雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

三木の花火 で思うこと

★中止になっていた「三木の花火」が復活するそうだ。

神戸新聞の記事からの知識しかないが、

『三木市は、2009年度から休止していた花火大会への補助を復活させ、11年度予算案に700万円を計上。大会実行委員会が23日、同市役所で第1回会合を開き、7月30日、三木総合防災公園(三木市志染町三津田)で開催することを決めた。』 とあった。

どうですか? と仮に意見を聞かれても、賛成、反対などはっきりした意見は持っていない。

やると決めたのなら、いい花火大会になればいい。

ひまにまかせて、朝からあちこち、花火について、検索して『三木の花火』を考えてみた。
c0107149_813721.jpg


★日本人が特に好きなのだろうか?
世界でも花火大会は一般的なのか?

「世界の花火大会・・・日本では、夏の風物詩ですが海外では夏と決まっていなく、色々な歴史的な日などに花火が打ち上げられたりします。ので、純粋に花火だけ楽しむ日本の様な花火大会は少ないです。」とあった。


こんな立派なサイトもあった
どのようにしてその人気度を調べるのか、解らぬが、
関西で一番人気が高かったのは、『いたみの花火』だった。
3500発というその規模は、そんなに大規模でもない。予算は幾らぐらいだろう?


★三木の予算は1400万円というのだが、大きいのか、小さいのか?
それこそ、小野と比べて、どうなのか?

億の予算をつかうところもあるようだから、1400万円は大きいと言えば大きいが、そんなに大したことはないのかも知れない。

何人の人を集める計画なのか? 
現場に来る人は仮に1万人でも、
『三木の花火に関心のある人』100万人を目標に、広報展開すればいい。

広報は是非ネットを活用して、全国展開を図ることがMUST。
これを機会にFacebookなどおやりになればいいと思うのだが。
三木のファンページとして、最高にいいと思う。『いいね』とプッシュしてくれる人数も解るし。

若しそんな方向なら、幾らでもお手伝いするのだが、

ぜひ、この機会に、広報部門や担当部門は、頑張って欲しい。
『三木を売る』絶好のチャンスです。


花火の実況中継をして、Ustreamで流せばいい。
とにかく、これを契機に『カッコよく』三木を売ればいい。
7月30日、多分そのころなら、ツイッターの情報量は15万人を超えている。

そういう発想なら、1400万円は決して高くない。


今週末、実施する NPO The Good Times の『カワサキの想い出、そして未来』ですら、
200万円近く掛るのだから。でもこれは参加する人がみんな負担してくれる。

花火大会も、参加する人が負担してくれるような、そんな仕掛けを考えればいいのだが、
アタマと仕組みを使えば直ぐ可能だと思ってしまう。



★舞台は、美嚢川から、三木総合防災公園に移ったが、これは大賛成である。
立地としては、壮大だし、駐車場も完備だし、三木市がやる花火の場所としては、最高だと思う。

三木市民だけではなくて、むしろ『三木市民以外』に焦点を当ててやればいいと思う。
年間450万人も三木を訪れる人がいると、三木市は常々言っている。
三木に関心のある人たちへの『感謝の花火大会』の方がいい。
観光を一つの柱にしている三木だから是非そんな観点を忘れないでほしい。


何事も、考えるときは『それを契機』に、もっと大きなことに『繋ぐ発想』こそ大事だと思っています。
そういう意味で『三木の花火』はいいチャンスなのですが。
by rfuruya2 | 2011-02-28 06:30

武雄市の記者会見から  いろいろ思ったこと

★『武雄市の記者会見』のこと、
●最初は山田和広さんとのfacebookでみて、そんなことやってるんだと思った。
●樋渡さんと山田和広さんの顔写真がならぶfacebookのシステムが面白くて
●さるとるさんに電話して、どうしたらあんなに並ぶのかなと聞いていたら、さるとるさんいろいろやって、彼の写真もそこに並んだりした。

そんなことぐらいで、肝心のUstreamに流れている『武雄市の記者会見』の中味は、見ていなかったのだが、
昨日、もて木みち子さんのブログに『つながる部』の記述があったので、俄然興味が湧いたのである。


★Ustreamでちょうど1時間、中継されているが、そのすべてをじっくり見せて頂いた。
その感想いろいろあるのだが、三木に関係あるようなこともいっぱいあった。

幾らでも、見れるから今からでもご覧になればいい




●記者会見ってことだが、記者が何人いるのか誰が質問しているのか?このあたりは不満、主役は役所側だと思っておられるのだろうか? これも双方向であればいいと思った。

●樋渡さんと、各部門の長が出席なのだが、樋渡さんだけマイクが違うのかと思うほど、声の張りに差があった。声のトーンは私の関心事の一つである。想いは、言葉に、声のトーンに正直に現れるものである。自信のあるなしも。

