雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

日本一のIT戦略地『三木』を目指して

★今朝のもう一つのブログのアクセスは863にもなった。

なぜ?
検索ワードには、ずらりと『徳島、IT』 などが並んでいる

ずっと以前に書いた『徳島県のIT戦略』というブログが、検索すると上位に現れるからだろう。


ITとは何か?
それすら、あまり解らぬままにアップしているブログである。
改めて調べてみたら

"Information Technology"
つまり、「情報技術」ということです。


とあった。

情報技術に関しては、
必ずしも都会でない徳島県の神山町でも、十分機能するので、そんな方面で頑張っているということだったのである。





★最近の情報社会はまさしくその通りなのである。

今私のいる三木などでも、
少なくとも市民の間での情報活動は、
『日本の最先端を走っている』と思っている。

単に、ネットをやっているというレベルから一歩抜け出して、
『繫がって動いている』し、具体的な活動や、イベントが
『実現している』のである。


今年になって、Facebook を中心に更にその動きは加速している。

『粟生線の未来を考える市民の会』

『e-まちネット@みき』

『笑って遊ぼうミキランド』

『未来にはばたくみっきぃタウン』

これらの動きに、三木市も3月からは
『みっきぃ情報ミュージアム』もスタートさせたが、現時点では行政のサイトよりも市民のサイトの方が数でもその内容でも上回っているのが現状なのである。



そして、昨日から
『二輪文化を語る会』も一般公開して、スタートさせたのである。

『二輪文化を語る会』のメンバーは100名を越えた全国区で、
こんな日本の二輪業界の有名人たちもいっぱいだが
そのうちの70名以上が、NPOのメンバー達なのである。
三木の人たちも、勿論いっぱいいて、みんなそれぞれのサイト、グループでも活動中である。



★次々と
こんなサイトがスタートし機能しているが、
その中枢のメンバー達が
NPO The Good Times のメンバーたちなのである。
オモシロく、且つユニークな人たちばかりなのである。
c0107149_8551545.jpg

特に
『未来にはばたくみっきぃタウン』

三木の全てのIT関連を包含できるコンセプトで、
それを主宰して引っ張っているのは、
三木市役所に勤め、三木のイベントや数々の活動に関係している
『さるとる』さんこと、森田優くんで

NPO The Good Times のアドバイザーでもあり、
『笑って遊ぼうミキランド』の実行委員長でもある。

未だ30代の若さだが、実行力抜群なので、こんな大舞台でも十分回せると思っている。
既に、FMみっきぃや、ボランタリー活動プラザみきの中枢メンバー達も参加していて、
どんどん進んでいる。

こんなメンバー達も参加してくることになりそうである。


c0107149_917432.jpg
c0107149_9171717.jpg
c0107149_9173094.jpg







★そのうちに、三木も

『徳島IT』に負けないような、オモシロい、ユニークな
『日本の先頭を走る』まさに
『三木 おもろいわ』になればいいと思っている。

by rfuruya2 | 2012-03-31 07:50 | 発想、感想

繫がる『輪』

★昨日は、午後川崎重工のOB会の相信会でした。

こちらのブログにもアップしましたが、
地震に関しての記念講演もありました。

東日本大震災の大きさを改めて感じました。
そのデータ―です。
阪神大震災とは比較できないほどの規模と広がりです。
c0107149_9124988.jpg

3番目に大きい点線の部分が東日本大震災、一番小さいのが阪神大震災です。


三木市が瓦礫を引き受けるとか
いろんな条件が付いていますが、個人的には賛成です。




Facebook のオーナーが昨日は野田総理を訪ねたようです
c0107149_92936100.jpg


Facebookも日本でようやく1000万人を超えましたが、
世界では、既に8人に1人がメンバーだそうです。
私の周囲では、結構多くの方がFBのメンバーです。

現役時代、ずっと関わってきた二輪に関して、
『二輪文化を語る会』というグループを3月11日に12人のメンバーで、Facebookの中に、立ちあげました

昨日、今日と二輪に関係の方を中心にご招待をしました。
今、ちょうど100人になりました。

非公開のグループですが、三木の方もいっぱいです。
昨日、ブログでご招待した、ストライダーのhigemoyashiさんも既にメンバーです。

NPO The Good Times のメンバーが78人ですから、その中心を形成しています。





繋がる『輪』、輪が二つ繋がれば『二輪』です。
楽しく、ユニークな活動が出来ればと思いますし、
それを具体化出来る仕組み、システムが構築できればいいなと思っています。
よろしく、ご協力下さい。


