雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

NPO The Good Times の4年目

★NPO The Good Times の4年目が始まって1ヶ月目の7月も今日で終わりである。


今年は4年目、個人的には70歳代の最後の1年、現役時代を思い出して頑張る、と宣言している。


このNPO も世の中にはあまり存在しない独特のものだから、
殆どの方は名前は聞くがホントのところは殆どお解りになっていないと思うが、この3年間何となく形は整ってきた。

●団体会員は約80グループ、個人会員は7000人を超えて日本だけでなく世界展開となっている。
●NPO The Good Times は、システムそのものだから、NPO 自体はシステム向上以外何もしない。
●そのシステム構成は、ブログやFacebook やあまりほかではやっていないtumblrなど、
ツイッターはフォロワー24万人になりそれなりの情報発信力になっている。
●NPO は何もしないが、その会員の特に『団体会員プロジェクト』は、具体的に動き出している。




★昨日は川崎重工のOB会、相信会があって、田崎雅元さんともしばらくぶりに会った。
会えば話に出るのは、
孫文を語る会』昨年末立ち上げたNPO のプロジェクトのことである。

c0107149_97258.jpg


理事長は田崎さんだが、副理事長は元兵庫県副知事の斎藤さん、メンバーには貝原さんも、井戸さんも、神戸市の矢田さんも入っている。

活動は順調のようである。
不思議な話だがNPO The Good Times がこんな団体に資金的に支援しているのである。
幾ら? 設立以来270万円ほど。ホントか?と思われるか知らないがホントなのである。

昨日も、田崎さんから現金が200万円ぐらい貯まったのでやり易くなったという話になった。
孫文を語る会の集めてくれた3000人の会員の会費300万円のうち90%をNPO The Good Times から支援しているのである。

若し1万人集めたら1000万円、そのうちの900万円を支援する。
逆に言えば、上手に多くの人たちから資金を集める仕組みなのである。
個人会員入会金1000円で終身会員、すべての団体会員の出す特典など享受できる。
10万人集めたら1億円である。東北支援などのプロジェクトなら100万人もそんなに、難しくもないのでは・・・

プロジェクトとはそんな仕組みなのである

『孫文を語る会』から、NPO The Good Times に
プロジェクト申請があり、NPOの理事会で承認されたので、90%の支援を行っているのである。
行政との立場が完全に逆転している形になっている。

そんな実績を踏まえて『新しい公共』と言っている。
それを実現するためには、行政側の『発想の転換』が必要なのである。

三木市でもどこの市からでも申請があれば、いつでも『協働』するのだが、
行政がそんなところに『申請など出来るか』と言うのがお役人の発想である。

ここはそれをアタマを使って乗り越えた。
流石、昔の仲間、田崎さんである。発想が柔らかい。

今後は華僑関連に力を入れると田崎さんは言っていた。

c0107149_836049.jpg


★昨日の朝は、三木市緑が丘の1等地にあるこの建物のことについて雑談していた。

KAWASAKI Z1 FAN ClUB という世界のZ1 ファンたちを集める
NPO The Good Timesのプロジェクト申請を受けて認可したのだが、

その事務局長の登山道夫さん、カバン屋さんが、
その本拠としてこの建物を借りて9月1日からスタートする。

当然家賃は発生する。大丈夫か?と思うのは普通である。

どんな計画で? 今のところそんなに固まった計画など持ち合わせていない。
計画などなくても大丈夫である。何も解らぬうちに下手な計画など組むものだがら、低レベルの計画しか組めないのである。
現役のころから計画などあまり組んだことはナイ。どんどん変化に対応していけばいいのである。

ただ、確りとしたコンセプトだけは練り上げようとしている。
そのコンセプトに基づくことならどんなことでもOKである。

その基本は
c0107149_8445523.jpg


やっと4年目になって本格的に動き出した。


約20年前現役時代に株)ケイスポーツシステムと言う日経ビジネスなどに追っかけられたオモシロイ会社があったのだが、
その再現みたいなものである。
そのころのソフトノウハウを持ったプロたちがNPO The Good Times には集まっている。

