人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

議会について思うこと

国会も議会でもめている。

大阪の議会も注目である。

三木の議会、議員についてこんな意見があった。

オンブズマン三木さんが20人は多すぎる。
やまかずさんがそれを受けて熱っぽく語っている。

こんな意見は、議会に出ている人たちに届いているのか?
全ての人に届いてなくとも、何人かには間違いなく届いているはずである。

議員さんは、 市民のまじめな声として公に論ずる責任があると思う。
市長さんをはじめ役所の方は、 もし無視するのなら今後一切『情報収集』などと言う言葉を使うのを止めて欲しい。



何も三木だけに当てはまることではないとは思うが、お二人の仰っていることはもっともである。
今まで、2度だけ議会を見に行ったが。
『見に行った』という表現は不適切だとは思うが、『聞く』レベルのものでなかったのも事実である。

それ以降、まだ行っていない。2度目の時は「やまかずさん」に出会えたのが収穫であった。

議会が始まると、議会には出席していない職員が忙しくなるらしい。
議員の質問対策のようだがそんなに大した質問もないのに、なぜ普通に答えられないのか?

出席しているのは、部長以上の経験者である。自分の言葉で、自分の思いを答えられたらいいと思う。
担当者でないと答えられないような詰まらぬ質問は、するほうの議員の見識を疑えばいい。
そんな議員ばかりなら、要らないと言われても仕方がない。

役所の方たちも議員さんも、それで給料を貰っているプロなんだから、プロらしい次元での議論を聞かして欲しいと思う。
前例ばかりを受け継いでいくのではなくて、それこそ『発想の転換』をして新しい議会運営をする気はないのか。

そんな気運は微塵も感じられない議会であったが、私がサボっている間にすっかり変わっていればいいのだが。
議会は、間違いなく三木をリードする人の、プロの集まりの筈である。

そこが変わるのが三木が変わる一番の早道だと思うのだが。
そんな人がいたら、一所懸命応援したいと思っています。
by rfuruya2 | 2008-03-06 06:51