●そういう意味では、武雄の職員の方に、これは!と思える方がいなかったのは、残念とおもった。三木も職員のレベルでは劣っていない。リーダーは差があるのは仕方がないか。樋渡さんと比べたら、そう思ってしまう。

●肝心の『つながる部』の説明は納得できた。ツイッターやfacebookのヨコの使い方、とその位置づけをホームページも含めてちゃんと考えを纏めておられるのは流石である。コンセプトがしっかりしている。ただ、流行だからやると言うのではない。

●facebookの良さのなかで、市民などからの意見が直接聞けるのもいいが、写真入りで名前がちゃんと解るのがいい、ことを強調されていた。日本独特の?『匿名性』について言われていたが、私もそう思う。特に批判をしたり、文句を言ったりするのに『匿名』はおかしいと思う。2ちゃんねるみたいだと言われていたが、ーー。確かに、堂々と自らの身分氏名を明かして意見を言えない人は、可哀そうな人たちと言えるかも知れない。なぜならfacebookなどの先進的なシステムは残念ながら、『使えない』のである。

●『ろんがん』の市場を創りたい。その発想と行政の役割と農家の立場、その手順。仕組み、システムとして、考えられているのがいい。行政が手柄にするのではなくて、あくまでも流れを創るきっかけの立場がはっきりしている。


★一番興味があったのは、『人事交流』の部分である。
ソフトバンクなどとの、日本最高レベルの企業との交流もあれば、ひょっとすれば夕張の次かもしれないと言われる、王滝村との人事交流などの人事交流の話もオモシロかったし、
新潟の三条市国定市長の話など、私もお会いして知っている方の話だったので、興味を持って聞かせて頂いた。

極めつけは、『三木市との交流』の話である。
『三木市と武雄市』を繋いだのは、間違いなく私の市長メールで、樋渡さんが三木に来られた時も、午後は防災公園で一緒に地震施設を見せてもらったり、新神戸駅までお送りしたこともあたのだが、『人事交流』は実現したが、残念ながら市レベルの提携はなくなってしまった。

そんなことなので、『三木との交流は失敗』と思っておられるのかと思っていたら、
反対に、『大いに評価』されているのである。
『武雄に行っていた小田君』の名前を上げて、褒めておられたり、
『三木に来ていた、樋渡さんの同級生の菰田さん』のことにも言及されていた。

●『評価されているポイント』は、提携はなくなったが、『市民間の交流』がそこにあると言うことなのである。そういう意味では、三木と武雄は密接に繋がっている。
ブログでも、ツイッターでも、facebookでも、
私たちがやっている、NPO The Good Times でも、立ち上がりの最初の時点で、
武雄の広報大使の様な『タケタクさん』と繋がっているし、確かに、民間レベルでは、確りと繋がっているのである。

c0107149_9182540.jpg


とここまで書いた時、電話が鳴った。
さるとるさんからである。
よかたんで、熱血漢丸坊主君たちとイチゴの何かをやっているから、おいで
というお誘いである。私は人に誘われたりしたら、少々予定があったりしても、断らずに何とかするようにしている。今日は忙しいのだが、誘われたので顔だけはちょっと見せたい。

樋渡さん、記者会見で『小田君のこと言ってたよ』とつたえたら、
『さるとるや、熱血丸坊主のこと、なかったですか?』
確かに、この二人、樋渡さんのリコール選挙の時に、三条の国定市長さんと、箕面の倉田市長さんと一緒に、選挙応援に三木から、武雄までいっているのである。

最近、さるとる君にも、熱血漢丸坊主君にもあっていない。現場には『かよちん』先生もいるのだとか。みんな30代の若手なのに、もうすぐ『78歳のおじん』を誘ってくれるのは、有難いことと思わねばなるまい。
by rfuruya2 | 2011-02-27 07:56

つながる部ーーーから思うこと

今朝のもて木さんのブログの中にあった『つながる部』

一瞬三木の話だと思って、三木市の記者会見の中のデータ―など見たのだが、見つからない。
このUstreamのなかにある武雄市の話だと解って、ちょっとがっかり。


★三木市も、ぜひ頑張って欲しいのだが、
来期は、『みっきぃ情報ミュージアム』など情報システムの話も、計画の中には載っているのだが、
ブログ、ツイッターtumblrfacebook などのネットの新しいシステムの言葉など見当たらないのは、残念なことである。

『市民協働』や、『NPOとの協働』なども計画の中には盛られているので、ホントにやる気なら、幾らでもお手伝いするのだがーーー。

c0107149_926425.gif



★もうすぐ三木市も市会議員選挙だが、市会議員さんと言うのは、市民と協働して動かれるのかな?  どうも近くにはいっぱい議員さんはおられるのだがーーー、
今年の活動目標は、『新しい公共』なので、その名の通り是非一緒に頑張りたい。