今朝、こんなご挨拶をしています。
Facebook というシステムがあって、初めて可能です。
どんどん繋がって『輪』が大きくなります。

『未来にはばたくみっきぃタウン』も
『笑って遊ぼうミキランド』も
『粟生線の未来を考える市民の会』も、
自然に楽しく、その輪が広がるのがいいなと思っています。

『二輪文化を語る会』も負けずに頑張りたいなと思っています。
by rfuruya2 | 2012-03-30 09:42 | 発想、感想

ストライダー

★先日、さるとるさんがアップしていた『ストライダー』

そのホームページを見てみました


c0107149_6422833.jpg

ストライダーには怪我をする要因であるペダル、チェーン類、スプロケット類、ケーブル類は 一切付属しておりません。
また超軽量で低重心の車体設計は安定性があり転倒しにくくつくられていますので、小さなお子様にも安心してご利用頂けます。


c0107149_6561437.jpg

ペダルが無く、超軽量、低重心のストライダー は、倒れそうになっても簡単に足で支えられます。慣れてくると徐々にスピードがあがると更に安定感が生まれ、バランス感覚を養う事が可能です。

c0107149_6563439.jpg

三輪車や補助輪付き自転車に乗り馴れると、なかなか自転車に乗り換えられませんでしたがストライダーでバランス感覚やスピード感を養う事に寄ってスムーズに自転車に乗り換える事ができます。


★と書かれています。

未だ見たこともないのですが、
これはなかなかイイ』 
と応援しようと思っています。


不思議なご縁ですが、
『三木をストライダーのメッカにしたい』 と言っておられる
higemoyashiさんと

みっきぃ情報ミュージアム』でトモダチになり
メッセージを頂いたりしています。

今度の『笑って遊ぼうミキランド』でも、繋がるのだと思いますが・・・・



一番いいな と思っているのは、

これは自転車よりは、 バイクです。
ストライダーに慣れ親しんだ子どもたちは、
将来、バイクにも親しみを覚えると思うからです。

長く二輪の世界にいましたが、
日本に新しい『二輪文化』を創りたくて、
いま、Facebook の中に『二輪文化を語る会』というグループを立ちあげています。

さるとるさんも『三木をストライダーのメッカにしたい』と張り切っておられるので、
昨日、『二輪文化を語る会』にご招待しました。

いつの日にか
『三木が二輪のメッカ』になればいいなと思ったりしています。
by rfuruya2 | 2012-03-29 07:45 | みっきいふるさとふれあい公園

山陽病院に1泊入院でした

★昨日は山陽病院で、大腸の検査でした。

先日、母が山陽病院に入院してお世話になりました。
そんなことで病院に行ったものですから、
胃カメラの検査でもと思って申し込んだら、
先生が『ついでに大腸も、CTも』と仰るので受診することになったのです。


胃腸は至って丈夫ですし、
腸の検査など、どんなものかと好奇心いっぱいで
『未体験分野の体験』が出来ると、気軽にワクワク感で、出かけたのですが、

『まさか1泊どまり』の入院になるとは予想もしませんでした。


★まさに『予想に反して』

ポリーブが3つもあって、それを除去したので1泊になったのです。

いずれも良性ですから、問題はなかったのですが、若し残しておけば、がんになる可能性もあるそうです。ラッキーでした。


ラッキーと言えば、担当の先生は母がお世話になってる三宅先生でしたので、非常に気が楽でした。
たまたま、個室しか空いてなくて、ホテルに一泊したような感じでした。

c0107149_1225316.jpg
c0107149_1231156.jpg

最近の病院はホントに綺麗です。



★病院では、たまたま診察に来ておられた元教育長の井本先生とお会いして、
いろんなお話が出来たのはよかったです。

山陽病院の合田婦長さんともお会い出来てお話しが出来ました。


井本先生とは教育委員長のころにいろいろお世話になりましたし、
合田婦長さんは、Kwakkyさんのお知り合いで、
私と同じ町内にお住まいですし、
ブログ友達でもあるのです。

