雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今朝のブログなどから

★bunCさんが編集してくれてる
The Good Times tumblr 今はこんな状況です

スタート以来のモノを全部みたいという方は、
上をクリックして
大きな画面にして
左上にあるArchive やMobile をクリックしてみたら・・・! ビックリでしょう。
(なぜかリンクを貼っても、上手くいかないので・・)
c0107149_844816.jpg

今朝アップした私のブログは、もう載っています。




★毎朝、ツイッター、ブログ、 Facebookなどからの情報を見るのは楽しみです。
少なくとも、新聞のニュースよりは、身近なものが多いし、
自分自身の動きとも、直接関係あるものが多いので楽しみなのです。


● FMみっきぃ の山田健人さんの名前は、『きよたみ』と読むらしい
 流石、ラジオのプロは、その筋のことは詳しいです。


c0107149_8512698.jpg

● 三木の中高生が南三陸町へお見舞いに行ったとか
  JJさんも一緒に行ってきたのだろうか?
  いつもながら、ブログdeみっきぃ は魅せる、読ませる。


● 『100~120歳まで生きれる』
????と思っても、思わず読んでみようかと思ってしまう年齢なのです。



●  Facebook 『笑って遊ぼうミキランド』で、
c0107149_856443.jpg

森田 優    One World バトンリレーの営業に行ってきました。
片山 敬済   お疲れさまでした!!
古谷錬太郎   さるとるさん、行動力スゴイね。JJさんも、三木おもろいわ。
森田 優 ‎   >古谷さん 今年のキーワードは『わ』ですから。


 こんなコメントのやりとりになっている、その元のブログはこちらです



c0107149_8354122.jpg

● こんな写真とニュース、どこで見つけてくるのだろう。
 どこの新聞にも載っていない
Facebook 本社の裏話です。綺麗なエロスと一緒にどうぞ。


c0107149_902129.jpg

これ、1964年10月10日、東京オリンピック当日の写真です。
今朝の私のgooのブログにその経緯書いています。
写真提供者は、この翌日MCFAJ全日本モトクロス日本選手権を制した山本隆君、60おじさん。
4種目中3種目を制して『カワサキのモトクロス』を確固とした記念すべき日でした。

この写真、いまからFacebookにアップして紹介する積りです。
by rfuruya2 | 2012-01-31 09:06

孫文を語る会 その後

★昨年後半、NPO The Good Times の大きな課題は、
孫文記念館関係だった。

半官半民というか兵庫県も絡んだところだから、
民間のようには簡単でないところも多かったのだが、
具体的にいろいろと対応をした結果、
『孫中山を語る会』としてスタートしたが、その後の検討で、
『孫文を語る会』ということで収まった。

●12月末ぎりぎりに、そのホームページが出来た


★そしてこの1ヶ月
Facebook ページを創ろう
公式ツイッターを創ろうという目標を立てて頑張ってきた。

普通一般に言うなら、そんなに大した目標でもないのだが、全然経験のないところからではなかなか大変なのである。

1月も終わろうとしているが
こんなFacebook ページが出来あがっている。
c0107149_7142647.jpg
c0107149_7143678.jpg

こんな写真が紹介されているし、
『いいね』もちゃんと25をクリアして、正規のURLが取得できている。

公式ツイッターの方もぼつぼつだがスタートした。
左上に緑のマークが入っているのは、NPOの公式ツイッターでリツイートしたということである。
この情報は、世界の207000人に向かって発信されたのである。


★なぜここまで来れたのか?
放っておいたらとてもこうはなっていない。

ちょうど舞子の直ぐ近くに住んでいる
NPO The Good Timesのアドバイザーのbunさん、丁子君が指導してくれたからである。

会員募集も川崎重工を中心に行われていて順調なようである。
2回目の会員カードの発注に当たって、独自の色のカードはダメか?
との打診があった。
c0107149_728203.jpg