行政も、NPOと協働してと仰っているが、行政とでも議員さんとでも、幾らでもお手伝いしたいと思っている。

NPO法人The Good Times 』とはどんなNPOなのか? 
その講演会が3月6日にあるのだが、この説明がなかなか難しい。
世のなかのどこにも存在しないものの説明は、説明してもなかなか理解が難しい。


今度の春の選挙には、私たちNPOの理事さんや会員さんの中から、いっぱい選挙に出られる。
NPOは政治活動はダメなのだが、会員さんになって、いろんな活動に参加されるのは自由なはずである。

県議には、杉尾良文さんと山田和広さんが出るようだし
三木の市議には、理事さんから、まつりおとここと草間とおるさんと、アラケンこと新井謙治さんも出られるようだ。
会員さんからは、米田和彦さん、もて木みち子さん、大西ひできさんそれに近藤きし子さんも出られるそうである。
c0107149_9383117.jpg

今年の『三木さんさんまつり』には、懸案の『ミニSLフェスタ』が三木緑が丘でも、明石や神戸の会員さんの協力で実現しそうである。
まつりおとこさんの『三木さんさんまつり』さん自体が団体会員さんなのだが、アラケンさんたちの『緑が丘こども会育友会』も団体会員さん第1号なので、このイベントにも子供たちが喜んで協力してくれるだろう。

大体、このNPO設立の動機は、三木市の『夢塾』に、今は教育委員会におられるミキスケさんこと告野さんに言われて、私とまつりおとこさん、アラケンさんと3人で受講したのが、そのきっかけなのである。


★昨日は、kwakkyさんと、e-音楽@みき の小巻さんといろいろとお話ししたが、
三木でもまた一歩、前進したように思う。

昨日は、東京からと加古川から、また新しいグループが参加した。


全国展開ではあるが、三木を故郷にスタートしたNPOなので、三木で頑張って欲しいのである。
毎回言っているのだが、このNPOは、システムそのものだから、それを使う会員さんの感性や繋がりや、熱意で成果はいろいろである。

今週末の、『カワサキの想い出、そして未来』は間違いなく業界で初めての最高のイベントに仕上がった。
それを、武雄ではないがUstreamで実況中継し、全国13万人のフォロワーに向かって、ON TIME で実況中継する方向で検討中である。

私は、まだよく解っていないが、三木市、facebook やらないかな
これは『タダで』多分『三木情報ミュージアム』のコンセプトは全て包含されたものになると思うのだが、---。
by rfuruya2 | 2011-02-26 08:55

樋渡さんと、カワサキの想い出、--と Ustream

★今朝の武雄市長物語の最後に、

『●雑感日記さんのブログが鋭い
と昨日のgooのブログをリンクして頂いたのだが、

多分それは前半ではなくて、最後の部分だと思うが、
これは日本の殆どの行政や民間企業について言えることだと思っている。

このブログに寄せられたコメントに、タダ一行。
『行政に限らず、民間も日本の管理型リーダーの限界を感じています。』

と応えたが、
これはわが町の市長薮本吉秀氏にも同じような想いを持っている。


後段の部分は、お読み頂ければいいのだが、その骨子は、
●従来、市民とか、民意などと如何にも『国民主権』と言ってはいたが、中央も地方行政も実質 『上から目線』であったことは間違いないのである。
ツイッターやFacebookの世界は、そのシステム構造から言って、間違いなく『ヨコ一線の世界』なのである。
一般の人たちとの『ダイレクトコミユニケーション』の道が、武雄と市民の間に、さらに武雄と言う枠を超えて全国の一般市民との間で広がったという事実は、政治の新しい方向だと思う。

さらに言えば、インターネットは幾ら使っても『タダ』なのである。
予算を獲得して、その『予算を使うこと=仕事』 と思っている従来の行政マン、官僚にとっては、まさに新しい仕事のスタイルなのである。

●マスコミの武雄の取材などの『視点』に、こうした行政の仕事のやり方や目線の問題からの指摘がないのは、マスコミ自体が従来の政治同様、従来の構造の中で神経が麻痺してしまっているのではないか?
どうやってツイッター広げたかなどの方法論は、確かにその通りなのだろうが大した話ではないのである。

今後、インターネットですら、『タテ型にしか使わない』ような、行政や企業が、『市民や消費者目線』などと言うのはおこがましい時代になりつつあるのではなかろうか?