その人たちにさらに繋がった人たちを集めて、オモシロイことをやろうと思っている。



★8月9日に、KAWASAKI Z1 FAN CLUB の会長や主要メンバーが関東、東北から三木までやってくる。
NPO の二輪関連の理事さんに加えて、

さるとるさんにも声を掛けた。
もう一人40年来の私のブレーン、Kawasakiの国内の企画を手伝ってくれた企画のプロにも声を掛けた。

全てのことが世の中のレベルとは『差別化された高質』なものでないと、やる意味がない。


c0107149_931518.gif

『二輪文化を語る会』、一足先にスタートしたこのプロジェクトの主宰者村島さんも勿論関係する。


NPO The Good Times の4年目、オモシロくなりそうである。
by rfuruya2 | 2012-07-31 08:06 | NPO The Good Times

久々に、鈴鹿4耐 と鈴鹿8耐

★久々に鈴鹿4耐と鈴鹿8耐に関心を持って過ごした。

鈴鹿サーキットまで、出かけたわけではない。
ネット上でいろいろ関わっていただけなのだが、
久しぶりに二輪レースの持つ独特の雰囲気を味わった。


★昨日もう一つのブログは、

7月29日のアクセス数 閲覧数:6,034PV 訪問者数:1,576IP
順位: 145位 / 1,745,169ブログ中 (前日比 )

を記録した。



『パウダーパフレーシング』の検索ワードからなのは間違いないのだが、

『パウダーパフレーシング』 どこかYahoo ニュースにでも取り上げられたのだろうか?

『パウダーパフレーシング』 

三木にも大いに関係がある

『笑って遊ぼうミキランド』の企画委員長の腰山峰子さんが監督を務めた女子のレーシングチームのことである。



残念ながら、その結果はたった30分、第1走者の転倒でその夢は終わってしまったのである。
そんなニュースもFacebook で知った。

c0107149_728171.jpg


こんな話題にもなっている。

多分、どこかでもう一度取り上げられた二違いない。




★昨日の鈴鹿8耐は、

鶴田竜二くんのチームをFacebook で追っかけていた。

c0107149_7352119.jpg


沢山の『いいね』を頂いたし、
今朝のブログはその話題に絞った。

c0107149_7423424.jpg

そのブログをご覧になれば解るのだが、8時間の10分前には3位まで追い上げたのである。
久々にカワサキの表彰台が見られると信じて疑わなかったのだが、あと何週かを残してのリタイアになってしまったのである。

c0107149_743396.jpg


この写真は『千人作戦』に参加したファンたちである。

コカコーラ鈴鹿8時間耐久ロードショーレース、応援ありがとうご​ざいました!
また千人作戦、参加されました皆様お疲れ様でした。
残念ながら、完走する事ができず、すみませんでした。
でもライダー達、メカニック達、お手伝いして頂いた方々は本当に​良く頑張って頂いました。最高の仲間たちでした!
応援席の皆さんも温かい人達ばかりで、われわれチームも沢山勇気​を頂きました。

本当にありがとうございました!
でも8耐は奥が深いですね


鶴田竜二くんのFacebook上でのご挨拶である。





★腰山峰子、鶴田竜二  お二人ともよく知っている。

二人とも今回は、プライベートチ―ムでの参戦なのである。

それが何故こうも一般のファンたちを惹きつけるのか?
私も、ホントに久しぶりに、SUZUKAの夏 に熱中したのである。

● まず、コンセプトが抜群にいい。
● それを、スマートに纏める『広報力』 それを知った人たちが、それでまた動く。
● 結果は、ホントに惜しかったが、『大成功』と言っていい。
● それらを『後押し』したネットの力
● 綜合して、お金ではなしに『アタマを使った』 企画力






★同じ日に行なわれた、『三木の花火大会』 と 『三木さんさんまつり』

成功だったのか、どうかはいろいろあるだろうが、
お金だけはいっぱい掛ったように思う。

同じ場所で開催された『笑って遊ぼうミキランド』と比べて
少なくとも昼の部は、
さるとるさん実行委員長、腰山峰子企画委員長ですすめた『笑って遊ぼうミキランド』の圧勝だった。

集まった人たちも多かったし、大体掛けたお金が全然違うように思う。
ミニSLの乗客数を見てもその差は歴然なのである。


行政がやるとなぜこんなことになるのだろうか?

