人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

米 からこんなコメントが

先日、、三木さんさんまつりのことアップしたら、こんなコメントを頂いた。

『Commented by 米
「さんさん」は緑が丘、青山、自由が丘の三地区を結ぶ意味からの三と太陽のように輝く意味からサン(SUN)を足して、さんさんになりました。ギャラリーの名前とは偶然にも一緒になりました。それでも数十の候補から絞って決まったのですよ~

ちなみにかえっこをしていたコープ横の「さんさん広場」は確か、太陽のサンSUNと三木の三からネーミングされたって聞いてます。あれは18年ほど前。小6だった私の同級生が名付けたはず。
時代はめぐりますね。』

なるほど、そんな由来かと、ご紹介する気になったのである。

米くんは、自分でもブログを持っているし、この祭りのこともアップしているので、そこで使えばいいものを、わざわざ私のコメントにしてくれている。
そんな気の優しい男である。


米くんとは、米田和彦、三木市市会議員の先生である。
もう30歳になったのかな?選挙に出たときは28歳だった。

私は、政治や選挙は嫌いである。今まで特定の人を応援などしたことは一度もない。
前回の三木市議会選挙のとき、生まれてはじめて、勝手にではあるが、
米田和彦君に注目し、密かに応援をし、1票を投じたのである。
面識などあったわけでもない。頼まれたわけでもない。話したこともなかった。
勝手に応援したのである。
理由はいろいろある。
1.小野高サッカー部出身(息子は小野高サッカー部出身である)これが1番。
2.28歳若いのでビックリしたが、若いのはいいと思った。
3.みっきいマラソンにでたというブログで知った。ブログをやっていること。
4.選挙費用幾らだったか、兎に角安かった20万円以下、自転車で走り、応援者もあまりいない
5.わが町、緑ヶ丘に住んでいる。
6.そのころの教育委員会の井本先生の教え子である。これ大きかったかも知れない。。井本さん3月におやめになる。教え子が新たに三木市政を引き継ぐなどと思ったかもしれない。彼のブログ、井本先生のことを書いていた。井本さんと会わなかったら、私は今頃まで三木のことなどに関わっていないのかもしれない。ちなみにさるとるくんも教え子らしい。目立った子だったとか。
7.そして、その抱負が『三木市政に風穴をあける』

まあざっとこんなことだった。選挙運動はいかにもみすぼらしく、寂しかった。何度もすぐ近くで姿を見たが、声も掛けなかった。
応援はしてあげようと思うが、『これは落選だな』と正直そう思った。
しかし、1票だけは投じた。最初に応援してみようと思ったからである。

それが、不思議なことに最下位だったが通ったのである。
ご本人に出会ったのは、当選してからである。
『若いんだから、先生と呼ばれたらあかんで』 『三木市政に風穴をあけるはホントかウソか知らぬが覚えておくよ』などと話した。

そんな関係である。
彼がmixiに招待をしてくれた。私が彼を『ひょこむ』に招待した。
(ブログをやるきっかけは武雄の樋渡市長です。SNSの世界を紹介してくれたのは米田君です。同じ政治家ですが、今は差歴然です。頑張ってほしいと思います。樋渡さんが三木に来られて、防災公園でお会いしたとき、ヨネ君を引き合わそうと声を掛けた。何か議員の用事があるので残念と言うことだった。私ならそれを断って、樋渡さんと会ったと思う。その辺が真面目すぎると思っている。)

その後、いろんなことで一緒になったり、一緒にやったりしているが、先日も『みどりまつリ』で出会ったのである。
踊りの整理をしていた。『写真が撮れないので、写真貸してくれますか?』と言うのが挨拶だった。
米 からこんなコメントが_c0107149_841728.jpg


彼は仕事があって、忙しかったのだが、5分ほど話をした。
先日、議会での彼の質問を現場で見て、『これではとても風穴はあかない』と思ったからである。

『全然、迫力がない』『もっと自分の思いをはっきりと、周囲のことなど気にせずに』『市民力といって、一人でやったるのだろう』これはいいと思っている。
『全然なめられている』『このままだと次回は落ちるな、通ると思うか』
『ブログでももっとハッキリもの言えよ』なんて、殆どこっちが一方的にずけずけと言って別れたのである。

そういうことが素直に言える、なかなか思っていてもそんな風には言って上げられないものである。
それが言える。それが彼の長所だと思う。
地元のいろんなイベントに常にあまり表に出ずに縁の下で支えている。
ただ、議員さんなんだから、もう少し明確に自己主張すべきだと思う。政治的に動く戦略性も欲しいなと思っている。
議員の給料を負担しているのは、地元の緑ヶ丘だけではないのである。
地元へのボランテイアのような手伝いも悪くはない。しかしそんなことでは『市政に風穴』など開かないのである。

彼が、もう少し動けば、もう少し応援してあげようかとも思っている。
ヨネ君に限らず、さるとる君でもローバーさんでも、少しエライさんでは樋渡さんや、三条の国定さん、職位などには関係なく、動く人に対しては誰でも応援したくなるのである。
by rfuruya2 | 2008-10-11 05:46