そんな大きな政治や行政の『構造改革』をたった5万人の九州の田舎の市が、『学会長』とトップであるような旗印を上げて、日本をリードする様は、心地いいと言うべきである。


★インターネットと言う『ヨコ展開のネットの世界』なのに、
『ブログ』などでも、ただ一つタテ型に使って、SNSや、ツイッターや、facebook などとの連携に見向きもしない『殻にこもった』様なネットの使い方が、殆どなのである。

お金がないと言いながら、お金がかかるチラシばかり、作りたがる神経が不思議である。



c0107149_854885.gif

第6回MFJ日本グランプリでのトップグループ、山本隆、星野一義、吉村太一、木村夏也、この4人とも参加する、

★『カワサキの想い出、そして未来』のサイトを作ってくれたのはbunCさんなのだが、

彼のブログで、こんな風に書いている。


●なんとなくだけど、

フェイスブックは、
先日の樋渡市長の講演以降、
自民党のフェイスブックのページができたり、
日経ビジネスオンラインで武雄市の記事があったりと、
よりリアル路線SNSに傾きつつある、
そんな気がする。

周囲もミクシイ、ツイッター、そしてついに、
フェイスブックとなりつつあるような。

カワサキの想い出
も、
フェイスブックのページと言う副産物を生んで、
募集終了(宿泊分のみだけど)。

結論としては、
イベントや会合を設定したあとの、
最後の落とし込みは、
たしかに、
フェイスブックが一番いいようだ。

もはやイベント担当者にとっては
フェイスブックは必須ツールとなりそうだ。


★そして、『カワサキの想い出、そして未来』のイベントの実況中継をUstream で流して、全国13万人にツイッターでその場で発信しようと、

昨日あたりから、その検討に動き出していて、
それ用に少しイベント自体をアレンジし直すべきではないかと思ったりしている。

私は、技術的なことには、極めてトンチンカンなのだが、
全体構想をアレンジしたり、考えたりするだけは、極めて興味関心があるのである。

考え続けること自体が楽しいことなのである。

アマチュアみたいな、一般のNPOが、普通一般の行政よりは先を越して、別に大した予算措置など講じなくても、オモシロイ先進的なことがいっぱいできる、『いい世の中』なのである。


★ただ、1年半掛って造った、NPO The Good Times の仕組み、ツイッター、facebook,そしてそれを使いこなす、bunCさんのノウハウ、はっぴいえんどさんやねこさんの人脈、thiraiさんの熱意など

『異種、異質』な人たちの繋がりや、システムがそれを可能にしているのである。

多分、どこにも真似のできないイベントに仕上がったのが、自慢なのである。
by rfuruya2 | 2011-02-25 06:39

USTREAMで記者会見を

★世の中はどんどん進みます。

情報発信などもどんどん速くなります。新聞はニュースなどではなくて一昔前の週刊誌の様な感覚で私などは読んでいます。

ツイッターやFacebook など、新しいものがどんどん出ますから、追いついてゆくだけで大変です。
ツイッターもFacebookもやっていますが、Facebookの使い方はよく解ってなくてウロウロしています。


★そんな中で、ツイッター学会に続いて、Facebook学会を武雄の樋渡さんが立ち上げています。
そんな政治の昨今の動きと感想を、別にgooの方に書きましたが、

昨日はまた、新しく『USTREAM』に現実に出会いました。

昨日は、これもネットの世界で企画し、募集したNPO The Good Timesの3月4日の行事、
カワサキの想い出、そして未来』の打ち合わせをしたのですが。
このイベントも関東、沖縄からも120人も集まるめちゃ盛大なものになりました。
参加者全員がNPOの会員さんです。

カワサキだけでなく、ホンダのファクトリーマシンNS500の開発者やスズキの吉村太一ちゃんなど、元川重社長田崎さん、副社長でこのNPOの相談役高橋さん、Z1の開発者大槻、稲村さん、ケン鈴木、全国オートバイ協会会長の吉田純ちゃんなど、世界の金谷やキヨさん、60おじさん、星野一義など、二輪の世界ではこれ以上ないようなメンバーが集まります。
c0107149_8463124.jpg


この会合のパ―テ―の様子を『USTREAM』で実況で流そうと言うことになりました。
会費2万円もするパ―テ―ですし、全国の2輪ファンで興味関心もある方はいっぱいおられるので、実況中継してツイッターで流せばオモシロイと言うのです。
NPOの公式ツイッターは、13万人のフォロワーになりましたから、これで広報すると全国にその瞬間に流れます。


★世のなか、そんなスピードの時代になっているのですが、
昨日帰ってFacebook 見ていたら、山田和広さんと樋渡啓祐さんが、武雄市の記者会見の記事で繋がっていました。武雄は記者会見を『USTREAM』で流しているのです。

『USTREAM』はともかく、どうしたら、こんなに簡単に繋がるのかと、さるとるさんに電話していろいろ聞いていたら、さるとるさんも樋渡さんと繋がって、ひょっとしたら私も、今なら4人の写真が並んでいるのかも知れません。(私はまだ、よく解っていません)


★私は神戸新聞はとっていませんが、三木市長が副市長を置くようだと言うニュースは昨日のうちにツイッターで流れましたし、今朝のブログでは、

『同市は薮本吉秀市長が就任後の06年4月から行財政改革や各部長の意思決定システムの迅速化を目的に、助役(後に副市長)を置かない条例を設けていた。
薮本市長は「5年間に各部長のマネジメント能力は向上したので、攻めの経営を市長が、守りの対策を副市長が分担していきたい」とした。』