警備員みたいな人数だけが会場でも街中でもやたら目立ったのが『異様』であった。

『さるとる』さん、今回は実行委員長ではなくて
一介の警備員、街中で何時間もタダ、立っていただけのようである。
誰かが、私に教えてくれた。

惜しいね!
by rfuruya2 | 2012-07-30 07:17 | 発想、感想

孫たちの夏、それぞれ

★私には4人の孫が居る。

みんな男の子で、一人ぐらい女の子が居ればかわいいのにと思ったりするが、それはどう仕様もない。


息子の方に一人、これは鎌倉にいる。

今年、一浪した結果、慶応に通った。
入学祝いを家内が送っていたが、昨日その内祝いが届いてビックリしている。
ちゃんと手紙を添えてきっちりしている。

c0107149_7155032.jpg


入学記念の写真も写真館でちゃんと撮っている。

古谷仁 Facebook も始めた。
そちらの方では、こんな青春を楽しんでいる写真の連続である。

c0107149_729477.jpg
c0107149_7291549.jpg
c0107149_7292419.jpg
c0107149_730111.jpg


結構なことである。
Facebookやってるのでなにをしてるのかよく解る。


★アメリカのIrvineには娘の子どもたちが3人

長男は仮免許が取れて運転の練習中らしい

c0107149_7374692.jpg


9月にアメリカに行ったら、乗せてくれるそうである。



次男はアイルランドまで、サッカー遠征だったようだ。

c0107149_7395121.jpg


インターナショナルな大会だったようで、Ni Milk Cup こんな動画もある
日本からは 市立舟橋高校が参加したようである。

アメリカのチームだが日本人一人だけの参加である。


末弟もサッカーをやっている。

c0107149_7502992.jpg



★みんなそれぞれ、それぞれの夏を楽しんでいる。

Facebook など、ネットのお陰で毎日出会っているようなものである。
by rfuruya2 | 2012-07-29 07:14 | 発想、感想

オリンピックと さんさんまつりと 花火大会

★今日は
オリンピックと さんさんまつりと 花火大会 である。

朝早くからNHKでは、開会式の様子を完全実況中継である。
確かに豪華で、綺麗で、素晴らしいが、
一言で感想を言えば『やり過ぎ』である。

これはスポーツの祭典オリンピックの開会式のはずである。


何ごとも、だんだんとこんな感じに、なりがちである。
最初のコンセプト、を大事にしないと、全然違ったものになってしまう。

テレビは一応つけっ放しにはしてあるが、パソコンに向かっていて全然見ていない。
後で編集されたニュースでも見れば十分である。


やっと選手入場が始まった。

c0107149_648544.jpg
c0107149_6481415.jpg
c0107149_6482177.jpg


Googleの画像検索でこんな画像がもう出ている。

さんさんまつりは、

緑が丘のお祭りだったのか、三木のお祭りだったのか?
最初は緑が丘の商店街中心のお祭りだったのかも知れぬが、だんだんと大きくなって

最近は商店街も関係ないと、言う方も現れていたが、
今回は、花火大会に引っ張られて防災公園に移ってしまった。

場所は緑が丘のすぐ隣だからいいと思うが、
実施の日時が7月28日は、花火にはいいかも知れぬが、
ミニSLなどホントに大丈夫かと思ってしまう。

『どんなことになるのか?』

そちらの方に興味があるので、兎に角見に行ってみようと思う。




★ 復活した三木の花火大会

会場は美嚢川の周辺から、三木綜合防災公園に変わった。

さんさんまつりとの合同イベントだが、
昼から夜の花火大会まで、ホントに上手に繋がるのかな?と思ったりもする。


緑が丘は至るところが駐車場になってしまっている。

シャトルバスは出るらしいが、車では防災公園には入れないのか?

そのあたりがどうなるのか?