万を超える会員募集が目標だから、独自カードの色も承認することにした。
3つの色見本の中からCを選んで、いま2000枚を制作中である。

2月半ばには出来あがって、いよいよ記念館を訪れる一般ファンに対する会員募集がスタートするのである。



★この話が、スタートしたのは昨年9月ごろのことだった。

最初は、いろいろと難しそうなこともあったが、
『孫文記念館』ではなくて、『孫文を語る会』という新しい組織を、
理事長の田崎雅元さんが一人で立ちあげたことで、
すべてはスムースに進行したのである。
一人だから、一人の判断ですべてOKである。あとは共感するところだけ仲間に入れたらいい。
このスタイルは、今後いろんなところで使えると思っている。

既存の組織利用は簡単なようでいろいろあって難しいものである。
難しくないことでも、難しいように言いたがる。それを説得していたのでは、いつまで経っても事は前に進まない。
出来てしまえば直ぐ共感するから、不思議なのである。
『自分に責任がナイ』ならOKなのかも知れない。

半官半民のこんな一見難しい組織でも、アタマを使って柔軟に対応したら、半年でここまで来た。
大いに活性化が 期待出来るのである。

★『孫文を語る会』1円の予算も計上せずにここまで来ている。

1000人の会員さんを集めたら、100万円、
そのうちの90%=90万円をNPO The Good Times から『孫文を語る会』に支援している。
1万人集めたら、1000万円、そのうち900万円を支援することになる。
会員カード代は、残りの10%からNPOが負担する。
NPO The Good Times はネット利用のシステムだから、経費は殆ど発生しない。アタマは使うがお金は使わないNPOなのである



会員さん一人一人の1000円の入会金がベースである。
1000円で終身会員、結構特典もある

地もいい、景観も最高、いま外国人の訪問者も多い。
日本の方も、地元の方も応援してあげて欲しい。
by rfuruya2 | 2012-01-30 06:59 | NPO The Good Times

今年私がやりたいこと

★気がついてみると1月ももう終わりである。
今年ももう後、11ヶ月になった。

『今年私がやりたいこと』
何かなと思って改めて考えてみた。
今年やることと、やりたいことは、大体重なっている。
だから、必ずそれはやるのだが、
私自身が動かぬと決してできないこともある




★1月末に思ったこと書きとめておきたい。
実現すれば最高である。でもみんな難しい課題である。



『東京プロジェクト』

今年のNPO The Good Times の新年会の一番のテーマだった。
今年の秋、東京での二輪レース関係のイベント開催プロジェクトである。
既に、Facebookの中にグループも立ち上がっているので、実施されることは間違いない。
このイベントを契機に、
『新しい二輪文化創造』に繋がる『仕組み』にならないかな、と思っている。



『みきのトータルプロジェクト』

今年も三木の関係する個別プロジェクトはいっぱいある。
粟生線の未来を考える市民の会』も
笑って遊ぼうミキランド』も

これら個別のプロジェクトは、間違いなく、オモシロく進行するはずである。
それを包括した『みきのトータルプロジェクト』
さるとるさんが動き出したから、ひょっとしたら実現の方向に動き出すかも知れない。



『アメリカでのトータルシステム』
c0107149_8352733.jpg

昨年アメリカに、ソフト会社DANTHREEを娘が立ち上げた。
Ui という昨年8月に娘婿が立ちあげた新しい会社も動き出した。
半年でこのような状況になっている
ホームページのCustomerの分布図で、半年の活動成果が解る。

アメリカで全く新しいとも言える
『給湯器文化の創造』
『全く新しいトータルシステムの創造』

なのである。

単なる一給湯器会社だけではなくて、
NPO The Good Times の機能を持つソフト会社DANTHREEと繋ぐことで、
『世界でただ一つの仕組み』が創れると思っている





『海流発電プロジェクト』

2年ほど前から、ノヴァエネルギーを応援してきた『潮流、海流発電』
必ずしも上手く展開していない。

然しこの中の『海流発電』は、実現すれば、
全くの自然エネルギーを利用した、唯一、原発に変わり得る安い電気を供給出来るシステムだと思っている。
ただ、今のままでは絶対にと言っていいほど実現の可能性はない。
c0107149_910153.jpg

昨年暮れ、ひょんなことからこのプロジェクト、武雄の樋渡啓祐さんがFacebook に取り上げて頂いて、
公明党の国際局長遠山清彦さんが興味関心を示された。

これは国家プロジェクトなのである。
まず、このシステムの実現の可能性の検証が第一になされるべきだと思っている。

2月の1日、
新神戸で会いたいとの連絡が入って、お会いすることになっている。
これは相手次第だが、
若し実現したりすると今年の一番大きなテーマになりそうである
by rfuruya2 | 2012-01-29 09:43 | 発想、感想

グッドタイムとは?