この私のブログも、お読みになっていて、検査を受けるのをご存じだったようです。

こんなブログをずっと発信されています


病院に行っても、何となく知った方とお会いが出来て、
共通の話題でお話しできるのは、これはネットをいろいろやってるよさだと思います。

そんな1泊入院でした。
by rfuruya2 | 2012-03-28 12:02 | みっきいふるさとふれあい公園

ストライダーと・・・・

c0107149_6583713.jpg


★今朝の『さるとるさん』のブログは、
ストライダーについて書いてます

上の写真は、その中からです。

先日、『さるとるさん』に電話して、
『ストライダー』のこと話したのですが、
その時はその名前が思い出せなくて、
足で漕ぐ自転車  などと訳の分らぬことを言ったのですが、

別のルートで、三木の方と繋がったようです。
私が入手した情報は、
小野の方が田んぼにコースを造ってやってるという話でした。




いずれにしても、
5月20日の『笑って遊ぼうミキランド』
で登場頂けないかと思ったからなのです。


三木にもやっておられる方がいて、何よりでした。
今日、お会いになるとか。

その方のお名前は、『higemoyashi』さん
何処かで見たなと思ったら、

みっきぃ情報ミュージアム のメンバーでした。

FICUS RACING
一言メッセージ ランニングバイク発展の為日々頑張っています。
自己紹介 三木市を拠点にSTRIDERチームFICUS RACING(ランイングバイク)を立ち上げ活動しています。
2-5才を対象にランニングバイクの楽しさを少しでも多くの方に知ってもらえるよう頑張っています。
イベントなども開催予定しております。


と自己紹介されています。

ブログもおやりのようですし、
ネットの世界は不思議なほど繋がるものです。

下の写真は、『みっきぃ情報ミュージアム』に、
『higemoyashi』さん が使われているものです。
c0107149_6534188.jpg


★4月29日には

グリーンピア三木でストライダーの大会が開催されるようですが、
こんな子どもたちの大会が開催されるのはいいなと思っています。

同じ『輪のある二輪車』ですし、
小さい時からから、こんなスポーツに馴染んだ子どもたちが、
大人になったら『楽しいバイクの世界』に繋がっていけばいいなと思っています。

日本もだんだんと、アメリカの雰囲気に近づいてきたように思います。


c0107149_7544325.jpg

★これは大人の二輪の世界ですが、

『月木ノ日記』からです。

懐かしい人、いっぱいでした。


『雑感日記』がリンクされていて
そこからいっぱいアクセス、ありました。

繋がっていくものです。
by rfuruya2 | 2012-03-27 06:53 | みっきいふるさとふれあい公園

今朝のネット情報 いろいろ

★今朝の『さるとるさんのブログ
c0107149_6324857.jpg


こんな写真が載って、小野で行われた三輪車の3時間耐久レースの話です。

このレースがあることは、
私も池田さんの『ネット情報』で知っていましたが、
現場まで出かけて見てくるなど、流石『さるとるさん』です。


5月20日に三木総合防災公園で行われる
『笑って遊ぼうミキランド』では、
『輪』のある乗りもののイベントが考えられていて、
その関係者たちが、次の様なコメントのやりとりです。

c0107149_6291971.jpg


池田 博文
神戸新聞の三木版の記事から
小野の三輪車3時間耐久レースが今日開催だそうです。
.
あなたと腰山 峰子さん、井上 章二さん、Michio Toyamaさん、他2人が「いいね!」と言っています。.

片山 敬済
課題だった、自転車の「耐久性」を見たいですね。

森田 優
みてきました。賑わいの雰囲気作りができていて面白かったです。
三輪車は大人用のものでしたね。
いろいろ参考になりました。

腰山 峰子
委員長、是非ご教授ください。よろしくお願いします。

池田 博文
さるとるさんご苦労様です。
いい企画期待してます(^^)
今日、見に行けたら良かったのですが、あいにく大学生の子どもの引越しに付き合ってました。






★この件、私はこうしてヨコで眺めているだけなのですが、
全体の進展が、ちゃんと解るところが、ネット情報のよさなのです。

私のほかにもいっぱいご覧になってる人はいますので。
その人たちの中で、その情報は『共有』されているところがいいのです。

The Good Times tumblr という
仲間たちのブログなど『情報発信の集約』されたサイトもあって、
仲間たちの動きや、発想が居ながらにして摘まめます。