イベントそのものよりも、運営がどうなるのかが、一番の関心事である。
by rfuruya2 | 2012-07-28 06:26 | 発想、感想

井上章二さんと陸井薫さん

★井上章二さん、陸井薫さん、お二人とも

ホントにひょんなことで、お知り合いになった。


お二人とも、揃って めちゃ明るく 行動的で、積極的である。

Facebook では毎日、それも終日お会いしている。

c0107149_7473430.jpg


井上章二さん、三木の有名人と言っていい。
お二人ともFacebook に使っておられる写真からである。

c0107149_7474118.jpg


陸井薫さん、 太子町にお住まいで、三木の方ではないのだが、
三木の方以上に三木について熱心である。



★このブログ、

お二人が関わっておられる8月の三木でのイベント広報の積りで書いている。


井上さんからは、先日ご一緒した『粟生線の未来を考える市民の会』の世話人会の時にチラシを頂いたのである。

陸井薫さんからは、わざわざ我が家に郵送していただいたのである。



夏、8月は熱い真っ盛りなのに、夏祭りなどイベントは多い。

3つのチラシともみんな8月、そして三木で行われる。

●まず、ブログにアップして
●Facebook にアルバムでも作って、
●ツイッターで流せば、広報のお手伝いが出来ると思ってやっている。

そんなことしてると、暑さも忘れて時間か経つのがいい。

c0107149_7482863.jpg


まず、陸井さんが送って下さった、
『ふれあいチャリテイ―イベント  Love Family』

8月3日  道の駅みき  かじやの里で開催

東日本大震災復興支援のイベントなのである。


陸井薫さん、三木でイベントやったと思ったら、
直ぐそのあとは、東北の現地までボランテイァで行かれるとか。
休む暇なしなのである。

『障がい者の今を考える会』でもご一緒している。


c0107149_7483991.jpg


『ボサノヴァ ライヴ イン 旧小河別邸』

8月18日 先着30名である。

この二つのチラシ、裏表に表示されている。
次の
『再び、一夜限りの映画館現る』は、

8月20日  三木のナメラ商店街で、
一昨年だったかにm続いての開催である。

c0107149_7485348.jpg



★三木もいろいろとオモシロイ。

先日の
『粟生線に乗ってビアガー電』でも

c0107149_8345822.jpg


いろんなメンバーが集まった。
一番左が 陸井薫さんである。

c0107149_8344799.jpg


この会の仕掛け人も、井上章二さんだった。
by rfuruya2 | 2012-07-27 07:45 | みっきいふるさとふれあい公園

KAWASAKI Z1 FAN CLUB  と 三木を世界のへそに!!

NPO The Good Times の活動も3年目に入る。

3年間の基礎の期間を過ぎて、4年目は本格的な『新しい公共』の実現に向かって動き出す。

勿論、世界を見据えた展開になる。


カワサキZ1の発売40周年に当たる今年は、
ドイツでもその記念行事が行われたし、
9月8日にはZ1発祥の地アメリカで、
40年前にこのプロジェクトに関わった人たちが集まる記念イベントが開催される。

そのイベントに今月正式に立ち上げたNPO The Good Times の特別プロジェクト
『KAWASAKI Z1 FAN CLUB』の日本代表として、私も参加しようと思っている。




★そのCLUB の事務局長の三木のカバン屋さん、登山道夫さんが
Facebook でこんな事を言っている。

登山道夫

KAWASAKI Z1 FAN CLUBの皆様へお願いです。
来る8月9日に東北&関東のメンバーさんに兵庫県三木市までお越​しいただき、現在団体加盟申請しておりますNPO法人 The Good Timesの理事長&理事の皆様と、今後の活動について話し合う​事となりました。

つきましては、皆様からのアイデアやご要望等を​、お聞かせいただけたら、とても嬉しいです。
私個人の意見としま​しては、細かいモデルの違いや、スタイルの違い、はたまた所有車​や免許の有無等々、そんな小さなモノには拘らず、カワサキZ系車​種のスタイルが好き!産み出された背景が好き!とにかくカワサキ​が大好き!と言う方々が、世界中から気軽に参加できて共にGoo​d Timesを過ごし、且つメンバーで有る事を誇りに思えるクラブ​になれば、とても嬉しいです。どうぞ、皆様のご意見を、お気軽に​お聞かせ下さいませ♪
m(_ _)m



ドイツのMicky Hesse さんから直ぐこんなコメントが寄せられている。
世界のZ1ファンなら殆どの人が知っているMicky さんである。


Micky Hesse
Hallo my brother Michio-san,
please translate to me ! I am very interessted.
best regards from           your brother Micky-san