★日本の社会はタテ型です。同種が繋がるというか群れている社会です。
企業も 企業目的にあう人材を集めたがります。
そしてその目的実現に邁進します。

そんな企業の中で育ってきましたが、
カワサキの二輪を、カワサキのために、売上高を増やし、シェアを拡大しというのも、
やり過ぎると、どうももう一つだなと思いながらの会社生活でした。

カワサキのためにはいいのですが、
競合企業が失敗すれば喜ぶような、
例えばレースで相手が転倒したら喜ぶような態度は、もう一つだなと思って、

私の座右の銘は
『人の不幸を喜ぶものは、自らの無力を恥じよ』
という緒方竹虎の言葉です。




★企業生活を卒業して

NPO The Good Times  というNPOを造りましたが、
『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しくいい時を過ごそう』
という基本コンセプトです。

Good Times はカワサキのコンセプトでした。
「カワサキに出会う人がみんなハッピーになるような活動をしよう」
というような意味でした。

それが異種、異質、異地域の人たちでも、
みんな繋いで、グッドタイムになればもっといいはずだという『仮説』
でスタートしたのです。


同種とは、競争相手の集まりですから、そんな団体のグッドタイムを求めると、
『利権』などに繋がるのは、ごく自然の成り行きです。
異種、異質の人たちは、普通は繋がらないのですが、
こんな多様化した価値観の時代に、『共感する何か』があって集まった同種の人たちでも、
あることには違った価値観を持つ方が当然だという『仮説』です。

c0107149_8314274.jpg

★NPOを造って、ちょうど2年半、いろんな地域から、いろんな人が集まっています。

今『笑って遊ぼうミキランド』というBERTが主宰する活動を、三木の共感する仲間たちで応援しようとしています。

いろんな方が自然に賛同されて、自然に集まってきます。
今朝も10時に集まります。
実際はミニSLをやる場所の決めるためにミニSLをやってくれる鉄道マニアの人が来てくれるのですが、三木さんさんまつりの方も、私は行きますという方も、
『粟生線の未来を考える市民の会』や
BERTのバトンリレーに共感して、
みっきぃマラソンでバトンリレーを展開しようという『さるとるさん』など・・・

みんなやりたいことのために集まってくるのです。
みっきぃマラソンとBERTが繋がる。そしてその中で吉川の子どもたちが緑が丘にやってくる。
さるとるさんのブログや、Facebook を見ていたらそんな感じです。

普通なら起こり得ないことが、現実に起こりつつあります。
それはみんな『参加される方にとって』 グッドタイムであるはずです。

みんな自分のやりたいことが実現するのは、グッドタイムなのだと思っています。
by rfuruya2 | 2012-01-28 07:35 | 発想、感想

楽しい総会をやろうとしています

★突然、こんな表ですが、何の表か、解らなくて当然です。

c0107149_743891.jpg

『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会に出席された方の間では、既にFacebook上でいろんなやりとりも流れています。もう始まっているのです。


★昨年暮れ
『粟生線の未来を考える市民の会』がみなさん少額ですが、
1000円の入会金を払って、
三木市を中心に140人余りが入会されています。
ネットでも募集したこともあって、共感する方は東京からも、遠くアメリカからも入会があったりしました。
c0107149_7381711.jpg

