人気ブログランキング |

雑感日記

rfuruya2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

三木のまち と・・・・

★今朝の『三木っ太郎さんのブログ

街角トレジャーハンター

eo光TVの番組「街角トレジャーハンター 」で、三木市が紹介されています。
eo光TVでは9月7日から20日まで、インターネットでは2ヶ月間視聴できるようです。
市長も出ていて構想を述べられています。
一度見られては如何でしょうか?


と書かれていましたので、見てみました。


30分のこんな番組です

●最初に三木ホースランドパークが登場します。
乗馬体験です。
馬には乗ったことがありませんが、馬が前に進むのにはどうすればいいのか、初めて解りました。

●三木市長の薮本さんが登場して、三木を語っておられます。
こういうインタビューは、そつなく上手にこなされています。
薮本さんのいい面が出ています。

●三木のこて や 三木合戦の絵とき 湯の山街道の玉置邸 箸づくり体験 三木の『のこぎりゼリー』も出てきました。



★全体として、なかなかいいのですが、 
三木のまちをいろいろ知っているだけに、
あそこもある、ここもある と思ってしまいます。

『三木のまち』の紹介を、30分で纏めるのは、簡単なようで難しいですね。

どうしても『金物のまち』『三木合戦』などが先に来てしまって、
『新しい三木のイメージ』が欠けてしまう傾向があると思います。

でも、この種の番組でリポーターが纏めるとすると難しいのかも知れません。


★『三木をこんなイメージに・・・』
という広報戦略の基本的なコンセプトがナイのが問題なのかも知れません

私見を言うなら、
もっと三木の『広さ』、『若々しさ』、『よかわ』、『市民の先進性』などが前面に出ないと、
『三木の新しいイメージ』は創造されないと思ったりしています。


防災公園などで会う、三木に来た人たちの感想は、
みんな『三木にこんなところがあるなど知らなかった。』と言われます。

三木は何となく昔からの伝統のある旧い田舎町と言うイメージが先行し過ぎているのだと思います。


現実は、昨日も触れた
SNSで地域活性化を考える ラーニングバー』など
出席された神戸の人がビックリするような、『三木への想い』や『先進性』があるのです。

そう言う意味でも、『三木の情報戦略』の一端を仲間と一緒に担いたいと思っています。

c0107149_8313834.jpg


★今日は午後
 KANSAI GENKI! PROJECT を担当されている
ぼっけもん修さん』と
ビーンズドームでお会いして、

このプロジェクトや、孫文記念館のファンクラブ、
NPO The Good Times との繋がりなどをお話します。

『ぼっけもん修さん』は神戸市の職員さんですが、
NPO The Good Times の会員さんで、いつもオピニオンリーダーの役割を担っておられます。

今日は三木でお会いしますが、
毎日、ブログや、ツイッターや、Facebook でお会いしています。

どんな展開になるか楽しみです。
by rfuruya2 | 2011-09-11 08:37

Facebook 雑感

★昨日は、ボランタリー活動プラザみき 主催の
『地域SNS Net ラーニングバー』だった.
『地域SNSで地域活性化を考える ラーニングバー』 とどんな形のSNSを使うべきか?
ということでスタートしたが、流れは自然に Facebook ということになって、

今、こんな仮の形の 『Net ラーニングバー』と言うファンページが出来ている。
c0107149_7274645.jpg

バーとはBarなのである。Barだからアルコールはないが、おつまみもドリンクも用意された勉強会、スタート前である。


★『Facebook など私には関係ない』と思っておられたら、時代に乗り遅れてしまうかも知れない。
かって三木市と提携していた武雄市では、
Facebook学会の総会が開催されるようだし
既に武雄市のホームページはFacebookに完全移行されている。

昨日は予習代わりに武雄のfacebookを見て、その感想を私なりに纏めている
ご関心のある方は覗いてみて下さい

Facebookページとはなんですか?
•なぜ武雄市はWebサイトをFacebookページに移行したんですか?
•多くのSNSがあるなか、なぜFacebookを採用したんですか?
•Facebookページは利用登録しないと閲覧できないのではないですか?
•Facebookの使い方がわからない人がいると思いますが対策はあるのですか?

