人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

三木鉄道跡地整備ほか

三木市の情報を得るのに、日本共産党のホームページは、大変重宝している。
まず、スピードが速い。
殆どの場合、三木市のホームページよりは、先に情報が流れる。

今、流れている情報の中で、議会での質問が並んでいる。
このような質問を出して、市の担当部門が答弁を考えて、それを読み上げると言うことになるのだと思う。
一般質問と言うのがどんな性格のものなのか、よく解らぬがいろんな問題が並列的に並んでいるだけである。



『集中と選択』と言われているが、物事の大小と言うか、もう少し焦点を絞った詳しい質問にならないのかと思う。
質問内容が示されていて、これに対して、1時間半の時間がある。
つまらぬことまでいろいろ聞くので肝心の事が曖昧になってしまうのだと思う。
真ん中あたりにこんな質問が、二つ並んでいる。

『フロアーマネージャーについて
 次に、第24号議案 平成21年度一般会計の総務費中総務管理費の財産管理費における13節委託料で案内業務委託料で278万円を計上されています。これはフロアーマネージャーとして働いていただく方をこれまでのアルバイト賃金ではなく委託料として支払うものです。これも人件費削減として数字の上では効果を出す役割を果たしていますが、なぜこのようにされたのか、その内容をお聞き致します。

三木鉄道跡地について
 次に、同じく企画費の工事請負費で三木鉄道跡地整備工事5900万円、及び公有財産購入費で三木鉄道跡地購入費2億円の予算が計上されていますが、計画はこれで終わるわけではなく総額で10億とも12億とも委員会で述べられています。
 昨年財政危機宣言をされたことや箱物は作らないといわれたのにそんな大きな計画とは一体何なの?と市民が言われるのはもっともなことだと思います。計画そのものが全部反対というものではありませんが、財政が厳しいならもっと絞って優先しないといけないものがあると思います。まず、この予算で何されるのかお示しを願います。』


フロアマネージャーの件、約300万円の話である。
もう一つの三木鉄道跡地問題、これは12億円の話である。
質問の時間と言うか、質問の行数は以上の通りである。

今、三木市の抱える問題で、私が関心のあるのは、
『三木市民病院問題』 と 『三木鉄道跡地問題』 である。
二つとも、なにか問題が解決したような、三木市の態度だが、
小野と統合するからと言って、魔法のように病院の赤字問題が解決したわけではない。
三木鉄道跡地利用の問題は、当初の廃止の判断がおかしかったと思っている。

年間4000万円の赤字が何故後処理に12億も要るような不思議なことになるのか?
このあたりをもう少し鋭く、深く問いただすべきである。

個人的に思っているのは、二つとも市の 『大きな判断ミス』 だと思っている。
4000万が12億に化けるのだから、病院問題は幾らに化けるのか解らない。
5年先だと要っているが、今現在の計画と実績に既に大きな乖離があるという。
統合したから、すべてが解決するわけではない。

『三木に果たして、市民病院が要るのか?』という基本問題が間だ解明されていないのである。
健全財政を危うくするような市民病院なら、三木には必要ないと思っている。
今の進め方は、何が何でも『市民病院は要る』と言う前提で進められている。
『市民病院ができて三木市が破滅した』と言うようなことにならぬことを願っている。


議員さんも、沢山おられるので、どなたかがちゃんと質問されるのか?
大きな問題には集中して、ほかの問題を放置しても追及すべきだと思う。
そうでないと、いつまで経ってもつまらぬ問題に時間ばっかりとられてしまう、つまらぬ議会になってしまうのである。
by rfuruya2 | 2009-03-06 05:33