人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

無茶苦茶な計画?

R175さんが、『どうぶつのつぶや記』で、病院問題を取り上げておられる。

市民の間で、もっと議論になるべきである。
市会議員の皆さんが、沈黙しているのは、少々怠慢と言われても仕方がない。
賛成でも、反対でもいいのである。『私はこう思う』と明確に意見を述べるべきである。

もう少し、表舞台で堂々の議論を展開してほしい。
R175さんや私は、所詮はアマチュアである。
ここは、少しはカットされたのかも知らぬが、お金を貰っておられる『プロの出番』である。

表舞台には上がれないと言うのであれば、プロの役者を辞めるべきである。
『素人は黙っていろ』と檄を飛ばすぐらいの元気が欲しいものである。


私はこの問題については、最初からずっと、『反対の立場』である。


病院自体の問題もあるのだが、計画を立てる時の、発想の基本的なところが、『全然なっていない』『無茶苦茶』だと思うからである。

『市民病院の場所は三木か小野か?』  『病床はいくつか?』  『その費用はいくらか?』  『それはいつ出来るのか?』   こんな素人でも、誰でも、議論できることだけしか、表に出てこない。
金さえつぎ込めば、130億の病院も、200億の病院でも建設するのはそんなに難しいことではない。


もっと、基本的なことを、本当に検討したうえで、このプロジェクトを進めているのだろうか?


日本の公立病院のほとんどが赤字と言う構造的な問題だが、今度の新病院はどのような理由で、その経営の健全性が確保できているのか?

そんな難しいことは、よく解らないから言及せずに、
『医者は確保できる』 『場所も決まった』 『建物はこうする』 『ベッド数は幾つだ』 とばかり言っているのである。

『病院はあったほうがいい』 
 間違いなく黒字で、健全に維持できるのであれば、その根拠を明確に示せるのなら、自信があると言うのなら、別に反対などしないのである。


一番肝心な、健全な病院の維持経営の視点が抜け落ちてしまっている。
『新病院を建てます。建設費は200億です』
『その費用は、市民も負担してください』と言うだけならまだマシなのである。
130億がなぜ200億になったのかと言う、簡単な解析で済む。

『その後は、間違いなく健全経営をしますから、市民には負担をかけません』と言うのならいい。
『そんなことにはならないのではないか』と思っている。
『新病院が建ったが、その後三木市民は、毎年何万円の負担になる。それでも病院は要るのか?』と思っているのである。

その一番肝心のことが抜け落ちてしまっている『無茶苦茶な計画?』 
『計画とはいえない計画』なのである。



私はもう年だから、そんなに長くその負担をする必要はない。
若い人たちは、本当にどう思っているのだろうか?
このままでは、ずっと毎年その負担を続けなくてはならない。
三木はいいまちだが、仕方なく出て行く人もいるだろう。
負担はますます、大きくなる。そんな危なかしい『無茶苦茶な計画』に思えるのである。

若し、違うと仰るのであれば、『広報みき』ででも、確りと説明してほしい。
200億の内訳などではなくて、
なぜ、三木と小野だけが、200億の投資を新たにしても、まるで魔法のように、
『公立病院の健全経営が出来るのか?』 と言うのが、私の疑問なのである。

今示されている、具体的な対応は『職員の7%の給与カット』だけなのである。


薮本さん、これは無茶苦茶ですよ。
表舞台で、ちゃんと説明してください。
こんな基本的なことを、明らかにして市民アンケートでもとってみてください。
納得できれば、私も反対ばかりをするつもりはありません。
by rfuruya2 | 2009-05-29 06:02