こんなイラストも
Facebookページも出来てスマートに進行しています。
c0107149_742484.jpg

新年会もこんなに和やかに開催されました。


★ただ、未だ正規の総会をやっていないので、
設立総会をやることがずっと懸案だったのですが
普通通常の『設立総会』などではオモシロくないといろいろなアイデアが出されていました。
『粟生線問題はなかなか難しい深刻な問題』です。
それをみけんに皺寄せて難しく議論などしていては、
いいアイデアなど絶対に生まれません。
兎に角『楽しくやろう』というのが、
世話人代表の山本先生の基本コンセプトで、

『走る電車の中で・・』とか…
『粟生まで行って・・・』とかいろいろあったのですが、
3両か4両連結の電車を借りてきて、
志染駅に留めて、
その電車を舞台に、
総会も、イベントも

いろいろやろうということになっているのです。

その中身など、未だ決まってはいないのですが、
25日の夜、そんな方向だけ決まったら翌日こんな素案が出たのが一番前の表なのです。
『総会』という文字もありますが、あとはみんな楽しい遊びみたいなものです。


★この内容が、これで決まっているわけではありません。
今からどんどん変わるかもしれませんが、
みんなでアイデアを出し合ったらいいと思います。
まず、電車が借りてこられるかどうか?
これが第1ですが、神戸電鉄の応援ですので多分大丈夫だろうと思っています。

4月中ごろ開催ということになるのだろうと思います。


★神戸電鉄も、活性化協議会も、行政も  
こんな市民の会の活動に是非協働して欲しいなと思っています。

いろんなところが笑顔で繋がれば
難しい問題も自然に解決するのだと思っています。
『すべての人が協働出来る』いいテーマだと思っています。
世の中には、熱烈な鉄道ファンはいっぱいですから、そんな人たちも巻き込めばいいと思います。

『ネットの持つスピード』に期待したいと思っています
by rfuruya2 | 2012-01-27 07:04 | 神戸電鉄粟生線問題

三木が動き出す実感

★三木に住んで40年近くになるが、
三木に関心を持ちだしたのはこの5年あまりのことである。

いろんな経緯があったが、
『さるとる』さんや、JJさんに出会って、何となく『やる気』になったのである。

『みっきぃふるさとふれあい公園』のコンセプトに共感して、
私のふるさとカワサキのバイクの世界に関連した、『新しい二輪文化の創造』を夢見て、
NPO The Good Times という
『物事の目標が実現する仕組み』の創造をスタートさせたのである。


NPO を造って2年半が経過した、
夢見た通り全国展開にもなりアメリカにも拠点が出来た。
『新しい公共』の旗を上げて、
兵庫県などが密接に関係する『孫文を語る会』との協働も実現した。
今年は、更にオモシロくなりそうである。


★昨日は、三木総合防災公園で、
c0107149_8211925.jpg

こんなメンバーが集まった。
兵庫県の防災企画局の方、三木総合防災公園のトップの方々、三木のオモシロい人たち、
これがBERTの呼びかけで集まったのである。

民間のBERTが目指す
バイクによる災害発生時の緊急救援組織の全国展開
という壮大な計画に、
兵庫県や阪神大震災の中心地神戸市が共感し、協働体制を取ったのである。
三木には総合防災施設も公園もある。

兵庫県から神戸市からこの運動をスタートし、
その訓練施設の第1号として三木からスタートしようとしている。
そして、その一環である『笑って遊ぼうミキランド』は遊びながら一般の人たちに災害に対する知識や行動を啓蒙しようという取り組みである。

このBERTの理事長片山敬済さんは二輪世界GPチャンピオンであり副理事長の廣岡さんともども、NPO The Good Times の会員さんだから、
三木のNPO の会員さんたちも協力しながら、
同時に三木を全国に広報しようと取り組んでいるのである。

既にいろんな媒体でBERTの活動は報道されている。
1月17日に神戸をスタートしたバトンは、
3月11日には岩手、宮城、福島の被災地にその間集められた募金とともに届けられ、
その活動は、9月まで続けられることになっている。



★『笑って遊ぼうミキランド』で使用する場所を決めるための現地視察で、三木総合防災公園のトップの方たちが協働して、案内して頂いたのである。
c0107149_8403286.jpg