などの『よくある質問』もその中にあるが、リンクをクリック頂くと回答が載っている。
c0107149_7492597.jpg

Barらしいこんな柔らかな雰囲気で進行した。

今は仮の名 地域SNS Net ラーニングバー で進んでいるが、
このトータルのコンセプトを決めて、それに相応しい ネーミングを市民のみなさんも参加して頂いて決めようということになっている。
c0107149_7551961.jpg
c0107149_7553020.jpg


★Facebookには『個人ページ』と『ファンページ』があって、
これは『ファンページ』である。

『ファンページ』は、Facebookに利用登録しなくても、閲覧できます。
ただし、Facebook独自の機能である「いいね!」ボタン、コメント、ディスカッションなどを利用するためには、Facebookへの利用登録が必要となります。


と言うことだから、Facebookに登録しなくても見ることが出来るようである。


★三木市でも、『情報に強いまちづくりを目指して』

(仮称)みっきぃ情報ミュージアム事業)○市内の観光交流施設と連携し、観光情報を発信(観光の情報戦略)200万円
などが計画されているが、果たしてどんな内容になるのだろうか?

一緒に繋がるようなものになると、『より機能する』モノになるだろう。


三木市では、議員さんでは大西さんや大眉さん坂東さんなどFacebookの仲間もいるが、今回広報のJJさんも参加された。

市長の薮本さんや、薮本さんが会長のチルドレン議員さんたちも、役所の職員の方も、ぜひFacebookに参加されることお勧めである。
三木の先進的な人たちがどんどん参加されているし、どんどん加速するだろう。

『情報に強いまちづくり』大いに結構である。
是非門戸を大きく開いた『双方向の情報発信』であって欲しい。
by rfuruya2 | 2011-09-10 07:23

何故か、めちゃ忙しい

★何故かめちゃ忙しい。
別にばたばたしているわけではないが、集中していることは確かである。

やりかけると熱中してハマってしまう。
今、goo で書いている『自分史』に熱中している
3日間続けて、平成元年、新しい幕開けの年のことを書いている。
私の現役生活の最後の10年間ほどの始まりである。

その時の活動が、今のNPO The Good Times にそのまま繋がっていると自分自身ではそう思っている。

一つのブログを書くのに、5時間も掛ったりしている。
昔の資料をひっくり返して調べているからである。
会社でのレポート造りみたいな感じになってきた。

忙しいけど、その時間が楽しいということは『充実している』と言うことか。


★周囲の動きもオモシロイ。
c0107149_941818.jpg


昨日もちょっと紹介した雷神マッハさんの、3時間耐久レース。
雷神マッハさんもノッテきて、こんなブログである
チームイワキのマネージャーの方からコメントが届いた。
間違いなく岩城滉一には伝わるはずである。
11月23日、彼のスケジュールが空いていることを・・・

アメリカのDANTHREEもいろいろと動いている
月木レーシングのアメリカブランチとも繋がったようである。
c0107149_9135426.jpg

昨日は雷神マッハさんのところの従業員の方と、DANTHREEと私と
Skypeで3人で、延々と話していた。アメリカと三木と東京と一緒に喋れる。
そして幾ら喋っていても無料、オモシロイ世の中である。

★今夜は、ボランタリー活動プラザ三木の主催する
地域SNSで地域を活性化するラーニングバー』である。
c0107149_9453376.jpg

オモシロイメンバーが集まる。
今夜から、『ブログ de  みっきぃ』 のJJさんも、個人の資格で参加のはずである。

ブログは勿論、ツイッターも参加されたし、
Facebook も参加された。昨日からだがもういっぱいトモダチが出来ている。

『地域活性化を目指すSNS』
本来なら、行政が先頭に立って推進するテーマである。
行政がやらないから、市民レベルでスタートしたのだろう。

こちらの三木市は、めちゃ動いている


★三木市民のレベルでは、どんどんネットの利用者は増える一方である。

三木市の行政も、職員の方も参加されないと、どんどん市民に置いて行かれる。
まず、その前に市会議員の方が入られないと・・・、今何人が参加されているのだろう?

