人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

昨日は三木市役所で

昨日は三木市役所に行きました。
昨年『どこ竹の竹とんぼを飛ばそう会』に三木市から5万円の援助を頂いていたのです。
その5万円を私と小利さんとミキスケさんで立て替えていたのですが、、期末に私の口座に入ったはずなので、お渡しに行ったのが直接の目的でした。

それはともかく小利さんと、久し振りにお話が出来ました。
4月1日付けで三木市も人事異動、職制変更などありました
今回公民館の担当が教育委員会から市民ふれあい部に移管されたようです。
三木市は市民協働は力を入れていますし、市民ふれあい部が担当されるほうが一貫性があっていいと思います。
私の住む緑ヶ丘の公民館も館長さん代ったようなのでご挨拶に行こうと思います。

いつものことですが、『いい方ですか?』と単刀直入に聞くことにしています。皆さん『いい人ですよ』と必ず応えられますが、そのトーンで『どの程度いいヒトか』が明確に解ります。
私のマーケッテングのやり方の一つです。
本当に『いい方』のようなのでお会いするのが楽しみです。

昨日のブログに書いた市民パートナー制もご担当なので私見をお話しました。
『市民パートナー制もよく解らぬが、役所の中にはいっぱいの知識もデーターも持った1000人に近い市民の職員がいる。まずその人たちが市民パートナーになるような方向で引っ張られたらと思ったりする。』
同じ問題、議員のヨネさんがこんな風に書いています。
『市民パートナー制度は、公民館・さんさんギャラリー等で、パートナー(ボランティア)が市と一緒に企画立案・活動する際にお金が支払われるのですが、今までの自治会の方々と市の職員との協働・参画とは別の事でもあり、今まで共に活動していた方々へはどう対応するのか、地域の声を聞いた上で企画立案するのが、職員の仕事ではないかとの疑問点が多数ありましたので、反対しました。』

一つのことでもいろんな意見があるのですから、
常日頃、よく意見を聞いてその上での施策にされたら、もっと上手くいくのではと思います。
役所の方は、みんないい方ばかりですが、『マーッケッテングマインド』が欠けているのが一番欠点だと思います。これは個人の問題ではなくて長い間の組織の体質だと思うのですが。


そんな中でも小利さんは、私が一番ホンネでお話できるエライサンです。

井本さん、小西さん、米村さん、何年か前の教育委員会のトップの方々ですが、あの頃はよかったと懐かしく思い出します。その頃からのお付き合いです。
『どこ竹の竹とんぼ』も当時の遺産だったのですが、昨年4月、小利さんやミキスケさん、などが手伝ってくれて別の形で実現しました。
それが、今回のNPO The Good Times に繋がっています。
そのNPOの講習は、ミキスケさんに頼まれて受講したのですが、NPO は実現しそうです。

NPOの設立趣旨書の冒頭と最後は『滝の瀬』さんの書かれた文章からの引用です。
廊下ですれ違って挨拶だけだったのですが、一度ちゃんとお礼をと思っています。
こんな文章です。

「21世紀の少子高齢化社会を「モザイク社会」と言われたりします。
近年、個人の生活も、いろんな団体の活動も、それぞれが好きなことだけを断片的に行う傾向が強くなってきています。
そして、これを繋ごうとする力が逆に弱くなっていることら、家族や地域コミュニティの弱体化が進んでいるものと思われます。」

「このような社会の新しい仕組みを最大限に利用して、モザイクタイルを貼り合わせ一枚の名画を創作するように、個々が持つすばらしい素材をつなぎあわせて、を企図しています。」


いろんなことで、三木市役所の方には、お世話になっています。
『いい方』ばかりです。
今後も連携して、「21世紀のモナリザの名画を描くような新しい活動」を目指したいと思っています。
by rfuruya2 | 2009-04-02 05:21