雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

大晦日の朝

★とうとう今年も大晦日である。

私にとっては70代の最後の1年、
この1年も70代も最高にいい年月であたっと思う。

今年最後の朝、つい2,3日前に出会ったMSN産経フォトを見て時間をつぶしている。



★その中から見たスゴイ写真を二つ。


c0107149_6253595.jpg



グランプリに輝いた写真だとか

グランプリに共同通信、産経は3部門で受賞 2012年東京写真記者協会賞

本社・大里直也記者の「闇を切り裂く火山雷」は、深夜、爆発する桜島(鹿児島市)で火山雷が走る瞬間をとらえた1枚。圧倒的な迫力で国内一般ニュース部門賞に輝いた。






★もう一つは、

地球の夜、くっきり NASAが衛星画像

c0107149_6313750.jpg


c0107149_6324375.jpg


c0107149_6355635.jpg


これまでにない鮮明さで夜の地球の姿を捉えた衛星画像を、米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)が5日公開した。

 まばゆく輝く都市部の街灯から、海に浮かぶ船の小さな光までくっきりと写し出されている。可視光と近赤外線の広い領域をカバーする特殊なセンサーを使い、弱い光は増幅し、強い光は抑える処理を加え、複数の観測データを合成して画像化した。

 使われたのは昨年打ち上げられた「スオミNPP衛星」。北極と南極を通る高度824kmの円軌道を回る。夜間の観測の可能性が広がることで、米東海岸を襲ったハリケーン「サンディ」のような災害対応にも役立つと期待されている。(共同)



スゴイことが可能な世の中になったものである。

でも、時差があって地球全体が全部夜になることはないのに、どうやって撮ったのだろうと思ったら、
『複数の観測データを合成して画像化した』と説明にあった。

何でも出来る世の中である。
そんな、大晦日の朝、平和である。
by rfuruya2 | 2012-12-31 06:25 | ネット