新しい改革を目指すとか言うチルドレンは、リーダーを含めてみんな時代の波に乗り切れていないように思う。
上から目線の一方通行の情報発進ばかりである。
広報とは『双方向の情報発信』があって初めて一人前なのである。

こんな時代に、いつまでも一方通行では、そのうちに市民に見放されてしまうように思う。
早く、気がついて欲しいと思う。


★私は今朝起きてから今まで、全国の、いや世界の人たちの情報を見て、いろんな人たちとの双方向の情報を楽しみました。誰が何を想い、何をしているのか、みんな解ります。
世の中、そんな時代です。
by rfuruya2 | 2011-09-09 09:51

NPO The Good Times ニュース3題

英語と日本語の両方が書かれてあるこんなブログがスタートしています。

アメリカでスタートしたNPO The Good Times の団体会員の一つ、
DANTHREEの公式ブログです。
c0107149_8123457.jpg

ホームページもスタートしたばかりですが、
日本側からも既に
インターナショナルトレ―ディングムラシマさんと
雷神マッハの光削さんがジョインされています。

どちらもNPO The Good Times の団体会員さんです。
アメリカ市場での事業展開をDANTHREEがお手伝いするようです。

c0107149_8225382.jpg

Recently, I had a meeting with my American friends about wooden tag called “MUSASHINOBORI”. He liked it as a gift from me and as a novelty as well. However, he has expressed reluctance about the price as cost I gave him.

It is hard to make American understand artisan craftsmanship as Japanese traditional culture. I know it will take time for me to share such a mentality. I know it’s tough, need innovation but I know there is chance there as well.


ブログからです。なかなか簡単ではないようですが、頑張って欲しいと思います。

c0107149_835855.jpg

★元川重社長の田崎さんが理事長を務める『孫中山記念会』のファンクラブのお手伝いをすることになっていますが、こちらもなかなかのスケールで展開することになりそうです。
やっと1万人という目標が具体的に立てられるかも知れません。

これは隣の海上プロムナードから撮った写真ですが、
中は『一見の価値十分にあり』です。

お近くの方はぜひ一度、孫文記念館もお忘れなく。



c0107149_8461317.jpg

★これは二輪の耐久レースの話ですが
昨日、上述の雷神マッハさんから電話のあったホットニュースです。

NPO The Good Times の会員さんメンバーで、出場しようかという話です。
雷神マッハさんも出ると言ってますし、8耐を何度も走った『まっしまさん』。(NPOのホームページ担当)も出るとか。
関西から、平井さんが1チーム出場するかも知れません。

雷神マッハさんには昨日、
『ひょっとしたら出るというかも知れないから、岩城滉一に電話してみたら』と彼の携帯の番号を伝えておきました。

ひょっとして、彼が出るなら大阪の月木レーシングにも声を掛けなくてはと思ってます。
岩城滉一は、かって8耐で月木の総監督でカワサキと一緒に遊んだ仲ですから。
今年の春、テレビの『旅サラダ』でのSPA直入のロケでは、頼まれていろいろお手伝いなどしましたので、予定さえ詰まっていなければ、オモシロイ展開になるかも知れません。

この時のSPA直入での岩城滉一の動画見つけました
出てくる人みんな知っています。懐かしい昔の仲間です。

この春の『カワサキの想い出そして未来』のこと、岩城滉一に言ったら『なぜ誘ってくれなかったの』と言ってましたから、今回はお誘いしてみたらと思っています。

こんなのこそ『ダメモト』です。


NPO The Good Times のメンバー達、異種、異質ですが、
なかなか、オモシロイ人たちが集まっています。
by rfuruya2 | 2011-09-08 09:16

新しいブログがスタートした

★ブログを書きだしてもう何年になるのだろうか?

gooのブログに恐る恐る投稿したことをよく覚えている。
2006年9月9日だから5年前である。
もう5年も経ったかとも思うし、まだ5年かとも思う。
それ以降、多分1日も途切れていないと思っている。

最初に、なにを書けばいいのかよく解らなかった。
こんなブログなのである。


美しい国,安倍さんの書いた本の題名に使われている。
美しいという言葉の意味は深く、外面的な美しさのほかに、調和のとれた、こころの優しさなど内面的な美しさもあらわしている。

本来、日本に至極似合う言葉だと思う。せかせかとしたことばかりが目立つこの頃だが、もう少しゆったりとした美しい生き方をしたいものである。
どなたが総理になっても、真に美しい国日本を目指してほしいものである。



★このころはまだ、三木市長の薮本さんを応援していたころである。

この年7月に
『日本一美しいまちをめざす三木』 がスタートした。
私は今でも、『美しい国、美しい兵庫、美しい三木』であって欲しいと思っているし、
自分自身も、そのように生きたいと思っている。

『美しい国』は消えてしまったが、
『美しい兵庫』『美しい三木』はまだ現役なのである
薮本吉秀さんが『美しい三木』を目指した行政をぜひ忘れずに続けて欲しいと思っている。

