、ジーン景虎さんの“日月クラブ”の話題です。

”日月クラブ”秘かに想っている私の関心事の一つです。




c0107149_865112.jpg

kwakkyさんのブログレポートは、小巻健さんのギターの演奏会の話です。

このところ、三木の音楽話題はタンブラーにいっぱいです



c0107149_8144836.jpg

これ、私のところにも届きました。
さるとるさんがブログにしています
三木出身のイラストレーター、こゆりさんからです。


★NPO The Good Times の会員さんたちの情報発信なのですが、
今朝は特に三木からの情報がいっぱいでした。
これらは、NPOの公式ツイッターでも流しますから、全国11万人に届きます

現代は、一般の市民の情報も、こんなシステムを使ってこのように流れる時代になりました。
そのスピードと迫力はとても『紙のチラシ』などとは比較になりません。
何よりも、幾ら情報発信しても無料だと言うのがいいと思います。

昨日のNPOの連絡会でも、三木市の市民協働課の課長さんにも申し上げたのですが、
行政がこんな『市民の動きに協働する時代』だなと思います。

佐賀県の武雄のように、時代とともに進む行政ははいいのですが、
残念ながらわが町三木市の情報発信システムは、ちょっと????です。
情報発信を重要課題として、『口先だけで』取り上げてはいるのですがーーー。

その実力がないわけではありません。

ここに取り上げた、メンバーたちは行政の関係者いっぱいです。
ツイッターなど、よく三木市が比較される小野市に比べたら、みきは10倍進んだ取り組みになっています。

市が『市民に協働され』さえしたら、時代の最先端のベースで進みます。
『新しい公共』の時代です。三木市民の間にはその素地がどんどん育ちつつあります。

是非、ご一考を。
お金など一切掛りません。

市会議員のみなさんも、頑張ってください。
by rfuruya2 | 2010-12-22 06:52