メールなどと違って、見ているだけで、
特に反応しなくてもいい手軽さが最高です。

そんな私の情報収集に中から一部だけ、
ブログなどで発信、ご紹介をしています。




c0107149_6541480.jpg


★この写真は、アメリカからですが、

孫の末っ子の小学生チーム優勝したようです

そのコーチを務めたのが長男だとか、
小学生6年のくせして、高校生の長男と同じ背丈です。
ヨコにいる同級生はカワイイですね。

PK戦を二つセーブして、自ら勝ち取った優勝のようで、
特にご満悦の表情です。


ネットの世界は、
アメリカも、三木の出来事も全く同じです。
その距離は、まったく感じられません。

c0107149_742467.jpg


★これはまた、ホットな情報

『粟生線』に関するもの
それもRACDAの岡将男さん、専門家の発言です。

c0107149_7461745.jpg


岡 將男
粟生線は5月から大幅に間引き運転になると今日発表していますね。昼間は志染以西は1時間に1本ですよ。これは使えませんね。

まあ、いわば廃止するぞとのメッセージですよ。
このダイヤ改悪にいち早く異を唱えないと、このままだと、三木市は鉄道のないさびれた町になりますね。今動かないと間に合いませんよ


あなたと臼井 圭一さん、池田 博文さん、伊藤 智寿さん、他11人が「いいね!」と言っています。


詩うた 桃もも
かなり、困ります
。・゜・(ノД`)・゜・。
バスも1時間に1本だし、、。
余計に若者が来にくくなりますね(悲)

伊藤 智寿
皆さんどうして怒らないで受け入れてしまうんでしょうか。意見しても変わらないと思っているのでしょうか。
皆で声を上げて、話題にするチャンスだと、プラスに考えてどんどん議題にするべきだとおもいます。
上野さんの動きに便乗します。

松本 英隆
久々に2002年のKATT関西圏時刻表を引っ張り出してきて粟生線の時刻表を見てみました。当時は毎時4本のうち2本が三木止めで残り2本が粟生まで。4本中3本は準急となっていました。
輸送状況からして2002年当時のダイヤに戻すというのが一般的だと思うのですがねぇ。
県側の貸付条件が返って鉄道環境を悪化させているようでなりません。

上野 真哉
松本さんに同意します。



三木市長は、今年度の施政方針でも『粟生線問題』は重要課題に位置付けています。
本件、どのように考えているのでしょうか?
このブログも、間違いなく三木市役所のどなたかは、お読みになるのでしょうが、
具体的な反応がナイところが、『今の三木市の問題点』だと思います

どんなことになるのでしょうか?
by rfuruya2 | 2012-03-26 07:07

終日、三木のまちにいました

★昨日は終日三木のまちをウロウロしていました。
c0107149_772857.jpg

午前中はボランタリー活動プラザみき でFacebook の入門講座、綿谷さんの講義を聞きました。
小巻さんも、松盛さんにも、会えました。

e-まちネット@みき もスタートして半年。
どんどんその内容は充実していますが、

今年は、どーんと飛躍しようという
『打ち合わせ』みたいなのを講習後やりました。

ご期待ください。

c0107149_7161947.jpg

そのあと山陽病院に、
母が今入院しています。その書類を届けに行きました。

c0107149_7184412.jpg

こんな綺麗な庭のあるお店で独り昼食

c0107149_719555.jpg

未だ蕾の桜、 美嚢川のすぐよこの旧玉置邸で開かれたリレートークに参加しました。






c0107149_7215917.jpg

こんなチラシを井上章二さんに頂いたので、覗いてみたのです。


★知らぬ世界の勉強が出来ました。

景観とは、環境とは、自分の住んでいるまちとは、
『楽しむ』などの言葉も出ました。

c0107149_7474651.jpg

井上章二さんの司会で始まったこのリレートーク
チラシには30名とありましたが、総勢50名の盛況でした。




★一番印象に残った話、は『三木鉄道の駅舎』のこと。

三木鉄道の廃止には、私は反対で当時は蜜月であった薮本さんに、
市長メールでも、市長デスクでも、
『存続される』ように説得したのを想い出します。

井上章二さんとお会いできたのも、
『三木鉄道存続』を言われていた井上章二さんを見つけたからなのです。

『薮本さんが一番間違った政策』がこの三木鉄道の廃止であったことは間違いありません。
90年の歴史があった遺跡のような三木鉄道は二度と戻りませんし、
その跡地整備費に12億円の予算計上というビックリするようなことに繋がっています。

