人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

旧い城下町

明石で生まれて、戦後の学生時代を明石で過ごした。
まだ、城下町の風情がいっぱい残っていた。最近は、それも殆どなくなってしまったように思う。

三木も城下町である。
明石よりはまだ幾らかその面影があるかも知れぬが、それでも新しい開けた町の印象が強い。

先日訪れた鎌倉。
これはまさしく城下町である。
800年も前だが、鎌倉幕府があった城下町である。

はじめてまちを歩いてみたが、いたるところにその風情が残っている。
城下町といえば、狭く曲がりくねった道が特徴の一つである。
立派な屋敷が続く住宅街も、道は狭くまっすぐではなくて、曲がりくねっている。

c0107149_74398.jpg


それだけでも城下町らしいのだが、
もう一つ山と海に守られた天然の要塞の体をなしている。
後方は山、前は相模湾そのほんの小さい区域が所謂鎌倉の観光地である。

歩いても全部廻れるくらいなので、観光客には都合よく出来ている。

城下町は、基本的には攻めにくいような場所を選んでいる。
そういう意味では、鎌倉は格好の地形である。
そして、長い歴史が幾つものお寺など観光名所になっている。
大仏さんも始めて観た。
あれだけ大きいのに不思議なことに中に入らぬと、外からでは全然見えないのである。

歴史が感じられるまち、これはいいものである。
歴史の話をすると、急におとなしくなるアメリカ人らしき観光客もいっぱいいた。

c0107149_705635.jpg


葉山、逗子、鎌倉、江ノ島、鵠沼、大磯この辺りを『湘南』と呼ぶ。
丁度、その真ん中に位置している鎌倉。

まち自体はなかなかいいと思ったが、散歩している人たちは、何か気取ったところがあって、
これは関西のざっくばらんなほうが、『私には合う』 と思った。
by rfuruya2 | 2009-04-09 07:00