『笑って遊ぼうミキランド』は輪のあるものを集めて遊ぼうというコンセプトで、自転車も三輪車も一輪車でも、車いすでもOKなのである。
ミニSLも走らすということで、
そのスケジュールが大丈夫な5月20日に決定した。

内容の具体的詰めは今からである。
三木側のチーフには、さまざまなイベントを手掛けている『さるとる』さんが当たってくれる。
その広報は、NPO The Good Times やFacebook などを駆使して、最先端の広報システムで展開する。

こんな市民、賢民が推進するプロジェクトに、
兵庫県、神戸市とともに是非三木市も協働をという声も強いのである。
既に、ボランタリー活動プラザみき の稲見所長は、この趣旨に賛同頂いて昨日の現地視察にもご参加頂いている。



★昨日の夜は、『粟生線の未来を考える市民の会』であった。
昨年末に立ちあがったこの会だが、未だ総会はやっていない。
そこらにある総会とは差別化した、楽しい遊び心いっぱいのモノにしたいという意見が強い。

未だ本決まりではないが、
神戸電鉄の3両か4両編成の電車』を借りて、志染駅に留めて
ライブを含めて楽しさいっぱいの総会にしようという方向だけは決まった。

2月の神戸電鉄活性化協議会の当日まで概要を纏めることになっている。
この中心メンバー達もみんなNPO The Good Times のメンバー達である。

ここにも『さるとる』さんは顔を出してくれている。

c0107149_914542.jpg


さるとるさんが最近作り始めたホームページ
日々進化していて楽しみである。

中味の進化しないホームページなどあまり意味がナイ。
これくらい動いているということは、現実に動いているということなのである。

そこには、BERTの活動もあるし

NPO The Good Times の項目もある。


神戸電鉄粟生線活性化も入ってきた


今までの活動とも合わせて
『みっきぃふるさとふれあい公園のコンセプト』なのである。

未だ仮称だが、完成すれば
みっきぃふるさとふれあい王国』と名付けられるかも知れない。

行政の主催も、市民の主催するイベントも、そのたどんな活動でも、
三木の中で展開されるものは全てその中に包含できるヨコイッセンのコンセプトなのである。


其れが楽しく『グッドタイム』なことならば、
日本でも、世界でも、行政でも、大企業でもみんなヨコイッセンで包括しているのが、
NPO The Good Times のトータルシステムなのである。

その活動の主役は、あくまでも活動される会員さんという、
一般のネットシステムと同じ仕組みなのである。
2年半経って、何となくそのイメージも具体的に湧いてきて、
いろんな方がそのシステムを使おうとされ出した。

三木もいよいよ動き出すかもしれない確かな実感を感じている
by rfuruya2 | 2012-01-26 08:20 | みっきいふるさとふれあい公園

伊達公子も錦織圭も来るよ

★三木総合防災公園のビーンズドームで行われるテニス大会に、
『伊達公子も錦織圭も来るよ』と
さるとるさんの『三木おもろいわ』にアップされている。

全豪オープンで大活躍で一躍話題になった直後なので盛り上がることだろう。

c0107149_6553533.jpg

フェドカップ、2月4、5日に伊達公子が来るらしい

そして、
c0107149_73135.jpg

2月10,11,12日の3日間は、昨年に続いてのデビスカップで、
錦織圭選手も出場する。

そして、そのチケット情報も。

これは、いずれも三木の情報をあちこちのサイトに発信し続けている 
ブログde みっきぃ のJJさんの情報からである


c0107149_7452137.jpg


★そんな情報を繋いで、今朝は私が発信している。

何でもない簡単なことのようだが、
こんな連携が取れて情報発信出来ているまちは、
日本でも、唯一三木だけだと自負している


3人とも、みんな繋いで楽しくいい時を過ごそうの NPO The Good Times の仲間なのである。

そして、このテニスカップの舞台になる『三木総合防災公園』では、
この1月17日に、『日本一周One Worldバトンリレー』をスタートさせた
BERTの『笑って遊ぼうミキランド』を5月に行う計画が進んでいる。

