雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

数、アクセス数について考える

★今朝は何故か目が冴えて眠れずに早く起きてパソコンの前に座っている。
1時間ちょっとアチコチパソコンの中身など見ていた。

ツイッターで、昨夜さるとるさんが、『ブログのアクセスがのびている』とつぶやいている。
確かに。400に近い。
簡単に400というが、仮に一箇所にその人達が集まったら、これは相当の数である。
ホントに誰がそんなにアクセスするのだろうと思ってしまうのである。

★この辺りが、ネットの面白さというか不思議なところである。

普通、ブログなど何人ぐらいアクセスしたら、普通なのだろう?
Google Page Rankなどというチェックシステムでよくチェックするのだが、そのランクは評価0から始まるのである。

『0から10』までの評価だが、
『0や1』が普通なのかも知れない。大体、1日30ぐらいまでの評価のような気がする。

『2』 は1日のアクセス40から300ぐらいまで。この範囲で少々アクセスが多くても2が普通である。

『3』になると、400以上3000ぐらいまでが3だろう。ブログdeみっきぃ や さるとるさんのブログがここに入っている。

『4』には、武雄市長物語や箕面の倉田さんの35歳の日誌などこれは多分5000から10000のレベルであろう。
大体、普通の人のブログならとてもこんなレベルには達しないだろう。

『5』 は山本一太、大西宏、ホリエモンなど、1日5万を越すスーパーブログなのだろう。

『6』 は、ブログではまだお目にかかっていない。


★この評価基準は単にアクセスだけではなくて、どうもリンク数などが大きく評価されているように思う。

また、ホームページは別の評価基準なのかも知れない。
1日に2000ほどのアクセスしかない三木市のホームページでも、その評価は『5』になっている。
ちなみにトヨタ自動車や全日空、民主党などのホームページは『6』であった。


★ツマラヌことのようだがこんなこと調べるのは結構時間はかかる。
調べだしてから1時間以上が過ぎた。

ついでに、三木市のホームページから

『市長メール』 についてである。

これはアクセスではないが4年間の激減振りは、『三木市政への無関心』の現われであろうか?
情報発信しないところには、情報は集まらないと言われている。
是非、もう少し市民が感心を持つ市政をおやりになればと思っている。

数値は正直である。
三木市のホームページのアクセス数は、職員からのもの(役所内のもの)もカウントされるとか。
これは本来、外部からのものだけのカウントにすべきだと思う。
高槻市などはそんなシステムになっていると思う。

今朝は結構時間がかかった。
by rfuruya2 | 2010-02-09 04:16