人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

若々しいスポーツレジャーのまちに

さるとるさんが、こんなブログを発信されました。

先日、三条市の国定さんが来られたときも、いろんな三木の施設をご覧になって、
『スポーツ振興による三木ブランド』 という感想を述べられました。

ブログのコメントにも賛成意見が寄せられています。
国定さんでなくても誰でもそう思うのは、自然です。
私もずっとそう思っています。雑感ですが、私見を。


三木ほどスポーツ施設の充実しているまちはない。
それこそ日本一と言ってもいい。

ゴルフ場の数は西日本一である。日本一の廣野もある。
ゴルフ場の数は2位でも、プロのトーナメントの開催される数は一番ではと思っている。

国体の会場にもなったテニスは、吉川のコート以下まちにいっぱいある。
それに、ビーンズドームが加わって、これも日本一と言えるかも知れない。
大きな大会も開かれた。

野球場はいいグランドがいっぱいある。
グランドだけではない、関西国際大学は2年続けて神宮に出場している。

サッカー場もさるとるさんの言う通り、素晴らしい。
なでしこジャパンも合宿に使った。
サッカーのプロに言わすと、芝の手入れが抜群で、どこよりもいいという。

ホースランドの施設は他がまねられないほど素晴らしい。
今度新潟国体で乗馬の施設を検討されている国定さんが、『これはとても追いつけない』と羨ましがられた。

マラソンは交通規制の要らぬ安全な防災公園で年に何回も行われている。
三木山総合公園もグリーンピア三木も、スポーツランドとしてもいいほどの充実した施設である。
こんな施設や環境の三木は、近畿のどこからでも1時間で来れる、『絶好の立地』に位置している。
更にそれらの立派な一級品の施設が、一般の人が申し込んでも、安価で使えるように開放されている。



こんないい立地や環境にありながら、更に具体的な実績もありながら、
なぜもう一つ三木のイメージとして固まらないのか?
『スポーツ振興を』という発想があることは認める。
そんな議論も、庁内会議でなされているのも確かである。

然し、すべてが縦型で、ばらばらであり、所管が違ってただイベントとしてやるだけ。
予算を使ってやったら、『また来年』 である。
『基本コンセプト』がなくて、バラバラにタテ型に実行されるので、
幾らやっても『イメージとして纏まっていかない』のである。

スポーツ振興は、『教育委員会のーー課の担当』 という発想では、
何かをやろうとすれば、直ぐチラシを作ってというような発想では、
スポーツ21を考えるときは、そのことだけでは、
何か、基本的な大きなものが抜け落ちているのである。

『三木をこんなスポーツのまちに』 基本コンセプトがないまま何をやっても、イベントは出来るが予算の無駄遣いになってしまう根本だと思っている。



基本的な考えを共有して、『繋いでいけば』 自然に『何かが生まれてくる』 のである。
すべてを何かで、更に繋いでいくそんなスタンスが必要だと思う。

昨今、三木のブログの世界では、幾らかでもヨコに繋ごうという意識が生まれ、具体的なこととして花が開きかけている。

三条市の国定さんも、そんな繋がりからの三木訪問である。
予算が大きく掛かったわけではない。
人々のスタンス、動き方で実現しているのである。
何の組織もないところでも、何となく動くのである。

役所の中では、
『ブログdeみっきぃ』も中心になって繋ぎ役を果たしてくれつつある。

『みっきぃふるさとふれあい公園』もよくなってきた。

教育委員会のスポーツ担当の方も、総合的な企画を担当される方も。観光客誘致の担当の方もも、こんな輪の中にちょっと足を突っ込んだら、もっとスムースにイメージは創造できてゆくと思っている。
なにも難しいことではないと思う。

三木に来る400万人の観光客のうち、
60万人がテニス、50万人がゴルフである。(役所の方で果たして何人がご存知だろうか?)
マラソンやサッカーなど多分200万人を越すだろう。

これは三木市民以外も多いはずである。
三木市民以外にも視野を広げて、この人たちも繋ぐ発想がMUSTである。
『イメージは他人が抱いてくれる』モノである。

私の知る限り、三木市民以外で三木に来た人の三木のイメージは、
『みんな三木は素晴らしい』 と言う。
樋渡さんも、国定さんも、みんなそう感じるのである。

もっと自信を持って、行政が動いて欲しい。
JJさん、ローバーさん、さるとるさん
更に、仲間を募っていけば、『スポーツ』に限らず上手く動くと思っています。


それはそうと、箕面の倉田哲郎さん、もう橋下さんを訪問して今朝のテレビに登場しました。
その声とトークを初めて聞きました。若い人はいいですね。
仕掛けがシタタカだと思います。
こんな人に関心を持つのは、樋渡さんと、国定さんとの繋がりです。
by rfuruya2 | 2008-08-26 05:27