登山 道夫
Guten morgen! my brother Micky-san.
OK, I will explain about that to you soon by e-mail.        Michio


c0107149_7412634.jpg


7月の理事会で『プロジェクト』は、正式に承認され、特別カードの制作もスタートした。
世界から会員を集めるので、裏面の文章は英文で作られている。

まず9月8日、アメリカに集まるメンバーから配りたいと思っている。



★ このCLUBの本拠は 三木に置く。

緑が丘のコープの隣のの35坪の店舗を借りて、9月1日からスタートする。

KAWASAKI Z1 FAN CLUB の世界の情報発信センターの機能と同時に、沢山のファンが集まる広報拠点の機能を持たせたい。
その規模も、三木でこそ実現できるように思っている。

来年は、国内Z2 の発売40周年に当たる。
Kawasaki のカラ― Green にちなんで、 グリーンピア三木ででも、何かイベントをと思っている。

上述の Micky さんも是非参加したいと言っている。
いろいろとオモシロくなりそうである。

『三木を二輪のメッカに!』などと思っている。


c0107149_8411440.jpg


9月1日までに、カッコよく生まれ変わるはずである。

KAWASAKI Z1 FAN CLUB 中心であることは、間違いないのだが、

NPO The Good Times 関連の
カッコいい、社会性のある』ことなら全て繋いで情報発信し、且つ広報拠点としての機能も持たせたい。

異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しくいい時を過ごそう』が基本コンセプトのNPOなのである。

カバン屋さんからは、店番お願いできますか? などと言われている。
私の家から歩いて5分も掛らない。




この件も含めて、
8月9日には、東京や関東からこの会の発起人メンバーが三木まで来られる。
今後の打ち合わせ、コンセプトの確認なのである。

NPOの理事さんたちも参加する。
NPOのアドバイザーの『さるとる』さんに、『参加しませんか?』 とお誘いしている。
8月9日夕方からなので、是非ご参加を!

『三木がZ1をベースに、いろんな意味で世界のへそ』になるチャンスだと思えばいい。
ネットの世界は、どこでも『へそ』になれるのである。

NPO The Good Times の『新しい仕組み』 としての展開を是非ご期待下さい。



『未来にはばたくみっきぃタウン』も
『笑って遊ぼうミキランド』も
『障がい者の今を考える会』も
その他いろいろ、

どんなところとでも、繋がります。
by rfuruya2 | 2012-07-26 07:36 | NPO The Good Times

Google と Facebook

★ Google と Facebook  

今、日常生活で一番お世話になっているのかも知れない。

Googleは
パソコンのスタートページにに使っている。
検索をするのに便利だからだと思う。
しょっちゅう検索するし、最近は検索はもっぱらGoogleである。
『画像検索』が特にいい。

c0107149_729124.jpg

昨日のイチローのこんな姿がちゃんと使える。
Google PageRank Checker もよく使う。気になるサイトは必ずチェックすることにしている。


Facebookは、最近ではパソコンで一番長く相対している。
これはホントに素晴らしい。  ネットの世界が変わったという感じである。
どんな風に、と言われてもなかなか難しいが、兎に角オモシロイ。



★そのGoogle と Facebook に先方からお声が掛るという武雄の樋渡啓祐さんはこれまた素晴らしい。
Google で講演されたようである。

昨年から、アメリカ西海岸に位置するGoogle本社とFacebook本社から、講演やミーティングの依頼が。僕が思っている以上に、武雄市はこれら世界的な企業から注目を集めているようです。信じられん。

と書かれている。武雄もまさに世界展開になってきた。



★その武雄の樋渡さんから『39才になった誕生日』のお祝いが来たと,

さるとるさんは喜んでいる

さるとるさんの年、ごくごく最近39才と書いたら、『未だ38才です』とオコラレタので、いつが誕生日なのかは調べて知ってはいたのだが、
それを『おめでとう』と言うか言わぬかが、大きな差なのである。

そんな樋渡さんの心遣い、なかなか出来ないと思う。
遅ればせながら『おめでとう』 
最後の30代、頑張ってください。私は最後の70代を私なりに頑張っています。

c0107149_758504.jpg


そこには神戸学院大学の『防災学科』の神戸新聞の一面記事、『防災学科』時代を先取りしている。
Facebookにこの記事をさるとるさんアップしたら。
片山敬済さんがそれをシェアしたようだ。

c0107149_8123561.jpg

そういう意味では、NPO BERT の片山敬済さん、今度はレースではなく、社会の中で、トップを走っている。

あまりご存じないだろうが、彼のブログである。7月になってまた動き出した。
by rfuruya2 | 2012-07-25 07:18 | 発想、感想

今朝の収穫、家事しています

★独りの生活になって10日を過ぎた。

結構ちゃんと生活している。
まず、一つの目標だった体重を78kgぐらいまで落とすこと。
これは順調に減少して81.5kgだったのが、昨日79,99kgと久しぶりに70k台を記録した。