神戸電鉄問題も、
三木鉄道の延長線上にある問題だと思います。
公共鉄道』に対する理念の欠如と言わざるを得ないと思います。
アンケートで決めるような問題ではないのです。

c0107149_823254.jpg


この写真は元の三木鉄道の駅舎と、今回造られた駅舎の写真ですが、

『駅舎の後ろに山はなかった』のに。
『今の駅舎の後ろには山が写っている』
このあたりが『景観』なのだというのです。

後ろに山でも違うのだが、ビルでも入ると全然違ったものになる。
『景観』に対する考え方とは、そのようなものだそうです。


c0107149_8115153.jpg

Facebookでトモダチの石田さんともお会いできました。

c0107149_81316100.jpg

三木のまちに今もある湧水、洗濯場です。

c0107149_8141696.jpg

旧小河邸別邸です。



★一連のリレートーク。

城下町まちづくり協議会のみなさんも、
講師になられた
県の景観形成室の方や
ヘリテ―ジマネージャーの方たちからも、指摘がありましたが、

『三木市が景観条例』に関しては無関心というか、
『まちの景観』など今の市の状況ではやっておれないと逃げてしまっているという

指摘がありました。

三木市としてもそれなりの理由があるのでしょうが、
『なぜそうなっているのか?』
明確に、その理由を市民に説明する義務があるのでしょう。

総じて『三木市』は、市民に対する説明責任が果たされていないように思っています。



★三木のまちでブラブラしていた1日

いい1日でした。
by rfuruya2 | 2012-03-25 08:39 | みっきいふるさとふれあい公園

孫自慢

★アメリカに3人、鎌倉に一人、男の子ばかりの孫4人である。

それぞれみんないいところがあっていいのだが、

アメリカの一番下の孫、哲也だけが、
『大きいばかりで』自慢するところがナイなと思っていた。

体だけは無茶苦茶大きいのだが、
性格はおっとりして慎重、危ないことはしない。
動作も緩慢、
何年か前のことだが、徒競争では私が勝ったし、
公園の急な階段は危ないと言って下りてこないのである。

そのころからサッカーはしていて、
『体が大きいから』ずっとキーパーをしていた。
『体が大きいから』と言ったら、
末っ子にはめちゃ甘い娘が、
『体が大きいからではありません。哲ちゃんはキーパーが好きなのです』

