人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

異種、異質、異地域の連携

三木で鉄道模型を走らそう会』というコミユニテイをSNSひょこむの中に立ち上げたのは、1月のことでした。
5月3,4日グリーンピア三木で、昨日、一昨日はよかたんの山田錦の館で鉄道模型が走りました。
「異種、異質な組織」が「それぞれの資源や特性」を持ち寄り「対等の立場」で連携しイベントなど共同運営を行うのにSNSなどネットの仕組みは非常に適しています。

これは今設立中のNPO The Good Times の設立趣旨書の中にある文章ですが、
まさしくそんなイベントでした。

c0107149_19134353.jpg


鉄道模型を走らせてくれたのは、『川重鉄道研究同好会』の神戸や明石のメンバーです。

場所を提供して頂いたのは、グリーンピア三木、よかたんの山田錦の館、
そしてこの次は5月末に昨年に続いて、神戸フルーツフラワーセンターで開催されます。

よかわ鉄分十分会のみなさんが鉄道車両の写真の展示で協力です。
北条鉄道や神戸電鉄も出店を出してくれました。

この催しを手伝ってくれたり応援をしてくれたのは、三木やよかわの方々です。
特に三木市役所の職員の方々が中心でした。

場所を紹介してくれたのはさるとるさんです。
広報を担当してくれたのはJJさん、よかわ鉄分十分会は三木市役所の職員の方々が中心です。
kwakkyさんも手伝ってくれなましたし、滝の瀬さんも朝早くから来ていただきました。
ハンドルネームはみんなSNSひょこむのメンバーだからです。

ひょこむのメンバーと言えば、鉄道模型の中心のこばちゃん@鉄LOVE さんもぼけちんさんもそうですし、
机の運搬などいろいろ手伝ってくれた吉川青年部の油吉さんもひょこむのメンバーです。
油吉さんとkawakkyさんは今度のNPOの理事さんもお願いしています。
ひょこまーたちはお客さんでも沢山来てくれました。


場所を提供いただいた各施設の方々も責任者の方が自ら動いて頂きました。
山田錦の支配人さんには、いろんなご配慮を頂きましたし、机の運搬なども準備の段階も後片付けも自ら手伝って頂きました。
こんなイベントで、鉄道研究同好会のみなさんが意外に苦労しているのが道具の運搬や保管です。
レンタカーなどを借りていつもはやっているようですが、今回のイベントはグリーンピア三木の営業支配人さんが自らよかたんまで運んでくれましたし、テーブルのシーツもホテルのベッドカバーを貸していただきました。
次の神戸フルーツフラワーパークへはJJさんが運んでくれました。神戸フルーツフラワーセンターは5月末までその道具の保管もやってくださいます。
ちなみに神戸フルーツフラワーパークの担当課長さんもひょこむのメンバーです。ごわすさんです。
昨日はこれもひょこむのトモダチのs850mさんが主催する4輪のイベントがあったようです。
これもみんな昨年からの活動の輪が自然に広がっていますし、お互い信頼関係で繋がっています。



グリーンピアの時には北条鉄道さんが店を出されて、加西市役所の経営戦略課の方が来ていました。
よかわ鉄分十分会のメンバーには三田市役所の方もいます。
神戸フルーツフラワーセンターの課長さんは神戸市役所の方です。
行政は縦型とよく言われますが、こんな風に自然に連携できるのは、『異種、異質』であるからだと思っています。それとそれを繋いでいるのが民間だから自然に連携できるのだと思っています。

日本は同種の連合が一般的ですが、なかなか上手く機能しません。
例えば、ゴルフ場などの協会も団体を作ってみても、ある意味ライバルですからなかなか真の連携は出来ません。
若しやるなら『異地域』間なら、例え同種でも機能するのにと思います。


異種、異質、異地域間の連携が上手く行くのは、基本的にお互い競合関係がないからだと思います。
こんな日ごろ関係のない組織や人々を繋ぐのは、SNSやネット社会は非常に適しています。
この1年、そんな仮説をたてて、そんなコンセプトでの連携を個人的に実験してきましたがまず大丈夫です。
1年経って、私の周りには約100人もの私が招待したひょこまーと200人のトモダチが出来ました。

7月からは、NPO The Good Times で法人としての活動を開始したいrと思っています。
NPOの理事さん12名、アドバイザー5名、そして現在の応援者などみんなひょこむのメンバーです。
いろんな立場の方達ばかりですが、趣旨に賛同される『共感ネットワーキング』の活動を目指します。
by rfuruya2 | 2009-05-11 04:40