人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

ムネオの日記から

★鈴木宗男さんの『ムネオの日記』

c0107149_784187.jpg


毎日、目を通すブログの中に『ムネオの日記』がある。

鈴木ムネオさんほど、持っていたイメージが変わった政治家も珍しい。
かって、あんなに悪かったイメージが、今では一変しているように思う。

私は『好感』を持っているので、そのブログも読んでいる




今朝は

● 網走刑務所の医療体制  と

● 今回の柔道界の暴力問題についての所見が述べられている。


詳しくは、ブログを直接お読みになって頂きたいが、


網走刑務所で1ヶ月に3人も病死している。・・・・
1200人の受刑者が居る網走刑務所で、お医者さんの定員は1人。・・・・常勤医不在に関して「関連はなく管理体制に問題はない」としいるが、・・・・・役人の・・・全く人情味のないもの言いに驚くばかりである。・・・・・
このような認識、優しさや親切心のなさが医師不足を当然視しているのではないか。・・・・
 
人権は何人なにびとも五分でなければいけない。・・・・・・・
今回の網走刑務所の報道を機に、矯正施設における医療体制の整備充実を法務省は最優先の課題として取り組むことを心から願ってやまない。



柔道界の問題に対しては、

声明文を出すなら堂々と名前を名乗るべきではないか。・・・・

全柔連の中で意見を述べた上で聞く耳を持たなかったり、監督が反省の態度がなければ第3者に訴えることも良いが、・・・・何とも身勝手な話と思う。・・・・・
「独りよがり、自分達だけが正しい、しかも15人数を持って主張するやり方はいかがでしょうか」・・・・・
 
暴力行為は、いじめ、体罰、行き過ぎはあってはならない。同時に認識、受け止めは人さまざまではないだろうか。
11年前、検察や一部官僚により一方的に叩かれた経験を持つ者として、両者の言い分を公平に聞き取り、受け止め、その上で公正な処置、判断をするのが民主主義の手続きだと思うのだが。




★刑務所の医師の問題も、なるほどと納得出来るものがあった。

女子15選手の代理人の弁護士が記者会見し、更に15選手の声明文も発表された柔道の問題は、
いろいろと根深いものがあるようだが、単に監督だけの問題でないことは事実である。
確かに、誰が言っているのかも解らない問題で、監督の記者会見に集まった報道陣の異様さを見ると、あれは監督に対する『いじめ、暴力』に近い状況だと思う。

柔道界の構造、体質、組織などの方に問題があるのだろう。
体育の暴力の問題も顧問の先生個人の問題と同時にむしろ学校や教育委員会の構造、体質の方に大きな問題があるように思う。


構造や体質は、なかなか『改善レベル』では解決しない。
改革』でなければ問題解決にはならないのである。
そんな機運になれば、いいのだが・・・・・・


服部吉伸さんの語録にこんなのがあった。

仕事には、「こなす仕事」と、仕事を「改善、改良、改革する仕事」という2つがある。

 改善とは 不良を減らす、利益率を向上させるなど「悪さ加減」を減らすこと。
 改良とは 「良いところ」をもっと良くすること。
 改革とは 一から抜本的にやり直すこと。
 
by rfuruya2 | 2013-02-06 07:08 | 発想、感想