その三木側のキーパーソンがさるとるさんで、JJさんもその他NPOの三木の仲間たちがいっぱい参加応援してくれることになっている。
実は今日兵庫県の防災企画局の担当の方が現地に来られるのだが、その対応にはボランタリー活動プラザみき の稲見所長も出て頂けることになっている。
そんな市民による連携が自然に無理なく出来るようになっているのもオモシロい。


テニス大会が話題になり、
その舞台となる、ビーンズドムが、防災公園が、そして三木を広報するには絶好のチャンスなのである。

c0107149_7503134.jpg

★2月4日と、2月10日には、このテニスカップを利用して、
『笑って遊ぼうミキランド』の広報をやろうと、テニス協会に働きかけたが、直接のコラボは難しいようである。
でも既にそんな動きをして、先方から返事も頂いているのである。

然し、上手にやれば、
このテニス大会は『三木をうる』絶好のチャンスなのである。
何とかならんかな  などと思っている。


三木市は、何か考えておられるのだろうか?
by rfuruya2 | 2012-01-25 06:30 | みっきいふるさとふれあい公園

三木市長 並びに三木市役所のみなさんに

三木市長の薮本さんに、
そして役所の職員の方への手紙の積りで書いています


c0107149_9162563.jpg


★smile city MIKI と題して、さるとるさんが、
彼が新たに創ったホームページの中で書いています

c0107149_6582642.jpg


笑って遊ぼうミキランド』というBERTのプロジェクトが、
三木総合防災公園を舞台に既にスタートしています。

BERT???   という方が殆どでしょうが、
多分だんだんと全国区になると思います。
1月17日にスタートしたところですが、
既に神戸新聞にも、朝日新聞にも、Yahooニュースにも流れました。

その壮大なBERTのプロジェクトの一つが、
三木を舞台に展開されようとしています。



★『みっきいふるさとふれあい公園』というコンセプトが三木市にありました。

薮本市長の市長表彰を受け、当時のタウンミーテングでも、このテーマに絞って開催されたこともありました。
過去形で書いているのは、いまでは表彰された薮本さんもすっかりお忘れになったのではないかと思うからです。
c0107149_759138.jpg

その『みっきぃふるさとふれあい公園』が詳しくHPの中で紹介されています

私個人は、このコンセプトが発表された時から共感し、
ずっと今までちゃんとカテゴリーを造って、187回も追っかけてきました
今回のBERTの三木での活動は、
そのコンセプト拡大の大きなチャンスだと思っています。
NPO The Good Times のシステムも、
その会員さんも、2年半の間にその基盤も出来ました。

このBERTの活動に呼応して、
『みっきぃふるさとふれあい公園』のコンセプトを、
行政が推進しないのなら、
『賢民運動』としてBERTとともに歩んでみようと思っているのです


★明日午後兵庫県の防災企画局の方が、
BERTの理事長、副理事長とともに三木に来られます。
ボランタリ活動プラザみき の稲見所長などが、対応して頂けます。

『笑って遊ぼうミキランド』も
『みっきぃふるさとふれあい公園』という大きなコンセプトの一環として、
『賢民活動』として、
『NPO The Good Times活動の一環』として、展開しようとしています。

今年のNPO The Good Times の新年会は有馬で、東京からも三木からも
そしてBERTの理事長も副理事長も、
大物国会議員の先生方とも対等以上に話のできる全国オートバイ協同組合連合会の吉田純一会長も、みんなNPOの会員の資格でヨコイッセンの集まりでした。
c0107149_823923.jpg

めちゃ楽しい会合でした。


★『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しくいい時を過ごそう』

どんなものでも、どんな所とでも、
横一線に繋がるのがネットの素晴らしさです。
いよいよ念願の
『みっきぃふるさとふれあい公園』と具体的に繋がった活動になる可能性が見えてきました。


『みっきぃふるさとふれあい公園』どんなコンセプトなのか?