これは多分、新聞記事の内容でしょうが、
『よく解りません』とは昨日のツイッターでもそうつぶやかれていました。

意志決定のシステムがあるようにも思えませんし、各部長のマネージメント能力が市長の指導で向上したなどとは到底思えませんが、今後は市長は攻められるようですので、選挙運動だけでなく、
ツイッターや、Facebookや、USTREAM など先進的な世のなかのツールの使用も是非検討頂きたいものです。

NPO法人The Good Times ですら、
●ツイッターでは13万人の情報発信力を持ち、田原総一朗さんの少し上全国60位ぐらいに位置しています。
Facebookではファンクラブを立ち上げ、
今度はそのイベントはUSTREAMで実況中継しようとしています。

●USTREAMと言えば、最近、高橋昭一さんがいろいろとご活躍ですが、そのニュースはNPOの公式ツイッターでリツイートして応援しています。


★三木市が、昔ながらの情報活動だけではなくて、先進的な手法を取られたら、どんどん応援できる周辺システムは、充実してゆきたいと思っています。
来期の予算頑張ってください

NPO The Good Times の活動範囲は、三木市やカワサキに限定せずもっと広いのですが、
三木は発祥の故郷ですから、応援したいと思っているのです。
by rfuruya2 | 2011-02-24 07:52

ブログ、ツイッター、タンブラー、facebook

★毎朝、新聞はざっと、
『ブログ、ツイッター、タンブラー、facebook』は結構しっかりと、
目を通す日課になっている。

自然にそうなってしまうのか?
もう、新聞が旧聞になってしまっている様な昨今である。

情報発信、情報収集、インターネット関連を駆使した
NPO The Good Times』という仕組みの中のニュースが私の情報収集の中心になっているのだが、

カワサキと三木の人たちから、スタートしているのでその関連のニュースが多いのは当然だが、それは私自身の関心事でもあるので、それなりには納得しているのだがーーー。
c0107149_6485662.jpg

(写真は本文とは直接関係ありませんが、仲間のブログからです)


★今朝は、こんな方がこんなニュースを流した。
三木にも大いに関連のあるニュースである。特に三木市役所の中枢部の方は見てほしいのだが、

hikaruj このブログの意味が理解できない方は首長パンチを読んで下さい。この著書に全否定できないならば、このブログに全面的に納得するしかない。[民主党&厚生労働省は馬鹿だ。] http://t.co/OwPhTxn 約5時間前 Tweet Buttonから あなたがリツイート

hikaruj さんは東京の方である。リンクされているブログはこんな方の『市民病院問題』に関するものである。

私は今でも『新三木市民病院の経営の健全性』には大いに疑問である。この問題はもう結論が出てしまったのかな。
c0107149_6512567.jpg




★上記はツイッターからだが、facebookをやりだして約1ヶ月。これはやりだしてと言うより、仲間の投稿を見ているだけなのだが、まだよく仕組みが解らない。

然し仲間、特にe-音楽@みき の小巻さんや、後からの参加なのにさるとるさんなどなかなか積極的で、今朝の私のウオールにも、こんな情報が流れている

上記のhikaruj さんは、こちらではHikaru Jogo(城後光)さんの本名で載っている。
この方は東京の零カスタムにお勤めでその関係で、今回NPO The Good Timesの団体会員に参加されることになった。
こちらは同じバイクでもカワサキ主体ではない。異種、異質を売りにしているので、NPOとしては、大歓迎である。


★世のなかの人の関心や想いは正常である。

yakisada ニュージーランドの大地震、瓦礫の中でまだ閉じ込められているい人々のより早い救出を願う。それにしても日本のマスコミはなぜ日本人の消息ばかり報道するのであろうか、阪神淡路地震の後に海外に滞在したが、自国民だけをフォローする国はどこもなかったと思ったが。
約12時間前 webから あなたと27人がリツイート

秋定さんのこんな呟きには、27人もの人がリツイートしている。


そんな中で、もて木さんは、今回の三木市の予算に納得されていないようである。
m_moteki 23年度予算案 #goo_orangen0808 http://blog.goo.ne.jp/orangen0808/e/88c6d46a763838813fdd5651a1add8a7 約8時間前 gooから あなたがリツイート

確かに。仰る通りかも知れない。
c0107149_6541223.jpg



★まだまだあるのだが、最後はNPO The Good Times のアドバイザーbunCさん、

このfacebook も、
このtumblrも   彼の作なのだが、

こんなツイッターでの紹介記事も、 このブログの最後に書いているのだが、昨日の新聞ニュースより4日も早い発信なのである。

その記事の中味もなかなかオモシロイ。

意識的に今朝は、全てリンクの紹介としたが、
果たして何人の方がこのリンクを開かれるのか?