『美しい』という言葉は『綺麗』という言葉とは、ちょっとニュアンスが異なっているのである。

c0107149_883160.jpg


新しいこんなブログが、始まった

9月5日に始まったばかりだが、
NPO The Good Times の皆様 今日はお招きいただきありがとうございました。』
からスタートしているのである。
『神戸市西区でケアマネージャーをしています。日々原付バイクで駆け回ってます。』
という方のブログである。

9月4日のFacebook講習会に飛び入りで来られたNPOの会員さんである。
まだ、殆ど話をしたこともないのだが、
今後の展開は何となく期待している。

講習会の翌日からの、『ブログスタート』なのである。
何かを、感じられたに違いない。


★どこから、こんなブログ見つけてきたのか???

NPO のアドバイザーをしてくれているbunCさんのブログのリンクからである。
なかなか気を使ってリンクされている。

ちなみにご紹介したケアマネージャーの河合さん、bunCさんの紹介で、
NPO The Good Times に入会された。 
bunCさんとも2年ほど前に、ひょんなことで繋がった。
いろんな形で繋がっていくものである。
by rfuruya2 | 2011-09-07 08:17

創発民主主義 と みっきぃふるさとふれあい公園

★今朝も沢山のツイッターやブログやFacebookを見ました。

その中で

himetaro4    rfuruya1がリツイート
非常にオモシロ!「創発民主主義」 → 朝日新聞 - 伊藤穣一さんに聞く 創発する民主主義とは http://joi.ito.com/jp/archives/2011/09/05/005511.html

『創発民主主義』ちょっと長くて難しいのですが、ちょっと、さわりの部分を抜粋すると


『Q。まず「創発」という言葉をわかりやすく説明して下さい。
 
「例えばアリは一匹一匹に高い知性はありませんが、群れとしてはとても複雑な共同作業をします。巣をつくり、ごみ捨て場や、死んだ仲間の墓地もつくる。個々の単純な動きが相互に作用し、いわばボトムアップで思いがけない高度な秩序が生まれていく。そういう現象を創発と呼びます。例えば・・トップダウンの都市計画より住民の相互作用か・・・・・これも創発です」

Q。そういう現象が政治にも生じてくるだろうということですか。

・・・・「従来の代表民主主義は、・・政治家を選挙し政策決定を委ねていますが、人々が自分で判断し、発信できるようになれば、・・・・草の根から、現場から、・・・・政治的な秩序が生まれてくるようになるんじゃないか。それが創発民主主義の夢です」
 
Q。いまの代表民主主義には欠陥があるという診断ですね。

「代表民主主義では権限が政府に集中しています。しかし、・・・・・・問題を解決する知恵や情報やアイデアは思わぬところにある。・・・・・ネットとかソーシャルメディアは、その過程をサポートする強力な道具です」

Q。そうなると政治家はもういらなくなってしまう。
 
「政治家は指導者というより、進行役とか世話役、管理人といった役割になっていくのではないか。・・・」
 
Q。構想を提唱されたのは8年前ですが、その後、現実のものになってきていますか。

「8年前は主にブログを念頭に・・・・、その後に登場したフェイスブックやツイッターが今回中東各地ですごく大きな役割を果たしたことは重要です。・・・
「ソーシャルメディアが若者たちに与えたのは勇気です。・・・・『僕らにもできるじゃん』と伝えあった。」・・・・・「創発民主主義はまだまだこれからだと思います。・・・・・」



★オモシロイと思われる方は、まだまだ長いのですが、全文をお読みください。

私たちの仲間は、いまいろんなことをやっています。
『創発』など意識はしていませんが、ちょっと似たところもあります。

みっきぃふるさとふれあい公園
久しぶりに、提唱者のさるとるさんが触れています

今三木で、いろいろとやっていること、

Net ラーニング も 
e-音楽@みき も 
グループ三木市 も
三木さんさんまつりのFacebook

三木に限ってはいませんが
●NPO The Good Times の仲間たちの活動は、
このファンページの左『お気に入り』をすべてみて下さい。全国と世界と繋がっています。