● 当時は、三木市を上げて誇らしげに語っていました。

市長が最後に講評しました。
「 今日は本当にうれしかった。今までフラフラになにらがらも、職員に訴えかけていたことが、全く伝わっていないのではないかと、毎日が不安で不安で仕方がなかった。しかし、その不安はもうなくなりました。若い世代が隣に声をかけあい集まり、市民の事、三木市の事を考え、自分達の思いや考えをまとめ、それを中堅どころや管理職がしっかりサポートし、ひとつの形にしてくれた。完成度も非常に高い。この企画は必ず実現すると信じています。今日は本当にうれしかった。」
今は、どう思われているのでしょうか?


● 三木市のホームページの扱いも大々的でした


みっきぃふるさとふれあい公園

”みっきぃふるさとふれあい公園”は、訪れる人みんなを笑顔にする不思議な公園。そこでは、みんなの笑顔が耐えません。
公園のコンセプトは、”ハーモニー”と”笑顔”。

この公園には、緑、水辺といった自然空間がいっぱい。
自然空間と人の手が入った人工物が見事に調和して、ハーモニーを奏でます。

園内には、メイト(管理者)のみなさんが丹精込めて育てた色とりどりの花々が、ところ狭しと咲き乱れ、その花々は園路にも広がって、その様子は、さながらお花畑。道ゆく人は、その様子に気持ちが和みます。


道ゆけば、ひとやすみしたいなと思うのが人の常。そう思うや、前に見えるは風情のある東屋(あずまや)。
春の桜、秋の紅葉等の絶景を愛でながら、立ててくれたお茶をすすれば、この上ない至福の時を感じます。
いたるところに遊び場があり、子供だけでなく、お父ちゃん、お母ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん、みんなの笑顔が広がります。

園内を見渡せる展望台から”みっきぃふるさとふれあい公園”を見ると、いつしか悩んでいる自分を忘れさせ、笑顔を与えてくれます。
”みっきぃふるさとふれあい公園”
それはみんなを笑顔にしてくれる公園です。その公園とは、三木市そのものです。
あなたの笑顔がここにあります。


『笑って遊ぼうミキランド』
同じコンセプトだと思いませんか?
役所のみなさん、一緒に活動したいと、お誘いしているのです。

みっきぃマラソンも、三木総合防災公園での開催です。
by rfuruya2 | 2012-01-24 06:46 | みっきいふるさとふれあい公園

今朝見たネットの写真から

★今朝見たネットの写真から、いろいろ

c0107149_6374267.jpg

KANSAI GENKI! PROJECT という人気Facebookページ
に載ってた写真だが、
このページに三木のブログdeみっきぃ のJJさんが個人で三木の写真いっぱい投稿されているのをご存じの方は少ないだろう。
三木をうるために地道な努力がなされている。
三木市役所の人、ご存じかな?



c0107149_6474230.jpg
 
コニシロクタンブラー 
『写真と言葉と、ときどきエロス』のエロスです。
なかなかのセンスだと思ってます。綺麗な写真いっぱい。



c0107149_6521230.jpg

『草花の詩』
これは、写真専門だから、いつも写真は素晴らしい。是非ご覧ください。




c0107149_6565252.jpg

これはカワサキのレース関係者なのだが
写真はいつも綺麗。



c0107149_6595827.jpg

カワサキが出たついでに、これは私と同年齢の元チームグリーン監督、
thiraiさんのブログから
このころは、私もまたレ―スの世界に首を突っ込んでいた懐かしいころである。
これは塚本、相棒の北川はその後スズキに移って、二度も世界一になったりした。
二人とも、いままた、Facebook ネットの世界で繋がっている。



c0107149_78263.png

丸いレモンがあるらしい。
これは武雄の話。



c0107149_713826.jpg

チーム三平優勝、県大会へ! おめでとう。
『三平』とは???と思っていたが、『三樹』と『平田』小学校の合併チームだとか。
さるとるさんが、熱っぽく、追っかけてる。



c0107149_720317.jpg

多分、同じぐらいの学年だが、圧倒的に大きいはず、キーパー。
完食 などと書いているが、
こんなに食わすから、こんなに肥える。
末っ子に、無性に甘過ぎるのでは??
Danthree in California
by rfuruya2 | 2012-01-23 07:24 | 生活