体重計の電池がダメになっていたのもちゃんと買ってきて補充した。
洗濯もちゃんとやっている。
やっていないのは部屋の掃除ぐらいのものである。
台所もちゃんと片づいて綺麗である。
洗いものなど全てちゃんと片づいている。
食事も弁当なども買うこともなく、外食もなく自炊している。
その結果が体重の減量になって表れている。

何も食っていないのでは?
そんなことはナイ。牛乳も、卵も、野菜も、肉も魚も食っている。
スーパーへの買い物も散歩がてらに歩いて行っている。

極めつけは家の周りの整理、今週はごみ当番なのだが、あらゴミや埋め立てごみなど、放ってあったものの片づけに入っている。この2ヶ月の間に家の周囲を綺麗に片づけておこうと思う。


★こんなことは家内がいても、出来るようでなかなか出来ないのである。

家庭の主婦はそれぞれ流儀があって、なかなかその他の流儀を受け入れない傾向がある。
私流にやるのは、多分気に入らないに違いないのである。

私など徹底的な合理主義を貫いているので、調理なども簡単だし、後片付けなど極力少なくなるようになっている。食事の用意など5分も掛らない。片づけは2分で十分である。

こんなやり方では、家庭の主婦は気に入るはずがないのである。
『アレや、コレや』と文句を聞くだけで大変だし、
我が家の場合は『やる』と言ってもやらしてもらえないのは目に見えている。

家内はずっと『専業主婦』だったので、家事はプロ、自分の領域と思っている節がある。
私は、それに敬意を示しているだけのことである。



c0107149_748526.jpg

今年は何気なく野菜の苗を買ってきた。
トマトと、トウガラシとなすびなどである。別に大した手入れをせずにも実は結構ちゃんとなる。

c0107149_7481382.jpg

これはラズべりー放っておくと幾らでも伸びる。昨年は一面ラズベリーに覆われて持て余したので、今年は3分の1ぐらいにした。

c0107149_7482151.jpg

今朝の収穫がコレである。

ラズベリーとトマトはこのまま洗って冷蔵庫に入れておけばそのまま食えばいい。
ミニトマトはそのまま食えるしなかなか重宝である。
今までにもだいぶ収穫した。間違いなく苗代以上の収穫である。

ラズベリーはお酒にするのがいいが、そんな面倒なことは出来ない。
目にいいというのでそのまま食べている。

問題は唐辛子である。訳も解らぬまま何種類かを買ってきたが、めちゃくちゃ辛いものもある。



★今日は朝からまたかんかん照りである。

朝からごみを6袋ほど持って行ったが、今週はごみ当番なので、もう少ししたら後始末に行かねばならない。
by rfuruya2 | 2012-07-24 07:39

日本とアメリカの交通事故率

★『二輪車安全運転本部長』という役職を10年ほど務めていた。

日本の交通事故の死者数が1万人を超えて、そのうちの二輪車事故数を減らすべく警察庁と躍起の対策をした時期もあった。
そんな効果もあって今交通事故の死者数は大きく減少しているのである。


なぜ突然??

アメリカの孫の長男が今度自動車の免許を受けるらしい。
そのことを娘はブログに書いている

まずは筆記試験、それはめでたく通ったらしい。

c0107149_702251.jpg


さてさてお次は実技試験!
アメリカでは自動車教習所というものがないので親が教えなければなりません。

来週からは隣に乗って運転の練習をしないといけないのですが・・・・ちょっと・・・・すごく怖いです(笑)