『創発』に似てるな?  と思ったりしています。


★最初にリツイートした、himetaro4さんは、『放射能ウオッチャー』を
NPO The Good Times に繋いでくれた川西市の方です。

R_Watchers 放射能ウオッチャー
【Q&A】一般の指標値を超えた放射性物質が水道水に入っている場合どうすればいいか(放射性ヨウ素300Bq/kg、放射性セシウム200Bq/kg)  
答えはコチラ→
 http://bit.ly/qnGxbb #放射能 #放射線 #Jp_geiger

c0107149_924349.jpg


★『創発』の話の中で、

『政治家は指導者というより、進行役とか世話役、管理人といった役割になっていくのではないか。』
というくだりが、ありましたが、
NPO The Good Times の中では、
理事長である私は、まさに『進行役、世話役、管理人』の役割を果たしています。

『みっきぃふるさとふれあい公園』は、三木市が提唱されたコンセプトですし、
三木市は『日本一美しいまちをめざす三木』なのですから、
市長の薮本吉秀さんは、その『進行役、世話役、管理人』に徹するようにされたら、上手くいくように思います。

三木市の行政よりも、三木市民の一般の人たちの方が数段高いレベルでの活動になりつつあります

三木市の人たちが、どんどんツイッターなり、Facebookに参加されたら、
NPO The Good Times に参加されたら、どんどんそのスピードは増すでしょう。
もうすでに流れは、出来つつあります。

草間透さんが率いる『三木さんさんまつり』のFacebook のファンページが立ちあがって、1日で25人近い『いいね』を頂いたこと、は画期的なことです。
こんなホームページも出来ています。
『三木さんさんまつり』は、NPO The Good Times の団体会員さんですので、もう1ヶ月後に迫ったお祭りを今後ネットの世界で盛り上げていこうと思います。
by rfuruya2 | 2011-09-06 09:32

三木さんさんまつりのFacebook出来ました。

三木さんさんまつりのfacebookのファンページが出来ました

『草間さんおめでとうございます。『いいね』2番目に押せて最高です。kwakkyさんのさんさんまつりのブログと写真使わせてもらいました。
http://kwakky2.exblog.jp/16810171/
c0107149_743945.jpg



★この『三木さんさんまつりのFacebookのファンページ

昨日の『Facebook 講習会』の成果です。
もう一つのブログも、これについて書いています。

NPO The Good Timesの活動の輪がどんどん広がって、着実にいろんな実績に繋がりだしたことは嬉しい限りです。
NPOそのものはシステムだけですから、それを上手に繋いで使われる会員メンバーの活動の成果なのです。

昨日集まったメンバーです。ご存じの方も多いと思います。
c0107149_713418.jpg

ボランタリー活動プラザみきの稲見さんと私が抜けていますが、
『異種、異質、異地域』の人たちが繋がった力です。

『同種、同類、同地域』ではなかなかこのようにスムースには行きません。
やりたい人たちが、自然に集まった成果です。

『地域SNSで地域の活性化』を目指す『Net ラーニングバー』も先週立ちあがったばかりですが、もうこんなに動いています。いつの間にかファンも30人を超えました。
この2回目が9月9日です。


三木さんさんまつりのファンページは、
出来たばかりで『いいね』のファンはまだ二人ですが、
出来れば、今日のうちに『目標の25人』になるように、
このブログをご覧になった方のご協力をお願いいたします
Facebookに登録すれば、『いいね』がおせますよ。 あなたも是非ご登録を!
また、違った世界が開けます。


(まだこのブログ発信していないのに3人になりました。3人目はどなただったのでしょうか)



★みんなNPO The Good Times の会員さんの活動なのですが、
『システム、仕組みの創造』について、
それを非常によく理解されて、実践されている
神戸市役所の藤田さん(ぼっけもん修さん)との、Facebookでのコメントのやりとりをご紹介しておきます。

『システムや仕組みとは、それを実行することにより、『意図した目的』が自然に無理なく実現してゆくものである。 
それを十分に理解しての対応KANSAI GENKI! PROJECT など3題。 http://t.co/8wrg0pi』という私のツイッターに対して。

●土曜日9:01 (Smart Tweetsから).藤田 修司さん、
ありがとうございます。何かを創るとき、古谷さんのこの言葉は本当に大切にしています。

●土曜日20:47 古谷錬太郎 これは私の言葉ではありません。服部吉伸さんという後立命館大学の教授をなさった方の本の中の言葉です。現役時代親しくお付き合いしました。当時は評論家でした。他にもいっぱいいい言葉があります。本から言葉を記録して持っているのは、服部先生の言葉だけです。非常に的確です。