c0107149_7574653.jpg

何年か前の写真だが、三木で遊んでいた時もキーパーだった。



★そんな孫なのだが、
アメリカのオリンピックの強化候補選手に選ばれたというのである。

ホントにビックリして
信じられないこと』というブログをアップした。

その時も、『体が大きい』という可能性を信じて、
『セレクトするアメリカのおおらかさ』
などと書いているのだが、

今朝の娘のブログは、その練習風景である

c0107149_871193.jpg

その写真を見ても、ひと際大きいのである。
左の方でアタマ一つ出ているのが、哲だろう。
用意されたユニホームが全て小さくて、入らなかったらしい。

c0107149_89182.jpg

キーパーの中でもひと際大きい。

c0107149_894040.jpg

8人の中で、選ばれるのは2人だそうだが

c0107149_8124956.jpg

ちゃんと英語で指示も出来たし、好プレーも出来たようである。

c0107149_8165778.jpg

たった一人の日本人だが、みんなと溶け込んでトモダチになれたのはよかったと思っている。



★選ばれるに越したことはナイが、上を見たらキリがないのである。

この年代で、こんな経験をしたことが、宝物なのだと思う。
小学生、確か6年生だと思うが、

無茶苦茶肥えていたのに、幾らかスマートになった。
こんな経験をすると、ちょっと食うのも控えて、
ダイエットが成功するかも知れない。


一番、『自慢できない』と思っていた
『おっとりした孫』が
一番 孫自慢出来る孫 に変身した。

なんせ、 『オリンピック強化候補』なのである。


でも、哲は日本人なのである。
アメリカ人にならないと、オリンピックには出られない。
なのに、候補選手に選ぶところが、如何にも アメリカらしい。


若し、候補になったりしたら、
『アメリカ人』になってしまうのだろうか?
by rfuruya2 | 2012-03-24 08:27 | 生活

どなたでも参加出来る『楽しい総会』です

c0107149_7161698.jpg

『粟生線の未来を考える市民の会』
昨年11月にスタートしましたが、
順調に会員を増やして150名を超えました。

そのFacebook ページの広報も賑やかです


来る4月15日の日曜日に
粟生駅のすぐ横にある『あお陶遊館』で
その発会と総会を行うことになりました。

そのご案内は以下の通りです。



c0107149_734452.jpg



世の中の『総会』とはちょっと差別化された
楽しくユニークな総会です


● 先日の『粟生線のシンポジューム』でも特にオモシロかった
 RACDA の岡将男さんの講演も

● 全員参加のワークショップも

● 総会はそのあと、ちょっとだけ
c0107149_7392817.jpg

● 昼からは、会場を三木の
『旧小河家別邸』に移しての『お花見交流会』

● その往復は神戸電鉄に乗っての移動です。

● そして、どなたでも当日『飛び入り参加OK』です。
 ぜひ、ご関心のある方大勢ご参加ください。
 

未来にはばたくみっきぃタウン』のメンバーの方で、未だ会員になっておられない方、
この機会にぜひご参加ください。

5月20日の『笑って遊ぼうミキランド』の方たちも。


どちらも『オモシロい人』沢山ですから、みんなで盛り上げたいと思います。
ぜひ、ご参加を!!



★ネット社会のよさですね。

会員の中には東京や遠くアメリカの方もおられますが、
企画の内容など、詳しくご報告できます。

いよいよその具体的な活動が始まることが、期待されます。
by rfuruya2 | 2012-03-23 07:56 | 神戸電鉄粟生線問題

Facebook への対応

★今朝の武雄市長物語、『日経ビジネスのこんな記事』が紹介されている。

その一部を抜粋する。


「混沌が活力を生み、新しい価値を創る。そんな場を作り続けたい」


「フェイスブックやツイッターを使うと、普段は知らない情報や、考えもしなかった提案が次々と飛び込んでくる。今の立場で自分の意見を表明すると、異論も多いけれど、それがいい。外からの刺激や風圧によって、摩擦が生まれ、それが新たな活力につながる」

樋渡氏は、地域にとって異質のモノをあえて取り込み、価値観が凝り固まった市役所の組織を外部から変えようとしている。

画一的な価値観の人間が集まっても、新しい発想やアイデアはあまり出てこない。
むしろ、自分とは全く異なった考えや思想の人間が集まり、色々な摩擦がある方が、活力が生まれる。

前例踏襲主義が染み付いていた市職員の意識は変化し、彼らから次々とユニークな施策のアイデアが自発的に飛び出すようになった。


c0107149_7334498.jpg


武雄市のFacebookページ。ご覧になってみて下さい。

こんなに活発で、既に12000人を超す人たちが『いいね』と言っている。



全国のFacebookに参加している人たちも既に下表の倍のに近い1000万人を越えたという。
c0107149_7514174.jpg

その分布をみると、都会ほど高いという傾向が見られる。


武雄と三木、
樋渡啓祐市長と薮本吉秀市長は同じ年に、市長になられた。
一時は、提携したり職員の相互乗り入れなどの関係にあったのだが、
今では、いろんな意味で
完全に差が付いたと言わざるを得ないだろう。

特に、情報発信に対する市長のスタンスが歴然である。
三木市はつい最近
職場の中で、Facebookが見れなくなってしまったようである


上表を見ても解るように、
地方はFacebookなどでも遅れているのだが、
三木市に関して言えば、役所はともかく、
民間の市民の間では結構普及して活発なようにも思う。


『未来にはばたくみっきぃタウン』

『e-まちネット@みき』

『粟生線の未来を考える市民の会』

『三木市』

『NPO The Good Times 』

などなど活発で、毎日いろんな形で情報発信され、お互いが繋がっている。


このままでは、行政の『三木市』だけが、
『田舎町』として取り残されてしまうのではなかろうか?


そんな、情報が入らない環境に自らを追い込んでしまっているように思えてならないのである。
by rfuruya2 | 2012-03-22 08:38