その比率は極めて低いのが、一般的である。
そんなことなので、なかなか世のなかのオモシロイ情報が届かないのだろう。

これを読まれたあなたは、どうでしたか?
私は朝から、読むだけではなく、リンクを貼っているのです。

今日は10時から『カワサキの想い出、そして未来』の打ち合わせで、明石です。
by rfuruya2 | 2011-02-23 05:47

三木市 さんさんギャラリー オアシス

★「さんさんギャラリー オアシス 」は私の住んでいる町緑が丘にあります。

商店街の中にある小さなギャラリーですが、商店街がさびれていく中でこの通りにある、
「さんさんギャラリー オアシス 」と「ゆう工房」は、その活性化にも一役買っていると思っています。

ずっと自治会の役員もされていて、
私たちと一緒にNPO The Good Times の理事さんでも手伝って貰っており、
最近はe-音楽@みき の三木労音にも参加されている、
三木市役所にお勤めのkwakkyさんは、

毎日、欠かさずブログを発信されていて、『三木のイメージの高質化』に大いに寄与されています。

今朝のkwakkyさんのブログは、「さんさんギャラリー オアシス 」での写真展の紹介です。

kwakkyさんは、NPOの理事さんですから、NPOの公式ツイッターで100%『リツイート』していますので、全国127000人に向かって流れます。


c0107149_8305753.jpg

こんな綺麗な写真を紹介されています。


★三木のブログたちは

三木市の広報、JJさんのブログde みっきぃ 
さるとるさんの さるとるファイト 
みんなで綴っている 三木 おもろいわ など、

いろいろあって、それらを さるとるさんが

三木おもろいわ』に纏めて、くれているのですが

なかなか、上手く繋がりだしているとは思っています。


★ここまでは何とかきましたから、もう一歩進めて行けないのかな?
と思っています。

ブログをやってみたら、お解りになると思いますが、あれもこれもとは独りでは発信できないものです。
三木市の広報として、公式にやっておられる、ブログde みっきぃ もめちゃ頑張っておられると思いますが、三木の出来事を全てと言うわけにはなかなかいきません。

三木には、情報発信できるところは、いっぱいあります。
さんさんギャラリー』もそうですし
堀光美術館』なども、 そこだけで情報発信できる材料をお持ちなのですが、ブログなどはお持ちでありません。

情報としては、リンクした三木市役所のホームページだけなのですが、そこまで観る人は殆どいないと思います。

ブログ型のホームページでも造られたらと思っています。
これは、さるとるさんと私で担当している『伽耶院のホームページ』です。
c0107149_9333770.jpg


★先日、堀光美術館でこんな話を雑談でしていたのですが、管轄は『教育委員会』だそうです。
確か「さんさんギャラリー」も教育委員会の管轄だったと思いますが、
是非ブログなど造られて、自分で情報発信されて、さるとるさんに話されたら『三木おもろいわ』に自動的につかまる仕組みになっています。
さるとるさんは、役所の職員さんですから、繋がるのは簡単だと思います。

「さんさんギャラリー」などは、まさしく『市民協働』でここまで来ているのですから、
『三木のイメージの高質化』のためにも、ここはひとつ『行政協働』をなさってはと思います。


『かじやの里メッセ三木』などのイベントも、kwakkyさんはいい方向で捉えて、情報発信されています。
『かじやの里メッセ三木』については、いろいろと議論もあるようですが、既に出来ているのですから、いい方向に使われたらと思います。
ココなども自らの情報発信機能をもたれたらいいなと思っています。

ココは、『教育委員会』の管轄ではなさそうですが。


さるとるさんの 『三木 おもろいわ』 はなかなかのシステムに出来上がっていますし、
一歩進めたら、Facebook の「ファンぺ―ジ」にも繋がっていくのだと思っているのですが。
こんなネットの世界のいいところは、1円の予算も要らないところです。
使うのはアタマだけです。その基本は『協働』です。


今朝、kwakkyさんの、ブログなど見ての感想です。
by rfuruya2 | 2011-02-22 08:14

想いのある人たち

ネットの世界の客観的な評価 『10点』と言うブログの中で触れた、「三木市のホームページ」の評価のことでお叱りを受けました。

今朝もう一度チェックしても『4』なのでいろいろやってみたら、
私が「お気に入り」に入れているページは、一番最初のページをskipしているので、そうなることが分かりました。
最初のページの評価は『5』ですね。

ちゃんと調べないといけないものです。
さるとるさん、訂正いただいてありがとうございました。

c0107149_8462893.jpg



★今朝のgooは、首藤文彦さんのことを書いています

20年ほど前、彼がまだ30歳のころ、当然ですがみんな20才、若かったころのことですが、
宿坊 翡翠之庄 のある場所はただの山でした。


いろんな記録を調べながら、何時間もかかって書きました
夢を持った、想いを持った仲間が、何人もいました。

周囲の人たち、みんなそれぞれ『想いを持って生きた』いい時代であったと思います。
カワサキの想い出、そして未来』は、そのころのそんな人たちがいっぱい集まります。

その主催者、平井稔男さんもほぼ立派にやれる目途が立って、ほっとしていることでしょう。



★あと何年か経って、
三木でも、こんな想いのある集いが出来るような活動が続けられたらいいなと思っています。
by rfuruya2 | 2011-02-21 08:02