新しい公共をめざして

★『新しい公共』をめざして活動中のNPO The Good Times だが、

そんな大仰なテーマを目指しているにも関わらず、
堅苦しい雰囲気など微塵もなく、
常に明るく、フリーで、柔軟なムードで、全てのことが進行するのがいい。

コンセプトは確りとみんなが共有するが、計画などは殆ど立てたことがナイ。
全てがぶっつけ本番なのである。

世の中の、企業や行政のやり方は、ちょうど正反対である。
計画を立てることが仕事だと『錯覚している』ように思えてならない。
そんなのは単なる『一作業』なのである。
計画が出来、組織が出来、会議があって、イベントもやるが、お金は使うが、
肝心の『目指す目標は一向に実現しない』のが普通である。



★その正反対を行こうとしている、NPOである。

『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しくいい時を過ごそう』
『新しい公共』も楽しくいい時が過ごせないようでは意味がナイ。

NPOだが、行政などからは一切補助金などは頂かない。
企業に寄付などたかったりもしない。
個人1000円、グループ1万円の入会金以外一切収入はない。
然し、全国展開、世界展開なのである。
更に、お金が余ってしまうので、
『新しい公共』目指して活動するグル―プには、
頂いた入会金の殆どをNPOが助成している
世にも不思議なNPO The Good Times なのである。


★なぜ、そんなことが出来るのか?

そんなことが出来るように『仕組んでいる』からである
NPO The Good Times の仕組みは最高に上手く出来あがっている。

だから、兵庫県なども密接に関係する行政のような『孫文を語る会』でも、
ちゃんと、小さなNPOにプロジェクト申請されて、協働されるのである。

昨今、大阪の橋下さんが『仕組み』という言葉をしょっちゅう使われるのだが、
橋下さんの『仕組み』はホンモノである。
ちゃんと『目指す目標が実現する』方向に仕組まれている。

一般に行政では、システムとか仕組みとか、
言葉は使うがその本質が解っていない。
その通りやっても『目指す目標が実現しない』ような仕組みは、
『仕組み』と言ってはいけないのである。


★今年は、出来れば地元の三木で、
『新しい公共』構築の仕組みが出来ないかな?と思っている。

長年『みっきぃふるさとふれあい公園』のコンセプトに共感して、いろいろやってきた。でもそれは、『仕組み』としては出来あがっていない。

今年は、BERT が、三木総合防災公園を舞台に活動を展開する。
その一環として『笑って遊ぼうミキランド』なるイベントの実施も検討されていて、
それを三木のメンバー達が手伝うことになりそうだ。

25日には、兵庫県の防災企画局の担当者の方が三木に来られる。
対応して頂く方は、ボランタリー活動プラザみきの稲見さん、三木市役所で広報担当のJJさんが当日どうしても都合の付かないさるとるさんの代わりに、みんなNPOの会員さんである。
c0107149_9285894.jpg

このプロジェクトの実施を契機として、
『三木に新しい総合的な仕組み』が出来たらと思っている
既に、それはスタートしはじめてている。
行政が協働してくれば、仲間に入って貰ってもいい。
行政などに頼らなくても、十分そんな『仕組み』は可能なのである。
賢民が集まれば、何事も可能なのである。
既に、沢山の賢民が仲間にいっぱいいる。

大阪の橋下さんは、
国に頼らなくても独自にその『仕組み構築』をスタートさせた。
これもベースにあるのは民衆の力である。




★昨日は
NPO The Good Times の新年会だった。いいスタートが切れた

異種、異質、異地域から集まった20人ほどだが、
国会議員の先生方と対等以上に話せる全国区の会長さんも、
兵庫県や神戸市となら仲良く話せる人たちも、
バイクが好きな人たちが主力だが、
三木からも私を含めて数人が出席なのである。
みんなが集まれば相当な力なのである。
c0107149_7514867.jpg

by rfuruya2 | 2012-01-22 07:50 | NPO The Good Times