●昨日 4:21 · 藤田 修司 「通用する考え方とは・・・」と同じ先生ですね。本当に的確ですね。僕が、古谷さんの自分史が大好きなのは、「システムや仕組みとは・・・」「通用する考え方とは・・・」などの考え方が、実際の企業経営のなかで実践されていると感じるからです。さまざまな要素が入り乱れ、しがらみも複雑に絡み合う実際の経営の中で、どのように仕組みを構築し結果どうなったかは、本当にためになります。

●21時間前 · 古谷錬太郎 服部さんの本と出会って、高槻の自宅にお電話して始まりました。今からの自分史の時代です。服部さんは、自分の発想と同じような形で実業に展開している企業に非常に興味を持たれて、具体的なお付き合いになりました。当時はそんなに有名ではなかったのですが、評論家という方の意見としては最高だと思いました。教えておられたクラスのお手伝いなどもしています。その後立命館の教授になられたようです。


★服部吉伸先生には、本だけではなくて実際にいろいろと具体的な接触がありました。言われていることが非常に的確ですし実戦的です。
世のなかに評論家の先生は沢山おられますし本も読ませていただきましたが、
その言葉を記録して残しているのは服部吉伸さんの言葉だけなのです。
他にも幾つもありますが、私の行動の指針でもあります。

『実行力』などとよく言いますが、そんなのお金と権限、或いは努力があれば誰でも『実行できます』
その最たるものが行政の活動です。

意図した目的の『実現力』これこそが、一番難しい『最高の課題』だと思っています。
目指した活動が繰り返されるのに、
意図した目的が『実現しない』のは、『仕組みを持たない』単なる努力の繰り返しだからです。

『意図した目的が実現』するように仕組んだ『仕組み』
その一つが、NPO The Good Times の仕組みです
私は自分では『よく出来た仕組み』だと自負しています。
by rfuruya2 | 2011-09-05 08:26

NPO The Good Times の会員の方は出席可能です

★今日は忙しくなりそうです。少し早く起きました。
いま4時半です。雨がひどく降っています。
「三木のピンポイント天気』を見ると淡路島からタテに、三木の方に強い雨雲が伸びています。

どれくらい続くのでしょうか? ちょっと心配です。




★10時からNPO The Good Times の理事会です。

この理事会の招集も、理事さんの出席、欠席の返事も、議事録なども、
すべて『ひょこむ』のなかの承認制のコミユニテイの中で行っています。

今日は理事会の審議、決定事項はなくて、報告事項と検討事項になりますが、

●ボランタリー活動プラザみきの「地域SNS Net ラーニングバー」
●孫中山記念会の友の会
●アメリカのDANTHREEの進捗状況
●高橋昭一さんの海流発電
●KANNSAI GENNKI! PROJECT
などなどの私からの報告、
これらはみんなこのブログなどで触れていますから、大体のところは、既に皆さんご存じです。

それに
●三木さんさんまつり の報告(まつりおとこさんから)
●午後からのFacebook 講習会(CUSTOM INFECTIONの綿谷さん中心に)

今回は後の二つメインになると思います。

いつものことですが、そんなに会議らしい雰囲気は一切なくて脱線もしますし、賑やかです。
茶菓子や飲み物はありませんが『ラーニングバー(Bar)』そのものの雰囲気です。



★今日は午後場所をボランタリー活動みきに移して

CUSTOM INFECTION の綿谷さんが講師の
理事さん向けのFacebook 講習会ですが、
三木社協主催の『地域SNS Netラーニングバー』は殆どがNPO のメンバー達ですので、
そこに出席されている方も一緒に参加される共催の形になりました。

Facebook はNPOの仲間たちの中では盛んなのですが、
三木でもなかなか盛んになりました。
もう20に近くなりましたので全部はとても紹介できませんが、
NPO The Good Times のファンページの左側、
『お気に入りのページ、すべて見る』をご覧になると出てきます。

● NPO The Good Times  ファンページ
● グループ三木市
● e-音楽@みき
などが載っています。

● 地域SNS Net ラーニングバーも先月26日に立ち上げたばかりですが、これは三木のFacebookの中心の役割を将来果たすことになると思います。



今日のブログは、
NPO The Good Times の特に三木近郊の会員さん向けに書いています。



本日13時30分から、
ボランタリ―活動プラザみき で
『Facebookの講習会』を行います

理事さんや、地域SNS Net ラーニングバーのメンバー達向けですが、

NPO The Good Times の会員さんは、飛び入り出席OKです
興味ある方はぜひ、ご参加ください。
この際、NPO The Good Times に参加してみようかという方もOKとします。