ブログのアクセスと、岩城 滉一と、ネットの評価

★今朝の私のもう一つのブログのアクセス数は1010と1000を超えたりした。確か1000を超えたのは2度目のことである。

何か特別のことがないと1000など超えたりはしないのである。
1度目はずっと以前だが、Yahooか何かに武雄市のことが取り上げられて『武雄市長物語』に10万のアクセスがあった時、たまたま雑感日記がリンクされていて、そのお陰でそんなことになったのである。

今回もYahooが関係しているようだが、どうも『岩城 滉一』に関する何かがあったのだろう。
『岩城 滉一』や『岩城 滉一―韓国』という検索から、

●『岩城 滉一とのお付き合い』と言うずっと以前に書いたブログ

が検索ページの上位に現れるものだから、そこからのアクセスが集中しているのである。

このブログの中に詳しく書いているのだが、岩城 滉一とは、二輪やジェットスキーの仲間として、何年間も結構親密に付き合ったのである。
レース場や、明石や、SPA直入などで、しょっちゅう一緒に過ごしたし、頼まれて岩城 滉一夫婦が仲人をした結婚式に主賓で招ばれたこともある。
そんな彼との付き合いの何年間かのことを書いているのだがーーー。


★ブログをお読み頂けるとわかるが、私は彼に非常にいい印象を持っている。
それは初対面の時、彼が最初に言った言葉『私は韓国人です』にあると思っている。
それは、韓国を誇りにしている堂々たる響きを持っていた。
私自身が子供のころ育った韓国を故郷と思っているものだから、その言葉は非常に嬉しかったのである。

このブログの中には、当時のいろんな人が出てくるが、
今回の『カワサキの想い出、そして未来』にも来てくれたら、タッチャんや、月木さんや、彼の二輪のライデイングの先生多田君や、当時の岩城 滉一も乗ったカワサキのレース専用4輪X11の開発者の山田浩平君。
岩城 滉一が話が出来たと言って喜んだ相手の清原明彦君キヨさん。そのころのライダー塚本や梁君。鈴鹿サーキットで一緒に食事をした田崎さんなどなど、岩城 滉一にとっても懐かしい人いっぱいなのである。

当時はこんなカワサキの会合に何度もグループで参加していたのである。
こんな事を書いていたら、ひょっとして目に留まってひょこっとやってくるかも知れないのである。


★ネット社会は、こんな検索の世界でもある。
検索のページは、評価の高いものから順に並ぶと言うのが常識である。
『岩城 滉一』『岩城 滉一 韓国』と検索すれば、1ページめに雑感日記が出てくるのは、結構嬉しいことである。

ネットと言うのはある意味数の世界なのだが、数が多いから必ずしも評価が高いと言うことにはならないようである。リンクされる数なども注目度として、評価基準に入れられるようである。公共性もあるのかも知れない。

『三木 おもろいわ』に『ネット社会の客観的な評価10点』というこんなブログをアップした。
Facebookが今まで見たこともない『10』の評価が出ていたのでビックリした。
世界で5億人が参加すると言うからそれだけの評価になるのだろう。

『三木 おもろいわ』は、アクセスなど100にも満たないのだが、結構評価は高くて『3』なのである。
アクセスの数だけでいうと、5000あっても、評価『2』も『1』もあったりするのである。

なぜそうなるかは、よく解らないのだが、それらは客観的な社会的な評価なのである。
『イメージ』などもそうだが、幾ら大げさに自己宣伝をしてみても、他人がどう『イメージ』するかなのである。

『三木のイメージの高質化』など、仲間と一緒にいろいろやっているのだが、これらが地道に積み上がっていけば、やがて三木のイメージもより『高質化』されたものになるのだろう。
三木の人ではなくて、三木以外の人が客観的に三木をイメージしてくれないと、ダメなのである。

そのためには、『ちゃんと情報発信』して、それが認められないと、『イメージの評価』以前に『イメージそのもの』がないこともある。
自分の方からの発想だけでは、往々にしてこんな事は起こるのである。

タテ型社会のタテ型の発想をする人たちによく起こる『錯覚』なのである。

今朝の感想でした。
by rfuruya2 | 2011-02-20 07:36

NPOの仲間たちは いま

★今朝の新聞は分厚い。もう土曜日週末です。2月もあと1週間になりました。

最近は朝、みたり読んだりするところが多くて、感想もいろいろです。
結構いろいろと見ているのです。
c0107149_8121292.jpg

この写真は、Facebookからです。
このお二人、私のブログにも時々登場する雷神マッハさん(手前)とまっしまさんだと思います。

『思います』と言うのは、最近人の顔を覚える自信がなくなりました。
ブログや、ツイッターなどでは、毎日お会いしているのですが。

まっしまさんは、NPO The Good TImes のホームページを担当しています。鈴鹿8耐を走ったライダーでもあります。
お二人とも、3月6日には明石でお会いできるのが楽しみです。

このお知らせも、こんなタンブラーも、Facebookのファンページも作ってくれたのはbunCさんです。
c0107149_8131691.jpg

★この写真も小さいのですが、提供者はさるとるさんです。
大きな写真がみたい方は、このブログでどうぞ

さるとるさん、ポリーブ大丈夫だったのだろうか?