これを見てビックリした。
アメリカの免許は簡単だということはよく聞いていた。
確かに日本でも教習場に行かずに飛び込みでも免許は取れる。

でもこんな状況で、果たしてアメリカの交通事故率はどんなものか、気になったのである。




★この頃の検索は素晴らしい『アメリカの交通事故率』と検索したら、

c0107149_7101964.gif


こんなデ―タ―が直ぐ見つかった。
日本は今では、世界のトップレベルである。

やはり、アメリカは事故率も結構高い、日本の3倍に当たる。

c0107149_7103864.gif


これが死亡者数である、
私が関係したのは15000人に近かったピーク時からの約10年間である。
二輪車の事故も減ったし4輪も減少している。
日本の場合は、こういうことをやりだすと徹底的にやる。

個人の運転技術の問題もあるがむしろその周囲のこと、
交通環境整備だとか、免許制度だとか、高速道路の二輪車の二人乗り禁止だとか、その他いろいろ規制がお得意である。
だから、高速道路にバイクが入れないとか、二人乗り禁止という世界で例にないことも行われる。
その最たるものが高校の『3ナイ運動』だった。

c0107149_7392319.jpg


★孫は高校3年生である。

この調子なら、免許は直ぐ取れるだろう。
この秋『アメリカに来たら、乗せてあげる』などと言っていたが、

『運転理論』や『運転技術』はレースの世界で非常に高度なものが身についている。
『安全運転の一般論』も、結構本職でやってきたので、『世界最高のソフト、ノウハウ』を
孫に伝授してあげたいと思っている。


でも、そのうちに車1台、娘は買わされることになるのだろう。
『金がナイ』と言うに決まっている。

おばあちゃんお気に入りの孫だから、孫も心得ていて、おばちゃんに電話してくるのは間違いない。
孫から電話があると必ず『おばあちゃん、いる?』である。

おじいちゃんに言っても、ダメだということはよく解っているのである。
by rfuruya2 | 2012-07-23 06:57 | 発想、感想

今朝は、そして今日は

★昨夜は、オリンピックチームのサッカー戦や全英オープンなど遅くまでテレビを見ていたのに、
今朝はなぜか早く目が覚めた。

ダルビッシュの登板している大リーグの実況を見ながらパソコンに向かっている。
今日は味方打線爆発でエンジェルス相手に7-1で勝っている。
大リーグの打者はやはり迫力がある。
アウトになる打球の速さなどもスゴイなと思う。

c0107149_6311647.jpg


今朝の武雄市長物語、図書館問題について勝谷さんと  やり合ったらしい。

この図書館問題、よく解らないがcccでやるのもいいのでは、と思っている。
何ごとも、賛成論よりは反対論の方が派手に表に出るものである。




c0107149_638441.jpg
c0107149_6394619.jpg


大津信さんのブログにこんな茗荷の写真が出ていた。


我が家にも茗荷は植えているのだが、今まで収穫したことがない。
いつどのようにしたらいいのか、サッパリ解らないのである。

この写真を見て、直ぐ庭に見に行った。
c0107149_6451536.jpg


ちょっとピンぼけだが、確かに1個だけ出ていた。よかった。
もう5年ほどになるのだが、初めてのことである。



★今日の日曜日、何となく幸先がいい。

ダルビッシュは勝っているし、茗荷も採れた。
と書いたらダルビッシュが打たれて7-2になった。


今日はNPO The Good Times の理事会である。
KAWASAKI Z1 FAN CLUB』 のプロジェクトの具体的な検討がある。
登山さん、カバン屋さんからの提起だが、これはなかなか熱っぽくオモシロイ展開になりそうだ。

c0107149_657470.jpg


間違いなく、世界展開になるので、裏面の文章は英文と日本文2種類で考えていたが、
さるとるさんが、『ボクは英文がいい』などというものだから、それもいいなと、英文の1種類で行くことにした。
9月8日のアメリカでの100人ほどが世界から集まる記念OB会で最初に配れるように、今日諸手続きを進めることにする。

この会には私も出席することで進めている。
未だ時間がありそうなのだが、お盆休みがあるので結構忙しいのである。

来年はグリーンピア三木で、『日本でのファンの集会』の開催案もある。

来年は『Z2の40周年』、『チームグリーンの30周年』に当たる。
先月スタートした『二輪文化を語る会』はこの秋にも、年末から年始にかけても、東京でイベント計画も出てきて、活発に動き出しそうである。

今日の理事会はまた、『二輪一色』になるかも知れない。
by rfuruya2 | 2012-07-22 06:29 | 生活