今からツイッターでこのブログ流します。
自動的にFacebookにも流れます。
それをご覧になって果たして何人の方がかられるでしょうか?
ちょっと興味もあるのです。それでちょっと天気が心配です。

by rfuruya2 | 2011-09-04 06:23

高橋昭一さんと 『システム』と

c0107149_825347.jpg

★昨日は、衆議院議員の高橋昭一さんと、
1時間半ほどいろいろとお話をする機会があった。

先日、このブログで触れた
高橋昭一さんと神戸電鉄』ということもあったのだが、
いろんなことでお話が出来てよかった。

私は無党派層である。
自民党でも、民主党でも、共産党でも、思想、信条などいろいろあるのが普通である。
どんな方でも私がオモシロイと思う方とはお付き合いする。

高橋昭一さんは、そんなオモシロイ人のお一人である。
だから、お誘いしてNPO The Good Times の会員さんなのである。

● 神戸電鉄の件での自動車新聞の記事
『沿線の市町村が人口を20年後に1.5倍にするような沿線開発をもう一度する必要があります。・・・そうでもしない限り、経営者が人口減少する沿線に魅力を感じないのは当たり前の話です。』

のくだりは、そんなことできるか?と私も思ったが、
そんなことではないようである。
記事の書き方は、なかなかいろいろあって難しいものである。

●野田内閣の話もその渦中にあった人なので、オモシロかったが、
エネルギー問題、海流発電の話がでた。

高橋さんと繋がった直接の動機は、『潮流、海流発電』である。
日本のエネルギー問題として、今後『海流発電に取り組む』と言われた。
私は原発に代わるエネルギーは
『海洋発電』が、太陽発電などと比べて圧倒的に優れていると思っている。
こちらのブログでは、カテゴリーを造って応援してきた
今、国の中に『海洋発電』という言葉が存在しないのである。かってジェットスキーは国会で『エンジン付き海洋浮遊物』と表現された時期がある。今そんな状態である。

この話は、元々NPO The Good Times が広報的には応援してここまできたのだが、
いま止まっている。
本件は、及ばずながら応援しようと思っている。

NPO The Good Times のシステムの話を高橋さんにしたのは初めてであったが、結構興味を示された。
元々ネットなどには関心をお持ちだし、知識も高い。

ただ、『仕組み、システム』の本質をどれだけちゃんと理解しておられるのか?
いずれにしても、前向きないい1時間半であった。



c0107149_7254310.jpg

★昨日も触れた、
ぼっけもん修さんの『KANSAI GENKI! PROJECT

これは面白そうなので昨日は、神戸市のぼっけもん修さんに電話して、ちょっと中味を聞いてみた。

直ぐ具体的な反応である。
今朝のぼっけもんの修さんのブログ、私が言いたいことを述べて頂いている。
何かやりたいという方は、ぜひご一読して下さい。

NPO「The Good Times」のrfuruyaさんが書かれていた、
「システムや仕組みとは
『それを実行してゆくことにより
「意図した目的が」が自然に無理なく実現してゆくもの』
である」 

というのがありますが、このことを大切に・・・・・と書かれている。

世の中に、いろんな活動をされる方がおられるが、
『意図した目的』が積み上がって自然に実現していくような、
『仕組み、システム』を創っての取り組みは殆どみられないのが現実なのである。

そんな中での、ぼっけもん修さんの仕組みを造ってのKANSAI GENKI PROJECT である。
NPO The Good Times のシステムと連携しての展開になればオモシロイと思っている。




c0107149_7523386.jpg

★神戸新聞はとっていないのだが、
朝早くkwakkyさんがわざわざ昨日の夕刊の田崎さんの記事を家まで届けて下さった。
田崎さんもNO.0031番のカードを持っているNPO The Good Times スタート時点からのメンバーであり、仲間である。

彼が理事長を務める『移情閣友の会』の運営をNPOの仕組みを使っての展開をやろうということになっている。
なぜ? 田崎さんとは何十年もの付き合いなので、
『仕組みを造っての展開』がどれくらい機能するかは、よくお解りなのである。
現実の現役時代の仕事の対応も、すべて『仕組みシステム』を造っての対応だった。
その時以来の永年の仲間なのである。
先方から、『手伝え』と声が掛ったのである。
これは間違いなく、いい展開になるだろう。大いに自信有りである。