★私はFacebook はまだぼちぼちなのですが、今のところこんな状態です
三木では、e-音楽@みき の小巻さんがダントツです
c0107149_9344751.jpg



★昨日、緑が丘の回覧板にこんな御知らせが流れて、ビックリしました。

kwakky さんが起案されたのですが、結構このところ忙しくて準備など出来ていません。
(このブログ準備なのかも知れません)
基本的には、『ぶっつけ本番』なのですが、

e-音楽@みき の小巻さんには援けて貰おうと思っています。




●「緑風雑学かれっじ」を開講します

第1回目 
「三木市緑が丘町発 全世界へー住民が住民に語る」
『今までにないNPO法人をつくりました』

講師 NPO法人 ザ・グッド・タイムス 理事長 古谷錬太郎さん(緑が丘町西2丁目在住)

とき・ところ 3月6日(日) 午後1時30分~3時30分 自治会館本館2F  セミナー室

● 講師の古谷さんは、今年77歳。毎日ストレッチなど体を動かされ、40歳並みの体の柔軟度。それよりもさらに柔軟なのは、若い人に負けない頭脳。だれとでも平等につきあう「わけへだて」のなさ、人柄の明るさ。そして、発想力と企画力と行動力。
● そんな古谷さんがこれまで培って来られた地域や現役時代での人脈と、経験と、知恵を活かして、今までにないNPO法人「ザ・グッド・タイムス」を、2年前の夏、立ちあげられました。
● どうしてこの法人を立ち上げられたのか、NPO法人はどんな仕組みでどんな活動をされているのか、今後どのように「まちづくり」に役立てられようとしているのか、その可能性も含めて、ざっくばらんに語っていただきます。

お気軽にお越しください。
緑が丘町まちづくり協議会公共部会(生涯教育)(文責:河田)




★カワサキと三木のコラボでスタートしたNPO The Good Times は、たまたまそうなったのですが、

●3月4日には明石で、北は関東南は九州、沖縄から100人を超す会員さんが集まっての、
二輪業界としては話題のイベントに仕上がっています
話題性がないと東京から業界記者が会費を払って5人も参加したりはしません。
これはthirai さんの主催で、賛同する全国の会員たちがまさに協働した結果です。

●3月6日、ちょうど2日後の講演会ですが、
『カワサキの想い出、そして未来』の実施後の話なので、別に仕組んだわけではないのですが、その結果がお話しできるのは、それだけでも気が楽です。

kwakkyさんが、このような講演会の発想を語られたのは、もう1年も前のNPOの理事会の席上のことで、確か関東のどこかの市の『かれっじ』からの発想で、みんなが賛同したことからスタートしています。
そんなことで、第1回が『NPO The Good Times の担当』になったのだと思います。

今の会員さんは、1000人は超えたと思いますが、地域的に言うとまだ三木市の人たちがトップだと思います。
会員の方、オフ会の積りで気軽にどうぞ。当日朝は理事会ですので、多分ユニークな理事さんたちにもお会い出来るチャンスです。


★『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しい時を過ごそう』
立ちあげてまだ、2年にもなりません。

権限や、組織や、予算やお金などなくても、
きっちりとした『コンセプト』と 『いい仕組み』さえあれば、『想い』は実現するのです。

三木市長への市長メールで書き続けたことを現実に仲間たちと一緒にやっているのです。
今回は、『緑が丘町まちづくり協議会公共部会』の行事の一環ですから、三木市へのお手伝いにもなるなと思っています。
元々、このNPOを立ち上げるきっかけは、三木市の『夢塾』だったのです。

『三木市も協働されませんか?』 お役に立てると思っています。
ボランタリー活動プラザみき』やみき労音の『e-音楽@みき』などは具体的に動きかけました。『三木さんさんまつり』でもミニSLでお手伝いすることになっています。

『さんさんギャラリー』『堀光美術館』など市関連でお手伝いできるところいっぱいです。
『NPO The Good Times』の仕組みを使われたら、その時点から全国へ、世界への発信になるのです。情報発信力は今年中に15万人、ひょっとすると20万人になるかも知れません。
『可能性と夢』を追っかける『新しい公共』を目指しているのです。
by rfuruya2 | 2011-02-19 08:12