★NPO The Good Times はシステムそのものなのである。
システムがその機能を発揮するかどうかは、それを使う人次第なのである。
それ以前に『いいシステム』を見つけて、
それを『使おう』という意思がないと実現しない。

98%ぐらいの方はその機会を見逃してしまう。
田崎さん、流石だと思っている。ちゃんと見逃さずに、先方から声が掛った。

そう言う意味では、ぼっけもん修さんも、ちゃんと理解しておられる、世の中の2%の中のお一人である。
武雄の樋渡さんなども間違いなく、そんなお一人である。

世の中の2%の仲間入りをすること、これはなかなか難しい。
野田さん、知らなかったが、2%の中におられると私は勝手に思っている。
ここ数日間の動きをヨコから見ているだけでが、
『野田さん独特の仕組み』の中で動いている。
by rfuruya2 | 2011-09-03 07:07

9月最高のスタートです

★いつの間にか8月も終わってしまいました。
9月、最高のスタートです。
c0107149_5432185.jpg

こんなメンバーで、最高の会議でした。

私の横は元川重社長田崎雅元さんです。こちらのブログに詳しく
写真はいっぱい、Facebook に

NPO The Good Times の会員さん、10万人目標に向かってスタートします。
田崎さんとは何十年ぶりに、昔のコンビとして一緒に動きます。

兵庫県も、神戸市も、神戸の華僑さんたちとも、いろんなところで、繋がります。


★昨日、神戸電鉄問題で、抹茶さんからコメントを頂きましたが、

孫文記念館のファンクラブでも10万人を狙うのですから、
神戸電鉄の粟生線問題など、神戸電鉄利用者、沿線一般の有志や、鉄道ファンたちを視野に入れたら、
10万人は簡単ですし、100万人を狙うぐらいの、意気込みでやれば、解決の道はおのずと開けます。

仮に1000円でも10万人なら1億円なのです。
旗を振ろうとなさっている方は、私のような一般人ではなくて、
市長さんや、社長さんなのですから、ほんとに、旗を振る気がおありなのかと思ってしまうのです。

★ぼっけもん修さんが、
KANSAI GENKI! PROJECT を立ち上げられました
c0107149_692315.jpg


『関西の笑顔から日本の元気を発信するプロジェクト「KANSAI GENKI! PROJECT」本日スタート!関西さまざまな場所での笑顔を発信し、広げていく仕組み。近日中にめちゃくちゃ楽しくて簡単に笑顔が発信できるツールも登場。ぜひ参加ください! http://ow.ly/6iNzY』

とツイッターで発信されています。
ぼっけもん修さんは、NPO The Good Times の会員さんです。
神戸フルーツフラワーパークで何年もお世話になりましたが、
今は神戸市の観光局でご活躍です。前述の『孫文記念館』とも繋がっています。

関西が元気に  と言っているときに『粟生線廃止』などしょぼくれたことを言っていてはダメですね。

神戸電鉄問題、旗さえ上げれば手伝ってくれる人、いっぱいいます。
神戸電鉄の車輛は全て川崎重工製だとか。
その川重の車両事業部のトップは、昔の単車の仲間です。
NPO The Good Times の会員さんでもあります。声をかけたら力になってくれるはずです。

三木市の薮本市長さんも、NPO The Good Times の会員になられて、このシステムを利用されたら、もっとスムースに物事は運びます。
私たちも小なりとはいえ、法人ですから、会員さんのことは幾らでも積極的にお手伝いをします。


c0107149_6572624.jpg

★三木で2年前に15人でスタートした
NPO The Good Times ですが、アメリカにも支店みたいなのが出来、国際的な展開になりつつあります。
まさに新しい時代になりつつあります

ほんとに『新しい公共』を目指しているのです。
社会的な地位の高い方も、一般の市民もネットの世界はヨコイッセンです。
そんなヨコ型の協調ですから、どんどん進み、どんどん実現するのです。

『異種、異質、異地域をみんな繋いで楽しい時を過ごそう』が基本コンセプトです。

同類が小さく群れて、小さな地域だけで考える『タテ型発想』からは、
新しいものは生まれません。
by rfuruya2 | 2011-09-02 06:52